2007年  2月




27日 (火)

「 プ〜ルデビュ〜 」

やっとこ念願叶って、今日プールデビュー。
週末に水着など大張り切りで購入。
初めてで不安だらけと言う事で、以前からずっと通われているsakuraさんにお忙しい中、お付き合い頂いた。

まずは軽くランチ・笑
話は尽きなかったが、今日は食事じゃなくて泳ぎが目的。
「あららもうこんな時間に!」と着替えに急ぐ。

泳ぐのは15年振り。
泳ぐのは好きだからとても楽しみなのだが、緊張感もあった。
息継ぎできるかな?
泳ぎ方を身体が覚えてるかな?
手術した方の腕はちゃんと上がるかな?
な〜んてね。

プールの中に潜ると、塩素のニオイが何とも懐かしい。
水中の音も…。
よくしたもので、身体が覚えているものだ。ほっ。
クロール、平泳ぎ、背泳ぎ・・・久し振りなので、いろいろ泳いでみる(*^_^*)
でも想像以上に苦しかった〜キツかった〜
最初のうちは25メートルさえ泳ぎきれなかった。
さすがにsakuraさんは体力ある〜!!
私もいつかあんな風に泳げるようになれるかな。
体力付けば、風邪も今までより引かなくなるよね。
山登りも少しはしんどさが減るかな。
慢性蕁麻疹の症状も和らぐかな〜
少しづつ距離を泳げるようになるのも楽しみだ〜

時々立ったりおしゃべりしたり、休んだりしながら、1時間でとりあえず450メートル程泳いだ。
泳ぎ終わった後の何と気持ちの良い事!
こんなに気持ち良よかったっけ?
それに温泉に入った後のように、身体がぽかぽか。
自宅へ戻ってもしばらくぽかぽか温かかった。

続くかな?
続けるぞ〜〜!!!


sakuraさん、今日はお忙しいところお付き合い頂き、有難うございました。
お陰で楽しく泳ぐ事ができました・感謝
また機会があったら、よろしくです〜〜〜♪




26日 (月)

「 ふきみそ 」

今年もフキノトウが直売所に並び始めた。
今年は少し早いのかな〜?
こんなもんか…。

季節の味を堪能すべく、週末1袋購入。
そして今日作ってみた。
久々にしてはなかなかの出来か♪(自分で言ってる^m^)

舌で感じる春もまた格別!



24日 (土)

「 梅の花を見に 」




お天気が良いので、久し振りにドライブへ出掛ける事にした。
この時季出掛けるなら暖かいところでしょ〜〜と、お隣山梨へ満開の梅の花を求めて出発!

松本に比べて雲が多いので、今回は富士山は拝めないだろうと思っていたが
薄っすらではあるが、雪を被った富士を眺む事ができた。
大好きな富士山♪
何度見ても嬉しくてテンションが上がる。






甲府南I.C近くにある甲斐風土記の丘曽根丘陵公園近くで、梅の花が見頃…とあったので、そこへ向かう。
公園内では見事に咲き誇っていたけれど、
公園だけじゃなく街中あちこちで満開の梅に出会うことが出来た。
車から降りると、ほのかに梅の花の甘い香りが漂っている。
長野より一足先に、春を満喫♪
気候も暖かい。
場所によっては上着がいらないくらい。




公園内をしばし散策。
ここには古墳群があり、そこへ上っては景色を眺めた。
ここで初めて前方後円墳を間近で見たり、上ってみたり。
写真だとちょっと分かりにくいけど…。

冬の寒い時期はどうしても暖かい地域が羨ましい。
でも、ここに住み慣れてしまえば、「暖かい」なんて思えなくなるよね〜。

しばし甲府の街をあちこち車で走り、景色や春の風を堪能して、
いつものお決まりコース、小淵沢アウトレットへ寄って帰る事に。



途中高速から八ヶ岳が綺麗に見えた。
会話はもっぱら山登りの話に…。
「昨年は八ヶ岳の硫黄岳へ登ったけど、霧で景色が全然見えなくて残念だったね〜
今年は綺麗な景色に出会うべく、また登りたいね〜。」なんてね。

小淵沢は流石に寒かった!
ここで少々お買い物♪
その後、松本へ〜。

松本城の梅もそろそろなのかな〜。
今度は地元で梅の花を楽しみたいな。
春は良いね♪
気持ちがウキウキするよ(●^^●)



22日 (木)

「 スイートピーな気分 」




午前中、ウォーキングへ。
あちこちの庭先では福寿草やクロッカスが咲き誇っていた。
思わず立ち止まって写真におさめたかったが、怪しまれそうだったので
目にしっかり焼きつけ、春の気分を味わった。
まわりはまだ冬色。
黄色が一段と鮮やかさを増していた。

