2005年  5月



30日 (月)

「 勝手に紹介・・・パート2 」


何を隠そう私は伊原剛志のファンである。
その事を妹も知っていて「○時から○チャンネルで出てるよ」とメールが入ったり(感謝)
この方が出ている全てのものを観る程、のめり込んでいる訳ではないが、
随分前から良いな〜って思っていた一人(気が多いので)である。

最近この方のブログを見つけた。
http://iharatsuyoshi.cocolog-nifty.com/blog/

一気に読んでしまった訳だが、良い♪
これ良いよ♪♪
私がファンだからかもしれないが。
伊原さんの別の一面を垣間見れたからかもしれないが。
これからのアップが益々楽しみである。

全てプラス思考。
タダでは起きない。
人生無駄に生きていない感じ。

読んでて「こうしちゃいられない!!(1度の人生ぼ〜となんかしちゃいられない)」って気分になってくる。
今「後悔」って思ってる事でも後できっと役に立つ日が来るぞと
くよくよしていた事がバカらしくなってくる。

私には元気もらいまくりのブログである!!



26日 (木)

「 豚足に挑戦 」

豚足って、コラーゲンたっぷりで、動脈硬化、高血圧、アレルギー、腰膝痛などに効果があって
紫外線対策にも有効らしい。
魅力的なのはアレルギーや紫外線対策によろしいらしいと言う事。
しかし、この豚足、何度か挑戦してみようと、
スーパーで真空パックになっている豚足を見つめるのだが、見れば見るほど、どうしても買えないのだ。
色と言い、肌の感じと言い、生々し過ぎて口に運ぶ勇気が失せてしまうのだ。

茹でただけのものではなく、美味しく調理したものだったら、いけるかも♪と思い
南京町をブラブラした時、買ってみたと言う訳。

ねっとり感があり、今まで口にした事のない触感が広がった。
でも、美味しく味付けられていたせいか
鶏の手羽元の煮込みと似た感じで抵抗なく食べられた。
ま〜手羽元の方が食べなれているせいか、美味しいと思ったけどね。
「これならスーパーで買ったのでも食べられるかも」と買ってみた。
煮込んだ方が抵抗なく食べられるかな〜?とも思ったが
酢味噌が付いていたので、試しに茹でて真空パックになっているものを
温めただけで食べてみる事に。
付いていた酢味噌はあまりにも添加物が多い事に
食べる段階になって気が付いたので
にんにく入り味噌をつけて食べてみた。

「豚足はおししいぞ」と、頭にインプットされていたせいか、
見た目も以前ほど気になることなく口に運べた。
不味くはない。
しかし、食べ進めるうちに気持ちが悪くなってきた。
脂っこい感じがする。
もう2度と食べたくないかも・・と思ってしまった。
夫も似たような感想を持ったようだ。
調理の仕方で随分違うな〜。
鮮度も関係するんだろうか?
これで降参するのは悔しいし。。。

次回は醤油やみりんやにんにくなんかを入れて煮込んでもう1度挑戦してみようかな〜。
食べられるようになったら嬉しいじゃな〜い♪



25日 (水)

「 さようなら 」

新聞のおくやみ欄に小学4年まで担任だった先生の名前があった。
久々に見るその名前に、直ぐ誰だか判らなかった。
まだ58歳の若さ。
中学へ入ってから1度だけあった同級会でお会いしたのが最後である。
それ以来、この先生を思い出す事はほとんどなかったが、
亡くなったと知った時はショックだった。
今日は一日中、先生の事が頭から離れなかったかな。。。

我がままでマイペースな私はこの先生には随分お世話になった。
4年生の時は友達と何度か家に遊びに行った事もあった。
同級会の後もお邪魔したな〜。
当時、この先生の事をどうしても好きになれなかったが、何故かよく遊びに行った(苦笑)
亡くなったんだと思うと、この先生の良い事ばかり思い出される。
「嫌な自分」なんて思ってしまうね。
でも、やっぱり今日はもう少し先生の事を思い出して過ごしたい気分。

先生、お世話になりました。
安らかにお眠り下さい。



24日 (火)

「 今 ハマっている事 」

それは、割り干し大根の一夜漬け。
切干大根だと細すぎるけど、割り干しだと、たくあん感覚で食べられる。
これ、歯応えが良いから食べ始めると止まらなくなる。
日本酒にも御飯にもピッタンコ♪
でも、結構やっているお宅もあるかもしれないね。

最近まで、割り干し大根の存在を知らなかった。
たまたまスーパーで見つけ、漬物にできるかもと挑戦したのが始まり。
戻して適当な大きさに切って、昆布や唐辛子と一緒に、お好みの味で漬けるだけ。
簡単でしょっ?
たくあんを買うより安いし、着色料も保存料も入っていないしね。
・・・な〜んてえらそうな事言ってしまったけれど
ちなみにうちはニンニクを漬けているお酢と浅漬けの素で漬けてるから
保存料は入っておりまする(苦笑)
せっかく糠床があるんだからそれに漬けてみようとかなとは思ってるんだけどね。
まだ未体験。

気が向いたらお試しあれ!!



