2009年  1月




31日 (土)

「 ただののんべ〜〜 」




病み上がりの週末は危険な香りがムンムン(*^m^*)
ついつい普段自分が欲しいと思っていたものの気持ちが抑えられなくなってしまう。
そのうちの一つがこれ↑。(あっ、、この写真、飲み干した後に撮影(^^ゞ)
諏訪市、宮坂醸造の『 真澄 あらばしり 』 
日本酒です(*^^)v

好きなお酒の銘柄はいろいろあるけど、
私が好きになったお酒の中では結構古い方。
20年近く前からのファン。

時々無性に飲みたくなるんだけど、
お値段が良いから、ついつい「また今度〜。」とあきらめる事が多い。
「病み上がりの乾杯(呑み助は何でも乾杯に持ち込んでしまう^m^)に良いよね。」
と、かなり久々に購入。
ただし、せめて1杯分づつ…と買ったので、2合サイズだけどね。

このお酒は極上の新米だけで造ったしぼりたての原酒。
加熱処理、割り水、炭素ろ過をせずに壜詰めしてなのだそう。

グラスに注ぐ時、‘とろんとろんとろん’と音がしそうなまったり感が良い♪
味は口に入れた瞬間は甘みがあって、飲み干した後、
キリッとした爽やかな辛さが残る。

美味しい料理を食べた時、
「あ〜これに美味しい日本酒と一緒だったら、尚、料理の美味しさが引き立つだろうな〜。
お酒も余計に美味しく感じるだろうな〜。」
なんて思うことがあるけれど、
このお酒はそう言う時のお酒には候補にならない、
それくらいお酒の味だけをゆったりまったり味わいたい、
そんなお酒。

久々にそんなお酒の味をしみじみ感じさせて頂きました(●^o^●)
しあわせ♪♪♪




29日 (木)

「 いろいろスッキリ 」

ぞくぞく感はなくなった。
が、まだ少し頭痛と胃痛は残っている。
発熱はなし♪
ヨシヨシ(^^)v
それではと、2週間ずっとしていたテーピングを外し
久々に湯船に浸かった。
テーピング中は足にゴミ袋を二重に履いて縛り、
シャワーのみだった。

あ〜〜極楽極楽(○⌒∇⌒○)


ところで、左人差し指の腱鞘炎、
原因が分かったよ。
考えてみたら七癖なんて、昔からの事だから、
今更それだけの事で腱鞘炎になんかなる訳ないよね。
ま〜もしかしたら多少は影響あったかもだけど。

思い出してみたら、ヘルニアを発症したばかりの頃、
右腕に痛みが出て、
仕舞いにはほとんど握力がなくなってしまうまで放っておいたんだよね。
その時、仕方ないので、左手で出来る事は左手で、
それから今まで両腕で持ったり支えたりしていた事(例えば思いフライパンや
圧力鍋を持った時)も全て左手のみでやっていたのである。
左の人差し指に結構負担掛けてるな〜なんて思ったことも
最近になって思い出した。
これが原因だ〜〜
結局は腱鞘炎もヘルニアが1番の原因って訳なんだよね。
今頃気が付くなんて、ちょいと・・・いやいやかなり遅過ぎでございました(;^ω^A



28日 (水)

「 平熱に 」

昨夜はあまりの顔の熱さに耐えられず、
冷えピタを額に貼って寝たので、割と気持ち良く眠る事ができた。
起き抜けに測った熱、36度。
「やった〜〜〜〜!!下がった〜〜♪」ヽ(^o^)丿

しかし、まだ多少のゾクゾク感、倦怠感、胃痛、プラス頭痛があるので、
今日は一日寝て過ごす事にした。
夫はまたまた当たり前のように朝食の支度をしてくれる。
昨年の10月から何度こんな日が続いているんだろう。。
申し訳ないと思いつつも、どうする事もできず、
とにかく少しでも早く回復する事が大事と、いろいろマイナスな事を考えないようにした。
まだ食欲はあまりなく、食べたくないものもあったりで、
今朝も半分近く残してしまったが、
それでも何とか食べた。

以前は全く食べられず、その分熱の下がりも悪いし、回復も遅い。
3日は寝込んでたな〜。
やはり少しでも食べれるって大事だわ〜〜
そんな事を思ったりした。

一日で熱が平熱まで下がった事は私にしてはかなり珍しい事なので、
とても嬉しかった。
またこの嬉しいって気持ちが元気復活に繋がる筈だよね。
油断しないようにしないとね。



27日 (火)

「 今度こそゴールだよね 」


午前中は仮のブリッジを入れてもらったり、
歯の型を取るため歯医者へ。
この日は1時間半掛かりますと、前回言われていて、
首や腰に痛みが出ないか心配していたが、何とか大丈夫だった。
先生、看護師がそれぞれ一人だけ、それに待ち時間がほとんどなしで診て貰えるため
(ヤブだったらどうしよ〜)と心配していたがそんな事もなさそうで
のんびりゆったりの(優しくてまだ若い^m^*)先生で、
スッキリスマートな治療をしてくれ
「ここ良いかも♪もしかして穴場?(医者にも穴場があるかは疑問)」
なんて思いながら少々ウキウキ気分で帰ってきた。

