2006年  3月


25日 (土)

「 戸隠へ 」



【 戸隠山 】


【 戸隠神社 宝光社 】


最近は2週間に1度の割合で長野の実家へ帰っている。
今日はその日。
義母を連れて入院する叔父のところまで行く。
その後ランチ。
いつもならこの後、買物など用を足しつつ実家へ帰るのだが、
今日はあまりにも良いお天気。
買物だけではもったいない。
と言う事で、以前から1度行ってみたいと思っていた戸隠へ行く事にした。
義母も行った事がなく、行ってみたいと思っていたとの事。

思っていたより、長野から戸隠まではそう遠くなかった。
でも、積雪はかなりのもの。
場所によっては2mはあると思われるくらい積もっていた。
道のりは急坂、急カーブも多いが、戸隠に近づくにつれ、
真っ直ぐな道が多くなる。
道路の脇には雪の壁、そしてダテカンバや白樺林がどこまでも続く。
目の前は青い空と戸隠山。
絵に描いたような、素晴らしい景色だった。

せっかくだから、神社へ参拝にと、宝光社へ。
はじめ、中社へと思ったのだが、駐車場からかなり歩かなくてはならず
道は泥や雪でかなりぬかるんでいる感じだったので、断念。
宝光社は駐車場からは近いもののここも凄い事になっていた。
雪・雪・雪!
それも圧雪している。
石段は雪で石段と判別できない。
その様子を車内から見て義母は「とても歩けないから二人で行ってこ〜」と。
それでもせっかく来たのだから戸隠の空気だけでも吸いましょうと
義母も車から降りた。

雪に埋まった階段を3人しばし眺める。
夫と私が「これは無理だ」と半分あきらめていると
「せっかくだから上ってみるか」と義母がポツリ。
「え〜、ホントに〜!?」と叫びつつ、その義母につられ
ボチボチ足場を作りつつ3人で上っていった。
私達の前に誰か上った形跡があり、ところどころ足場が作られていた。
時々、休憩しながら、写真を撮りながら、手すりにしっかりつかまりながらゆっくりゆっくり・・。
1番情けなかったのが私かな〜。
途中まで行っては「下りて来れるかな〜?よした方が良いんじゃない?」とボヤキ気味。
滑りやすいスニーカーだったから余計に怖かった (~_~;)
まさかこんなところを上ることになるなんて思ってもみなかったからね。
義母は「せっかく来たからもうちょっともうちょっと・・」と
気が付いてみれば一人ドンドン先に上っていく。
腰が曲がって80歳近いのに、
顔は子供のように嬉しそうでニコニコ。
全く別人に見える。
普段は歩くのが億劫で、何処へ行っても座る所を探しているのに。
義母に先導されるように上って行った。

しかし、後少しと言う所で断念。
かなり危険な状況だったから、もし転んで怪我でもしたら大変と言う事で。
階段の途中で手を合わせる。

今度は雪のない時、また来ようね!

時間の関係でお蕎麦は食べられなかったけれど
次回は戸隠蕎麦、食べてみたいな。




24日 (金)

「 かくれんぼ 」


窓から何気なく駐車場を見下ろすと、
小学生が2人、止まっている車に隠れるようにしゃがんだり四つん這いになったりしている。
「えっ!いたずら?タイヤをパンクさせようとしてる!?」
私はドキドキしながら子供達の様子を見ていた。

「見〜つけた!」と遠くで別の子供の声。
「あははっ!隠れてる訳だ。かくれんぼしてたのね。」
ほっと胸を撫で下ろす。
ちょっと罪悪感。。
今の世の中がこう思わせてしまうのか、私の気持ちが荒んでいるのか・・。

そう言えば、かくれんぼなんて、何年振りに見るだろうか。
子供の姿さえ、近所ではほとんど見ることがなかったもの。
自分達の子供の頃は当たり前の風景だったのにね。

でも、心に温もりを感じた出来事だった。




23日 (木)

「 放射線科 」

午後からの診療。
ここは元気パワーを頂くために行っているようなトコかな〜。
笑いながらの雑談が多い。
そう言うのをここの主治医は大切にしているみたい。
確かに、先生の顔を見ただけで、不安が解消されたり、元気が出たりって言うの、あるよね。
もちろん、触診などもしてもらうけれど。

