2008年  11月



22日 (土)

「 もう少しもう少し・・ 」

夫の実家へ帰った。
帰ってしまった・・の方が正しいかな〜^_^;
昨日の整形外科での診察次第で行こうかどうしようか決めようと思っていた。
腰や首の塩梅は相変わらずで、あまり良い方でない部分で安定していると言った感じだったから。
「主婦はなかなかじっとしていられず、安静でいる事は難しいからね〜・・・。」と
先生は最後の言葉を濁したが、
『そうだよね〜、先週に比べてかなり良くなってるとは言えないよね〜。』と思わず納得してしまった。
それでも「首は少し良くなってきてるかな〜。」なんて言ってもらえた。
確かに張りはなくなった。
「また来週ね。」と肩をポンポンと叩かれたが、
もう少し辛抱だよと言われた感じだった。

塩梅がまだ良くないし、横になっていた方がずっと身体のためには良いから
実家へ帰るのはよそうと思ったりもしたが、
何もしなくても、お昼だけでも義母と一緒に食べたり、
話をしたりするだけでも、お互いの様子が分かって安心できるし、
第一気分転換になる。
あれやこれやと考え、自分の気持ちを天秤にかけて行く事に決めた。

それ程うろうろ動かなくても、
一日起きっ放しだと、やっぱり首や腰に負担が掛かり、
帰りの車の中では特に腰に痛みが出始めた。
それでもやっぱり帰って良かったと思った。
義母も私の顔を見て、少し安心したみたい。
私の方が義母には心配掛け通しであるm(__)m

実家の辺りは薄っすら雪が積もっていた。
やっぱり松本とは寒さが違うや。
年末にはもう少し動けるようになって、元気に年を越したいな。




20日 (木)

「 トイザらス 」

新聞のチラシにトイザらスのカタログが入ってきた。
今年はいつになく厚いような気がするが、気のせいか・・・。
このカタログが入ってくると、「今年ももうこんな季節になったのか〜」と
しみじみ感じ、そして5年前の事を毎年思い出すのである。

5年前はメラノーマのインターフェロンの治療中で、
入退院を繰り返していた時期である。
5年前の11月17日から5日間の入院生活を送っていて
その時、夫が毎晩仕事帰りに新聞と広告を病室に持って来てくれた。
その中にトイザらスのカタログが入っていて、
隣のベットに入院していた、まだ小学校へ上がる前の男の子にあげた。
男の子はとても喜んで目を輝かせ、何度も何度もめくっては楽しんでいた。
私よりずっと大変な病気で、それでも体調の良い時は子供らしく元気良くて
一緒にゲームしたり、お話したり笑いあったりした。

この5日間は、入院治療の中で1番しんどかった。
風邪気味だった事と、インターフェロンの副作用と重なり、
39度近い熱が出たり、蕁麻疹もかなり辛かった。
そのため、治療は後2回(2日)を残し中止となった。

そんな中、隣の男の子に癒されたり、今は既に亡くなられてしまったけれど
初めての入院時の時から気が合って、
退院後も電話をし合うなど仲良くさせて頂いていた同病の方と久々に同部屋になり、
体調の辛い時は精神的に随分助けて頂いた。
(この方とお会いするのはこの時が最後になってしまった)

たった5日間の入院だったけれど、
嬉しい事、楽しい事、辛い事・・、いろんな事が1度に押し寄せた、
そんな感じの忘れられない入院生活だった。
普段はこの時の事をほとんど思い出すことはないのだが、
この時期にトイザらスのカタログが新聞と一緒に配られると、
鮮明に思い出される。
私の貴重な思い出の一ページ。



19日 (水)

「 ヒンヤリしっとり〜 」

首のコルセットを着け始めて約一ヶ月が経った。
そろそろ寝る時くらいは外せるだろうと思っていたが
24時間装着は未だに続き(もちろん、入浴中には外すよ^^)、
汗も掻くから気持ちの悪さが限界に近付いた。
お天気の良い日にでも洗おう洗おうと思ってはいるものの
乾くまで外していないといけない訳で
でも外して過ごす事に少々怖さがあり、
なかなか洗えないでいた。

「ダメ!もう限界!!」
しかしついに昨夜、その日が来てしまった。
そう思ったらもう我慢できないのがひまわりさん^_^;
朝の最小限の家事を終え、後はお昼まで横になるだけになった時
待ってましたとばかりに洗った。
そして外へ干す。

