2008年  12月



27日 (土)

「 1年間有難うございました♪ 」

夕方、二人の忘年会に街へ繰り出した。
途中、松本城へ寄る。
ヘルニアになってからは初めてだから2ヶ月振りか…。
やっぱ松本城は良いな〜なんて思いながら歩いた。
松の木には、既に冬囲いがされていた。






久々に北アルプスを眺める。
常念岳の左横にとんがり頭の槍ヶ岳がくっきり顔を出していた。




本丸庭園の正門には門松がいよいよ飾られている。
もう直ぐお正月なんだな〜としみじみ。
寝てばかりいたからこの2ヶ月間は変化なしの生活をしていたため
余計にそう感じた。

世の中不景気とは言え、街は思いの他賑やか。
二人でいつもと変わらず忘年会が出来た事に感謝しつつ乾杯☆☆
せっかくカメラを持って行ったのに、
肝心なお料理を撮り忘れちゃった(^^ゞ
それだけ楽しい時間を過ごせたと言う事で・・・

今年もいろんな事があったな〜
楽しかった事も悲しかった事も・・。
悲しかったり辛かった事も、み〜んな残らず自分の実になってる筈だから
その分は昨年より成長出来てる筈だ〜〜〜なんて話もした。
ヘルニアをした事だって、まだまだ先が見えず、
来年は登山もいつから始められるか分からないけれど、
その分、別の楽しい事、、例えばトレッキングやお散歩など・・
愚痴ってばかりなんて時間が勿体無さ過ぎるから、楽しんじゃお〜ぜ〜〜〜ってね(^_-)-☆
そう考えただけでウキウキワクワク♪

今年のはじめまではネット漬けのような日々を過ごしていた自分がいた。
とにかくまずはネット、ネット、ネット。
今考えるとかなり危険・・と言うか異常^^;
引越しを皮切りに、ネットの世界第一だったのを少し距離をおいてみた。
そしたら別の自分が見えてきたり、
自分をいかにパソコンに縛り付けていたがが分かった。
凄く楽になった自分がいる事にも気が付いた。
それまでより、落ち着いた、地に足の着いた生活ができるようになった。
現実の世界の大切さを改めて感じ、それを学んだ大切な1年だった気がする。

心配していた飲み過ぎもなく(いつも飲み過ぎ注意報を出してくれる友よ、ありがとう*^_^*)、
今回は話に夢中だった(いつも話に夢中だけど今まで以上に)

充実した楽しい楽しいひと時だった。




帰りに千歳橋を流れる女鳥羽川に、
川の流れに沿って演出されたイルミネーションを眺めてから帰宅。
気持ちが高揚しているせいか、寒さもあまり感じず、
逆に冷たい風が肌に心地良くすら感じた。


今年は掲示板をお休みして、
皆さんと直接おしゃべりする機会はなくなってしまったけれど、
それでもここへ訪れて下さった方には深く感謝致します。
どうぞ、皆様、良い年末年始をお過ごし下さいませ。
そして素敵な1年を迎えられます事、お祈り申し上げます。
来年も相変わらずそそっかしいひまわり炸裂の事と思いますが、
来年もよろしくお願い致します。

素敵な1年を有難うございました。



26日 (金)・・・2

「 大ボケ過ぎる 」

ドジは1回で終わらなかった(>_<)

帰宅してから、仕事場で心配している夫に病院での様子をメールした。
これはいつもしている事。
特に今日は天候の悪い中を歩いて行ったため、
心配してくれていたから、安心してもらうためにも忘れてはいけないよね。

夫へメールを送ってそれ程時間が掛からないうちに返信が来た(と思った)
それは何故か夫の受信フォルダに入らず、受信トレイに入ってきた。
なんでだろう?と思いつつもそれ程気にする事もなく、開く。
すると私が送ったそのままの内容。。。

たいていの人はここで気づくよね〜
気づかないのがひまわりである。
「きっと私が送った内容を読む時に、夫が間違って返信してしまったんだろう。」
その後返信がなかったので、
「さっきのメールは読んでくれた証拠って事だよね〜」と思い込み、
それっきり、私の中ではメールの件は終わった事になった。

久し振りに歩いて病院へ行ったのと、治療した事で疲れてしまい、
昼食後30分爆睡。
目が覚め、ふとパソコンに目をやると、夫からメールが届いていた。
「医者はどうだった?」
(あれ〜??メール送った筈なのに、読んでくれてる筈なのにどう言う意味だろう?)

