2004年  8月












31日 (火)

「 薬漬けはイヤだけど 」

長野県はそれ程影響ないだろうと思っていた台風。
昨夜から今朝に掛けて凄かったね〜。

被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。

収穫前のりんごが落ちたり、屋根が飛ばされるなど、県内でも被害が出たようだ。
昨夜はあまりの風や雨の音に目が覚めるほどだった。
が、それとは別になかなか熟睡できない理由が数日前から続いている。
治療などによる副作用の蕁麻疹がまた騒ぎ出したのだ。
数ヶ月前に薬を飲むのを止めた直後は少し酷くなったが、その後は小康状態が続いていた。
しかし、最近少しずつ酷くなり、特に夜はあっちこっちみみず腫れのカユカユ状態だった。
やっぱり薬の力を借りなきゃダメかな〜なんて思っていたんだけど
ここ数日は夜も寝ていられないほど体のあちこちが痒くて痒くて。

薬漬け、放射線まみれになるのにどうしても抵抗がある。
蕁麻疹の薬は半年〜数年は飲み続けなければならないらしい。
飲んで完全に治る可能性はないし
「薬を飲むのを止めます」と主治医に言うと、この日が分かっていたように
「また酷くなったらいつでもくれば薬だすからね」と言われていた。
ははは…、その通りになったよ。
やっぱり頑張って飲むかな〜・・・(~_~;)



28日 (土)

「 靴慣らし 」

いつも週末の朝はスカイパークへ2人でウォーキングに出掛けている。
今日もいつものように出掛けたのだが、そろそろ…と登山靴の足慣らしをする事にした。
再来週に行く予定にしている上高地へはこの靴で行こうと思ってるから。
足首まで固定されているこの靴はスキー靴とまではいかないが、
歩いた感覚がよく似ていて慣れないと結構歩きにくい。

今日はいつものコースではなく、なるべく坂道や舗装されていないところを選んで歩いた。
やはり登山用の靴のせいか、アスファルトの上を歩くより、土の上を歩いた方が歩き易い。
いつもよりゆっくりペースで歩く。
靴の事ばかり気にしているせいか、縛り方が悪いのかしっくり来ないようなそうでないような…。
途中で縛りなおしたり・・・。
登山道を歩けばまた感じが違うのかな〜?
痛みがある訳じゃないし、靴の事を気にしないで歩いている時は何も気にならないのだから
こんなもんなのかな〜?
1時間以上歩いたのだが、慣れない靴で歩くのは疲れる。
特に下半身。
慣れれば良いのかも。
来週もこの靴で歩いてみよう。

ウォーキングシューズに履き替えたら、えらく足が軽く感じ、「あ〜楽〜♪」と思ってしまった。
こんなんで大丈夫か!?



27日 (金)

「 飲み過ぎ注意報!! 」

昨夜はかなりの嬉しさに2人ともハイテンション。
お酒もかなりすすんでしまった。
そのせいかちょっとした事から話が平行線になり、まわりで見ていればかなり淀んだ空気が漂っていたと思う。
飲みに出掛けて最後が尻つぼみ、な〜んて事は初めて・悲
けんかしたら次の日に持ち越さないようにを今まで心掛けてきたのだが、今回はそうは行かなかった。
今回の場合、けんかとは少し違うせいかな〜。
朝食はかなり大事にしているのだが、今日は食欲がなく、何となく夫が出かける時間まで話し合った。
最近の悩み事に、昨夜の飲み過ぎ、今回の出来事が加わり、体が辛かった。
普段は夫の支度を手伝うのだがそれも出来ず、朝食も用意してもらえず、
1人出勤の支度をしている夫を見ていたら夫が気の毒で「奥さん失格…」なんて思えてきて
涙がポロポロこぼれてきた。
夫を送り出してからは何もやる気が起きず唯ひたすら寝た。
風邪引いて発熱した時っていくらでも寝れるでしょっ?
まさにそんな感じ。
PCも携帯も一日電源を入れることなく、ひたすら寝た。
よく寝たのが良かったのかな?
元々単純って事もあるけど、いっぱい寝たら元気が出てきた。
やっとやる気が出てきて、ボチボチ動き出した。