しかし帰る途中、お尻全体がモゾモゾ痛み出した。
せっかく良い気分だったのにな〜。
この感覚・・・、まさかまさか。。(いつも発熱直前の感覚と一緒)
と、思いつつ帰宅するや身体が既にしんどさを増していて、倒れるように布団の中へ。
30分ほど寝た。
起きてから熱を測るも、1時間足らずの間に36台→37度台→38度台
うっそ〜〜〜〜
食事は摂れそうだったので、少しでも口に入れようと何とか自分を騙し騙し食べた。
発熱でしんどい以外は症状なし。
まさかインフルエンザ??
でも、私の場合この時期は胃腸炎を起こす事が多いからきっとまたそれかもな〜、
せめてそれであって欲しいな〜。
そんな事を願ってはみても、実際インフルエンザだったら大変なので、
とりあえず夫にメール。
その後お昼休みに夫からTEL。
「大丈夫?今度は風邪?」
しばらく二人して笑うしかなかった。
ホントにアハハ・・・と大笑い。
これ以上はもう重ならないでしょうと思ってたんだけどね。
どこまで続く…(ま〜どこまでも…って事はないでしょう)
そんな呑気でいられるのも3時頃までで、
そのうちガタガタと身体の震えが止まらなくなった。
震えがあるうちは動く事もできず、
そのうち2時間近く眠ってしまった。
目が覚めたのは4時45分頃。
熱を測ると39度。
夫に少しだけ早く早退してもらい、近くの内科へ連れて行ってもらった。

そう言えば朝食中に僅かだか吐き気があったり、
下痢とまではいかなかったけど、軟便が結構出た(^.^)事を思い出す。
医者へ行った時には少し胃痛もあった。

インフルエンザの検査をしたが、陰性。
多分胃腸炎でしょうと。
ちょっと大げさだけど、不幸中の幸い。
やっぱ胃腸炎だったか〜

夕食も普段ほどは食べられなかったが、少しでもと栄養を入れた方が回復が早いはずと思い、
38度の熱の中で、昼間必死で作った(苦笑)シチューを半分だけすする。
その後食べたみかんの冷たくてジューシーで美味しい事♪(美味しいと思えるんだから回復早し!!)

39度4分まで上がり、身体や顔が燃えるように熱いのを2年振りに感じつつ
明日は熱が下がっていると信じ夢の中へ。

障害物競走は歯の治療がゴールって思ってたんだけどね〜
まさかこんな大きな障害物を越えないといけなかったとは思いもしなかったよ^^;
今度こそゴール!!祈



26日 (月)

「 うちのローズマリー物語 」

一昨年だったか、一株のローズマリーを購入。
放っておいてもグングン元気良く成長するのを良い事に
まだしっかりと成長しきっていないうちから、
料理にちょいちょい数本ずつ散髪させてもらっていた。




料理の他にも、室内に飾って楽しんだりした。
これがその時の写真。

ある日、少々成長が遅くなったかな?と思ったら
何となく元気がないように感じ、
「これはいかん!!」と次の年まで散髪は我慢する事にした。
枯らしてしまったら何にもならないものね。

冬は水やりを控えていたが、
春になり暖かくなってきたので、
久々に乾いた土に思いっきり水をやった。
その日、朝のうちはとても良いお天気だったから安心していたんだけど、
昼間は曇り・・・で、次の朝はかなり冷え込んだ。
ローズマリーの土はしっかり凍みてしまっていた。
緑々し始めていた葉が冬色に逆戻り。。。そして天国へ(@_@。
結局枯らす事に。。

次の年は一輪挿しのローズマリーだけで楽しんだ。
でも、せっかくだから・・・とプランタへ移してみた。
それが少しずつ成長し、
散髪などせず、大事に大事に育てた。
今回は失敗しないように、室内で冬越しさせた。
時々葉を触ったりして香りを楽しんだりして。


 

このところヘルニアだ〜、捻挫だ〜、腱鞘炎だ〜と
自分の事にかまけていて、
植物は放ったらかしに近い状態(^^ゞ
で、久し振りに今日ローズマリーをしみじみ眺めたら
ナント、花が咲いてるじゃないの!!♪
蕾もいくつか付いてるし(*^^*)
弱々しく、一輪挿しに挿さっていたローズマリーがここまで枯れずに育った事も嬉しいけど
花が咲いたのは期待していなかっただけにとてもとても嬉しかったヽ(^o^)丿
このところ良い事があまりなかったので、もんっのすごく嬉しかった〜〜〜ヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿

「怪我ばっかりしてる私を元気付けてくれたのかい。
可愛い可愛いローズマリーよ、ありがとね〜〜〜♪♪♪」



25日 (日)

「 ブックオフ巡り 」

…と言っても、残念ながら松本には2店舗しかないんだけどね。
ヘルニアで安静と言われてから、度々通っていたが、
最近は毎週末通っている・苦笑
そう、、、欲しい本があるから…^^
しかし、なかなか欲しい本と言うのはそうは入荷しない。

五木寛之の「青春の門(改訂新版)」の第一部「筑豊篇」を気まぐれで買ってしまった(笑)のが始まり。
長編だし、面白くなかった時の事を考えて、手に取った時は1冊しか買わなかった。
一冊の厚みがあり、尚且つ105円と言うのは今の私にとってはかなり魅力的なのである(*^^*)

読み進めていくうちに、何年も前にドラマ化されているのを観た記憶がよみがえってきた。
でも、かなり重い内容だし、残虐的な場面もあって、
最初の方しか観てはいなかったんだけどね。
たまたま見た場面のインパクトがかなり強かったみたいで、記憶に残っていたようだ。
こう言う内容のドラマはどうも苦手で…。
そうそうイヤラシイ部分も結構あるし(#^.^#)
でも、本だとリアルにそのシーンが目に飛び込んでこないから、
手に汗握ったり、「この部分読めないかも〜〜・・」と思いつつも
ついつい読めてしまうから不思議。
で、気が付いたら物語のトリコになっていた。

