FLASHを使用しているページがあります。→playerはこちらから
ご覧頂けない場合はこちらよりPlayerをインストールしてください。
  SKIP

   
中村 泰三 会長のご挨拶

 
中村泰三会長
平成28年12月20日
ホームページ挨拶
函商同窓会  会長 中村 泰三

こんにちは、函商同窓会ホームページをご覧いただき有難うございます。
日頃、同窓会運営にご協力いただき厚くお礼申し上げます。
去る10月29日に挙行されました学校創立130周年記念式典・記念祝賀会、記念事業に関し
ましては多くの皆様方のご理解とご支援ご協力を賜り無事に納める事が出来ました衷心よ
り厚くお礼申し上げます。
午後1時より学校体育館で挙行されました式典には、北海道教育庁、函館市長、北海道議
会議員の皆様、各高等学校長はじめ厳しい世相にあって多くのご協賛を賜りました各企業
、経済界の皆様、また全国よりお集まりいただきました同窓会各支部の皆様、函商同窓会
常任幹事、母校のPTA役員の皆様、お忙しい中ご協力を戴いた教職員の皆様方にご出席
をいただき在校生を含め大勢のご出席のもと厳粛に執り行われました。
祝賀会は午後5時30分より函館国際ホテルに於きましてご来賓含め約600名の参加を戴き盛
大に開催する事が出来ました。
学校創立に至る経緯は既に周知の通りでありますが、函館は、1854年日米和親条約の締結
により貿易港として開港されて以来、商業都市の役割も大きく、領事館の設置、銀行の開
設など商業が栄えておりました。これらの北海道開拓事業の進展に伴い学識ある経済人の
育成を望む声が多く商業学校の設立機運と「教育令」の公布、「商業学校通則」の制定等
により「函館商業学校」は、明治19年9月17日に設立が公示、翌明治20年1月11日に開校式
が挙行されました。ここに「函館商業学校」は、北海道最初の商業学校として、また、最
初の公立中学校として誕生いたしました。当時は北海道の商業学校というより日本の商業
学校とさえ言われたようであります。開校後、火災やその他の事情から校舎は元町から五
稜郭へ、そして昭和へと移転致しました。当時の男子校は函館中学校、函館工業学校、函
館師範学校など数校より有りませんでしたが函館商業学校が文武両面で活躍していたよう
であります。勉強は厳しく、入学しても卒業できる生徒はごく一部であったと記録されて
おります。
開校以来、明治、大正、昭和、平成を経ながら130年の間「士魂商才」の建学精神を貫き
通し卒業生は35,000名を超えており、地元函館はもとより全国各地、各界において函商同
窓生が活躍しております。
今日まで歴史と伝統を守りながら函館商業学校の教育を支えていただきましたのは歴代の
校長先生、諸先生方のご薫陶の賜物と衷心より敬意と感謝を申し上げたいと思います。
一昨年2月に、学校・PTA・同窓会が函商創立130周年記念事業を推進させる為に協賛会
を立ち上げ進めて参りました記念事業の一つ、「函商所蔵絵画展」は、10月22日に本校で
開催されました。昭和の初期に、本校で学ばれました著名な画家で有ります田辺三重松さ
ん、岩船修三さん橋本三郎さんの絵画をご覧いただきました方々の賞賛の声を直に聴き、
改めて函舘商業学校の歴史の重みを感じ取る事が出来ました。
また、創立100周年記念事業として新築し後に道に寄贈した同窓会館の「北辰記念館」が
30年の年月が経過し、徐々に老朽化が進み外壁には亀裂が生じ、また、屋上や非常階段の
劣化が顕著になっておりました。数年前より修理依頼の要望もありましたが、多額の費用
が必要なために、直ぐには対応出来ない状況で有りました。
記念事業の推進にあたり、各方面に協賛をお願いしたところ、函商同窓生・PTA・各企
業経済界の皆様より多くのご協賛を賜り無事に「北辰記念館」の修理・修復を終える事が
出来ました。心より感謝とお礼を申し上げます。
在校生の皆さん、同窓生の皆様どうぞ同窓会館のをご活用下さい。式典の後に来賓はじめ
関係者に参加いただき、会館のご披露式を行いました。皆様方も学校へお立ち寄りの際は
是非ご覧いただければと思います。
また、12月10日には、創立130周年記念吹奏楽演奏会が行われました。
結びになりますが、函館商業高等学校のますますの発展と皆様方のご健勝と、創立130周
年記念事業に関し甚大なるご支援、ご協力を賜りました皆様方に衷心より深く感謝とお礼
を申し上げご挨拶といたします。本当に有難うございました。

 
士魂商才旗
 
校舎(左) と修復された北辰記念会館(函商同窓会館)(右)
2016年(平成28年)10月29日 撮影


創立130周年にむけて
「函商同窓会」スローガンと活動指針

【スローガン】
『母校に誇りを、絆に感謝を!』

【活動指針】
1、社会の必要性と信頼感
 ・同窓会に対する評価が、函商同窓生・現役生への評価に関わる。同窓会として、地域
  社会から必要とされまた、信頼される活動を行い、地域貢献活動や奉仕活動、文化活
  動などを通し貢献して行く。
2、母校の教育振興を応援する
 ・母校の発展を願うと共に、部活動の後援を行う。同窓生による文化講演会等を実施する。
3、参加と意識
 ・世代を越えて参加しやすい同窓会を目指す。
 ・同窓会本部、編集局、担当回期(3期制)との連携のもと、同窓会報『五稜ヶ丘』の
  更なる充実を図り、購読者の増加に繋げる。
4、同期会組織、支部組織を支援する
 ・同窓会の組織を強固なものにするために、同期会、支部、学校、PTAと連携を強める。
 ・本部・支部連絡会の充実を図る。
 ・同期会発足の支援、卒業20周年記念同期会の開催の支援を行う。
 ・本部組織を所属分担(組織・事務局、企画、広報・編集局)し、本部機能の充実を図る。




函館商業高校は平成28年度で創立130周年になります‥‥‥
そんな歴史のある函館商業の同窓会ホームページです‥‥‥‥
どうぞご登校ください入り口 函商同窓会入り口は左どうぞご登校くださいどうぞご登校ください

copyright(C)2002-2016 hakosho dousoukai
掲載記事および写真等の無断転載、無断使用を厳禁します
メールhakosho@mtd.biglobe.ne.jp