織田信長










名前
吉法師、織田三郎信長、織田信長  上総介信長
親族
父:織田信秀  母:土田御前
正室:濃姫
子:信忠、信雄、信孝
住居
那古野城-古渡城-清洲城-小牧山城-岐阜城-安土城
墓所
本能寺、阿弥陀寺、安土山










織田信長の略歴
1534年天文03甲午05月12日(1)
生誕
1546天文15丙午(13)
古渡城にて元服 織田三郎信長と称する

名古屋市中区橘にある真宗大谷派名古屋別院内にある
1547天文16丁未(14)
初陣 今側領より侵攻した敵を三河吉良大浜に出陣して迎え撃ち勝利。
1548天文17戊申(15)
斎藤道三との和睦が成立。濃姫と結婚
1549天文18己酉(16)
道三と正徳寺で会見
1551天文20辛亥03月03日(18)
父信秀没 家督を継ぐ
1553天文22癸丑(20)
信長の教育係平手政秀が自害
1553天文22癸丑05月29日(20)
兵800で今川方の鳴海城を攻めるが落とせず
1556弘治02丙辰04月(24)
義父道三が義龍に討たれる
1559永禄己未(27)
この頃鳴海城の備えとして丹下砦、善照寺砦、中嶋砦を築く。
1560永禄03庚申05月19日(28)
未明清須を発ち熱田神宮、丹下砦、善照寺砦、中嶋砦を経由して桶狭間で義元を討つ
1563永禄06癸亥(30)
本拠を小牧山に移す。小牧山は信長が初めて築いた城。
1567永禄10丁卯(34)
斎藤龍興を伊勢長島に敗走させ尾張美濃を領す大名となる。このとき井ノ口を岐阜と改める。
「天下布武」の印を使い始める
1568永禄11戊辰(35)
足利義昭を報じて上洛
1570永禄13庚午04月(37)
朝倉討伐途中の金ケ崎で浅井謀反の知らせを受け撤退
1570永禄13庚午06月
織田徳川連合軍と浅井朝倉軍が姉川で激突
1573元亀04癸酉02月(40)
武田軍が三河侵攻開始
1573元亀04癸酉04月
武田信玄が病死 武田軍は撤退
1575天正03乙亥05月21日(42)
長篠戦 勝頼を破る
1576天正04丙子01月(43)
安土城築城開始
1578天正06戊寅03月(45)
別所長治が信長に対して謀反。三木城合戦が始まる
1579天正07己卯(46)
安土城完成
1580天正08庚辰01月(47)
別所長治切腹
1582天正10壬午05月15日
家康を招いて戦勝の祝いを行う。接待役の光秀に不手際があったと伝わる
1582天正10壬午05月29日
信長は中国遠征準備のため上洛。宿泊の本能寺に小姓衆数十人と共に入る。
1582天正10壬午06月02日(49)
本能寺の変