カワハギ
エサ付けと誘いが
釣果をのばすポイント!
 暖水性の魚で、本州以南に主に分布。沿岸の岩礁帯や砂礫地帯、藻場の水深10〜50mあたりに棲息している。かたくてざらざらした皮をもち、調理の際にはその名のとおり、簡単にはぐことができる。小さな口の奥には丈夫な歯があり、エサをかじるように食べる。
 最大では40センチほどになるが、平均サイズは、20〜30センチぐらい。
 通年釣れるが、投げ釣りでは産卵前の初夏がベストシーズン。
 味覚の旬は夏から秋。身もぷりぷりとしていておいしいが、肝も珍味とされる。刺身、肝あえ、煮付け、鍋物、揚げ物などが楽しめる
カワハギ
Season
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

投げ釣り仕掛け
仕掛け図
カワハギ投げ釣り仕掛け  カワハギというと、船から狙うイメージが強いが、投げ津胃rでももちろん楽しめる。カワハギというと「エサ取り名人」という異名をとるくらいで、船から狙うとエサだけきれいにさらわれてしまうことが多い。
 防波堤から狙う場合は、タックルはシロギスやカレイなどと同様の投げ釣り用のロッド&リールでOK。テンビンも、遊動式のものにするとアタリが伝わりやすいが、通常のタイプでも十分。
 むしろエサに気を使いたい。イワイソメが最高だが、アオイソメでもかまわない。これを小さく付ける。タラシは1センチ以内に、エサのボリューム感を損なわないためには、ハリスまで1、2センチほどエサをしごきあげてやるとよい。
攻略図
  釣り方は、仕掛けを着底させたら、ゆっくりと手前にサビいてくるスタイルで。ただし、単にズルズルと海底をはわせてくるとエサ取りされることが多い。そこで、アイナメのブラクリ仕掛けのようにロッドをしゃくってオモリを大きく上下させてやるとよい。
 上から落ちてくるエサに反応して食いつくので、コツコツとしたアタリを感じたら、反射的にアワセてやろう。
カワハギ攻略
top



クロダイ
憧れのターゲットをとにかく1匹ゲッ
するための超シークレット釣法
  数ある釣魚のなかでも1,2を争う超人気ターゲット。日本各地の沿岸域に棲息している。
 体型はマダイと似ているが、体色は黒みがかった銀色。全長は、30〜50センチがアベレージ。主に内湾の砂泥地に住み、海底の貝類や甲殻類などを補食する。排水口から流れ出た残飯などをあさることもあり、かなりの悪食。その性質を利用して、さまざまなエサによる釣法がある。
 関東では幼魚をチンチン、若魚をカイズと呼ぶ。チヌは、関西での成魚の呼び方。
 通年釣れるが、春のノッコミシーズンは、大型がねらえるので、名ポイントには多くの釣り人が訪れる。
 少し身に磯くささがあるので、生き締めして持ち帰るのがベター。刺身やあらい、塩焼き、バター焼きなどでおいしい
クロダイ
Season
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

フカセ釣り仕掛け
仕掛け図
 クロダイは憧れのターゲットでありながら、なかなか釣れないことが多い。とにかくクロダイを一匹!という人は、ねらいをカイズやチンチンにしぼってみよう。
 秋口になると大挙して浅場に押し寄せてくるので、それに遭遇すれば入れ食いの大爆釣を体験できる。
 釣り方はシンプルなフカセ釣り仕掛け。長さ5mほどの渓流竿に0.4〜0.8号のミチイトをサオと同寸程度取り付け、その先に丸カイズバリを結ぶ。そしてそのチモトにガン玉を打つだけだ。
 エサは袋イソメが特効エサ。アオイソメ、モエビ、ボサエビなどでもよい。
 
クロダイフカセ釣り仕掛け
攻略図
 メインポイントは、港のスロープ、小河川の河口など水深1メートルもないような浅場が1級ポイントになりうる。
仕掛けを投入したら一度底をとってあとは軽くラインを張り、ときおり誘いながらアタリを待つ。
 アタリがサオ先に伝わったら、少しだけラインを送り込むようにしてからゆっくりと確実にあわせる。
クロダイ攻略
top

シロギス
投げ釣りの人気ターゲット
初心者はハリ数は少なめがベターだ
シロギス  北海道南部までを北限として、本州から九州まで広く分布。近種にモトギスやホシギス、絶滅が心配されるアオギスなどがいる。水深数メートルから30メートルくらいまでの、水のきれいな内湾や内海の砂底を好んで棲息している。海底近くを泳ぎ回りながら、イソメ、ゴカイ、エビ類などを吸い込むようにして補食。
 通年、しかも手軽にねらえる防波堤の人気のターゲット。梅雨時から初夏にかけては「ヒジタタキ」と呼ばれる大型狙い、初秋はピンギスの数釣りが楽しい。
 くせのない白身で、さまざまな料理に向く。刺身、天ぷら、唐揚げ、塩焼き、フライなど。
Season
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