そこでやっと気が付いたよ、今日2度目のおっちょこちょいを。
(自宅のPCのアドレスにメールしてどうする!!!)
慌てて返信。
今度は間違いなく夫の携帯へ。
送信するが早いか、今度は私の携帯にも夫から同じ内容のメールが届いた(^▽^;)

私のおっちょこちょいで大変ご心配お掛けしました、だんなさま<(_ _)>

あ〜〜、今日は何て日だろ。。
夫にボケが始まったかと真剣に心配されそうだ〜
自分でも心配(;´▽`A``



26日 (金)・・・1

「 今年最後の受診  」

朝、カーテンを開けると、ほんのりだが銀世界が広がっている。
空も白く、チラチラと雪が舞っていた。
「今日に限って降らなくても〜〜〜。」とつい愚痴が出る。
そう、今日は今年最後の整形外科受診日。
空を眺めていても雪が止む訳でもニコニコ顔のお日様が辺りを温めてくれる訳でもないので、
毛糸の帽子を被り、9時過ぎにトボトボ歩いて出掛けた。

いつものように診察までの待ち時間、レーザーと温パック。
温パックがそろそろ終わる頃、名前を呼ばれた。
「後少しで終わると思います。」と看護師さんに言ったら
「あれ、電源入ってないよ!?」
あちゃ(>_<)
どうりで今日はあまり温かくない訳だ、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)
レーザーは看護師さんにやってもらうのだが、
温パックは自分で電源を入れたり、タイマーを掛けたりするのである。

かなり恥ずかしかったけど、笑ってやり過ごす。。看護師さんもそれにつられて苦笑い。
考え事をしていたとは言え、10分もの貴重な時間、
あ〜〜なんと勿体無い。
ひたすらベットに‘トド’の如く
ドデッと横になっていただけだったなんて。
私らしいと言えばそれまでだけど。
それにしてもかなり鈍感。
いやいや・・・考え事と言っても、お正月中、なるべく寝ていろって言われるかな〜とか
2月に旅行の計画をしているけれど(そろそろ予約したりしないとだからね)、
それまでに何とかなるだろうか〜〜とか、
先生に聞いてみないと〜とか(^^*ゞ
(深刻な内容ではないのです〜〜恥)

先週、先生にあちこち痛みのある部分を圧され、
激痛が走ったのが嘘のように、
今回はあまり痛みを感じず。
先生も随分良くなったね〜と少々驚かれたv(^^)v

先生に聞いてみないと〜と、思っていたことを話した。
お正月にずっと寝ているのは難しいから、空いた時間にはなるべく寝るようにと。
夫の実家へ1泊する事も話したのだが、
「病人なんだから、のんびりさせてもらいましょう。」と。
(そうだよね、私、病人なんだよね。)と
変に納得してしまったが、
病人と言うわりには週末毎、フラフラ遊び歩いてて、
‘病人’って言葉に叱られるや(;´▽`A``
ま〜要するに無理せず〜〜〜って事だよね。
「お正月とは言え、なるべく寝ているように」・・・何て言われたらどうしようかと思った(´▽`) ホッ

先生に旅行へ行けそうかどうか伺うと
「飛行機?海外??」と。
まさか・・・^^;
飛行機の椅子は腰によろしくないので、飛行機だったら避けた方が良いと言われた。
飛行機に乗らなければ、2月の旅行は大丈夫と♪

良くなってきた実感が出てくると嬉しいし、
旅行の楽しみも出来たから、
今まで以上に頑張って治そうって気持ちが湧いてきた。
でも、年末年始に羽目を外さないように気をつけられるかが、問題だ〜〜〜



24日 (水)

「 Merry Christmas〜☆ 」

夕方、仕事から帰った夫が、バックからケーキの入った箱をニタニタっとしながら出した。
「わぁ〜!!♪」(^O^*)/

クリスマスの乾杯は、先週の金曜日に自宅で
ちょっとしたご馳走とワインとケーキで済ませていた。

「今日はイブか〜。」なんて思いつつも
今夜は普通の夕食を準備。

「先週クリスマスをしたけど、やっぱり24日にはクリスマス気分を味わいたいって思ってね。」と夫。

最近の私は、どう家事を、それも手抜き家事を上手くこなし、
少しでも横になる時間を作るか・・・
そんな事ばかり(自分の事ばかり)考えていて、
気持ちに余裕がなくなってたな〜
反省させられたが、幸福感いっぱいに包まれた。

今夜は太る事を忘れて夫と二人
夕食後に紅茶と一緒にケーキを頬張った♪




23日 (火)

