清洲城











場所
清洲城
愛知県清須市(尾張國春日井郡清須)
位置=35-12-59 136-50-36
kiyosu_r


石垣の構造


石垣を築く位置に溝を掘り縦方向の枕木を半間間隔で設置。枕木の中
央には2箇所臍(ほぞ)が切られ横方向の胴木をはめ込み梯子状に組
んでいる。


枕木と胴木の間には拳大の栗石を敷き詰め横方向の胴木の前面には
胴木を固定するための杭が打ち込まれている。



石垣は五条川に面する軟弱地盤上に築かれており崩落を防ぐために強
固な基礎構造にしたものと思われる。残存していた石垣は高さ1.8m。石
材は濃尾流紋岩とよばれるものでほとんど手を加えることなく隙間は艫
介石、胴介石が組み込まれいわゆる野面積とよばれる典型的手法であ
る。