先週加齢総合診療科でやった採血の結果が出ていた。
数値、良くない。。。
「薬の量が増えるかもね。」と主治医。
考えてみれば、思い当たる節はある。

以前に比べ、疲れやすい。
むくみやすい。
夕食中や食事の支度中、睡魔が襲う時がある。
ほぼ毎日ストレッチしているのに、最近は足がつりやすい。
肌(特に顔)が、今までには経験のない乾燥の仕方をしている。
などなど。。
どれもそれ程辛い症状ではないので、あまり気にならなかった。
症状が悪化するようなら早めに受診しよう。
原因はなんだろね〜。
海藻とり過ぎてたかな〜?
(甲状腺疾患の場合、多食したり、逆に極端に制限するとかえって病状を悪くすることがあるらしい。)
最近、今までにも増して食べてるからな〜(海藻類、かなり大好きなので・・・)

それと、以前‘HTLV-1’の件で主治医に話をし、血液内科に聞いてもらった事があった。
http://www.htlv1.org/index.html#index
しかし、地域的にキャリアが少ないせいか、このような情報を知らなかった。

「この事を話したかったんです」と言う意味で
このサイトを数枚プリントアウトして主治医に渡した。
勉強して下さる、協力出来る事はしますよとお返事を頂いた。
私もまだまだ勉強不足なので、恐縮してしまったが、とても有難いと思った。

骨髄バンクに登録したり、献血をする事はできないけれど
こう言う形でほんのちょっとでも私の血液がお役に立てれば嬉しいなって思う。




22日 (水)

「 朝の定番 」






我が家の朝食メニューの定番である。
青じその醤油漬け。
唐辛子、醤油、みりん、酢を好みの味に混ぜ、生のままの青じそをそこへ漬けるだけ!
これ、ごはんにのせて食べると美味しいのである♪

3年程前から作っているんだけれど、始めたきっかけは
青じそにアレルギーに対する抑制効果があるって聞いたから。
当時は花粉症や治療の副作用の慢性蕁麻疹で悩んでいたため、
「信じるものは救われる!」と作り始めた。
元々青じそは好きだったから、何となくず〜と作り続けているのである。
花粉症や慢性蕁麻疹の症状は今は随分軽くなったが、青じそのお陰かは?????^^

今は青じそのシーズンじゃないから、香りが少ないが、
ま〜それなりに美味しい♪
青じそは毎日食べても飽きないくらい好きなのに
何故か赤じそはダメなんだよね〜 (~_~;)




18日 (土)

「 飯田市へ 」








友達のところで赤ちゃんが生まれたので、
赤ちゃんのお顔を拝見しに、
それとお墓参りに行ってきた。

まずは友達の家へ。
友達のブログには赤ちゃんの写真がいっぱい載せられているので
それを見ながら「早く‘生’の赤ちゃんに会いたい」って、ず〜と楽しみにしてて、やっと今日実現♪

‘生’赤ちゃんの方がずっと可愛い♪
まだ生まれて3ヶ月も経っていない(確か・・;)
なのに、よくおしゃべりし、笑顔を振りまくのにはびっくり!
私の顔を見て笑ってくれると嬉しくってね♪(どっちが赤ちゃん・笑)
でも、写真ではなかなか笑顔でのカメラ目線のお顔が撮れなかった。
笑顔をくれると写真どころじゃなくなっちゃうんだよね。
カメラ目線じゃないけれど、唯一笑顔を撮れた写真。
ちなみに男の子^^
友達に許可もらってアップしてみた。

友達もすっかりお母さんの顔。
キラキラ輝いてて、モトモト美人なんだけど、
益々綺麗になってたよ。

別れが名残惜しかったけれど、しばらくは友達のブログでアップされる写真で我慢、我慢。
また会える日を楽しみにしよ〜♪

お墓参りの後、阿智村のザゼンソウと福寿草の群生地へ訪れた。
初めて行くので、昨夜サイトからコピーした地図を頼りに。
途中雨が降り出すし、どんどん山の中へ入っていくし、
どうしようかと思ったが、とりあえず行くだけ行こうと言う事になった。
まずザゼンソウの群生地へ。
群生地の看板のあるところに路駐し、そこからザゼンソウのあるところまでは
敷き詰められた濡れた枯れ草の山道をしばし下らなければならない。
他に人は誰もいない。
夫は「この天気じゃ無理だな〜」と言ったが
「ちょっとどんな感じか少し下りて見てくる」と私が言った。
結局傘を差してそれぞれカメラを持ち二人で見に行く事に。
「まだ早いかな〜」と言いつつ下りていくと、あったあった♪感激
結構あちこちから顔を出している。
何故か向こう側を向いているザゼンソウが多く、写真を撮るのが難しい。
それでも何枚かパチパチ。
↑のアップした写真は夫が撮ったものを拝借。
私が撮ったのはいまいちばっかり (~_~;)
その後、福寿草の群生地へも行ってみたが、
まだ少し早かったみたい。
ここでは車を下りずに引き返した。