「 素敵な出会い 」

「勝負か!?」な〜んて、前日言っておきながら
舌の根も乾かないうちにちょっぴりお出掛け。
しかし、今日は前々からお出掛けの予定をしてたので、
それを実行してしまったと言う訳((^┰^))ゞ テヘヘ

安曇野のあるギャラリーでやっているヘンプ展へ。
ヘンプ…日本語では大麻だそう。
ヘンプは生命力、成長力が強い植物で
それを使って作ったヘンプ100%布は身体にも地球にも優しく、
洋服ではその生地の性質上、年間通して着られるんだそう。
そんな訳でとても興味を惹かれ、
今月の28日までの展示と言うので、今日出掛けた。

安曇野は久々。
日陰には時々薄っすら雪が積もり、さすがに空気が冷たかった。
安曇野はどの季節に来ても心落ち着く私の大好きなところである。
今日行ったギャラリーは、そんな安曇野にピッタリの雰囲気。
木などで作られた作品や、安曇野や上高地の絵なども飾られていた。

ヘンプ布で作られた洋服は想像していた以上に心惹かれるものがあった…と言うか
一目惚れと言う言葉が当てはまるかな〜(*^_^*)
染められた色も素敵、触った感じが優しくて柔らか。
ちょっと着てみたのだが、着てないみたいな軽さ。
着心地もバッチリ☆
重ね着をする冬には肩が凝らなくて良いかも。
デザインも私好み♪
流行のデザインではないから、何年でも、それにどの季節にも着られそう。
長い目で見たら安いかも・・。
そう、お値段は結構良いのである^_^;
着たままかなり悩んだ挙句、買ってしまったよ。
ちゅうさま(こう言う時だけ‘さま’)ありがと♪
(しばらく洋服買うのは我慢だな〜)

ギャラリーの方も数年前に腰椎椎間板ヘルニアをされたそうで、
その方は2ヶ月間安静のため入院。
なかなか良くなって来たと言う感覚がなく、
薄皮を剥ぐようにと言う言葉がピッタリと言われていた。
3ヶ月くらいしてやっと動けるようになり、半年くらい経って、
ようやく良くなって来たと言う感覚になったとか。
完全とまではいかないけれど、普通に近い状態になれるまでに
2年掛かったと言われていた。
ヘルニアは一生のお付き合いと主治医に言われたそう。

内容的に少々複雑は心境だった。
ヘルニア…、本当に長い長いお付き合いになりそうだ〜〜〜・実感
しかし同じような経験をされた方から直接こう言う貴重なお話を聞ける事はなかなかないので
いろんな意味で今日はここを訪れて良かったと思った。
ヘルニアに関しては良いお話が聞けた訳じゃないんだけど
元気が出たよ。
この方はとっても明るい、私より少し年上(多分)の女性。
パワー溢れる方だったから、そんな清々しい気持ちになれたんだろうな。

帰り際「お大事に〜。」なんて言われて
「有難うございます。」と言いながらも、何とも不思議な気分で思わず笑ってしまったよ。
素敵な出会いに感謝!



22日 (月)

「安静が近道・・分かっちゃいるけど… 」

先々週の金曜日から週末に掛けての三日間がたたり、
先週は久々に「あ〜しんど。」と数時間おきにはつい口に出てしまう程、
痛みやだるさ、張りなどを感じた。
特に首から肩に掛けて辛かった。
身体は正直である。

先週の金曜日に整形を受診した際、その旨を伝えた。
せっかくここまで治療して頂いただけに、
痛み復活の話を先生にするのはかなり勇気が要ったが、それは自分のせい、仕方ない。
「ここら辺だよね〜?」と先生が肩から首の付け根辺りを圧す。
声も出ないくらいの痛みが走る。
治療し始めの頃の懐かしい痛み(懐かしがってる場合ではない)
(もしや再発・・)と不安な気持ちが過ぎったが、
「あ〜これはかなり疲れが出てるね〜。」と。

女性の場合は家事などで、どうしてもじっと寝ている事が難しいから
男性に比べ治りが遅いとの事。
私の場合はプラス‘週末ルンルン♪’になってしまうのもいけないんだよね(これが1番の原因^_^;)
しかし、「大丈夫、ちゃんと良くなってきてるから。」の先生の言葉はとっても嬉しかった。

今日の家事は午前中に食事作りとその後片付けをしたくらいで、
お昼までしっかり横になって過ごしていた。
バタバタと過ごしている時は、
たまには家事を放り出して、ゆ〜っくり本でも読みながらゴロゴロ過ごしてみたいな〜
なんて思ったりするけれど、
実際そうしていなければならないとなると、
かなりしんどいもんでございまする。。。
もちろん、本を読んだり、それなりに楽しみを見つけて、
自分をなだめてみたりスカシしてみたりしてるんだけど・苦笑

もうじき、長いお正月休みに突入する。
家でひたすら横になってなんてきっと我慢できないだろうし、
夫の実家へも帰らないといけないし。
そうそう、二人で忘年会に街へも繰り出したいし(^^ゞ
今週が勝負か!?



