Part 3

床編
プラットホームを作る。
仮床張りのコツとキモ

今回の隠れ小屋は、2×4工法でDIY建築したので、
土台作りから床張りまで、一気に作業することにした。
しかし、作業したのはちょうど梅雨時のまっただ中。
この後、屋根が上がるまでは、床の雨仕舞いが大変でした……。

床断熱材のロックウール 床断熱材

 大引きの間に、断熱材を詰めていく。本来なら床専用のスタイロフォームを使いたかったが、当時は業務用なのかDIY向けに近所のホームセンターに置いていなかったので(いまでは数種類置いている)、壁用のロックウールを流用した。しかし、これでも効果は十分過ぎるほどで、真冬などは母屋よりもこっちの小屋のほうが、断然、暖かく過ごせるのだ。

床下地材ボンド張り 床ボンド

 床の下地材には、構造用合板を使用。これを木工用ボンドとクギで土台に貼り付けていく。木工用ボンドは、カートリッジ式のものが便利でした(値段もかなり割安!)。

DIYで床下地材張り 床板張り

 大引きを変則的な間隔で配置したので下地材のピッチに合わず、クギを打つ位置も変にズレてしまった……。 DIY&小さい建物だったからよかったが、これがもっと広い面積だと、相当苦労したはず。

床の完成 床完成

 下地材を全面に張り終えて、ようやくプラットフォームの完成。「意外と広いな」というのが作業後の感想。その日は早めに作業を終えて、プラットフォームの上で妻とビールで乾杯しました……。これもセルフビルドの楽しみのひとつなのだ。
 

床下の有効活用 工具保管

 プラットフォームの下は、DIY用の工具や木材のいい置き場になった。とくに、ツーバイ材は4mものが余裕で収納できるので、小屋が完成した現在もDIYグッズの物置として、有効に活用してます!



Part4 壁編へ→

隠れ小屋DIY建築奮戦記床編トップへ 隠れ小屋DIY建築奮戦記Contentsへ 房総爆釣通信トップページへ