この本って何部まであるんだろ?と思ったら、ナント六部もあるじゃない!!
とても一部では止められずに探し始めたと言う訳。
で、二部と六部は見つけられたんだけど、
後の3冊が見つけられない。
普通の本屋さんへ行けばあるんだろうけど、
あまりの値段の違いにどうしても新刊は買う気になれなくって(セコセコかな〜^^;)

ネットで中古本を買おうか〜とも思ったんだけど、
ネットだと送料が高くつくため、「そこまでしてね〜〜。」とあきらめた。

ブックオフ以外の昔ながらの古本屋さんにも行ってみようかな〜
まずは松本のどこにあるか探さないとだな〜。
ここまでこの本に執着する自分も怖いけど、
でもそれ程の力をもった名作って事だよね。



24日 (土)

「 スッキリ ☆ 」

首の痛みがほとんどなくなり、
安定感も出てきたので、3ヶ月振り(もっとかな)に美容院へ行った。
朝、シャンプーを済ませて来たので、
カット後のみシャンプーをお願いした。
そろそろカラーリングの時期なのだが、今回はカットだけで我慢。
美容院に来れただけでも嬉しいから、我慢のうちには入らないけど。

私の身体を気遣って、シャンプーの時は腰の下に固めのクッションを挟んで下さるなど、
スタッフの皆さんのその心遣いがとても嬉しかった。
今回に限った事ではなく、
いつも居心地の良い雰囲気でもてなしてくれるから、
私の癒しの場でもある。

夫に言わせると‘ゲゲゲの喜太郎ヘアー’だったらしいが、
やっとそれから脱出。
人並みの髪型に(●^^●)

美容院を出た後、せっかく街まで来たので
パルコに‘『レゴ』で作った世界遺産展’を観に行った。
カメラを持ってくれば良かったと後悔。
なかなか見応えあった。
凄い!!の一言。
とてもレゴで作ったとは思えない作品ばかり。
いくつか携帯で撮ってきたのでアップ。



 
【 白川郷・五箇山の合掌造り集落 】


【 モアイ像 】


【 サグラダファミリア 】


【 地球 、その後ろに見えるのがピラミッド 】


【 自由の女神像 】



23日 (金)

「 今頃気付くなんて 」

朝6時に起床し、夫の実家へ帰った。
途中のファミレスで朝食を摂り、高速に乗る。
前日、松本は雪が降り、今朝は雨が降るなど、肌寒い悪天候が続いていた。
長野はここよりもっと積雪があって寒いだろうな〜と思ったので、
しっかり着込んで出掛けた。
ところがどっこい!
この時期たいてい小高い山々には雪が積もって、風もとっても冷たいのに
山は黒々、太陽もぽかぽかと照り、
まるで春のようなお天気。
福寿草がびっくりして咲き出しそう。
松本の方がよっぽど寒く雪国みたいと思ったほど。
出掛けてきた私たちには有難いけど、何とも変な気分だった。

平日に長野へ来た1番の理由の義母に関する諸々の手続きを済ませる。
その後買い物をし、実家へ。
実家付近は平地より気温が低く、積雪量も多いが、
今回は随分少なかった。
それでも10センチ程は積もっているので、
転ばないように注意しつつ歩いた。

義母は相変わらず元気で安心。
昼食後、夫は何かしら家の周りの仕事をあれこれしていたが、
私は今回は何も出来ないので、ひたすら義母とおしゃべり三昧。
泊まりでない時にこれだけ二人きりで話しまくるのは珍しいかも。
義母も嬉しそうにいろんな話をしてくれた。

日帰りの時はたいてい夫のおてこ(って程の事もできないけどね(^^ゞ)で
一緒になってうろうろしてる事が多い。
しかし、いつも一人で過ごしている義母にとっては、家の事で二人が動き回る事よりも
屈託なく長時間おしゃべりできる相手がいることの方が、
ずっと大事な事だと、今回気が付いた。
私だって、普段は一人で過ごしているんだから、
こう言う時間はお互いにとっても大切な時間なんだよね。
こんな大事な事に今頃気が付くなんて・・遅すぎだ〜
でも、ヘルニアをしていなければ、
その事に全然気が付かずに終わってしまったかもと思ったら
私には必要な経験だったんだな〜と感じた。

次回実家へ帰った時は、家のあれこれは夫に任せ(どうせ私はそれ程の事もしてなかったしね・苦笑)
私は義母と楽しくおしゃべりをしまくろ〜〜〜っと!!!




22日 (木)

「 整形外科へ 」

朝、5センチほどの積雪があった。
既に雪は止んでいたので、歩いて整形外科へ行くつもりでいたのだが、
夫が、「足元が危ないし、足の筋肉が落ちてて踏ん張りが利かなくなっているから
またもしこけたらどうするの!?」と、
午前中仕事を休んで車で連れて行ってくれた。
本当に世話の掛かる女房である。。申し訳ない(^∧^)

今回は足に痺れが出ないように股関節の注射の量を前回より少なくしてくれた。
捻挫は、腫れは引いて随分良くなってるみたい。
まだ少し痛みがあるので、再びしっかりテーピングしてもらう。
一週間はテーピングしたままで、次回病院へ来る時には外して、湯船にも浸かって良いとの事。
医療事故と言う事で、今回も会計は病院持ち。