18日 (木)

「 あけまして・・・ 」

数週間前から一日に何度もポトポト、
ホントにポトポトとモノを落とす事が多くなった。
特に紙のような軽いモノを落とす事が多い。
もっとも、今は重いものは持たないけど。

重いものを持たなくなったし寝てばかりいるので握力が落ちたのか、
注意力が散漫になったせいなのか(ま〜元々ぼ〜〜っとしてるけど)、
とにかくよく落とす。
落とすとそれを拾うのにひと苦労。
今までだったら腰を曲げてひょいと拾っていたのが、
今は膝を曲げてゆっくり腰を落とさないといけないんだもの。
腰の悪い人はだいたいから腰をひょいと曲げて・・なんて言語道断なのかもしれないけど
今まではそうやって拾ってた(^^ゞ

今朝もやっぱり‘ポト’をやってしまった。
味噌汁に入れる、封を開いたばかりの乾燥わかめを、
ジッパー付きの袋に移し変えてる最中にポト。。
あんまりさりげなく落ちるものだから(「落ちますよ〜」なんてわかめはしゃべらないから当たり前)、
手から離れた事に直ぐに気が付かず
落ちてから「あらら〜〜〜。」と声を上げる・苦笑

ペンや紙なら苦労なく、それでも腰に気を遣いつつ「よいしょ。」と拾えばそれで済むが
乾燥わかめはそうはいかない。
手で掻き集めれば早いが埃も集まってくるから、仕方なく一つ一つ拾う。
夫も手伝ってくれ、朝から黙々と拾った。
かなりこぼしてしまったからね〜^^;

「あけまして・・・」はもう少し先ですよ、ひまわりさん!




14日 (日)

「 楽しかった♪ 」

朝から雪がチラチラ。
道路はしっかり濡れているから、雨も降ったんだろうか。
自宅にいるとホテルに泊まっている妹からメール。
友達から、諏訪の辺りは結構雪が降ってて、積もるかもとメールが入ったとか。
帰りが心配だから、早めに帰る事にすると。

一緒にランチができないのは残念だけど、
雪の中帰るのに、何かあったら大変だものね。
それでもお昼少し前くらいまでうちでおしゃべり。

来年はいっぱい会えると良いな。
今までは妹に来てもらう事が多かったけど、
来年は電車に乗って時々会いにいけたら良いな。
4人で旅行もしたいよね。
そんな話もした。

妹が可愛いのはもちろんだが、
不思議だね、
義弟もホントの弟みたいに可愛く思えるから。
言いたい事をついついポンポン言ってしまう(義弟はありがた迷惑かも^_^;)

夕方、雪も大したことなく無事家に到着と連絡が入り、心配性の私は「ほっ。」
夕食時、夫が
「姉妹って良いね、二人を見てて思ったよ。」と。
ホントにそうだよね、特に同姓の場合はそうかもしれないね。
いつか妹と二人きりで旅行するってのも面白いだろうな〜なんて思ったよ。

妹夫婦よ、
今年会えなかった分、来年はい〜っぱい会えると良いね。
ありがとさんきゅっ♪v(*'-^*)^☆




13日 (土)

「 妹夫婦と 」

なかなか会えないでいた妹夫婦とようやく会えた。
本当は父の七回忌である10月26日に飯田でゆっくり1泊で会う予定で
ホテルも既に予約してあったのだが、
私のヘルニアが原因で、キャンセル。
今年中に会うのは無理かも〜って思っていた。
しかし、忘年会を兼ねて、妹たちに松本へ来てもらい、
居酒屋でやれる事となった。
身体はまだ万全ではないが、
それでもこうしてお互い笑顔で会う事ができたのは何よりである。




会おう会おうなんて言ってて、お互いに今年は忙しく
何と1年振りだよ!!
私達以上にいろいろと大変な事も多かったと思うから
「二人とも老け込んでたりして〜。」なんて夫と話していたが、
いやいや相変わらず若々しくパワフルだった。
ずっと年上の私が言うのはおかしな話なんだけどね、
忙しくても大変でもそれなりに元気で過ごしているのが
二人の様子で感じたって事かな。
ちょっと安心(*^_^*)