途中、スーパーへ寄ってお買い物。
そこで黄色のスイートピーが目に飛び込んできた。
思わず釘付け。
多分途中で出合った黄色の花達のせいで余計に気になったのかも。
このスイートピー、うちに来てもらうことにした♪

そして早速キッチンと玄関に分けて飾る。
水切りしたら、黄色の液が出てきたから、きっと黄色いインクを吸わせているのかも。
ちょっとがっかりしたけれど、
それでも家の中に春の風が穏やかに吹き始め、気分もパ〜と明るくなった。
花って良いね♪



20日 (火)

「 野沢菜漬け終了〜 」

昨年漬けた野沢菜漬け完食♪
最後に残った一株は午前中に炒煮に。
ダメにする事なく、最後まで食べれたのは嬉しかった。
お天気が良く、風もほとんどないので、
野沢菜を漬けた樽2つを洗って、ベランダへ干した。
今年は3樽漬けたいと思っているが、どうなるかな〜。
今から楽しみ♪

野沢菜が終わってしまったので、そろそろ糠漬けを復活させなければ。
夫は漬物がないといられない人だからな〜^^
買ってたらやりきれないしね。
それにうちで作れば愛情も入れられるし・・・なんちゃって(^^ゞ
本当は一年中糠漬けをしたいところなのだが、
うちは涼しくて置いておくに良い場所がなく、冷蔵庫へ入れている。
だから、冬は糠床を混ぜるのが億劫で。
手が凍りそうに冷たくなるんだもの。
今週中には頑張ってみますか!




18日 (日)

「 夫 風邪気味 」

案の定、夫は昨日より体調が悪くなってしまった。
熱もなく食欲はあるが、少しぞくぞくするらしい。
今日は雪やミゾレが降り、生憎のお天気なので、
1日家で過ごす事にした。
休日に一日中どこへも出掛けない事はまずないので
お天気が良かったら、きっと我慢できず体調が悪くても出掛けてしまったかも
(私が止めなくてはいけないよね ^^;)
そう言う意味ではお天気が悪くて良かったかな。

明日は元気復活にな〜れ!!



17日 (土)

「 充実した1日 」




改めて、結婚16周年記念とバレンタインと、旅行の後夜祭のやり直し(笑)を兼ねて
夜簡単に居酒屋でささやかな乾杯をした。
結婚して今まで喧嘩の反省など2人でした事はなかった。
むしろ、喧嘩などなかったかのように振舞っていたかも。
けれど、今回はしっかり話し合った。

何故喧嘩になったかを話したのではなく、
出来ればこの先、喧嘩はしたくないけれど、喧嘩する事で
お互い自分自身や相手の気持ちを振り返ったり、考えたりするには
喧嘩は良いきっかけなのかも。
そしてその事から成長していければ良いねと言うような話ができた。
夫が少し風邪っぽかったので、今回止めようか…とも思ったが
家ではなかなか話せないこれからの大事な事をいろいろ話せたから良かったと思った。
お酒もあまり飲むこともなく、話に夢中だった。

その後はパ〜とカラオケに。
昔懐かしい大阪の歌ばかりチョイスし
大阪の街の画像を楽しみながら旅行の余韻に浸った。


昼間は買い物がてらドライブ。
安曇野の帰り、豊科の農道を車を走らせていると、田んぼに数羽のコハクチョウがいた。
餌をついばんでいた。
人間慣れしているせいか、時々こちらを眺めつつ、相変わらずまったり餌を食べるのに夢中。
あんまり可愛いので、車の中から携帯でパチリ☆



13日 (火)

「 成長真っ盛り! 」

旅行帰り、真っ直ぐ家に帰る気になれず、
「ご苦労様会」と称し、自宅近くの居酒屋さんで乾杯をした。
そこでやってしまった、、、ケンカを。。
ケンカは今までに何度もあるけれど、年に1、2度あるかないか。
今年はナントこれで2度目。
1度目は旅行日の少し前。
でも、次の日には持ち越さないのが暗黙のルールになっていて
次の日にはたいてい笑顔で「行ってらっしゃい!」が出来る。
ケンカは何が原因でも、お互い様と言う事でね。
旅行前のケンカはそれに基づき、次の日には仲直り。
しかし、今回はそうはいかなかった。
旅行でとてもとても楽しい時間を過ごしたばかりだったから
余計にきつかった。
ケンカの内容より、旅行から帰ったその日にしてしまった事が辛くてショックだった。
旅行自体、色あせてしまった気がした。
旅行で撮った写真もパンフレットも見る気にはなれなかった。
次の日、笑顔で・・とはどうしてもいかなかった。
溢れてくるのは涙ばかり。。。