4週間程前から時々左人差し指の第一関節辺りに痺れが出ているので、
先週その事を先生に話したのだが、
その時は手のひらに痺れが出ていなければ大丈夫と言われた。
しかし、今週に入ってから痺れ以外に痛みも出始め、
身体の痛みの出ている部分で1番気になる痛みになってしまった。
その事を先生に伝えた。
「何か指を酷使するような事した?」
「いいえ。。」
「これは腱鞘炎ですね。」と。
「えっ!??」
腱鞘炎になる程、使った覚えはないのに。それも左手でしょ〜〜???
痺れが酷くなって痛みまで出始めた時は、何か神経系の病気かな〜と心配していたけれど、
でもそうじゃなくて良かった。

治療が終わってから腱鞘炎になる原因をいろいろ考えてみた。
私の七癖の一つに、指先に力を入れたり、親指と人差し指をつまむように力を度々入れてしまう・・
ってのがある・恥
今は横になっている事が多く、たいていは本を読んでいる。
で、今読んでいる本の内容が、結構ドキドキさせられる内容。
だから身体につい、力が入り、時間を忘れて夢中で読んでしまってる。
その時にもしかして、思わず指先にも力が入ってしまっているのかも・・・
何とも恥ずかしい話だ(*ノωノ)
・・・どんだけ力入れてるんだ!!!と、思わず自分に突っ込みをいれたくなってしまうが、
実際自分でも分からない。。。(*^^;)
でも、これしか原因は考えられないんだよな〜^_^;

夫に
「病気のデパートだな〜。」と苦笑された。。



20日 (火)

「 重なってます 」

午前中に近くの歯医者へ行った。
10年以上前にハメてもらったブリッジがモノを噛む度に浮く感じがするので、
そこから虫歯になったら大変だし、食事中にブリッジが外れても嫌なので仕方なく(;^◇^;)ゝ
多少は良くなってきているが、まだまだ痛みのある捻挫した足を少し引きずりながらボチボチ歩いて。
本当なら具合の悪い全ての箇所の、ヘルニアや捻挫が良くなってから行きたいところなんだけどね。。
重なる時は重なるものである。

ブリッジを先生が外そうとしたが、何をしても外れない。
レントゲンを撮ってみたら、外れそうになっているのではなく、
一箇所、上の部分に1ミリ程度の穴が開いてしまっているため
外れそうな感覚がするらしい。
虫歯にはなっていないようだと先生。
「ほっ。」
しかし穴が空いてしまっているので、新しいブリッジを作らないといけないから
しばらくは通わなければならない。
整形外科もまだもうしばらくは通わないといけないし、
来月は放射線科外来もあるし。
あ〜〜これ以上病院通いが増えませんように。。
それと・・・
歯医者と整形外科の場所が近いから、
間違えて行かないようにしないとな〜
私の事だからやりかねない^_^;



19日 (月)

「 蒸し器 」




ブロッコリー、じゃが芋、サツマイモ、カボチャ、ゴボウ、レンコン、人参など、
我が家は根野菜を大きめに切って茹でて食べる事が多い。
水で茹でるより蒸した方が栄養も失われないだろうし、味も良いだろうと思ってはいたが
蒸し器がなかったので欲しいな〜と思いつつも買わないで何年も経っていた。
レンジ用の蒸し器は持っていたけれど、
野菜の旨みが失われ美味しくないので、今は使っていなかった。
そうそう、昔ながらの大きい蒸し器は持っていて、以前は茶碗蒸しなんか作る時には使っていたんだけど、
僅かの野菜を蒸す度に大きな蒸し器を使うのは面倒だし、
場所を取るしで、それを使おうと思った事はなかった。
で、週末、やっとこ買ったのである。
こう言うの(写真)だと、手入れも楽だし、閉まっておくのに場所を取らないし、
それにたいていの鍋に使用できて便利かなって思ってこのタイプにしてみた。
同じものを実家でも使っていたので、親しみやすさもあった。
でも、実家ではご飯の温め直しにしか使っていなかったけどね。

早速使ってみた。
今回はカボチャとサツマイモ♪
蒸した後岩塩を振り掛けて食べた。
いやいやいやいや・・
茹でた時より野菜の甘みが引き出されどえらいウマい!!!!!
特にサツマイモは焼き芋みたいな味だったよ。

あ〜、何でもっと早く蒸し器を買わなかったんだろ〜
これからは大活躍間違いなし!




17日 (土)

「 私にしては上出来♪ 」




今朝起きたら、右の太ももやら腕やら肩やら痛みがあった。
昨日転んだ時の痛みらしい。
捻挫をした部分は昨日に比べ痛みは楽になり、歩きやすくなってきたが、
やはりまだまだ痛む。
床にあるものを拾ったり、コンセントの抜き差しなどをする場合、
腰のためには膝を折ってしゃがんだ方が、
腰を曲げてかがむようり、ずっと良いし、
腰痛防止になるんだけど、
今はしゃがむと捻挫をした箇所が痛むのでとても無理。
しゃがみたいけど、しゃがめない。
そっとそっとかがまないと・・・。
あ〜〜ややこし〜。
でもしばし我慢。
今は時間が薬だもんね。

そうそう、昨夜8時過ぎに帰ると言っていた夫、
早く終わったとかで、6時半頃帰宅。
私のお腹はまだご飯を欲しがっていなかったけど、
7時頃には一応夕食にした。
お腹はあまり空いていなくても、夕食の時間は早いに越した事はないものね。
その時、昨日漬けたゴボウの味噌漬けを出してみた。
コリコリ感があって、味もま〜ま〜。
私にしては上出来かな(*^-゚)vィェィ♪
自分で言うな!!って聞こえてきそう^^;




16日 (金)