投げ釣り仕掛け
仕掛け図
 シロギスは、投げ釣りのターゲットとしてもっともポピュラーといっても過言でない。ひと口に投げ釣りといっても、テンビンを遊動式にしたり、枝バリの数を10本前後出したり、とさまざまなバリエーションがある。
 ベテラン釣り師は、5本、10本といった枝バリを結ぶ人も多いが、初心者は2本で十分だ。キャスト時のトラブルも少なく、エサ付けも楽なので、そのほうが手返しよく釣れる。
 タックルは、長さ4.2メートル、25〜30号の投げ竿に中型のスピニング・リールが標準だ。近場のポイントを攻めるのであれば、2メートル前後のコンパクト・ロッドに小型のスピニング・リールでもかまわない。
 ラインはアタリを確実にキャッチするために、感度抜群の新素材ラインを使いたい。先端には、キャスト時のイト切れを防ぐために先イトを結んでおこう。
シロギス投げ釣り仕掛け
 なかには仕掛けをブッこんだまま置き竿にしている人もいるが、やはり仕掛けを少しずつ手前にサビいてくる誘い釣りが大基本だ。
 ゆっくりとリールを巻いてくると、海底のでこぼこ(ヨブ)が手元に感じられてくるので、その付近で少しアタリを待ってみよう。ブルブルッとかゴンゴンといったアタリがロッドに伝わってくるが、基本的にアワセは必要ない。向こうアワセでハリ掛かりさせてから、リールを巻き取ろう。
攻略図
シロギス攻略
top

スズキ
ルアーでおなじみのターゲットだが、
小魚を使った泳がせ釣りにも挑戦してみよう
 北海道から鹿児島までのほぼ全域に分布し、朝鮮半島や台湾、中国にも見られる。近種のヒラスズキは、関東以南に棲息。セイゴ、フッコ(ハネ)、スズキと名前が変わる出世魚。
 通常は30〜60センチくらいのサイズが多いが、1メートルを超える大型も釣れる。内湾性の中層魚で、春から秋にかけてはエサとなるイワシ、稚アユ、コノシロ、ボラなどを追って河口域までやってくる。なかには、河川の中流域までさかのぼるものもいる。
 小魚や生きたエビなどを使ったエサ釣りのほか、ルアーフィッシングのターゲットとして人気だ。
 棲息場所によりやや臭みがあることもあるので、刺身よりもあらいに無垢。塩焼き、ムニエル、唐揚げなどで美味。 
スズキ
Season
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

泳がせ仕掛け
仕掛け図
スズキ泳がせ仕掛け  猛烈なフィッシュイーターであるスズキは、小魚を使った泳がせ釣りの好ターゲット。ルアーのターゲットとしても人気だが、ルアーでは釣れるのがほとんど夜であることが多い。明るい時間帯に釣りたいのであれば、泳がせ釣りがおすすめだ。
 タックルは、メジナ釣りなどで使うものが流用できる。磯竿にスピニング・リール、円錐ウキなど、通常の遊動ウキ仕掛けを流用することも可能だ。
 エサは、生きが命なので、その場で釣れた元気なアジやイワシなどがいればベスト。背掛けにして使い、弱ってきたら新しいエサに付け替えられるように、バケツやブクなどで生かしておく。
 あまり高度なテクニックは必要とせず、エサを自然に見せることが大切。ふんわりとキャストしよう。エサの魚が泳ぐとウキがゆれるが、当然まだアワセは入れない。ウキが完全に沈んで、手元に衝撃が感じられてからしっかりと竿を立て、フッキングさせよう。
 その後スズキが激しくエラ洗いして暴れることも多いので、竿でゆっくりと寄せるようにしてからラインを巻いていき、最後はタモですくい取ろう。
スズキ攻略
top

ソウダガツオ
弓ヅノ仕掛けで、
弾丸級の引きを堪能!!
 本州中部以南に分布。世界的に見ても、温帯から熱帯域に広く分布している。ヒラソウダとマルソウダがおり、ともに全長は、30〜50センチ程度。マルソウダのほうが体型が丸く、側線にあるウロコ部分が後方に長くのびている。ヒラソウダは比較的体高があり、ウロコ部分が短い。
 ふだんは外洋の潮通しの良いところを回遊しているが、6〜10月くらいには小魚を追って、防波堤周辺まで回遊してくる。群れに当たればおかっぱりでも入れ食いが楽しめる。
 ヒラソウダは、新鮮なものは刺身がおいしい。しかし、マルソウダは傷みやすいので生食には注意。ほかには、たたき、煮付け、なめろう、なまりぶしなどで食べる。
ソウダガツオ
Season
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