帰宅した夫は「朝の様子じゃ夜もこんな調子だろう」と思っていたに違いない。
元気になった私を見てびっくりしたようだった。

昨夜はあんなに「次の日は飲まないぞ」と思っていたお酒をまたどっぷり飲んでしまった。

最近飲み過ぎが続いている。
ちょっと気をつけないとね。
来週は検査だよ〜!!
何故か検査が近くなると飲む量が増えるのは気のせい…か・・。



26日 (木)

「 これからも気を抜かないようにしないとね 」

夫が人間ドックの日。
終わって帰ってきた時の夫の嬉しそうな顔。
結果が良かった事は一目瞭然だった。
「今年はあんだけ頑張ったんだもの、結果が随分良かったんだね」と私。
しかし予想していた以上に良い結果にびっくり!
1番驚いたのは脂肪肝がなくなっていた事と、
γーGTPが結婚以来ずっと100以上(正常は40以下)だったのがほぼ正常値になっていた事。
血糖値が高めなのはどうも遺伝的なものらしく、
その事をいつも頭の片隅に置いて生活すれば大丈夫でしょうとの事。
栄養バランスも良いと診てくれた医師や栄養士に言われたらしい。

夫は腰痛改善のためと言う事もあって、ストレッチはほぼ欠かさず毎晩やり、
最近はダンベル体操、週末は私と一緒にウォーキングをした。
週に1回の休刊日はこの1年ずっと続けてきた。
私は自分の健康のためと言う事もあるが、毎日なるべくいろんな食材を使って料理し
なるべく添加物が入っていないものを使う事を心掛けた。

しかし、何と言ってもお酒大好き夫婦。
題名は忘れたが『♪1月は正月で酒が飲めるぞ〜♪」と12か月分『・・・で酒が飲めるぞ〜♪』と続く歌があるが
その歌を地でいく夫婦。
何かあれば「今日はこんな良い事があったから乾杯しに行こう〜」と
直ぐ飲みに行っている。(かなり経済的圧迫…がこれだけは止められない)
だから普段気をつけている事を無駄にしてしまってるかも〜と言う気持ちもあった。
それもあって、今回の結果は余計に嬉しかった。
今回ほど検査結果が良かったのは結婚して以来。
気をつけてればちゃんとそれなりの成果が得られる事を実感した。
食事の大切も改めて感じた。
この1年、2人が信じて続けてきた事は多分間違ってなかったんだよね〜とお互い喜び合った。
これからも時々気を抜きつつ、今まで通り頑張っていこうと思う。
いつまでも元気で楽しく生きていくために。

と言う訳で「今夜は乾杯だね★」と夜の街へ出掛けたちゅうとひまわりであった。


21日 (土)

「 お墓参り 」

お盆に行けなかった私の実家のお墓参りに飯田まで行った。
お天気が良くてよかった。
昨年は台風の影響で土砂降り。
そのため手を合わせただけでのお墓参りとなってしまった。

お墓は山を切り開いた伊那谷が一望できる場所にあるのだが、
『最近熊が出没するので注意!!』と看板があり車から降りるのを少々ためらわれた。
他にもお参りに来ていた人達がいたので「ま〜大丈夫だろう」と辺りをキョロキョロしつつお墓まで歩いた。
お花を挿し水を入れ、さ〜お線香を…と思ったらなんと持ってくるのを忘れたらしい。
昨年は使わなかったものの、ライターを忘れたので、
(…と言っても昨年のお盆後も何度かお墓参りをしているのだがあまりにもその時の記憶が鮮明で)
今回はライターだけは忘れないようにと思い
それは忘れず持ってきたのだが肝心のお線香を・・・・(T_T)
「きっと父は『ひまわりっちゅうもんだ』って苦笑してるよ」と夫と話した。