天気には恵まれなかったけれど、いろんな意味で癒しの一日だったな〜。
飯田は梅の花が咲くなど、松本よりずっと春だった。
この時期の飯田・・好きだな〜♪




17日 (金)

「 加齢総合診療科 」


外来日。
体重計に乗ったり、血圧を測ったり、症状に変わりはないかなど話す。
診察後甲状腺の値を調べるため、採血ルームへ。
いつもは皮膚科の採血と一緒にしてもらうんだけどね。
いろいろと面倒な事があって、今回は別に採血してもらった。

今日は皮膚科で入院した時にお世話になった看護師さんがやってくれる事に。
「あら〜ひまわりさんじゃない!」
「お久し振りです〜♪」
懐かしの友に遇ったようで、嬉しい。
「入院病棟では見ないけど、M先生のとこへ外来に行ってる?」
いろいろ覚えててくれるのって、とっても感激。
有難い気持ちになるね。
「あっ、ひまわりさんて、採血難しいんだったよね。入院中よく先生達が言ってたよね〜。」
「え〜!そんな事まで覚えてるんですか?」
さすがです。。
そんな事まで覚えていなくても・苦笑
もうかれこれ3年も経つのに・・
もしかして、問題児だったのかな?(~_~;)
でもやっぱり覚えててくれるのは嬉しいね。

今週、放射線科の外来が終われば、今月の病院通いは終了〜
今月は何だかんだと1週間に1度は病院へ出掛けていた。
やっとしばらくは病院から解放される。
ほっ!




15日 (水)

「 ホワイトデー 」


昨夜、帰宅した夫を玄関へ出迎えると
「忘れててごめん」とコンビニの袋ごと、私に差し出した。
「何?」
「ホワイトデーだよね。」と。
色や箱の感じから「何でお線香なんか買って来たんだろ?」と思った (~_~;)
ま〜、チョコレート菓子♪

お返しはいらないからね!ってずっと言っていたので、
ホワイトデーは私には関係ないって思っていた。
今日はいつもより仕事を遅くまでやってたのに、
私好みのものを、たとえコンビニででも、一生懸命探して買ってきてくれた。
その気持ちがとっても嬉しかった。
ちゅうさま、ありがと♪




14日 (火)

「 
プチオフ会 」



【ランチしたカフェの看板犬】


えりぃさん、sakuraさん、奥さんKEIKOさんと女性ばっかり4人のオフ会。
私はえりぃさんとしかお会いした事がなかったので、
お会いするまではドキドキワクワク。
でも会話はすぐに弾んだよ。
久々にたっくさん笑ったな〜。
涙を流して笑った。
そしてそれぞれに写真もよく撮った。
ランチをしたところのワンチャンがとっても人懐っこくて可愛かった。
食事も美味しかった。
楽しい楽しいオフ会だった。



13日 (月)

「 3年目のシクラメン 」





今年で3年目になるシクラメンが花を咲かせた。
いつもベランダに放ったらかしなのに、
何とか冬越ししてくれる元気なシクラメン。
花が終わってから手を加えると、逆にダメになってしまう気もしてね・・・な〜んて言い訳半分以上〜

昨年は買って来た時と同じくらい立派に花を咲かせてくれた。
今年はやはり少し株が弱ってきているのか、昨年より一回り小さい花をつけた。
現在2輪咲いている。
これからどのくらい花を咲かせてくれるかな。




12日 (日)

「 ふきみそ 」






ふきみそを作った。
1年振り・・・当たり前か。。

直売所へ行ったら、たまたま採れたてのものを売っていて
次回実家へ行った時に採ってくれば手に入るのだが
100円で売っていたので、ついつい買ってしまった。

ふきみそって1年に1、2度程度しか作らない。
そのため忘れっぽい私は、作り方を大まかでしか覚えていない。
作り始めて、「さて、どのくらいの大きさで刻めば良かったっけ?」と
夫に聞きながら何となく作業を開始。