「 泣きっ面に蜂 」

お天気も良いし、先日の加齢診外来の時の良いイメージのまま、
意気揚々と自宅を9時半頃出発し整形外科へ向かった。

股関節のレントゲンを撮ったが、脱臼もなく、
やはり腰の影響との事。
今回も前回同じく、尾てい骨と右股関節に注射。

案外すんなり事が運び、
12時頃には帰宅できそうだ〜、と思いながらお会計を待った。
その時、少し右足に痺れがあるな〜と思ったが、
尾てい骨の注射後も、しばらく痺れがあるので、それ程気にせず、
待合室を出て、念のため、椅子に座って靴を履いた。
さてと…と立ち上がったら、右足が痺れ、全く感覚がなく力が入らない。
先日、これと同じ状態になった方がいて、注射が効き過ぎたとかでしばらく待合室で休んでいた方がいたため、
あの方と同じ症状だなと思い、それ程気にする事なく、
しばらく椅子に座って過ごしていた。
気になったのは、お昼を食べる時間が遅くなっちゃうな〜って事くらい(食いしん坊)
10分くらいそのままでいただろうか…
そろそろ大丈夫かな〜と、立ち上がって右足に体重を掛けてみた。
2、3回足踏みができたので、歩けるかも・・と思うが早いか
膝がカクンと折れ、右足に全く力が入らないので踏ん張る事もできず、
足をくじいた!!と思ったが、どうにもならないままその場に転倒。
普通のスニーカーなどウォーキングシューズを履いていればもしかしたらくじかなかったかもしれないのだが、
MBTを履いていたため、
安定性がなく、尚且つ靴底が高いため、捻挫に至ってしまったのかもしれない。
しばらく(と言っても僅かな時間だけど)捻挫の痛みと転んだショックで
蛙が死んだ振りをしているような格好のまま仰向けでひっくり返っていた。
やっとの事で起き上がり、再び椅子に座る。
玄関からは受付や待合室は死角になっているので、私のこの無様な格好は見えていなかった・・・と思う。
良かったような悪かったような…苦笑

もうしばらくすれば痺れは治まるだろうと思っていたが、
どうもそう簡単には治まりそうもない。
仕方なく、待合室に戻って今の状況を伝えた方が良さそうと
靴を脱ぎ、スリッパを靴棚から取ろうとした瞬間、
またまたゴロリンとこけてしまった。
右足に感覚がないのに、つい普通に歩こうとしてしまった。
こける時はぐにゃっと身体が右側から崩れるような形でこけたから、
痛みはなかったが、バックに入っていた携帯が勢いよく床に当たり、かなり景気の良い音をさせた。
思わず転んだままの体勢で携帯が壊れなかったかチェックしてしまう^^;

左足でケンケンしながらあちこち手を伝って待合室へ入ると直ぐに
受付の方が「大丈夫ですか!!?」と出てきてくれた。
直ぐ診察室へ先生を呼びに行ってくれ、
先生と看護師が血圧計を持って来てくれた。

今回は前回より強い薬を股関節から入れたらしい。
時々効き過ぎて片足全体が痺れる場合があるとの事。
前回はこんな事がなかったから、まさかこんな状況になるとは思わなかったので、少し驚いた。
先生も治療前にこう言う状況になる事があるから気をつけて…と一言説明して欲しかったな〜。
椅子に座っているのは腰に良くないので、
待合室にあるベットで、痺れが治まるまで横になっているように言われた。
看護師さんに支えられながらベットへ。

30分くらい経てば楽になると言われたのだが、2時間近く経っても楽にならなかった。
立ってみても、膝に力が入らない。
看護師さんも心配して時々診に来てくれた。
でも、これは麻酔だから、身体に大きな影響が出るじゃなし、
心配はないので、ひたすら呑気に本を読みながらベットで過ごした。

いつも夫に病院から帰るとメールを入れている。
(心配してるかな〜?でも今の状況を話したらもっと心配掛けちゃうよな〜、
でも、私が留守中に義母が何かあったり、もっと心配掛けるような事態になる前に
やっぱり連絡した方が良いよな〜)と悩んだ挙句、
お昼休みで待合室には丁度誰も患者さんがいなかったので、夫へメールした。
「心配しなくて良いからね、またメールする。」と最後に付け加えて。

しかし、10分後には心配する夫の顔が私の頭上にあった。
職場が近いので抜け出して来てくれた。
申し訳ない。。。(@_@。

痺れが治まるまで3時間近く掛かった。
しかし捻挫した部分はズキンズキンと痛み、少し腫れてきた。
午後の診察の1番で足の様子を診てくれ、
右足にしっかり固定のテーピングをしてくれた。
一週間テーピングしたままで過ごすよう言われる。
夫にもきちんと説明があった。
もちろん、お代はアチラ持ち。
「申し訳ありませんでした。」と。
私も「いろいろ有難うございました。すみませんでした。」などと挨拶しつつ、
タクシーで帰宅。
自宅は3階なので、夫はまたこけて動けなくなったら大変と、自宅まで一緒に付き添ってくれた。
夫に支えられながら、ゆっくり上る。
帰宅後、夫は再び職場へ。

腰の影響で右腕痛になり、股関節も痛いし、挙句、右足捻挫。
あははは・・・笑うしかない・・・と言うか
自然と笑いがこみ上げる(ある意味怖い^^;)
泣きっ面に蜂とはこう言うことだ。。

昼食を摂ってない事を思い出し、
あんまり食欲ないな〜と思いながら
ご飯に生卵を掛けて海苔も混ぜ、朝の残りのお味噌汁をすすった。
身体がほっこりし、質素な食事がご馳走みたいにとっても美味しく感じたよ。
し〜〜かり食べてしまった(^^ゞ
おまけに切ったバナナにヨーグルト掛けたデザートまで。
なんか元気モリモリ
食べ終わったのがナント4時半!
今夜夫は残業で8時を過ぎるらしいから、それまでにはお腹減るよね!ね!!・笑

今日一日長かったような短かったような・・・・。
看護師さんが親身になって一生懸命やってくれたのが嬉しかったな〜
捻挫のズキズキを感じながらそんな事を思いしばし・・ぼ〜〜。

家で一人でいても、こうやって訴える(うっぷんを晴らす)場所があるのは有難いな〜
そう思いながら日記をアップ(*^^*)

ずるずると病院での出来事を思うままに綴ってしまったけれど、
最後まで読んで下さった方、本当に有難うございました!