「早く乾きますように」と願いつつ
布団の中へ。
首の安定感がなくなり、少々不安な気持ちもあるが、
やはりわずらわしさがないので、始めは本を読んでいたが、
そのうちお昼近くまでぐっすり寝てしまった。
久々に熟睡できたような感じ。

どのくらい乾いたかな?とベランダへ様子を見に行った。
ほとんど乾かず。。
そりゃ〜そ〜だ、お日様は辛うじて出ているものの、今日は雪もちらつく寒さ。
乾く訳ないよね。

思い立ったら後先考えずに行動を起こしてしまう性格はどんなに失敗を繰り返しても直らない。
学習能力‘0’
よりによって今シーズン1番の寒い日に洗うとは・・・私らしいと言うか、、笑うしかないね〜

仕方なくコタツの中で、ハンガーに引っ掛けて乾かすも
ヒンヤリしっとり感は相変わらず。
夕食の準備はどうしても首に負担が掛かるので体温で乾かすべく装着。
日記アップ中の只今21時半。
今もヒンヤリしっとり〜〜〜〜(;^◇^;)ゝ
でも洗う前よりはずっと気持ち良いよ(負け惜しみ)
まっ!明日には乾くでしょ!!



16日 (日)

「 大当たり!!☆ 」

昨日は一日良い子で家にいた。
病院のハシゴで疲れが出たのか、
午後は夕方までほとんどぐっすり。

明日からはまた家の中に缶詰状態の日々なので、
夫がいる休日くらいは外の空気を・・・と言う事で外出。
…と言っても一週間分の食料の買出しをしただけなんだけどね。
それでも車の窓から流れる景色を眺めたり、スーパーの中をあちこち歩くだけでも
かなりの気分転換になる。
どうしても痛みは出てしまうが、少しは気分転換もなければ息が詰まって
精神の方が参ってしまいそうだからね。

まずは近くの野菜直売所へ。
ここへ来るのは安静に入る前以来だから、約1ヶ月振りか〜。
しかし、この日は収穫祭。
「あんまり混んでいたら引き返そうか〜。」と話しつつ向かったが、
雨降りのせいか、それとも丁度お昼時だったせいなのか何なのか、駐車場も結構空いていて
思っていた以上には混んでいなかった。
久々の新鮮野菜や果物の山に思わずウキウキ(*^_^*)♪
地元の‘はぜ掛け新米’を3キロ程精米してもらった。
やっぱり精米仕立ての方が新鮮でずっと美味しいものね♪
柿、りんご、ズッキーニ、小松菜、ほうれん草、乾燥地豆、ブロッコリー、ハーブ野菜などなどいろいろ買ったよ。

買い物金額3000円で1枚の抽選券がもらえる。
私達は1枚だけ。
早速抽選会場へ。
私の前の人は5〜6枚もの券を持っていた。
1枚当たったようで柿をもらい、後はポケットティッシュ数個だけ。
さて今度は私達。
夫は買ったものを持っているので私が挑戦。
昔懐かしい‘ガラガラ’(名前、何て言うんだろ?^^)
どうせ私もティッシュか何かだろうな、
雨が降っているし、寒いし、さっさと終わらせて早く車の中へ行きましょ〜なんて
思いながらガラガラっと回した。
ポトッ。。
出たのは赤い玉
スタッフのおじさんが大きな鐘をガランガラン鳴らし
もう一人のおばさんスタッフと手を叩きながら
「凄い〜〜〜!!」と拍手。
私は一瞬何が起きたのか飲み込めず何となく一緒に手を叩く(~_~;
頭の中は「早く車の中へ〜」(心ここにあらず)
「1枚だけなのに!!凄い確率〜〜〜!!」と言いながら
二人のガランガラン、パチパチは続き、
少ししてから「1等ですよ!!」と。
それを先に言ってよね〜^^;(でも赤って普通1等だよね・・恥)
私だけ時間差で「やった〜〜〜!!♪」ヽ(^o^)丿(大ボケ)
ワインが当たったよ。
狭い敷地、皆の注目を浴びて嬉し恥ずかしで頭を下げつつその場を後にした。
おじさんたら、その場を離れるまでずっとガランガラン鳴らしてるんだもん(#^.^#)
でもかなり爽快!!!
しばし興奮冷めやらず。
相当の気分転換になったよ〜〜〜〜v(^^)v




14日 (金)