でも、今日ようやく復活できた。
朝はまだ涙がこぼれたけれど、夫が出勤してから「これじゃいけない」とメールを交わし
今夜は笑顔で写真を見ながらお酒を飲もうと話した。

結婚16年・・・まだまだ青い!!
山あり谷ありの2人の人生はまだまだ続く。
反省したり、お互いを労わりあったり、少しずつ成長していこう。



11日 (日)

「 食い倒れてきました!私達なりに 〜 2 〜
 





今日は通天閣へ昇るべく、新世界へ。
まずはじゃんじゃん横丁を通る。
ここは「凄い!!」の一言。
昭和のレトロは雰囲気を残す場所…らしいが、とても日本とは思えない場所だった。
まだ午前中の早いうちから立ち呑みやが大盛況。
男も女も隙間無く立って飲んでいる。
なかなかお目に掛かれない光景と、つい写真をパチリ☆
将棋クラブに麻雀荘。
中がよく見えるようになっているから、写真を撮りたかったけど、ひんしゅくかなと思い止めた。
テレビでは時々お目に掛かる光景だが、‘生’では初めて!

道頓堀周辺はお好み焼き屋やたこ焼き屋が多かったが
ここ新世界は串カツ屋が多かった。
看板は同じくどこも派手で大きい。
時々目にする、店主のおじちゃん、おばちゃんの会話が面白かった。
それにしても”づぼらや”の大きなフグちょうちんの目立つ事!

通天閣が目に飛び込んできた時はちょっと感動!
これが有名な!!・・と・苦笑
やっぱり1度は本物通天閣を見てみたい。
時間が早かったのにも係わらず、通天閣へ昇るエレベーター待ちの観光客が並んで待っていた。
念願のビリケンさんの足の裏もくすぐってきた。
テレビや雑誌で見るより可愛い♪

昼食はもちろん串カツ屋さん!
揚げ物は普段胃がもたれるのでほとんど食べる事はないが
大阪の串揚げはサッパリしていると聞いたし、やはり名物は食べてみたい。
そうそう、こちらは梅酒の種類が多いのにも驚いた。
前日から梅酒が気になっていたので、お昼だと言うのにロックで1杯だけ頂いてみた(*^_^*)
ここの雰囲気に毒されて(失礼な言い方)しまったか・・苦笑(唯の言い訳)
串揚げは全然油っこさを感じず、サッパリ美味しく頂けた。
どて焼きも頂いた。
これはみそダレが甘すぎてちょっと閉口。
お店によって味は多少違うかも。
大阪で口にするものは食い倒れと言うだけあってハズレなしだが、
私にはどこの店の味も少々甘め(砂糖甘い)に感じた。

最後に大阪城へ。
ここへは今回は時間的に無理かなと思っていたが、何とか来る事ができた。
ここも1度は見てみたいと思っていたところ。
大阪城のお堀のナント大きく広いこと!
お城に辿り着くまでだけでもかなりの距離を歩かなければならない。
ま〜お城と言うのはそう言うものなのだが…。
ここで食べたうどんも美味しかったな〜。
この頃になると、足の裏辺りに鈍痛が出始めた。
この二日間、本当によく歩いた。
元気にこれだけ歩けて楽しめた事がまた嬉しかった。
元気な事は有難い・・・しみじみ感じた旅行でもあった。

また一つ、楽しい素敵な2人の思い出ができた。
ちゅうさま、16年間ありがとう。
そしてこれからもよろしく!




10日 (土)

「 食い倒れてきました!私達なりに 〜 1 〜
 





今日は結婚16周年記念日。
16年なんて過ぎてしまえばあっという間。

結婚記念日には毎年2泊3日で旅行するのが定番になっていた。
しかし、メラノーマを発病してから2年ほどは地元の温泉へ1泊。
その次の年は日帰りのドライブ。
そして昨年は久々に2泊3日で京都へと予定を立てたら、叔父が倒れ、キャンセル。
今年こそは!!と今度は大阪を計画。
昨年の秋、義母が体調を崩したので、なるべくなら1泊で行けるところへと大阪に決めた。
京都は2泊でゆっくり楽しみたいからまたのお楽しみ♪

大阪はまだ1度も行った事がなかったので、1度は行ってみたいと思っていた。
大阪にはネッ友さん、メル友さんが何人かいるので、美味しいところなど聞いてみようか、
それともお会いできる人には会ってみたいなとも思った。
でも今回は結婚記念日。
それも久々の旅行。
2人で行き当たりばったりでのんびりまったりした時間を過ごそうと言う事になった。