久々で話も弾み、写真を撮るのを忘れてて
思い出して慌てて撮った時は既にお開き近く〜^^;
空のお皿ばっかり・・・
ま〜それでも自分たちにしたら、
この写真で楽しかったこの時を思い出す事のできる1枚になった。


  

2次会はカラオケ。
自分が歌わない時はなるべく首や腰に負担が掛からないように
横にならしてもらった。
ここはそれができるから有難い。
しかし、熱気や興奮がある上、
コルセットをしているもんだから、
一人汗だくだったよ、ヽ`(~д~*)、ヽ`

やはり今が旬のアーティストなんだろうね、
4人が4人、コブクロの歌を歌いまくり。
「え〜またコブクロかい。」と・・
笑えた〜^m^*

そうそう、私達が結婚したばかりの頃、
単身赴任中の父が私達の新居の近くに住んでいた時期があったのだが、
時々一緒に飲みに行く事もあって、
その時2次会にカラオケへ行ったりした。
当時はカラオケスナックだったな〜・懐
その時、父がよく歌っていた「高原列車は行く」(歌:岡本 敦郎)も懐かしみながら歌ったよ。
4時間、楽しく歌いまくった。

この後、本当は落ち着いた場所で3次会をと考えていた。
しかし、私の身体が少々悲鳴を上げだしたので、
ここでお開きにしてもらった。
妹たちはこの後シメのラーメン屋さんへ。
ん〜若い!!!

本当は温泉にでも1泊していつまでもおしゃべりしたかったけど、
それでも今回4人での楽しい時間を作れた事は本当に良かった。
本当に楽しい楽しい夜だった。



12日 (金)

「 人間ドック 」



【 人間ドックで出された食事 】


9月に予約を入れたのだが、入れた時には既に予約が12月までいっぱいで
やっとこ今日、この日に予約を入れる事ができたのだ。
今年中に予約が入れられたのは良かったのだが、
ヘルニアのせいとは言え‘食っちゃ寝状態’の普通ではない身体の時に検査なんてな〜・・・。
普通の状態の時の数値や身体の状態を診てもらいたかったが、それは悔やんでも仕方ないね。

検査待ちの時間は横になるなどして過ごした。

採血は朝食抜きの他に安静が続いていたのが原因で、
いつも以上に血管が分かるにくく、
採血までに随分時間が掛かったが、とっても上手な方で
失敗なくやって頂け、有難かった。

胃カメラは昨年同様麻酔を掛けてやってもらった。
ここでもやはり麻酔を入れる血管探しに時間が掛かる。
2度失敗された。。
先生と看護師で私の1本の腕を揉んだり叩いたり、それはそれは大ごと。
「麻酔なしで・・」なんて言われるのだけは絶対避けたかったので
既にマウスピースを加えている口で
「えくいに おえあいひあふ(手首にお願いします)」と
もう片方の手で、手首の内側を指差しながら訴えた。
「え〜〜〜!!!」
と二人に声を上げられた・苦笑
「そこは痛いよ〜。」
痛くたって麻酔なしよりはマシだよ・・と言いたかったが
「あいおううえす(大丈夫です)」とだけ答えた。

びっくりするほどの痛みもなく無事成功(^O^)/
「いつもここで採血するの?」と先生。
「いおえです。(2度目です)」
笑顔で私の答えを受けたのを見つつ、
そのまま夢の国へ。

そんなこんなで12時前には無事全検査終了。

結果が出たものだけ、教えて頂けた。
寝てばかりいるから体重も通常より2キロ以上増えてしまっていたため
メタボなど心配だった、が、何とか大丈夫だったようで「ほっ。」
それでも体重は多すぎなので、
「体重をもう少し減らしましょう。」と言われる。
(あはっ。それはね、分かってんだけどね、減らすのはなかなか難しいのですよ〜)

胃炎は昨年に引き続きあった。
それと今回はポリープが1つ見つかったらしい。
ま〜これは年に1度検査すれば大丈夫との事だったけど。

食事内容は「とても努力していますね。」と褒められたが・・・
で、普段はほとんどお酒もお菓子も食べないのであるが・・
週末になると気が緩み
特にお酒は平日飲まない分、最近ではついドカ飲みしてしまう事が度々あって、
で、飲み過ぎた次の日は胃が荒れてる感覚がしっかりあるから、
その時は反省するんだけどね〜。
きっとこれが1番の原因だ。
普段、気をつけててもこれじゃ何もならないよね〜。
これから楽しい行事が続くから「ほどほどに」を守らないとね。
せっかく大きな病気を二つも乗り越えてきたんだもの、
こんな事で身体を壊したら情けなさ過ぎだ。