「 放射線科、整形外科へ 」

まずは放射線科を受診。

「どうしたの〜!?」
私の首のコルセットを見て先生はびっくりしたみたい^_^;
「首と腰のヘルニアをやりまして〜・・・。」と
その時の状況などを話した。

今回は気になる箇所もなく、体調も良いので、話はもっぱら先日聴きに行った主治医の講演について。
かなり盛り上がった^m^
毎度の事だが主治医といろいろおしゃべりする事で
安心感と元気パワーを頂き、病院を後にした。

その後整形外科へ。
首の強打した箇所とは別の首筋辺りが時々腫れた感じになり、痛みが出る事と、
ずっと以前から股関節に痛みが出る事を話した。
股関節はホントは初めて受診した時に話す予定だったのだが、
「ヘルニア」と言われた事がかなりショックで、すっかり話すのを忘れてしまったのだ。
最近、歩いていないのに時々痛みが出る事があったので、
思い出したと言う訳。
やっとこ言えたよ〜〜(^^ゞ

両方とも、ヘルニアが原因らしい。
首筋は左側だけ痛むのだが、左右同じ箇所でなく、片方だけに痛みが出る・・と言うのも
ヘルニアの特徴らしい。
股関節も腰のヘルニアからきていると聞いて思わず納得してしまった。
考えてみたら、登山中の股関節痛は、初めてぎっくり腰をした時からである。
って事は既にこの時からヘルニアになってたって事だよね〜。
今診て貰っている整形外科はたまたま今住んでいるところから近いと言うだけの理由で選んだのだが、
ヘルニア専門医だった(後で知った)
今までぎっくりになった時に診て貰った医者とは治療が全く違う訳だ〜と思ったよ。
いやいや今までは治療はなく、痛み止めを処方してもらっただけだった。
最初からここへ来ていたら、「何で股関節がこんなに痛いんだろう?」なんて
いろいろ悩まなくてもすんだんだろうな〜。
股関節痛になる前に完治できていたんだろうね。
2、3年前から私、ずっとヘルニアを抱えていたって事だよね(やだわ^^;)
でも、股関節痛の原因が分かってやっとスッキリした。
ヘルニアが治れば股関節痛もなくなりますと言ってもらえ、ホントにホントにほっとした。
来年からは痛みを我慢する事なく山歩きを存分に楽しめそうだ♪
それまでにきっちり治さなきゃね。

治るまでにはまだまだ掛かりそう、先生が予想していたよりどうも長引きそうだ。
考えてみれば、首を強打した次の日は涸沢へ1泊登山して、その後も例年にない勢いで
あちこち歩き回ったもんな〜。
その事先生に話したらかなりびっくりされたよ。
歩くのが1番良くないって。
かなり悪化させてしまったらしい。
ま〜今はいろいろくよくよ考えても始まらないし、
無理しないようにしてしっかり治すしかないんだよね。



12日 (水)

「 父三昧 」

昨日日記をアップしていて気が付いた。
父が生きていれば昨日は誕生日だったんだ。
写真の父に「おめでと〜!」と心の中で呟いた。
昨日は妹とも「生きてれば72歳だね。」なんてメールで話したりした。
自分の事にかまけてて、すっかり忘れていた(ごめんね、お父さん^_^;)
忘れていたから、寂しがり屋の父が「お〜い思い出せ〜〜。」って伝えたかったのかどうか、
先週辺りから毎晩のように、夢の中に父が現れた・苦笑

布団に入る頃にはもう・・・と言うか、すっかり父のお誕生日だった事など頭から消え
眠りについた。
・・・つもりだったのだが・・・。
一晩で珍しく4〜5話の夢を見たのだが、
全てに父が出てきた(出て・・なんてお化けみたいな言い方だよね)

最初に見た内容は、飯田に住んでいた頃の自宅のキッチンで
父と私、それに他3、4人の男女(夢の中では知ってる人だったけど、
起きたら誰だったのか???)がテーブルを囲み、一緒に会話をしていた。
父があんまり一人でしゃべりまくるので、私はかなりうるさがっていた。
いつの間にか父がその場からいなくなっていて
「ついさっきまでお父さん生きてたのにね、いなくなったなんて信じられないよね。」と
皆で父の思い出話しをした。
見た夢があまりにもリアルに感じ、びっくりして夜中に目を覚ましてしまった。
「夢の中のお父さんは元気だったな〜。」なんて思いながらトレイへ行った。