大阪は暖かかった〜!風の冷たさが信州とは全然違う。
信州で言ったら、春風。
「食い倒れるぞ〜〜!!」と本場のお好み焼き、たこ焼きを頬張る。
…と言っても、2人とも食が細いので、どちらも一人前ずつ。
途中でコーヒー&ミニパフェ食べたり。
私達にしてはよく食べた・満腹

その分いっぱい歩いた。
定番の道頓堀、法善寺横丁、千日前筋、道具屋筋、黒門市場、アメリカ村、ヨーロッパ村、
戎橋筋、心斎橋筋、宗右衛門町・・・。
歩ける限り、あちこち歩き回って街並みを楽しんだ。
どこへ行っても人・ひと・ヒト…。
看板が大きくあんまり派手派手なので、最初はパチンコ屋だらけだと思った(笑)



細い路地に高いビルがひしめき合って、圧迫感を感じたり、
夜になると大きな看板が益々大きく見え、目もチカチカ☆
「これぞ大阪!」と少々興奮してしまった。
女性の下着売り場が多いのが気になった。
髪の長い女性が多いのも気になった。
男性もしかり。。
顔立ちもやはり関東とは少し違うな〜と感じた。
気候や方言での口の開け方で顔つきが違うのかな〜?などど考えてみたりした・苦笑
そして「人情の街」と言うだけあって、優しさがあった。
お互い知らない人同士ちょっと声を掛け合ったり、松本(長野県の中で飛び切り運転マナーが悪い地域)のように
やたらに歩いてる人にクラクション鳴らさないし〜(たまたまかな? …一般的には当たり前の事か(^^ゞ)
とにかく発見が多く、異文化を肌で感じた。
興奮しっぱなしの大阪1日目はあっと言う間に過ぎていった。



9日 (金)

「 仕返し? 」

毎日みかんをたんまり頂くので、
せっせと皮を干し、乾燥した皮をせっせと湯船に浮かべている。
お土産屋さんなどで乾物を入れるのによく使われている緑色のカゴに紐を付けて、
それに皮を入れて干している。
なかなか重宝。
捨てずに再利用できている事も嬉しい。

今日のように洗濯物を干していて、皮を干す場所が無い場合は
ベランダの下へ立て掛けて干している。
で、時々不思議を発見!

風がないのに、それも立て掛けて干しているのに
みかんの皮がとんでもないところへ転がっている時がある。
転げ落ちたのかな?
でも、風はないし、転がるほど傾斜がある訳じゃないし。
ん〜もしかしたらこれはスズメの仕業か?

時々ちょこちょこベランダに遊びに来る。
部屋の中にいる私と目が合うとキョロキョロしながらもこちらの様子を伺っている。
最初のうちは放っておいたのだが(可愛いしね)、
度々糞と言うお土産を置いていってくれる。
それも何故かYシャツばかり狙われる。
だから最近はスズメがやってきたのに気が付くと追い払いに行くようにしているのだ。
ちょっと可哀想だけれど、こっちの方がもっと可哀想なんだもの。
もしかしてもしかしたらスズメの仕返し?




7日 (水)

「 皮膚科外来日 」

今日は検査結果を聞きに行く日だったのだが、
検査当日体調を崩していて行けずキャンセルに。
今日は予約の取り直しと診察。
発病して4年と2ヶ月。
安心はできないが、再発率は随分低いところまで来たと言われる。
気持ちは既に5年以上経ったように感じるが、まだそんなものか。。。

エコーとレントゲンは3月に予約が取れた。
採血だけ今日やった。
今日は検査じゃないからしっかり食事をしてきているし、暖かいから血管も出やすいからね。
次回こそは体調崩して検査できないなんて事がないようにしないと!
久し振りの病院にちょっと疲れた。




4日 (日)

「 初山歩き  〜弘法山中山霊園遊歩道〜 」




このところ良いお天気が続いている。
気温も割と高め。
そして今日も良いお天気♪
久し振りに一日中家にいる予定だったのだが、
これだけ良いお天気ではじっとしていられない。
「山歩きでもしてみちゃう?♪」
少し早めにお昼を済ませ、早速出掛けた。
場所は弘法山から中山霊園にかけての2キロほどの遊歩道。
距離は短いがアップダウンがきつく、歩き応えは充分。
少し前にもぐたんさんが歩かれて、「凍ったところもあるが歩けた。」と言っていたので
その言葉もあり思い切って行ってみた。
普通ならこの時期、ここは積雪がまだまだたっぷりあるから
私達の足ではとても歩けない。