21日 (土)

「 ミニオフ会 〜神戸にて〜 2日目 」

まずは4人でシティー・ループ(循環バス)に乗り、震災メモリアルパークへ。
バスは神戸らしく、とてもおしゃれ。
また、観光案内をしてくれるのも嬉しかった。

震災で崩壊した60mの岸壁が当時のままの状態で保存してあった。
震災の恐ろしさを感じると共に、本当の恐ろしさは、実際経験した人でなければ判らない
相当なものだったのだろうと思った。
お天気も良く、穏やかな海を眺め、肌に心地良い海風を感じていると
そんな恐ろしい事があったなんてとても想像できなかった。

ポートタワーなど、メリケンパークの景色をあちこちカメラにおさめた。

今回の旅はプチハプニングの連続。
その中の一つ、なんとデジカメの充電をしてくるのを忘れてしまったのだ。
途中で電池切れ (T_T)
泣いていても充電出来る訳でもなし。
途中で寄ったコンビニで使い捨てカメラを買った。

そしてあちこち眺めながら南京町へ。
私は1度食してみたいと思っていた‘豚足’を買う。
よく煮込んであるので、見た目は鳥の手羽元と変わらず。
味もま〜ま〜、悪くない。
どちらかと言うと美味しいかも♪
何でも試してみるのもだ^^
中華街でランチ。
飲茶セット♪

ランチ後、ペコリンさんご夫婦とお別れ。
ほぼ2日間、ご一緒させてもらったので、お別れが寂しくってたまらなかったが仕方がない。 
また会える日を楽しみに握手して別れた。

その後、一旦ホテルへ戻り、異人館へ向った。
坂道ばかりなのと、聞いたところによると、今日は特別の暑さ。
ミネラルウォーターの、かなりのお世話になりつつ、あちこちの異人館へ入ったり
街並みを楽しんだりした。

お洒落で素敵な街神戸。
私が1番気に入ったのは、活気ある街だけれど、時間の流れがとてもゆっくり。
そして親切な人が多いというところ。
街を歩くだけで、気持ちが癒されるのを感じた。
1度は住んでみたいな〜って思った。
また来たいな、神戸。


Junさん、ペコリンさん、今回はいろいろお世話になりました。
皆さん、パワー溢れる素敵な方達。
たくさんの元気パワーを有難うございました。
またどこかでお会いしましょうね。



20日 (金)

「 ミニオフ会 〜神戸にて〜 1日目 」


メラノーマ仲間のJunさん、ペコリンさんと神戸でお会いする日。
人形作家であるJunさんが、神戸で個展を開くとお聞きし、
是非拝見したいと言うところから、皆さんとお会いする事となった。

前夜はドキドキで、あまり良く眠れなかった。
風邪気味だったので、少々心配していたが、今朝にはすっかり快復♪
自宅を朝の6時40分に出発!
電車の中では「どんな方達かな」とほとんどお2人の噂話 ^m^

神戸には家族で1度訪れた事があるが、まだ子供の頃だったのであまり記憶がない。
神戸の町も楽しみの一つだった。

ホテルに荷物を預けた後、個展が開催されている『ドールミュージアム』まで歩いていった。
途中で道に迷っていると絶妙なタイミングでJunさんから電話が・・お恥かしい (#^.^#)
Junさんはピンク色のフリルの洋服がとてもよく似合う、素敵な方だった。
お人形はJunさんのお人柄が繁栄されていて素人目にも、とても素晴らしいものと感じた。
お顔も、洋服も一つ、一つ、全て手作り。
お人形の表情もドレスもみんな違う。
唯々、ため息。

しばらくしてペコリンさんご夫婦もみえた。
ペコリンさんは笑顔がキラキラととても輝いて見える、やはり素敵な女性だった。
ご主人はとても優しそうで笑顔が似合う方だった。

「本当にJunさん、ペコリンさんにお会いできた〜〜!!」と感激でいっぱいだった。
時間の許される限りおしゃべり。
きっかけは病気だけれど、それは二の次だったかな。
お人形に囲まれている事もあったのだろうけれど、とても穏やかで幸せな時間が流れた。
そしてJunさんとはお別れ。
またお会いする事を約束した。