弓ヅノ仕掛け
仕掛け図
ソウダガツオ弓ヅノ仕掛け  ソウダガツオの釣り方としては、ルアー、カゴ釣りなどもあるが、高活性時ならシンプルな仕掛け&テクで楽しめる弓ヅノ仕掛けがオススメだ。
 タックルは、投げ竿+中型のスピニング・リール。7〜8フィートのシーバスロッドでもよい。それにPEラインの2〜3号を巻いておく。先イトとしてPEの5号を連結しておくとなおよい。
 ジェットテンビンを先イトにセットし、ここからハリスをのばして、先端に弓ヅノを結ぶ。表層を攻める場合は(下のイラスト参照)ジェットテンビンでなく、飛ばしウキを使うとよい。
 弓ヅノは、5センチ程度の小型を使用。青、ピンク、白などを用意しよう。澄み潮ではブルーやクリア、濁りが入っているときは、ピンクやホワイトの実績が高い。曇天時やまづめ時対策に、さらにオーロラテープを貼り付ける、という裏技もある。
攻略図  魚の群れが浮いているときは、飛ばしウキを使って水面を高速で引くと、ジャバジャバと音を立てるので、ソウダガツオがパニックになって、弓ヅノに食いついてくる。
 それで反応がなければ、ジェットテンビンで中層以下を攻める。ほとんど向こうアワセでヒットしてくるが、バラシを防ぐがめに、追いアワセを入れるとよい。一気に竿がもっていかれそうになるのをこらえて竿を立て、ある程度強引にリールを巻いて寄せてこよう。魚の顔が手前を向いたときに、一気にゴボウ抜きすれば、ばっちりだ。
ソウダガツオ攻略
top

ハゼ
初期のデキハゼは、ミャク釣り仕掛けで、
釣果倍増を狙おう
ハゼ  北海道南部から種子島までの全国各地に棲息。内湾の浅場、河口域などに多い。イソメ、ゴカイ類、海藻、小エビなどを食べる。初夏に連れる10?B以下の当歳魚はデキハゼと呼ばれ、河口や汽水湖などの浅場で群れをつくっている。冬になると深場に落ちる20センチを超えるような成魚は、ヒネハゼ、ケタハゼなどと呼ばれる。
 初夏から冬が釣りシーズン。とくに7〜9月はごく浅い場所で連れるので、ファミリー・フィッシング向けのターゲット。
 天ぷらやカラ揚げがハゼ料理の定番。大型で新鮮なものは刺身もおいしい。また、素焼きして乾燥させたものを昆布巻きの芯にしたり、甘露煮にしたりする。
Season
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

ミャク釣り仕掛け
仕掛け図
ハゼミャク釣り仕掛け  ハゼ釣りは奥が深い。夏に河口付近や運河などで大量発生するデキハゼは、ビギナーでも釣りやすく、ファミリーフィッシングやグループなどにも人気がある。
 しかし、アタリはブルブルと派手な反面、そこでアワセても釣れないことが多い。そこで重要なのが「誘い」。海底を探っていき、オモリ以上の重さを感じたらスーッと竿を立てる。ハリ掛かりの確率は、これで格段にアップ! ・・・このテクをするには、ミャク釣り仕掛けで挑みたい。
 ミャク釣りの仕掛けはいたって簡単。3.6〜4.5メートルの渓流竿か清流竿に、ナイロン1号のミチイトをチチワ結びで結ぶ。先端にはスナップサルカンをセット、そこにナス型オモリの1〜2号をセット。ハリは袖の5〜7号、ハリスは、10センチと短めに、サルカンの輪にセットすればOKだ。
 エサにはジャリメかアオイソメを使用。タラシは短めにしておいたほうが、乗りがよくなる。
攻略図
ハゼ攻略  ハゼは、海底に潜む虫類を食べているので、仕掛けを底に着けて釣るのが、基本。竿先で仕掛けをマメに小突きながらアタリをとっていくことが基本、かつ最大のコツだ。ハゼがエサに食いつくと竿先に重みがのるので、そこで軽く竿を立てればフッキングの確率は高い。乗り損なってもまたその場で誘いを続ければOKだ。
 また、ハゼは潮が止まると食いも止まってしまうので、潮が動いているときに集中して釣ることも大切なポイントだ。釣行前には、潮見表を必ずチェック!
top