再び寝付き、また父が現れた。
やはり飯田に住んでいた頃の家に、今度は母や弟、妹、夫も出てきた。
父がゴルフへ行く支度をしていると言う夢。
私が父にいろいろ世話をやいていた。
あれは持ったか、体調があまり良くないんだから行かない方が良いんじゃないか、
朝食をちゃんと食べて行ってとか・・・苦笑
ここでも父はたっくさんしゃべってたな〜。

その後見た夢は残念ながらよく覚えていない。
最後(多分)に見た夢は
今現在の様子が出てきた。
要するに、夜中だから寝ている状態。
夫がトイレに起きのに気が付き私も目を覚まし
「お父さんにあって話をした夢を見たけど、ちゅうはお父さんが夢に出てこなかった?」
と、聞くと、
「出てこないよ。」と言いながらトイレへ向かった。
「ふ〜ん」と言いながら再び布団にもぐって寝る・・・
そう言う夢。

朝、目覚ましの音で目が覚めた。
あまりにも夢がリアルで、夢とはどうしても思えず、
起きて直ぐに「ねえ、夜中にトイレに起きた?」と聞いてみた。
「起きたよ。」と夫。
やっぱり夢じゃなかったんだ〜!!寝ぼけてたか?と思いつつ
「その時お父さんの事で私、何か聞いた?」
「いいや〜。」
私はその時寝ていたらしい。
じゃ〜、やっぱり夢だったのか〜。

今朝はとっても寝不足な感じ。
そして不思議な感覚。
お誕生日だったから、会いに来てくれたんだね。
お誕生日だったからってのも変だけど^^
妹もお父さんに会ったかな?

父が亡くなったばかりの頃、同じ日に父の夢を見た事が2度ほどあったからね、
何となくふっとそんな事を思ったよ。

今朝、飾ってある写真の父をしみじみ眺め、話し掛けた。





昨日、綺麗な夕焼けが広がっているのに気が付いたので、
久し振りにデジカメを持ち出した。
絵の中の世界みたいで、しばしうっとり眺めていた。



11日 (火)

「 そんな日は来ない方が良いけれど 」

本を読む時間がこれだけまとまってあったのは、何年振りだろうか。
メラノーマで入院した時以来だから、6年振り?・・か〜・しみじみ
今まで思った事がなくて、今回初めて思ったんだけど、
もしかして、もの凄く、立ち直れないほどに落ち込んだ時って、
普段やらなきゃいけない事放っぽり出して、
一日中本を読みふけってみるのって良いかも。

本の世界に夢中になっていたら、
自分がくよくよ悩んでいる事が小さく思えてきたり、
どっちでもよくなってくるような気がするのでは・・・と思った。

本の内容にもよるし、
本を読むのもわずらわしいくらい落ち込んでいたら、
成立するのはかなり難しい話かもしれないけれど、
試しに今度落ち込んだら実践してみようと思った。
問題は解決はしないだろうけど、気持ちが少しでも明るくなれば、
良い解決法が早く見つかるかもしれないしね。

「えっ!?そんな事今頃知ったの!!」って人もいるかもね(^^ゞ

あっ、でも、‘落ち込み事’はもちろんないのが1番なんだけど・笑
どうにも暗いトンネルから脱出できない方、
試してみる価値はある!!かも^^



9日 (日)

「 し・あ・わ・せ♪ 」

普通に入浴しても良いとお許しが出たので、
午後からゆっくり湯船に浸かった。
心置きなく湯船に浸かれるのは3週間振り。
ラベンダーオイルを浮かべて、ゆっくりまったり♪
たるみにたるんだ顔(たるんだだけじゃなく、よりまん丸顔に育ってる^_^;)や
足をゆったりマッサージしてみたり♪
あ〜し・あ・わ・せ♪

出来なかった事が出来るって本当に嬉しいね。




7日 (金)

「 ちょっと前進  」

毎週金曜日は整形外科の日。
いつまで掛かる事になるのやら^_^;

随分良くなってきたようで、注射する箇所が随分減った。
最も悪くなってきているようでは困るが・・・苦笑
治療は後2回で良いかもと先生。
首や腰に負担を掛けないために、まだまだ安静にしていた方が良いが、
少しずつ休み休みなら、家事をやっても良いとお許しが出た。
重い荷物を持たなければ買い物も良いと。
この言葉を待っていました!!!大感激!!!!!
やっとこの言葉を聞ける日が来たと思ったら嬉しくて嬉しくて♪♪