その後はペコリンさんご夫婦としばしお人形を堪能し、
トアロード〜ハーバーランド〜メリケンパーク〜南京町とテクテクテクテク。
ひたすら歩きまくり。
1番の目的は神戸牛を食べさせてくれるお店を求めて (#^.^#)
でも、あちこち写真を撮るなど楽しみながら歩いた。

ま〜結局は三宮駅近くのお店に。
神戸牛は想像以上に甘くて美味しかった。
お酒がすすむごとにおしゃべりも盛り上がり、場所をホテルのバーにうつして再びおしゃべり開始。
病気の話、夫婦の?話(爆)、趣味の話いろいろ、いろいろ、いっぱい笑って、いっぱいしゃべった。
ペコリンさんご夫婦の会話(掛け合い・笑)が関西系で、とても楽しませて頂いた。

オフ会で毎回感じる事ではあるが、初めてお会いするのに、初めてではないような不思議な感覚。
今回もその不思議な感覚を感じながら時間が流れる。
お互い遠距離でお会いする事はないかも〜と思っていたのに
実際にお会いし、親密にお喋りができた事の嬉しさをしみじみ感じつつ、素敵な時間を過ごさせてもらった。
お互いの部屋に戻ったのは(同じホテルに宿泊)11時半過ぎだったかな〜
部屋に帰ってからは即爆睡〜〜



14日 (土)

「 楽しかったり怖かったり 」

朝から野菜の直売所へ行ったり、ホームセンターへ行ったり、
夫の通勤用の靴を買いに行ったり・・・。
夕方まで掛かると思っていたが、3時頃には完了。

休日に、家で過ごすのが苦手な2人。
夕方までには時間があるからと、大町市までドライブに行く事にした。
目的地を決めず、フラフラとドライブするのは楽しいもの。
木崎湖付近に『居谷里湿原』の看板を発見。
ここは県天然記念物に指定されていて、ザゼンソウ、リュウキンカ、ミズバショウが群生している。
昨年、ここがテレビで紹介されていて、湿原の名前が分からなかったばっかりに
母や妹夫婦と探したが、辿り着けなかった場所でもある。
「お〜、ここだったのか〜」と行ってみる事に。

湿原はゆっくり歩いて1時間弱で回れる。
思わずウォーキングもできた。
それもステキな景色を観たり、鳥のさえずりを聞いたり、爽やかな空気を吸いながら。
とってもいい気分で湿原を後にした。

行きの車の中ではウトウトしていた私も帰りは気分もスッキリ、お目々もパッチリ!
「カメラ持ってくれば良かったね〜」なんて話していた。
途中、二車線の交差点を右折するため、右折レーンに止まり信号が青になるのをしばし待つ。
その時、直進レーンに、うちの車の斜め後ろ辺りに1台信号待ちしている車がいた。
信号が青に変わる。
対向車がいないためスムーズに右折。
ところが、直進レーンにいた車が何を思ったのか、スピードを上げ、うちの車と平行して一緒に右折してきた。
その後追い越そうと思ったのかうちの車に大接近!!
平行して来る時点で既にうちの車に迫ってくる感はあったが・・。
かなり無謀!!
!?
「おばさ〜〜ん!!危な〜い!!」と言ったまま、私は顔を手で覆った。
100%ぶつかると思った。
少なくともドアミラーは当てられるだろうと。
瞬時のところでその車が急ブレーキをかけ、衝突は免れた。
私達の後続車にも随分迷惑掛けていた。

夫は私が叫ぶまで、何が起きているか気が付かなかったようで
「ひまわりが『おばさん 危ない!』なんて叫ぶから、歩行者がいるのかと思った」と。
確かに直進レーンにいた車が左斜め後ろからうちの車を追い越すべく一緒に右折して迫ってくるなんて
普通は想定すらしないよね。


事故にならなくて良かったが、心臓バクバク!!
しばらくその時の状況を夫に興奮状態で説明。
あ〜〜、怖かった。
もうこんな経験は2度とゴメンだ〜〜




13日 (金)

「 まだまだ続くよ 」

久し振りの歯医者。
今日は仮止めしてあるブリッジをセメントで固める予定。
「何か変わった事はありませんでしたか?」
「ブリッチの下の歯に鈍痛がちょっとの間あったんです。
今まで1度も痛みはなかったんですけどね」と私。
レントゲンを撮って以前のと見比べる。
見た目では変わりないらしい。
そう、この歯、神経がまだあるんだよね〜。 (~_~;)