その後、飯田市街でランチしたり、ぶらぶら。
私が飯田に住んでいた頃に比べたらすっかり寂れてしまい、活気があった頃が懐かしく思い出された。
久し振りに『飯田市美術博物館』へも行てみた。
なかなか興味深く、思っていた以上に楽しめた。
そこに以前私が働いていた会社の上司とバッタリ。
「こんなところで珍しい人と会ったもんだね」とおしゃべり。
いろんな意味でふるさとって良いな〜なんて思いながら帰ってきた。


20日 (金)

「 可愛い妹♪ 」

妹が遊びに来た。
妹とは住んでいる場所が離れているのと、仕事を持ってるのとで、普段なかなか会えない。
せいぜいメール交換する程度。
久し振りに会ったため話はつきない。
食事に行ったり、お茶したりウインドウショッピングしたり…。
楽しい話、お互いお嫁に行った先の話し…。
1番話した事はどの家族でも少しはあると思うが、私の実家家族の大きな悩み事について。
その事で答えを出さなければいけないのだが、それにはかなりの勇気やエネルギーが必要。
最近は「前向き」に進む事だけ考えて歩いてきたので、悩み事はかなりのストレス。
でもどうしても乗り越えていかなければならない事なので、しばらく精神的に辛いけどちょっと頑張ってみようと思う。

妹とは9つ年が離れているため、赤ちゃんの頃は抱っこしたり、お風呂に入れたり、
小学校の入学式にはどうしても用事で出られない母に代わって入学式に出たり…。
だからいつまでたっても子供と言う感は拭えない。
早く妹と対等に話ができたら…とよく思ったっけ。
そんな妹も来年は30歳。
今ではしっかり長男の嫁をやっている。
今回、いろんな事を話し合って改めて頼もしくなったな〜って感じた。
これからも頼りないお姉さんをよろしく!



17日 (火)

「 無農薬のせい? 」

月曜日、初めて行った蕎麦屋さんで「無農薬野菜」が売られていた。
そこの御主人が作っているとかでとてもお安い。
ゴーヤは2本で50円…びっくりのお値段!
玄米の無農薬は食しているが、野菜は多分食べた事がない。
安いと言う事もあり、ゴーヤ、いんげん、ししとうなど買って来た。

そして、今晩のおかずはゴーヤチャンプルもどき。(うちの料理はもどきが多い ^_^;)

切ってびっくり!
食べてまたまたびっくり!!
こんなゴーヤ初めて♪
普通ゴーヤって切った感触も食感もゴジゴジしてるのに、このゴーヤはとても柔らかい。
苦味も少なく、とても食べやすい。
これならサラダ、漬物、粕もみなどしてもきゅうりに近い感覚で食べられそうだ。

時々直売所で取り立て新鮮のゴーヤを買うが、こんなに柔らかいのは初めてだ。
種類が違うのかな〜?
それとも無農薬のせい?

でも美味しいゴーヤにありつけて嬉し〜♪
普通のが食べられなくなりそうだわ。



15日 (土)

「 夫の実家へ 」

1泊で夫の実家へ帰った。
今回は義姉やその子供達(男の子3人)が来るので、帰るのがいつもより楽しみ。
しかし、義兄は海外赴任、末っ子は用があって私達が行く前に帰ってしまったため
(義姉達は前の日から2泊3日で来ていた)、会えず残念だった。
甥と言っても長男は21歳で1番下は高校2年生。
今回初めて長男の運転で来たらしい。
私が結婚した頃はまだ小学校の低学年。
その時のイメージが強烈で、子供が運転してきたような不思議な感覚だった。
もうすっかり大人なんだよね〜。
甥達は男の子のわりに結構おしゃべり。
一緒にいて楽しいし、こんなに大きくなっても可愛くてたまらない。

さてさて、甥たちが来ているため、家の中が明るく楽しい分、しんどい事もあった訳で…。
と言えばお分かりですよね?
そうそう、虫、虫、むし〜〜
天気が悪かったお陰であまり遭遇する事はなかったのだが、今回は蜂に悩まされた。