15日 (木)

「 ゴボウの味噌漬け 」

週末、スーパーで細いゴボウを買ってきたので、
数年振りにゴボウの味噌漬けを作った。
最近数年振りに作る…ってのが多いな〜。
ここ数年は少しでも時間があると、ついパソコンの前に座ってしまったからな〜。
それと、この時期は、ここ2年くらい野沢菜漬けを作ったので
(今回はヘルニアのため、泣く泣く作るのを断念)、
他の手の掛かる漬物はあまり作ろうと思わなかった(野沢菜漬けにおんぶに抱っこ^^;)
いやいや…
ゴボウの味噌漬けは大して手が掛かる訳じゃないんだけどね(^^ゞ
ま〜‘ズク’がなかったってヤツかな〜(*^^*)
味噌に味醂を入れて混ぜ混ぜしたところに
さっと湯がいて冷ましたゴボウを入れるだけなんだけどね。
うんと細いゴボウは明日の夜には食べれるかも♪
ゴボウの他にも生姜とかカブとか家にある野菜を漬けてみようかな〜。



14日 (水)

「 加齢総合診療科外来日 」


昨日作った鯉の甘露煮・・・
私としてはかなりの良い出来!!v(^^)v
3回目にして初めての成功♪
じっくりコトコト煮たのが良かったのかも。
味も丁度良く、しっとり仕上がっていた。
これからも時々作ってみよ〜♪♪


今日は今年初めての大学病院へ。
晴れて良かった。
気持ち良く歩けたよ。

予約は10時半だったが、10時過ぎには呼ばれ、10時半前には診察が終了。
いつもこうだと嬉しいな。
今回はもっぱらヘルニアの話。
「動かなくても食べる量が変わらないから太っちゃって・・。」
「2キロくらいの増なら大丈夫だよ。」と、先生は言ってくれたが、
元々標準体重よりかなりあるのに、それに上乗せされてしまった訳だから
減らすの大変だろうな〜・・・。
「少し歩くだけでも、腕の運動するだけでも、何もしないよりは運動になるよ。」と。
ヘルニアの話と言うより、体重をどう減らすかとか筋肉を減らさないかって話が主だったかな〜(^^ゞ

薬も全く待たずにもらえ、「やっぱり歩くのは気持ちが良いな〜。」
なんて思いながら歩き、11時15分には帰宅していた。
今日はとってもスムーズに事が運んだ。
気分転換をしに出掛けたような、そんな外来日だった。
明後日行く予定の整形外科もこんなだと良いんだけど・苦笑




13日 (火)

「 鯉の甘露煮 」




数年振りに作ってみた。
時々無性に鯉の甘露煮を食べたくなるんだけど、
調理済みのって結構高いからなかなか食べられない。
1切れ500円〜600円なんだもん。

数年前に甘露煮作りに挑戦した時は圧力鍋の力を借りて作ったんだけど、
かなり味が濃くなってしまってね。
2度目に作った時は醤油をかなり減らしたつもりだったんだけど、
それでもやっぱり濃くなってしまって、おまけに最初に作った時より美味しくできなかった(-_-;)

昨年の暮れに義母が久々に鯉こく(鯉を味噌煮してスープ毎頂く料理)を作ってくれたのだが
うっかり焦がしてしまい、食べずじまいだった。
南信州の方はお祝い事があった時、
鯉の甘露煮が欠かせないが、
北信州ではこの鯉こくがお祝い事には欠かせない。

鯉を食べ損ねた影響があるのかないのか分からないが、
無性に食べたくなって、
で、週末スーパーで鯉を売っているのを目にしたらもう買わずにはいられなかったと言う訳である。
また失敗すると勿体無いので
(調理済みでなくても鯉は結構お高いからね〜、それでも調理済みよりはかなり安い)
2切れだけ買った。

そうそう、鯉はとても栄養価が高いのである。
「薬用魚」と言われる程らしい。
ビタミンやたんぱく質がたっぷりで、何と言ってもコラーゲンが豊富なのは嬉しいよね。
疲労回復の効果が高いので、病後にはぴったりな食材らしく、
また、生活習慣病にもダイエットにも良いとの事。
だから、無性に鯉が食べたいと思ったのは、
最近食べていなかったかり食べ損ねたってだけじゃなくて、
身体が鯉に含まれている栄養を欲していたのかも…なんて思ったりした。

それで、朝、食事の片づけをしながら、今回は圧力鍋を使わずに
コトコトと様子を見ながら2時間くらい掛けて煮てみた。
売ってる鯉の横に甘露煮の作り方のプリントがあったので、
今回はそれを見て作ってみた。
前回よりは見た目ではあまりしょっぱくなさそう。
でも食べてみたいと分からない。
それは今夜のお楽しみ♪
今回こそは美味しく出来ていますように(-人-)ナムナム