駐車場へ到着。
が、写真の通り、カチカチ、ツルツルに凍っていた。



歩き始めに急な階段があるのだが、ここもガチガチに凍っていて怖かった〜。
その後はしばらく落ち葉でふわふわしたところをひたすら歩く。
ふわふわした感じは気持ちが良いが、時々根っこなどが隠れていてつまずいたりと歩きにくい。



雲一つなく、とてもとても気持ちが良かった。
思わず空を仰ぐ。



雪が積もっているところもあった
結構足跡があり、びっくり。



こんな箇所が何箇所かあるのだが、怖かった〜
ほとんど凍っているんだもの。
登りはまだ良いが、下りが怖い。
滑って崖に落ちたら大変!と、しゃがんで手もしっかり使ってゆっくり慎重に降りた。
標高の高いところへ行くほど風が冷たかった。
でも汗もしっかり掻いた。



雪があったり、凍ったりしているところもあれば、春を思わせるような
緑色の瑞々しい葉が茂っているところもあった。


《 乗鞍岳 》


《 常念岳 》


《 白馬連邦 》


1時間10分程で中山霊園手前にある公園の展望台に到着。
強風で風が冷たかったが、それが何とも気持ち良かった。
午後なのに、雲一つなく、山もクッキリ。
いつまででも観ていたかったが、寒さもあり、早々に退散。
公園のトイレへ行きがてらぐるっと回ってみた。
ここへは一昨年の5月に1度、歩きに来た事がある。
あの時はお花見の家族連れでいっぱいだったな〜。
今日は一組の家族連れがお散歩していただけでひっそり。

そしてまた45分ほど掛けて駐車場まで戻った。
山歩きをこんなに早い時期から開始したのは初めて!
寒いので、トイレが近くなるのが少々辛いが、
暖かい時期には見ることのできない景色に出逢え、新鮮でとても気持ち良かった。
雪さえ降らなければ、あちこち歩けそうだ。
昨年より今年はたくさん歩けるかな♪




1日 (木)

「 シドニー・シェルダンと 父 」




米作家のシドニー・シェルダンが亡くなった。
この方の本に一時夢中になり何冊も読んだ。
「真夜中は別の顔」「明日があるなら」「女医」「ゲームの達人」「星の輝き」「よく見る夢」・・・。
登場人物が多いのと、名前がややこしくてなかなか覚えられないのとで、
読み始めは直ぐには本の世界へ入っていけない。
しかし、少しすると夢中になり、
最後まで読まないといられないくらい本の世界に引き込まれてしまう。
あんなに面白くて夢中になって読んだのに、今では本の題名と内容がどれがどれだったか一致しない。
唯単に私が忘れっぽいせいだと思うけど。。
そう言えば最近は全くこの方の本を読んでいなかったな〜。

この方の本と最初にであったきっかけは父だった。
実家へ帰る度に「新作出たけど、もう買って読んだ〜?」と聞き
「読んだぞ〜」と言われると
「じゃ〜貸して〜。」と毎回借りては読んでいた。
もう10年以上前だと思う。
悪性リンパ腫で入院中も借りて読んでいたっけ。

4年前の3月、父が入院する前日に実家に泊まりに行っているのだが、
その時、「この本まだ読んでないけど、おまえ、先に読んで良いぞ。」と渡された事があった。
いつもなら買ったその晩に読んでしまっていたのに。
この本は読み始める時、結構覚悟・・と言うか、パワーがいるから、
既にこの時癌の末期症状だった父には、大好きな本を読むパワーはなかったんだね〜。
結局、父はこの本を読まないまま逝ってしまった。

シドニー・シェルダンの名を久々目にし、
私にとったら” シドニー・シェルダン=父 ”なんだな〜なんて思ったりした。
この名前を耳にして真っ先に思い出すのが父なんだもん。

もう新しい作品は生まれないんだね。
ちょっと淋しいかな。
まだ読んでない作品、読んでみようかな〜。

ご冥福をお祈りいたします。


全然違う話・・・
このところの暖かさで、野沢菜漬けの酸味がすっかり増してしまった。
後で漬けた樽の方はまだ何とか食べられるが、最初に着けた方がね。
…と言っても有難い事にほとんど残っていないが…。
そこで、刻んでから水に漬けて少し塩分を抜き、
甘辛く炒めてみた。
このリサイクル料理は夫の実家で教えてもらったもの。
北信ではこれをおやきの具にしたりする。
久し振りに作った。
季節感と懐かしさを感じた♪