夫の実家はむ〜かしむかしのそのままの家。
家の中に水道がひいてなく、井戸端で洗い物をするのだが、最近、井戸水があまり出なくなってしまったので
玄関先にある水道を使って洗い物をしている。
その水道の脇に棚があるのだが、そこに置いてある段ボール箱へクマンバチが大きな巣を作ってしまったらしい。
蜂が水道付近を右往左往。
義母はもちろん、義姉も夫も「ちょっかいを出さなきゃ大丈夫だ」と平気のご様子。
私は1人怖くて怖くて。
おまけにトイレ(外にある)は水道のある場所を通った先にある。

トイレへ行く度に腰をかがめて歩き、あまりブンブンしている時は夫についてきてもらわなければトイレまで辿り着けない。
洗い物も、蜂があまり外に出ていない時は勇気を出してへっぴり腰で洗ったが
そうでない時は義姉や夫にやってもらう始末。
「あ〜〜情けな〜〜」 (>_<)
そう思っても怖いものは怖い訳で…。
お義姉さん、ご主人様、お世話掛けます〜 (^^ゞ

楽しかったり、怖かったり、いろいろありの帰省だったかな。



13日 (金)

「 まだ大丈夫 」

毎日、毎日暑いね〜。
そして毎日、毎日よく眠れる。
昼も夜も。
お昼寝すると1時間はぐっすり寝てしまうので、家の事がついおろそかになるから今までは寝ないように我慢していた。
でも我慢すると、夕飯を食べ始める頃、体が辛くなるんだよね。
それを毎回無理しちゃうと夏バテ突入〜多分。
3食昼寝付きの贅沢をさせてもらってて、一生懸命暑い中働いている夫には申し訳ないが
(口ばっかりと、夫の声が聞こえたような…~o~ )
無理して夏バテして心配かけるより良いかな〜。

夏バテ…、これから来るのかもしれないけれど、
毎年この時期には夏バテしてて、食欲もなくぐったりしているが
今年はまだ大丈夫。
それが嬉しくてね〜♪(単純)
油断せずちゃんと体の声聞いてあげなきゃね!

明日1泊で夫の実家へ帰る。
なにしろ自然いっぱいのところ。
虫だらけの生活が待っている。
少々気が重いが、今年は甥達も来るし、そう言う意味では楽しみかな。



11日 (水)

「 ウジウジ… 」

午前中、皮膚科の主治医から、次回の検査予約が取れたとTELがあった。
エコー、採血、レントゲン。
「えっ?レントゲンですか?」
CTは被爆量の心配から今回はパスしたんだけど、替わりにレントゲン?
「やめる?」と主治医は言いつつ、
「レントゲンの放射線量はCTの40分の一。でうちの病院は新しい機械に変えたから
今までのよりかなり放射線量がCTもレントゲンも少ない。
腫瘍があった場合、CTでは6oからでないと発見できないけれど、レントゲンの場合は3oから写る。
でも、レントゲンは臓器に隠れたものは写らないっていう欠点はあるけどね。どうする?」と。
ない頭をグルグル回転させ、
『どっちみち被爆するのは一緒だよね〜。
でも、再発してた場合、切除しかちゃんとした治療方法がない訳だからやっぱり少しでも早く見つかった方が良いし〜。』
などと考えつつ
「やります〜。」と私。

電話を切った後もなんとなくすっきりせず、1人ウジウジ考える。
この先もこんなのの繰り返しかな〜。
悩んでは検査、検査しては悩み…。
先の事は判らないから考えても仕方がない、でも、先が見えないからこそ考えちゃうんだよね〜。

アメリカでは私くらいの進行度の場合、採血以外ほとんど検査はせず問診が主と聞いたことがある。
再発した場合、日本では未承認でもアメリカでは結構効く抗がん剤とか出てるのかな〜?