こう言う事って検査しなくても分かっている筈なのに、
なかなか直せない。
こうやって結果を目の当たりにするとやっと我に返れる。
弱いな〜自分・・って思うけど、反省できただけ良かった事にしよう。

細かい検査の結果は2週間後に送られてくるそう。
そしたら忘れずその結果を持って皮膚科受診しないとだった〜。






11日 (木)

「 一進一退  」

許可が下りたので、今日は歩いて整形外科へ行った。
うす曇りで強風が吹いていたが、風の冷たさがなく、
気持ち良く歩けた。
歩ける事の嬉しさもあったが、ゆっくり慎重に・・・と、
少し緊張感もあった。
10分ほどで到着。

症状を聞かれ「先週とあまり変わらない。」と話す。
先週は動いても良いとお許しを頂き、
自分なりには無理しない程度にと思いながらボチボチ
休み休み動いているのだが、どうも塩梅が分からない。
だからその日によって体調が良かったり悪かったり・・。
そんな話もした。
先生はしばし「ん〜〜。」とうなり
「やっぱりなるべく横になってないといけないね〜。テレビも起きて観てちゃダメだよ。」と。。。
あらららら・・・。

なかなかほいほいそれそれちゃっちゃっとはいかないね〜。
今が我慢時かな〜。
明日は人間ドックだし、週末は妹夫婦と会う予定だし、、。
少なくとも今日は出来る限り布団の中で過ごそっ。




10日 (水)

「 芋堀りに 」


コルセットは24時間着けっぱなし。
首の方は夜寝る時は外すものの
特に首のコルセットは汚れやすいし、汚れが目立つ。
だから週に1度は手洗いをしている。
今までは横になっている事が多かったので、
乾くまでの間はなるべく動かないようにしていれば良かった。
しかし多少動き回っても良い今は、時々は横になるものの
今までよりウロウロする事が増えた。
首に付けているのは腰とは違いウレタン芯材のソフトなものだが
なければやはり安定感がなくてまだまだ不安だし、
首への負担が掛かってしまう。

そこで、乾くまでのしばらくの間、
厚めのタオル2本をそれぞれねじって首に巻き、
輪ゴムで留めてみた。
「ん〜、良いかも♪」

どんな塩梅かその姿を鏡で見てみた。
あはは・・
こりゃ〜かなり気合入れて芋堀りにでも行くひまわりさんの出来上がりだ〜・爆




9日 (火)

「 京人参 」

週末スーパーへ行ったら、京人参を売っていた。
お値段も普通の人参に比べかなりお高いし、
興味はあったが、わざわざ買ってみようと思わなかった。
しかし、今年は京都旅行へ行ったせいか、
‘京都’と聞いたり、その文字を目にしたりすると、ついそそられる。
「たまにはいっか。」と、普通の人参の2〜3倍の長さで赤に近い色の京人参を1本購入した。

昨日、3分の2を筑前煮に。
切る前にまず匂いを感じてみた。
土臭いかおりが僅かにする。
夫はあんまり土臭い人参は喜ばないので、ちょっと迷ったが、
モノは試しと入れる事に。

午前中に作ったので、お昼に夫より一足お先に味見した。
いやいやいやいや(○゚ε^○)vウマウマだよ♪♪
普通の人参はあっさりした味だけど、
京人参はこってりと言うか、煮た里芋に近いねっとりした感じで、濃い。
同じ人参でもこんなにも違うのか〜とちょっとびっくりする程。
夕食に食べた夫も「普通の人参と全然違うね〜。」と驚いていた。
心配していた臭みが全くなくなっていた。

美味しいとなるとつい栄養価も気になるところ。
つい調べてしまうんだよね。

調べてみたら・・・
人参の中でもカリウム・亜鉛・ビタミンB群(特に葉酸)・食物繊維(特に水溶性食物繊維のペクチン)、
そしてトマトにも多く含まれるリコピンを多く含むのが特徴。
リコピンは血液サラサラのほかにも、がんや老化の予防にも役立ちます。
だって♪

こうなると少しお値段高めだけれど、時々は食べたいよね。
美味しくって栄養価が高いんじゃ〜以前のように見て見ぬ振りする訳にはいかないでしょっ!