椎間板ヘルニア・・、分かりやすく言うと、お饅頭(椎間板)の中のアンコが外に飛び出していた状態だったのが
今はやっとこ引っ込んだので、
後は敗れたお饅頭の皮が修復されるまではなるべく良い子にしていましょうと言う事らしい。
だから、まだまだ大事な時で無理は禁物なのだとか。

今日まで何とか良い子にしてたんだもんね。
ここで無理して、またまた布団と仲良くしていなきゃならないなんて事になったら
たまんないもんね。
無理しない程度にちょっとずつ…を肝に銘じないとね。
後は一日も早くお饅頭の皮が修復されるように、
コラーゲン食材を摂ったりして応援しましょっ(^^)v

久々にスーパーの中を歩いたり、
キッチンに立ったり(夫の邪魔したり(^^ゞ)・・・。
動ける事の幸せを感じたよ。




6日 (木)

「 言い尽くせない感謝 」

随分身体が軽くなってきた。
特に腰がね。
首の方は、起きていたり、下を向いて何かを夢中になってしていると
やっぱりまだ鈍痛のような痛みが出てしまう。
ま〜今更焦っても仕方ないから、ゆっくりじっくりだね。
でも〜
夫の事を考えたら、仕事に行きながら家事を粉すと言う
かなりハードな生活を強いられている訳だから、
その事を考えると、一日も早く動けるようにないたい・・と言うのが本音。

しかし主婦(夫)業3週間目ともなると、かなり要領良くパッパと家事を粉せててびっくりするばかり。
昨夜などは「今朝漬けてったんだけど、どうかな?」と
夕食にきゅうりとナスの糠漬けが並べられた。
今朝漬けたばかりだからもちろん浅漬かりだか、
それでも美味しく漬かってて感動!!

私の安静生活が始まってしばらくしてから、糠床に漬けてある野菜がある事を思い出し、
それを出して欲しい事と
できれば時々かき回してもらいたい事をお願いした。

たまたま頂き物のきゅうりやナスがあったので、
「漬けるだけなら簡単だよ。」と教えたら
漬物がないといられない夫は
「簡単ならやってみるか〜。」なんて案外楽しそうに(見えた^^)やっていた。
この時は確か休日で、時間に余裕のある時だったからね、
「やった事ない事をするのって刺激になって良いね〜。」なんて言ってた。
でも、その後も自ら漬けるとは思っていなかったのでびっくりびっくり!!

本当はとっても大変だろうに、そんな中楽しそうに家事をやってくれる夫に改めて
感謝!!(何度言っても言い尽くせないや)

明日は整形外科へ行く日。
せめて食事作りくらいはお許しが出ると良いな。
ま〜あまり期待しないでおきましょっ^_^;



2日 (日)

「 楽しまなきゃね♪ 」

後一週間安静と言われたのに、
今日は何だかとても良い気分。
カラッとして気持ち良く晴れた天気のせいかな。
それとも今朝方見た夢のせいもあるかな。

事情的には複雑で焦るような状況だったんだけど、
思う存分走って走って走りまくっていた。
走る夢を見た場合、たいていは早く走りたいのに、
なかなか足が前に出なくて、思うように前に進めないってのが多いんだけど
今回は本当に気持ち良く走れた。
目が覚めた時はぐったりしてたけどね・苦笑
布団の中で実際に走っていたのかも^m^*(私の事だからあり得そ〜)
実際にはもちろん走れる訳ないけれど、
すんごくスッキリしたよ♪(よっぽど歩きたい病に掛かってるんだろうね・自分の事ながら笑える)

それとね、普段はほとんど見る事はないんだけど、
夫が節約とか収納の事なんかが書かれている雑誌を買ってきてくれたので、
昨日からボチボチ見ているの。
それ見てたら今すぐにでも「あそこの物をこうやってまとめてみたいな〜。」とか
「ここの押入れのものって、こうすればもっと収納スペースが広がるんだ〜。」
なんて思いながら見てたら、もうじっとなんか寝ていられなくなってしまってね〜・笑
元気になった時の楽しみが増えた気分になったよ。

安静も長くなると、楽しい事や気分転換になる事を
寝ながらにして見つけられるもんだな〜なんて、
自分の事ながら関心してしまったよ。
昨日は結構ショックに打ちひしがれたりしてたんだけどね〜・恥

今はこれが私に与えられた時間、
無駄にしないでもっともっと楽しめれば良いな〜って思ったよ。
なかなか普通は、こんな時間をもらえないんだから。
楽しまなきゃ損!損!!(^^)v