久々にちょっと凹む。


8日 (日)

「 夢に向かって 始めの1歩 」

一日スポーツ店まわり。
登山用品を買い求めるため。
本当はドライブがてらアウトレットでも行って買おうなどと話していたのだが
今あちこちで売り出し中らしいから覗いてみる事にしたのだ。

富士登山は今年は無理。
それは来年の楽しみにとっておく事となった。
今年はその分、上高地や駒ケ岳に行こうと思う。
どうせなら今から登山用品を買っておき、それを履くなり着るなりして慣れておきましょうという話になった。
買い揃えようと思うとキリがない感じ。
あれも良いな、これも良いかも、これは必要…と。
とりあえず最低限のものを買うことにした。

今は何処へ行っても『富士登山に必要なグッズ』とか『富士登山にはこんな身支度で』と
マネキンに着せていたり、まとめて置いてあったりして、かなり買いやすくなっているのにびっくり!
それだけ富士山に登る人っているんだな〜と実感。
でも、どれもこれもお高いのね。ちょっとしょげ気味であちこち見て回った。

安売りしているところは今日までが多かったが、ザックや靴はもう少し検討してみる事にした。
細々したものだけ買ったがそれでも簡単に万単位・・・ひぃぇ〜〜!!
何だか道具を揃えるだけでも神経衰弱しそうだわ。
でも1回買えばしばらくは使えるわけだし。
せっかくだから楽しまなくちゃね〜(苦笑)
道具から入る人はこう言うのって無償に楽しいんだろうな〜(何故か道具から入るのが苦手なひまわり ^_^;)
上高地へは9月に行く予定。
今から楽しみ。
毎朝のウォーキングでちょっぴり体力に自信が付いてきたから余計楽しみだわ♪



7日 (土)

「 お祭行くのも楽じゃない 」

今日は「松本ぼんぼん」。
毎年出掛けているので今年も当たり前のように行く事に。
あまり電車が混まないうちに早めに行こうと思っていたが、突然の豪雨。
「こんな天気でお祭できるかな〜?」と行くのを躊躇した。
そのうち止んできたので、予定より1本遅い電車に乗るべく家を出た。
駅に着くと「豪雨のため電車がかなり遅れています。
今度来る電車に乗れなかった場合次はいつ来るか判らないのでお急ぎの方はこの電車にお乗り下さい。」と放送。
「あらま…」
慌ててホームへ行くが既に人で溢れ返っていた。
混んでてもこの電車に乗りたい。が、みんな乗れるかしら?

電車がホームへ到着。
しかし電車の中は既に混み混み。
夫と離れないようにしっかりしがみ付き乗り込むものの、無情にも切り離され…。
ま〜これだけの人では仕方が無い。
乗れただけOK。
電車の中はすし詰め状態。
一粒のご飯になった気分だわ。
私の後ろにピッタリくっついているのは外国人男性。
「あ〜〜痴漢がいませんように」と、こんな年になっても心配してしまう。
過去に痴漢にあった経験があるせいか、かなり恐怖。
なんまいだ〜 なんまいだ〜(?)
暑い時期にはきついね〜。
ふっと(都会の通勤電車の中っていつもこんななんだろうな〜)と思ったり。
途中の駅では乗れない人がかなりいたらしい。

松本駅について扉が開いた時の開放感は何とも言えない。「ほっ」
携帯で夫と何処にいるか連絡を取り合う。
夫は浴衣の女性がまわりにいてそれ程悪い気分ではなかったらしい。(-_-メ)
私はノッポの外国人男性に囲まれ最悪だったのに…。

そして帰りもこんな感じで帰ってきましたとさっ!
昨年はこんなに混んでなかったのにな〜。

そうそう、お祭は楽しかったよ〜〜!


6日 (金)

「 至福の一時 」

たいてい金曜日の夕食のおかずは野菜の残飯整理的おかずが多い。
現在基本的に野菜は直売所で1週間に1度だけ買うように心掛けている。
そのため、なるべく1週間で終わらせたいのである。
と言う事で、今夜は野菜がたんまり使える豚肉入りラタトゥイユ。
うちの夏の定番。
冷蔵庫にあるナス、トマト、カラーピーマン、人参、玉葱、長ネギ、ズッキーニ、きのこ、ニンニクなどありったけ入れて
夏バテ防止に酢と種も一緒に唐辛子を入れて、香り付けにローリエも。
今日はちょっと気分を変えてカレー粉を入れてみた。
明日は休みだし(私は毎日休みだが)と、先日ワイナリーで買って来た赤ワインの栓を切った。