さて、残りの3分の1はどう料理しようかな〜(*^^*)



8日 (月)

「 枕を並べて 」

昨夜は久々に夫の横で畳に布団を敷いて寝た。
やっぱ畳の方が安定感があって良いわ〜♪
眠りの深さも違うような気がする。
同じベットでもうちのように折り畳みではなく、
安定感のある、ずっしりしたモノだったら、多分畳の上とそう変わらなんだろうけどね。

安静が始まった頃は掛け布団だけだったのが、
今ではすっかり寒さが増し、
間に毛布を着るようになった。
そしたら寝方が悪いせいと思うが、
いつも左側の足元だけ、掛け布団が滑り落ち、
片足が寒くて夜中に目が覚めえしまうのだ。
夫と二人でベットに寝ていた時は、
左側に夫のベットがあったので、
下に落ちる事はなかった、しかし、柵がないので、左側に何もない今は
どうしても落っこちてしまう。

足元だけ布団が落ちないように紐で縛ってみようか…、
それとも柵を作ろうか・・・、
真剣に考えた。
考えた結果、
だいぶ立ったり座ったりが楽になってきたし、
夜はそんなに頻繁に起きる事はないから(せいぜい1回)
夜だけ畳に…と言う事になった。

同じひとつの屋根の下でも、
夜、別々に寝るのは
それもベットで…と言うのは、
入院生活を時々だが彷彿させるものがあるし、
昼間に一人で寝ている感覚と一緒。

やっぱり枕を並べて寝るのは、
変な意味じゃなく、ノロケでもなく、
心の安定剤なんだな〜としみじみ思った夜だった。
(唯単に今までの寝方に戻ってほっとしただけかもしれないけどね^m^*)
朝晩の布団の移動は夫に手間を掛けてしまうから申し訳ないのだが、
もうしばらくよろしくです(^^ゞ



7日 (日)

「 プチドライブ 」




風が冷たくて寒かったが、とても良いお天気だったので、
2時過ぎ頃から安曇野までプチドライブに。
ドライブは随分久し振り。
雲ひとつ浮かんでなくて、
雪を被った北アルプスの何と美しい事か!!
真っ白々の後立山連邦も車の中からうっとり眺めた。

1度行ってみたいと思っていたお食事処があったので立ち寄った。
ここは造り酒屋だった古民家を再生された、国の登録有形文化財にもなっている建物。
和室では蕎麦やお抹茶やぜんざいなどを食べられたり、
カフェでは黒糖カレーや揚げ立てかりんとうが頂ける。

残念ながらお昼を済ませて来てしまったので、
揚げ立てかりんとうとコーヒーを頂いた。
サクサクしててスーパーなどで袋売りされているものとは
ひと味もふた味も違いとっても美味しい。
趣きがあり、時間の流れが止まっているようなゆったり過ごせる空間。
どの季節に来ても楽しめそう。
カメラを持ってこなかったのが残念。

久々に身体の苦痛を伴うことなく、
普通にドライブを楽しめた喜びを感じた。




5日 (金)

「 やっとこ安静脱却♪ 」

今日も一週間振りの整形外科へ。
いつものように受付を済ませ、呼ばれるまでの間にレーザーを首と腰それぞれ7分ずつ、
温パックを首と腰を同時に10分済ませる。
混んでいれば再び待合室に戻り、呼ばれるまでしばし待つ。
今日は強風、雨、時々雷と言う、台風のようなお天気だったせいか
患者さんが少なかったので、待つ事なく診てもらえた。
最近とても混んでいると思ったら、どうも‘お菜(野沢菜)洗い’で腰を痛めて来る人が多いせいとの事だった。

今までのように痛みはなくなったが、お勝手仕事など、
下を向いたままの作業が続くと重だるくなるのと、
股関節痛と今回は右腕の痛みがあると先生に話した。
「痛みがなくなってきて良かったですね〜。」と言われ、
だいぶ良くなってきている、もう少しの辛抱とも言われた。
4種類の飲み薬も3種類に減る。
腰のコルセットはまだ24時間装着が必要だけど、
首の方は寝る時は外しても良いと。
それから、病院通いは歩いても(片道10分前後)OKとも言われる。
やっと先が見えてきたような気がしてほっ。
でも、時間が空いた時にはなるべく横になっている事が大事とも言われた。
股関節も腕もヘルニアの影響だからそれが治れば痛みはなくなるからと言いつつ
いつものように硬膜外ブロック注射をされる。
今日は4箇所。
通常この治療をした後は1時間程の休憩が必要らしい。
ここのは先生独自の治療とかで1分程の休憩でOK。
で、今日の治療終了〜。

大した治療をした訳ではないのだけれど、治療後はぐったりクタクタになる。
治療は来年をまたぐ事になってしまうが、
それでも少しずつ良くなってきているのが実感できているから何とか頑張れそう。
今回初めて先生の口から「安静」の言葉がなかったのはとても嬉しかった。
それでも無理せず油断せずを心掛けようと思う。
‘いなばの白兎’ではないけれど、
ここで焦って無理した挙句「グキッ!」なんてやってしまったら立ち直れる自信ないものね^^