味も「こんな感じだったっけ?」
「ん〜、もう少しみりんを入れた方が良いんじゃない」なんて言われつつ、
味見をしつつ調味料を加えて行った。

そうそう、夫の出身である北信と私の出身である南信とでは作り方が全然違うのである。
北信はふきのとうを油で炒め、そこへみそと砂糖を加える。
南信は刻んだだけの生のふきのとうへ好みで味噌やみりん(砂糖)、酒などを加える。

結婚したばかりの頃は何度か、北信風のにチャレンジしていたが
より香りや苦味を楽しむには生の方が良いと夫が言うので
今は南信風で作るようになった。
どちらにしても季節の味を楽しむのは作るのも味わうのも良いものである。
ついついお酒がすすんでしまうのがたまにキズ・苦笑




11日 (土)

「 春のかおり 」







夫の実家へ帰った。
義母と、入院する叔父の病院まで行くのだが、
義母の支度が出来るまでのしばしの時間、実家の庭をカメラ片手にウロウロ。
庭のあちこちにはまだ40センチ以上は雪の山が残っている。
春のような暖かな日差しで、雪融け水が川になってあちこち流れている。
そんな中、庭のあちこちで春を見つける事ができた。
ふきのとうに福寿草。
今年は雪が多いからまだまだかな〜って思っていたが
雪のないところには、ちらほら咲き始めていた。
次回来る時はもっとたくさんの福寿草が見れそうだ。
ふきのとうは2、3個見つける事ができた。
時間がなかったので、写真を撮ったり、しばし眺めるだけで、採る事はできなかった。
でも、ちらほらしかまだ顔を出していないと思うと、採ってしまうのが惜しいような気がしてしまう。
義母の支度ができる、ほんの僅かな時間だったが、
春をめいっぱい感じる事ができた。




10日 (金)

「 脳神経外科へ 」

朝から小雨が降っていて「病院行くのヤダな〜」って思っていたけれど
出かける頃には上がっていた。

目の状態は昨日より多少良くなってきた気がする。
昨夜は瞼に少し熱を持ったり、ピリピリする痛みがあったが
今朝は時々ピリピリと痛みがある程度。
ぼやけ具合も良くなってきた気がする。

「症状からして、頭の病気は考えにくい。
唯、症状が悪くなっているようなら直ぐに検査が必要だけれど、
そうでなければ、半年に1度MRIをやっているようだし、慌てて今日やらなくても良いかも。」

眼科の医師はなかなか治らない事を話しても
「どうしてだろ?」を連呼するばっかり、(仕舞いには「気のせいかも」と言われ
思わず‘はぁ〜!!!!’と言いそうになる(やぶ?))だったが
落ち着いた調子で分かりやすく話してくれる脳外の先生の説明は説得力があり
納得してしまう。
今までの不安はどこへやら・苦笑

今のところ症状が悪化している感じは全くないので、
もうしばらく様子を見る事にした。

行く医者を間違えたか(もっと早く気が付かなかった私もマヌケ)
ここの眼科の医師とは相性が悪かったらしい。
引越しが多いと病院探しも一苦労。。
いやいや、ホントは病気をしないのが1番なんだけどね、こればっかりは・・・。
ま〜、良い経験をしたと言う事にしましょっ (^^ゞ
ちょっと愚痴日記になってしまった m(__)m




9日 (木)

「 眼科へ 」

だいぶ良くなっては来ていたが、相変わらず違和感や見えにくさがあるので
眼科へ行った。
普段の生活にそれ程支障がなくなってきていたため、
受診するの、どっちでも良いや〜なんて気もしたけれど、
悪性リンパ腫の時も、もう少し様子を見ましょうと言われ、
肺炎になってからやっと発見してもらえ、
メラノーマの時も、大丈夫でしょうと言われ結局は悪性のものだったから、
それを考えるとやはり行った方が良いな〜と言う事に。