カレー粉案外合うみたい♪
またワインが美味しく料理にも合う♪

現在ちょっぴりほろ酔い気分のひまわりである (*^_^*)



5日 (木)

「 笑顔 」

病気でお知り合いになったある方と、時々TELのやり取りをしている。
その方は何年も前に癌を患い、そして現在はまた別の癌を患っている。
私と同じ状況。
違うのは病気が再々発し、治療のため入退院を繰り返している事。

でも心はとっても元気な方。
自宅にいる時はお天気が良ければ毎日でも庭の花達のお世話をするのが楽しみで
食後にフルーツを食べる事はもっと楽しみなのだとか。
いつもニコニコしているせいか、普段の顔も微笑んでいるように見え、こちらもついつられて微笑んでしまう。
入院中のパジャマはいつもとても素敵な柄物が多い。
珍しく年相応のものを着ていると思うと「娘が買って来たのよ、地味すぎて恥ずかしくなっちゃう。」
とても可愛らしい、もうじき80歳を迎える彼女。
お年を知らなかった時は60代だと思ってしまったほど、若々しい。
彼女を見ていると、笑顔の大切さ、素敵さを感じずにはいられない。
ちっとも病気になんか負けてない。
私も彼女のように年を重ねたいとつくずく思った。



4日 (水)

「 1ヶ月が経ちました 」

ウォーキングを始めて1ヶ月。
気が付けば体重が2Kg程減っている。
理想体重には程遠いが、少し体が軽くなったかな。
元々ウォーキングを始めたきっかけは体力をつけるため。
でもその効果として体重が減ったのは嬉しい限り。
本当はダイエットをしたいところだが我慢、我慢。
病気してるとやっぱり怖くてダイエットなんてできない。

悪性リンパ腫を発病した時、極度のストレスにプラス、当時ダイエットもしてたから
少なからずそれも体力を低下させる原因になっていたと思う。
病気した体は普通の人よりいっぱい体が栄養を欲しがってる筈だから、
バランスよくしっかり食べて、その上でしっかり体を動かさないとね。

毎年この時期は夏バテするんだけど、元気で過ごせてるのはそのお陰かな。
楽しくいろんな食材摂取して、体動かす事で癒されて・・・・。
ま〜無理せずボチボチやっていきま〜〜す!



1日 (日)

「 メル友かずさんと初御対面 part2 」

9時半に待ち合わせて(寝過ごす事もなく無事約束の時間に間に合った)1台の車であちこちドライブへ。
まず、安曇野の私達お気に入りのお蕎麦やさんへ。
今日は天気が良く田んぼの緑や木々の葉がキラキラそよそよ。
ドライブ日和♪
お蕎麦屋さんを出た後はワイナリー巡り。
「信濃ワイン」「五一ワイン」「井筒ワイン」。
あっちこっちで試飲したり貯蔵庫を見学したりした。
私は昨日の寝不足とちょっぴり飲み過ぎでいい気分♪
運転手の夫はもちろん飲めず…、でもちょっぴり飲んだかも〜
私はつい気に入った赤ワインを1本買ってしまった。
かずさんもお土産にと白ワインを1本買っていた。
他に2軒巡ったが、残念ながら今日はお休みだった。

その後かずさんが行った事ないところへ…と『穂高神社』へ。
私は過去に1度だけ訪れた事があったが、ここには鶏が放し飼いで飼われているようで、
その時何羽もの鶏がこちらへ近づいて来たため、怖くてほとんど見学できなかった。
だから今日は初めてに近い。
今日は3羽しかいず、近寄ってくる事もなかったのでゆっくり見学する事ができた。
記念に写真を2枚ほどパチリ!
そしてお別れの時間を迎えた。

楽しい時間はあっという間に終わってしまうものだ。
何だか寂しい。
「また会いましょう。」とさようなら。別れた後はしばし放心状態。
夫に笑われた。

かずさん、いろいろお気遣い有難うございました。
とても楽しかったです。
そしてこれからもよろしく!