悪性黒色腫 闘病中


悪性黒色腫(メラノーマ)とは、
ほくろや黒あざ、あるいは表皮の基底層の色素細胞や
母斑細胞がガン化したもの。
ごく初期から転移する、きわめて悪性の腫瘍


平成15年2月、この病気が発覚。
ショックだったが、それ以上に「またか・・・。」(また病気、また癌・・)と言う気持ちの方が大きかった。
手術や薬による治療のため同月に入院し、3月の末には無事退院。
その後、9ヶ月間は治療のため入退院の生活。
現在は経過観察中。
病気には縛られず明るく元気に過ごせればと思う。


  前兆(?)・・・・・1997年ごろ〜 
  切除・・・・・2002年12月27日
  入院・・・・・2003年2月12日〜
  手術・・・・・     2月14日
  術後・・・・・     2月15日〜
  郭清手術・・・・・  3月4日
  術後・・・・・     3月5日〜
  治療開始・・・・・  3月24日〜
  入院治療(2回目)・・・・・5月12日〜  
  入院治療(3回目)・・・・・6月23日〜 
  入院治療(4回目)・・・・・8月4日〜 
  入院治療(5回目)・・・・・9月29日〜 
  入院治療(6回目)・・・・・11月17日〜 
  通院治療(7回目)・・・・・12月22日〜