020安康天皇



名前

第20代 安康天皇、穴穂尊(あなほ)
               

親族

父=允恭天皇(いんぎょうてんのう)  母=忍坂大中姫命(おしさかのおおなかつひめ)
皇后=中帝姫命(なかしひめ)
               

皇居

石上穴穂宮(いしのかみのあなほ)---奈良県天理市田町のあたりとされている。
               

陵墓

陵名:菅原伏見西陵(すがわらのふしみのにしのみささぎ)
形状:方丘、堀
場所:奈良市宝来4丁目

 
   


御陵参道



安康天皇陵



20代安康天皇の略歴 (5世紀
0401履中天皇02辛丑年(1)
生誕
0453允恭天皇42癸巳年01月14日(53)
允恭天皇が崩御。
0453允恭天皇42癸巳年10月10日(53)
父帝を長野原陵(ながののはらのみささぎ)に葬る。
0453允恭天皇42癸巳年12月14日(53)
即位。都を石上穴穂宮に移す。
0454安康天皇01甲午年02月01日(54)
弟雄略のために大草香皇子の妹草香幡梭姫皇女 (くさかはたひひめ)を娶ろうと根使主を使わした。大
草香皇子は快諾し家宝の押木珠縵(おしきのたまかずら)を奉じようと根使主に預けたのだが根使主は
押木珠縵に目がくらみ我が物にしようと大草香皇子が縁組を断ったと報告するのである。
怒った天皇は大草香皇子を攻め殺し、妹草香幡梭姫皇女を雄略に与え、妻の中帝姫命を妃として迎え
る。中帝姫命には大草香皇子との間にすでに眉輪王という子がいた。
0455安康天皇02乙未年01月17日(55)
寵愛していた中帝姫命を皇后とする。母の縁で父の罪を許された眉輪王は常に宮中で育てられてい
た。
0456安康天皇03丙申年08月09日(56)
崩御 56歳 
日本書紀の「安康天皇」及び「雄略天皇」の条に安康天皇は眉輪王(7歳)に刺殺されたとあるが、にわ
かに信じがたい。私は雄略に刺殺されたと思っている。