11日 (土)

「 あめ市 」


 

 

 

 


お昼頃からあめ市に出掛けた。
いつもはパレードなどいろいろな催しを見るべく、朝から出掛けているのだが
今回はヘルニアの事を考えて、午前中はゆっくり自宅で過ごしてから出発。
昨年のあめ市はかなり寒かった記憶があったので、しっかり着込んで行ったのだが、
昨年程の寒さではなく、手袋をして歩いていると手が温かくなり過ぎて手袋がうっとおしく感じられる程。
「ありがたや〜」と思った。

お祭りの賑やかな雰囲気の中をウロウロ歩くだけで
気持ちがウキウキし、楽しめる。
ま〜今回は街をあちこち歩けるだけで嬉しかったんだけどね・笑

カメラを構えていたら、白い棒のようなモノがたくさん、レンズを通して目に飛び込んできた。
「なんだ〜?」とカメラから目を離すとナント福銭!!♪
少し目の前に落ちたのを慌てて拾った。
今年も福銭ゲット♪
きっと今年も良い年だよ(^^)v
しかし、腰がグキッっと来なくて良かったよ・汗
夫は私のその一部始終を見ていたようで、
「腰大丈夫だった?かなり素早くてとてもヘルニア持ちには見えなかったよ。」と大笑い。
真剣な私のその姿がかなりおかしかったらしい。
普段気をつけていても、とっさの時は腰の事なんて頭からどっかへ行っちゃうんだよね〜・・反省反省

人形の街高砂通りを歩いていたら、
お手玉にちょんと顔を乗せたようなお人形が売られていた。
あんまり可愛いので、牛さんとお獅子を買ってしまった^m^*

松本はお祭り大好きな街。
その度にメイン通りが歩行者天国になって、気持ちもとっても開放的になる。
今年もいろんなお祭りに出掛けるのが楽しみだ ウキウキ♪o(^-^ o )(o ^-^)oワクワク♪



8日 (木)

「 ショックだったけど 」

今年初めての整形外科。
この病院で2時間待ちは初めて。
座るところがないくらい混んでいた。
昨日はガラガラだったそう。。

首も腰もほとんど痛みを感じなくなったと話すと先生も「良かったね〜。」と
笑顔で答えてくれた。
でも、股関節はまだ時々痛むと話すと、
「股関節脱臼かな〜。」と。
子供の頃に症状が出なくて、大人になってから出る場合があるらしい。
子供の頃に平泳ぎをして時々股関節痛が出た事を話す。
触診などして、「多分腰から来てると思うけどね〜、念のため、来週レントゲン撮ってみよう。」と言われた。
注射は腰と、今回は股関節も。
股関節への注射は痛そ〜〜と思ったけれど、ほとんど痛みなし(´▽`) ホッ
しかし、帰宅してしばらくしてから(注射した影響だと思うが)、
歩くと、股関節にかなりの痛みが出て、足を引きずって歩いてる(明日には痛みは消えてると思うけど)

今は山歩きをした時に痛みが出やすいと話すと
「本当は山歩きは止めた方が良いんだけどな〜、止められない?」と。
「え〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!無理です!!!」
「腰から来る股関節痛は女性特有の痛みでね〜。同じように山歩きをしてる女性が治療に来てるんだけど
やっぱ山歩きだけは止められなくて、山から帰って痛みが出た時に度々治療に来てるよ。」と。
あら先輩がいるのね♪(呑気な私)
そう、山はね〜、あの山歩きの快感を知ってしまったら、絶対止められないのである。
「山歩きは痛みの出る部分を酷使するからね〜。でも、やめられないんだね〜。
ま〜とりあえず今の痛みが治まるまでは山歩きは禁止ね。」と。
「それでも今月いっぱいで治療を終えられそうだから、
それまでは今まで通り、なるべく横になって過ごしてね。
後少しってところで治療を止めてしまう人が多いけど、そう言う人は結局痛みがまた直ぐ出て
治るまでに益々時間が掛かるから、後少しの辛抱だよ。」とも。

山歩きは止めた方が良いと言わた時はさすがにショックだった。
でも、今までのような大きな病気や余命を宣告された訳じゃなし、
痛みと上手く付き合って、無理な山を挑戦しなければきっと登り続けられるはず!
それに同じように痛みを抱えて山歩きされてる方がいるのは心強い。
まだ股関節痛の原因はハッキリしていないけれど、
希望を持って、また以前のように山歩きやトレッキングが出来る日を楽しみに過ごそ〜っと♪



7日 (水)

「 ごめんよ。 」

今朝は七草粥を食べた。
以前は土鍋で炊いていたけれど、今は簡単に炊飯器で(^^ゞ
私の育った飯田地方では、どんど焼きで焼いたお餅(飯田では7日にどんど焼きをする)を
七草粥に入れて無病息災を祈願した事から、
餅入り七草粥を子供の頃から食べていた。
家では焼かずに、一口大に切った餅を入れて炊いていた。
結婚当初は七草粥には餅を入れるのは普通の事と思っていたので、
最初、夫にびっくりされた。
夫のところではそう言う風習がないので、できれば餅なしを作って欲しいらしいが、
私があまりお粥が好きではなく、
餅入りだったら大丈夫なので、
作ってしまえばこっちのもの(^^)vと、いつも入れさせてもらっている…へへへ

七草は七草セットを買う年もあれば、自宅にある野菜をあれこれ入れて済ます事もあった。
今年は水栽培していた大根の葉が随分と育ったので、
その葉と実だけを入れて作った(気持ちは七草^^;)