「治療前日に痛みが出たって事はムシの知らせかもしれないし
セメントを固定後、痛みが頻繁に出るようになったら処置が大ごとになるから
半月くらい、仮止めのまま様子をみてみましょう」と先生。
ありゃりゃ・・・。
黙っていれば良かった様な気もするが、後で大変な思いをする方がもっと嫌だから仕方ないか。。。
まだ、虫歯の治療も残ってるしね (-_-;)

歯医者通い、まだまだ続きそうだ。



12日 (木)

「 勝手に紹介 」


『Meggy’s cafe』のTomoyoさんの日記にヤクルトスワローズの古田選手のブログ
http://blog.so-net.ne.jp/atsuya-furuta/
の紹介があった。

巨人の選手ではないけれど、好きな方。
早速拝見しに。
さすが、古田さん!って感じ。
文才があります!!
面白い!!
つい夢中で読んでしまった。
暗くなっても良い内容でも、とっても前向きで明るい。
読んだ後、スッキリした気分になるから不思議。

元気もらえるよ!!
勝手に紹介しちゃいました〜〜^^;



11日 (水)

「 皮膚科外来日 」

GW明けの週のせいか、かなり病院内は混んでいた。
皮膚科もそれにもれず、座るところがないくらい・・。

採血、エコー、レントゲンの検査の予約を入れてもらう。
「下腹部のほくろだけど、話し合った結果、
良性の可能性の方がかなり高いけれど
切除した方が良いだろうって事になった。
どうするかまた考えておいて」と主治医。
大きさはメラノーマになったほくろと同じくらい(2ミリ程度)
見た目の違いと言えば、突起しているかしていないか。
メラノーマになったほくろはほぼ間違いなく良性と言われ(大きさ的にも形的にも)、
それにもかかわらず2期。
やっぱりあの時取っておけば良かったと、後悔しないためにも
切除してもらう事にした。

今日早速でもOKとの事。
しかし、来週の抜糸をするであろう頃、お泊りの予定が(神戸でオフ会)
汗をかいたりしてばい菌が入ったりする心配があるからと、
次回外来予定の来月にやってもらう事になった。

いつものように病院の玄関から夫へ報告メール。
いつもはメールで返信をくれるのだが、直ぐにTELが来た。
相変わらず心配掛け通し。
99%大丈夫!!・・・と本人は勝手に思っているが家族はそうはいかないよね。
申し訳ないです〜〜

今日は電車(往復)もバスも遅れるし、
病院は混んでるし・・・(>_<)
唯一ホッとできたのが、自分で握って行ったおにぎりを頬張ってるときかな (*^^*)
今日は疲れた〜〜



8日 (日)

「 弘法山から中山霊園へ 」

もぐたんさんから、遊歩道がある事を教えてもらったので
早速歩いてみる事にした。

弘法山まで車で30分程。
朝ゆっくりの出発。
時間もある事だし、数年振りにおにぎりを握って行くことにした。
うちは数年前から玄米しか置いてないので、白米がなく
おにぎりを持って行きたくても持っていけなかった。
たまにはおにぎりを持って山へ行きたいと思い、
GWに実家へ帰った時、お米をもらってきたのだ。
おにぎりを持って・・・って言うのは、やっぱりウキウキするね。

遊歩道は想像以上に急坂が多く、久し振りに山を歩いている実感あり嬉しかった。
軽い気持ちでウォーキングシューズで来てしまった事が少々悔やまれた。

時々立ち止まっては写真を撮り、景色を眺め、時には振り返って休憩しながらゆっくりゆっくり歩いた。
黒アゲハを数年振りで見た。
見たことのない可愛い花やトカゲとの出会いもあった。
いろんな動物の糞が道のあちこちにあった。
リスかな?タヌキクラスの動物のかな?
クマンバチには少々泣かされた。
どう聞いても「トッポージージョ」と鳴いている鳥の声がしたが、姿は見えず。
私達と同じように歩いている数人の方にも会った。

1時間程歩いただろうか、急に景色が開け、目的地の中山霊園に到着。
そこは綺麗に整備され、マレットゴルフを楽しんだり
バーベキューなどピクニックに来ている家族連れで賑わっていた。
さっきまで山の中を歩いていたのが不思議な感じ。

そこで楽しみにしてたおにぎりを頬張る。
嬉しくって少々気分がハイになり、もぐたんさんにメールしちゃった(笑)

今年は昨年よりあちこち山歩きが出来そうな予感♪
もちろん、富士登山が1番の目標だけど。
もし富士登山の目標が達成できたら(かなり気が早い・苦笑)
今度は富士山の眺めの良い山をあちこち登ってみたいな〜。
ひまわりの夢はつきないのである〜〜 (^^)