メジナ
磯釣りの王道ターゲットだが、
防波堤からのウキ釣りで、数釣りを楽しもう
メジナ  磯釣りファンの間では、大人気のメジナ。関西方面では、グレと呼ばれている。釣りの対象になるメジナは、クチブトと呼ばれるメジナと、オナガと呼ばれるクロメジナの2種類。沖縄をのぞく全国に分布している。
 磯には50センチ級も棲息するが、防波堤での平均サイズは、20センチ前後。群れになって集まっていることが多いので、ビギナーでも数釣りを楽しむことができる。潮通しの良いところを好むので、堤防の先端、岸壁の角、磯続きのところでサラシができているようなところが好ポイントになる。
 甲殻類、イソメ類、海草などを食べる雑食性。   
 一年中釣れるが、味覚の旬は冬。初夏の産卵後は、あまりおいしくない。磯臭さが強い魚なので、生き締めし、鮮度を保って持ち帰ろう。刺身やバターソテー、塩焼きなどで味わいたい。
Season
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

ウキ釣り仕掛け
仕掛け図
メジナウキ釣り仕掛け  磯釣りで人気のメジナだが、20センチ前後のサイズなら、防波堤で数釣りが楽しめる。型は小さくても、引きはけっこう強い。メジナ独特のファイトを楽しめる。
 タックルは、ノベ竿で。よほど足場の高い堤防や水深のある岸壁以外は、これでOK。ハリスにフロロの0.8号を使っていれば、根ズレにも強く、30センチ級くらいのメジナにも対処できるはずだ。
 エサは、付けエサにはオキアミを使用し、活性の低いときなどは頭を取って小さく付けるとよいだろう。それに水で薄めたアミコマセをマキエ用に準備。
攻略図
 釣り場を決めたら。まずはコマセを入れて、群れの様子を探ろう。コマセをまきながら、付けエサをそのなかに同調させるように投入。
 ウキ下調整をマメにするのが釣果をのばすコツ。アタリの出方をよく見ながら、魚のいるタナを探っていこう。コマセが十分にきいてくると、低層から中型のメジナが突き上げてくることがあるので、そうしたらウキ下を長くして、そいつを狙おう。
 アタリは、ウキがじわりと沈んだのを確認し、一呼吸おいてから竿をたててキッチリとアワセよう。最初の走りに耐えて竿を立て、引きの弱まった瞬間を逃さず、手を高くあげてゴボウ抜きしてしまおう。ただし、30センチ以上のものがかかったときは、タモを使ったほうがいいだろう。
メジナ攻略
top


メバル
シンプルなフカセ釣りで、
向こうアワセのシンプルな釣りを
メバル  北海道南部から、九州、朝鮮半島南部まで広く分布。沿岸の岩礁帯に棲息する。周囲の環境に合わせて体色が変わるので、黒褐色、茶系、金色などのものがいる。全長20〜30センチ。名前の由来にもなっている大きくて黒い目は、視力がよく、暗闇でもエビ、イソメ、小魚などのエサを補食できる。卵胎生で、冬に3ミリほどの小魚を生む。
 通年釣れる魚だが、早春からの食いが活発になるので、「春告魚」ともよばれる。夜行性なので、夜やまづめ時、曇天時の釣りが有利。
 上品な白身で、甘みがありおいしい。煮付けや塩焼きが一般的。刺身、唐揚げ、ホイル焼き、干物などにもむく。カサゴと同様、みそ汁にしても絶品。
Season
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

フカセ釣り仕掛け
仕掛け図
メバルフカセ釣り仕掛け  メバルは、逃げ回るエサを追いかける習性がある。それを利用して竿の操作によって逃げるエサを演出して釣るのがフカセ釣りだ。
 竿は、ノベ竿、穂先のやわらかい清流竿を使うと、食い込みがいい。メバル専用の竿もあるので、もちろんそれもよい。6メートル以上の長竿を使う人もいるが、持ち重りがして巧みな操作が難しくなるので、軽量の竿が扱いやすい・
ミチイトにはフロロの0.8号を通しで使用。途中にガン玉をうつ。発光体(ケミホタル)をつけると、夜釣りの際、仕掛けの位置がわかって便利だ。
 エサにはあアオイソメを準備。1匹をそのままチョン掛けして使う。メバルは、活きの悪いエサには見向きもしないので、マメに交換するのがコツ。
攻略図
メバル攻略 メバルのアワセ  仕掛けをゆっくりと落とし込み、エサが水深2〜3メートルに着いた時点でゆっくりとスムーズに誘いあげる。アタリがあってもあわてず、完全にエサをくわせて竿に重みが乗った手応えを感じてからはじめて竿をたてよう。完全な向こうアワセの釣りに徹することが、メバル釣りの釣果をのばす秘訣だ。ばれてしまった場合は、また同じ場所にエサを落とせば、またすぐに食いついてくるはず。
 

top home