診察の前、いつもの眼圧、視力検査。
眼圧、異常なし。
視力は両目1.5に回復。
しかし、悪い方の左眼はピントが合いにくい。
今日は視野検査もしたが、それも異常なし。
大学病院の眼科へ紹介状をお願いしたが、
まずは脳神経外科へ行ってみましょうかと言われる。
見えにくい場合、最悪脳梗塞の可能性もあるから・・と。
生憎今日は外来はやっていないとの事なので
再び明日またここへ来る事になった。

「いや〜それはないでしょ〜」と思いつつ
ま〜診て貰っておけば安心かな・・と。

帰り際、目薬を注してもらう。
3時間ほど眩しいらしい。
確かに眩しい。
徒歩5分と掛からない道のりだが、しんどかった。
モノがよく見えないと言うのは疲れるな〜。
明日もまたまた病院だが、近くなのが救い。



8日 (水)

「 検査結果を聞きに 」

皮膚科の外来日で、いつものように電車に乗って、バスに乗って出掛けた。
今日はちょっと変わった体験をした。
何と、バスの運転手がコースを間違えたのだ。
10年、バスを利用しているが、こんな事は初めて。
ま〜度々あってはたまらないが。

私は呑気なもので、はじめちっとも気が付かず
「今日はいつもと違うコースだな〜。」なんて景色に見とれていたのだ。
そしたら、コースが違っている事に気が付いた人が運転手に駆け寄り、
「○○病院行きですよね〜?」と訪ねた。
運転手は「あっ、間違えた!!」と叫ぶ声。
その後、急ブレーキ、急ハンドル、細い道でもびゅんびゅんびゅん!!!
怖かった〜!!
時間掛かっても良いから、事故しないで〜!落ち着いた運転して〜!って心で叫んでた。
しかし、結局はいつもの倍以上の時間乗る事となった。

予約の時間に間に合わないので、一つ前の停留所で降りる事に。
私と同じ人が数人いた。
こう言う日に限って渋滞に巻き込まれるんだよね〜。
「すみません」の一言が欲しかったな〜。
運転手の言い訳の言葉が心に悲しく響いたよ。

え〜と、結果の方はと言うと、異常なし!
最近体調が今ひとつ良くなかったので、白血球が随分低いだろうと思っていた。
しかし、思っていたよりは低くなかった・・・5910。

「まだ3年だもんな〜。普通ならまだ治療中で、後2年はやるんだよな〜。」といつものように主治医に言われる。
再発もなく、元気に過ごせている事が有難いと思った。
次回も3ヵ月後にエコーと採血。

あっ、採血で思い出した。
先週、採血した時、腕を置く枕が保温になってて、
えらく感激したな〜♪
いろいろ良くなってるね。

それから結膜炎の話をし、「出来れば眼科へ紹介状を・・」とお願いしたが
「診断書があった方が良いと思うよ。」と言われる。
そうだよね〜 (楽する事ばっかり考えてる ^_^;)

明日は眼科か〜。
今月は、来週、再来週も外来の予約が入っている。
頑張って行って来ますか!!
気合だ〜〜〜!!!




7日 (火)

「 髪型も頭の中と一緒 」


寒くて短くできないでいた髪型を、バッサリショートにしてもらった。
髪の量が多くて、でっかい頭の私には、ショートヘアの方が合ってるみたい。

美容院を出て強風の中を歩いても、髪の毛が顔を邪魔しないのが良いね〜。
私の足から延びている影の先が、美容院へ行くまでとは違い
一回り小さくスッキリしている。
ムフフ・・とつい心の中で笑ってしまう。
髪型を変えただけですっかり春気分のひまわりである。




5日 (日)

「 笛吹川フルーツ園へ 」









朝からお天気が良かったので、ドライブへ。
山梨の‘笛吹川フルーツ公園’まで。
さすがに長野と比べ、暖か。
上着がいらないくらい。

公園からは甲府盆地が一望でき、富士山も見え、また
ぶどう棚が一面に広がり、とても景色の良いところだった。
熱帯植物や果物の木がある温室は暑いくらい。
時期的にあまり果物は生っていなかったが、南国の空気に触れられ、充分楽しめた。
園内は、あちこちいろんな果物の木が植えられ、迷路のような登り坂が続いているのだが
景色や果物を眺めながら、運動もできるのは良いな〜と思った。
自宅の近くにあれば、山登りの練習に度々訪れるだろう。
家族連れが多く、芝生の植えられているあちこちで、お弁当を広げたり、
犬のお散歩をしている人たちやバドミントンをする人もいたりで、
ゆったりのどかな時間を過ごす事ができた。