5日 (木)

「 お散歩 」

午後から夫とお散歩。
いつも歩いた事のない道を散歩した。
うちのまわりは住宅密集地だが、少し足を伸ばすと、一面の麦畑が広がっていた。
時々れんげが咲いていたり、アスパラ畑やぶどう畑があったり。
車では全く通る事のない道なので、発見もいっぱい。
農家の人達は忙しそうに働いていて、何だか申し訳ないみたい。
日差しは厳しかったが、湿度が低くカラッとしていたので
じっとりした汗が出る事もなく、気持ちよく歩く事ができた。
1時間ほど歩いただろうか。

いつも決まった道ばかり歩くより、たまには変わったところを歩くのも楽しいもんだ。


4日 (水)

「 富士山へ 」

朝5時起床。
快晴。
体調万全。
富士山へ向かって出発!

高速道路は思っていたほど混む事もなく、事故に遭遇する事もなく順調。
新緑が目に眩しく、すっかり初夏の香りが漂っている。

富士登山をする前に、1度、富士山を歩くってどんな感じなのか
5合目から6合目までウォーキングしてみようと思った。
自分の体力も知っておきたかったし。
何てったって昨年に比べ4kgも体重増してるからね (*^^*)

河口湖辺りで観る富士山は最高に綺麗だった。
「この富士山にこれから登るんだよ〜!」と興奮と何故か緊張気味。
十数年前に1度だけ5合目まで来た事がある。
それでも、車で1合目、2合目・・・と走らせる間
「今富士山にいるんだよね〜」と大興奮。

後わずかで5合目というところで渋滞。
時間は9時半。
こんな時間からこんなに混んでいる事にびっくり。
御来光を拝みに来る人が多くいるようだ。
それでも10時少し前には5合目の駐車場へ到着。
5合目と言っても標高は2305m。
酸素の薄さに慣れるため、しばらくブラブラ。
やはり少し坂を上っただけでも心臓がいつもより踊り、多少の頭痛もした。

ところで、まわりを見渡しても登山の身支度をしている人はどこにもいない。
季節的にはまだ早いと言う事もあるが、
例え6合目までしか登らないにしても山道を歩くのだからそれなりの格好をした方が良い訳だが
それなりの格好をする事がちょっぴり恥かしい気もした。
それでも再び車に戻り、トレッキングシューズに履き替え、帽子を被り、ザックを背負う。
多少人の目が気になったが(自意識過剰・苦笑)、そのうち慣れた。

暫くは平坦な道や、どちらかと言うと下り坂が続く。
しかし、普通の山道とは違い、溶岩などの砂地なため、足がとられ歩きにくかった。
「これが富士山なんだ〜」と変に歓心。
5合目では私達のような格好をしている人を見かけなかったが、登山中はちらほらいた。
スカートやサンダルのような軽装の人も多くいて「よくその格好で歩けるな〜」とちょっとびっくり。
富士山から眺めは、当たり前だが最高〜!
下界からいつも眺めているアルプスや八ヶ岳が小さく観える。

時々急坂があったり、雪道があったり、ステッキを使うのは初めてだが、随分お世話になった。
寒いだろうとかなり心配していたが、とんでもない。
じっとしていても暑いくらいで、風が心地よく感じた。
富士山の真上を時々通る飛行機を見上げ、今日の眺めは最高だろうな〜と羨ましく思った。

今年に入って発熱やぎっくり腰で1ヶ月程、運動をしなかった。
一気に体重増加したのもこの影響が大きいが、それに伴って体力も少し落ちたようだ。
それに最近は忙しがっていて、室内で段差のあるところを上り下りするなど、日差しのある中をほとんど歩いていない。
足場の悪いせいもあるだろうけれど、昨年より体力のなさを感じた。
ちょっと反省。
そう言う意味では今回富士山を歩いてみて良かったと思った。

6合目に到着。
「7合目付近まで歩いてみる?」と夫に言われたが
今回はここまでで止めておくことにした。
軽いランチをし、しばし休憩。
そして下山。

体力的には下りの方が楽だが、滑りそうでゆっくりゆっくり歩くため時間が掛かった。
5合目に付いてから『小御嶽神社』へ。
そこでお守りを買った。

今年富士登山できるかな?
多少不安な気もしたが、途中無理そうだったら下れば良い事だし
今日みたいに、ゆっくり、ゆっくり登れば良いんだから何とかなりそうかな。
とりあえず、これからも日々の体力作りをがんばろ〜〜!!
昨年からの「富士登山」の目標に一歩近づけた気がして嬉しかった。