今回はちょっと餅の量をサービスし過ぎたかな〜と思っていたが、
ちょっと・・・なんてもんじゃなかったみたい・苦笑
お粥じゃなくてとろんとしたお餅を食べてるみたいだった。
やっとこ胃の疲れから開放されるぞ「ほっ」と思ってたのにね〜
ごめんよ、だんなさま。
ごめんよ、‘胃’。



6日 (火)

「 自問自答 」

昨夜夕食の支度が終わる頃には、足に痺れが出る程、
腰に痛みが出てしまった。
年末年始はずっとぬくぬくのんびり過ごしていたのが、
急にバタバタ動いたり長い時間キッチンに立って体を冷やしてしまったからかな〜。
夕食の準備が一段落し、夫が帰宅するまでの数分、
ヒーター付けてしばらく腰を温めていたらかなり楽になった。
食後の片付けは、膝掛けを腰に巻いてみた。
いやいやこれは良い感じ・ぬくぬく
もっと早くに気が付いていたらな〜なんて思った。

今朝は昨日の腰の痛みはほとんどなくなっていて「ほっ。」
痛みの1番の原因は身体を冷やしてしまった事だね。
今日も腰巻き(笑)をしっかりしてキッチンへ立った。
キッチンではどうしても水を使うから身体が冷えやすいんだよね。

昨日は休みつつとは言え、一日よく動いたので、
今日はなるべく横になって過ごす事にした。

久々に横になりながらまとまった時間本を読む。
その本の中に
「5年後10年後の自分は何をしていたいだろうか。」と言う文があった。
5年後って48歳・・・!、10年後って53歳じゃん!!〜w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
具体的に歳を考えてみて、そんな歳になった自分が想像できなくて思わずドキン!!
はて。。。しばし考えてみる。
やっぱり夫と二人、元気に相変わらず山歩きをしていたいな〜。
それには健康に気をつけて元気で明るく過ごす事が大事だよな〜。
今はいろいろ考えてみても、ヘルニアを治さない限りなかなか前に進めないね〜・苦笑
それでもこうやって立ち止まって自分を見つめ直せてるんだから
今この時間も私が成長する上では大事なひとときなんだろうな〜。

横になっていると取り留めなく自問自答してしまうひまわりであった^^;



5日 (月)

「 今日から普通の生活へ 」

夫は今日が仕事始め。
9日間も夫と二人で過ごしていたので
久々に一人で過ごす事に何だか違和感を感じつつ午前中過ごした。
(只今、昼食後のコーヒー飲みながら、PCに向かってます^m^*)

ヘルニアになってからは、部屋、風呂、トイレなど、掃除は夫が休日にしてくれていた。
私は平日に時々モップを掛ける程度(それも居間だけ)だった。
今日はお天気も良いし、ヘルニアの状態も良いので、掃除機を掛けてみる事にした。
椅子など重いものはそっと持ったり、ゴミ箱など軽いモノでも
ひょいっと腰から持たないで膝を曲げて持ち上げたりと腰に気を遣いつつゆっくりペースでやった。
自分でいろいろ動けてやれるのは嬉しかったが、
重いものはそっと持とうがやはりまだまだ負担になるらしく
少し痛みが出た。
まだちょっと無理だったかな〜。

掃除後は少し横になり、
再び別の家事をボツボツやった。
家事はしゃがんだり、中腰になったり、下ばかり向いていて首に思いの外負担を掛けたりと
外出するよりずっと身体に負担が掛かるんだな〜なんて思った。
(家でウロウロしている方が身体がしんどい^_^;)

ところで・・・
いつもの年末年始は、普段より飲んだり食べたりする分、
お散歩などよく歩くので、それ程体重は増えないのだが、
今回はお散歩を全くせず、いつもの年末年始と同じようにパクパク食べてしまったので
すっかりクマのような体型になってしまった。。
顔も体もまん丸々・・(そうでなくても・・なのにね〜(^^ゞ)
体が重く、心なしか苦しさまで感じるから、かなり危険区域に入ってる・汗
鏡に映る自分の姿をなるべくなら今は見たくない。。
胃もすっかり大きく育ってしまってるんだろうな〜・怖

今日から普通の生活に戻った事だし、
食生活も元に戻して腹八分目の感覚を思い出させなくちゃね〜~(=^‥^A アセアセ・・・



4日 (日)

「 おめでと〜\(^o^)/♪ 」

明けましておめでとうございます。

お陰様で、例年同じく夫の実家で3人笑顔で元気に新年を迎える事ができた。
何にも替えがたい、有難い事である。

年が明けると、たいてい、今年はこんな年にしたい!!
こんな事をいっぱいするぞ〜〜!!!と意気揚々な私であるが(年初めだけね(^^ゞ)、
今年はちょっぴりそう言う思いが湧いてこないと言うのが正直な気持ちである。
ちょっとずつちょっとずつ、良くなって来てはいるが、
まだまだ先が見えないヘルニアの症状がすっかり良くなるまでは
なかなかそう思えないのかもしれない。
症状が良くなり、少しでも先が見えてきた時はじめて、
やっとこいろんなやりたい事がわさわさ湧いてくるのかもしれないな〜。
その時がきっと私の新年の始まりかも。
それでも今思う事は
例年以上に、
ひまわりワールド、
ひまわりタイムを大切に大切に、
自分の気持ちになるべく正直に過ごしていきたい。
日々大事に大事にネ。

こんな相変わらずマイペースなひまわりですが、
今年もよろしくお願いします。
皆様にとっても素敵な年になりますように☆★