4日 (土)

「 ウドの三杯酢 」





スーパーでウドを見つけたので、三杯酢にして食べた。
山ウドじゃないから、風味はそれ程ないけれど、季節モノを食すのは嬉しい気分♪
今年は春が来ないんじゃないかって思うくらい、寒い日が多かったけれど
着実に春がやってきているのを食からも感じられるって良いね。

うちは砂糖は黒砂糖しか使わないから、
色がちょっと悪いけれど、味はま〜ま〜だったよ (^^)v




3日 (金)

「 検査日 」

レントゲン、エコー、採血。
いつも通りに早朝病院へ出掛け、いつも通りに検査を終えた。
エコーの時、医師がやってくれる前に、研修医らしい人がやってくれたのだが
この方が、モンキッキ(おさる)によく似ていて、患者にとても気を遣ってくれて
心の中で笑ったり(失礼)和んだり・・。
この方の顔がいつまでも頭から離れなかった・爆

昨日の新聞に、外来棟を立て替えて、診察室も完全個室にすると書かれていた。
完成するまでには3年はかかるようだが、今から楽しみである。
しばらくは工事で不便も多いだろうけれど。

久々に病院へ行ったのだが、外来患者を呼ぶ時、名前ではなく、受付番号で呼ぶようにしたらしい。
個人情報の保護と言う事なのか。
でも、番号って聞きにくいな〜。




2日 (木)

「 折り紙 」





子供だましみたいだけれど、お雛様を折り紙で作ってみた。
ぼんぼりは本当は黒が良かったんだけれど、うちにはなかったので、黄色を使う事に。
遠くから見れば、見れないこともない。
玄関に飾ってみた。

13、4年前に、紙粘土など使って作ったものがあるので、それを毎年飾っていた。
でも、随分年期が入ってきたので、今回はこれを飾った。

子供の頃は、母親と一緒に飾ったものだ。
飾るのはとても楽しくてね〜。
でも、飾った部屋には、特に夜は怖くて入れなかったな〜。
お雛様が動き出すんじゃないかとか、こっちを見るんじゃないかとか想像してね (*^。^*)
そんな可愛い時期もあったのである。

最近、ちょっぴり折り紙にハマっている。
手の込んだものはできないけれど、そう言うのに挑戦してみるのも楽しいかな〜って思っているところ。




1日 (水)

「 再び結膜炎 」

どうも目の調子が悪い。
先週の金曜日に、前回と同じような結膜炎の症状が出た。
週末は、随分良くなってきたので、このまま治るかもとそのままにしておいた。
しかし、悪い方の目である、左が、どうも見えにくく、違和感がある。
で、昨日病院へ。
しかし、生憎火曜日は初診のみの外来だとか。
再び、今日、雨の中行って来た。

まずは眼圧の検査。
これとっても苦手。
何度も「目を大きく開けてくださ〜い」と言われる。
しかし、モトモト細い目。
これ以上開けられないぞ〜って程、私なりに頑張って開けていても
「もう少し大きく開けてくださ〜い」って言われる。
「もうこれ以上は開きませ〜ん」と言うと
看護師は仕方なく、私の瞼をグイッと持ち上げ
強制的に大きく開かされて検査開始・苦笑

その後視力検査。
左目、ほとんど見えず。
眼の悪い方達はこんな風に見えるんだ〜と他人事のように思ってしまった。
通常両目、1.5〜2.0。
今日は右目は1.5だが、左目は0.5。
見えにくい訳だ。

1月に細菌性結膜炎と診断されたが、この時検査結果では、細菌は検出されなかったらしい。
しかし、細菌だろうと・・・。
今回も原因が分からない、原因不明と言われる。
ウイルス性でもないし、角膜に傷が付いている訳でもないとの事。
思わず「メラノーマが原因って事はないですよね?」なんて聞いてしまう。
関係ないらしい。
内心「ほっ。」

とりあえず炎症を抑える点眼が処方された。
2、3日やってみて、治らないようならまた来て下さいと言われる。

どちらにしても、目なんてやたらに炎症起きないから
免疫力が低下していることは間違いないな〜。
前回も結膜炎をした後、風邪引いたし。
どうも、ストレスに弱いぞ〜〜!!!!!
栄養も足りてないものの見直しをしなきゃね。