3日 (水)

「 画像が悪かったな〜^_^; 」

時々気が向いた時に野菜の切れ端を水栽培している。
これ、結構楽しいのです♪^^




人参の葉が随分育ってきたので、今夜のサラダにでも入れようと思い、
その前に携帯で撮ってみた。
かなり映像が悪くて悪しからずm(__)m
人参の横はカブ。
1本で2度美味しいのだ♪
それと、育っていく様子を観察するのもたまらなく楽しい。
だから、私の場合3度美味しい^m^

花の他に野菜もプランタなどで育てていた事があったのだが、
苗からではなく、タネから育てていた事もあった。
なんだろね〜
土を持ち上げて芽が出てくる感じがとっても好きで、
もちろん野菜を収穫できたり、食べた時が1番嬉しいんだけど、
その次くらいに好きな様子かも(*^^*)
パワーを感じるのはもちろんなんだけど、
もっと別の嬉しい感覚。




人参とカブの他に三つ葉も育てているのだが、
中でも今は三つ葉が1番の楽しみ♪
写真だと分かりにくいけど、ちょこっと顔を出して、
「さあこれからスクスク目に見えて大きくなるからね〜〜。」
って私に言ってるように見えるのである(思い込み激しい)



2日 (火)

「 俵萌子さん・・・ 」


朝食中、既に食事を終えた夫が新聞に目を落としたまま
「あれ・・・。」と呟いた。
私は、夫の食事の早さの倍は掛かるので、私の食べている横で
新聞を読むのが夫の日課になっている(^^ゞ

夫の見つめている先を眺めると
『俵萌子さん死去』とあった。
「え〜!!うっそ〜!!」と思わず叫んでしまう。

確か私が悪性リンパ腫の治療数年後だったと思う。
この方の「ガンと私の共同生活」と言う本と出会ったのは。
治療後主治医に、胸にも放射線を当てているから、
そうでない人に比べると乳がんになる可能性が高いと言われ、
それに子供を生んでいない人は、生んでいる人よりも同じく
乳がんになる確率が高いと何かで読んで事があったので
乳がんに対する不安や恐怖が強かった時期だった。

この方は乳がん以外でもいろんな困難を乗り越えてこられた。
唯乗り越えただけでなく、「人生楽しく生きなきゃ損!」とばかりに
それまで以上にパワーアップされ、益々活発に行動されていた
(本の内容は既に記憶が薄れているんだけどね)
「12の3で温泉に入る会」と言う、胸を失った方が気兼ねなく
温泉へ入れるための会・・、そんな患者会も作られた。
大きな病気をしたり、事故に遭われたり、欝を経験されたり、
それでもそこから元気に復活されていて、
パワフルに活動されている、
まわりの人達にも元気パワーのお裾分けをしている・・
「こう言う方がいるんだ。」と、勇気やパワーをもらった初めての方が
この俵萌子さんだった。
当時はパソコンを持っていなかったので、
元気をもらえる闘病記と出会ったのがこの時が初めてだった。

今は俵さんの存在も、そして本も手放し、
すっかり忘れて過ごしていたけれど、
亡くなられて・・・と知るとやっぱりショック。

俵萌子さんとの出会いに今更ながら感謝。

ご冥福をお祈り致します。




1日 (月)

「 焦らずに・・・ 」




週末、何となく折り紙がしたくなったので、普段使いのコースターを作ってみた。
きっちり綺麗ちゃんちゃんと折れてないとこが私らしいでしょ?(^^ゞ
テーブルの上にいつもと違う色が増えると、気分転換になって良い感じ。
休み休み、途中横になりつつ折ったんだけど、
それでもやっぱり夢中になってしまったみたいで、
折り終わってから首の後ろに鈍痛が・・・。
まだちょっと無理だったか…とちょっと反省。

そして今日…
どうしても友達に手紙を書きたくなり、ボツボツ書いた。
最近はもっぱらメールで済ませてしまい(それも簡単に携帯メールだったり^m^*)、
手紙を書くのはかなり久し振り。
今度は姿勢に気をつけたりしながら書いたのだが、
書き終わる頃には腰に痛みが・・・。

今までに比べ、ずっと楽になってきたので、ちょっとずつなら大丈夫かな〜なんて思ったけれど
治るまでにはまだまだ時間が掛かりそうと言う事を痛感させられた。
焦るな焦るな・・・だね。