釣魚料理大全

釣り竿片手に全国津々浦々を釣り歩いた五目釣り師が、
海魚&川魚のおいしい食べ方を一挙にご紹介!!
少々の手抜きレシピには、ご勘弁を(笑

シロギス【キス科】

防波堤釣り、投げ釣り、ボート釣りなどの人気ターゲット。
刺身、塩焼き、天ぷらあたりが定番料理。
保存を考えるなら酢締めや干物もおいしいのだ。

押し寿司 ……普通の刺身や寿司をひと手間かけてグレードアップ!……   

シロギスの押し寿司

【材料】
シロギス、塩、昆布、日本酒、米、酢飯の素

【作り方】
1. シロギスは三枚におろし、軽く塩をふってしばらくおく
2. 日本酒で軽く洗ってから、日本酒でもどした昆布の上において一晩冷蔵する
3.米は硬めに炊いて酢飯を作る。押し寿司の型に昆布締めのキスを並べ、酢飯を入れて押す。型から出し、2、3センチ幅に切り分ける

シロギスの淡白な味に昆布のウマミをプラスすることで、
より深みのある味を楽しめる。
寿司を切り分けるときは、よく研いだ包丁で、
刃をぬれふきんなどでぬぐいながら切ろう。

刺身 ……釣りたてはやっぱり刺身がおいしい。鮮度キープの持ち帰りが肝心なのだ……  

シロギスの刺身

【材料】
シロギス、好みのツマ(大葉、大根、ワカメなど)

【作り方】
1. シロギスは三枚におろして皮を引く。
2.そぎ切り、または縦か斜めに細く切り、糸作りにする

新鮮なものはやっぱり刺身が美味。
それには釣って持ち帰るまでの鮮度がキープが肝心。
釣れたらバケツなどに放り込んでおかず、
きちんとクーラーに入れてしまおう。

天ぷら ……身のフンワリ感を堪能するには、天ぷらがナンバーワン……  

シロギスの天ぷら

【材料】
シロギス、天ぷら粉、天つゆなど

【作り方】
1. シロギスは頭を落として三枚におろすか、尾をつけたまま開いて、中骨を取る
2.天ぷら衣を作り、シロギスを浸して油で揚げる

小型の魚はすぐに火が通るので、やや高めの油でサッと揚げたほうが、
衣はサクサク、身はフンワリと揚がる。
天つゆ、塩など好みのものを添えよう。

フライ ……サクサク衣と白身のコンビも捨てがたい!……  

シロギスのフライ

【材料】
シロギス、塩・こしょう、小麦粉、卵、パン粉、つけあわあせの野菜、タルタルソース等

【作り方】
1. シロギスは頭を落として三枚におろすか、尾をつけたまま開いて、中骨を取る(腹骨はほとんどないので、背開きにして背びれは取り除く)
2.塩・こしょうをふってしばらく置いた後、小麦粉・とき卵・パン粉の順にまぶす。
3.油を熱して、きつね色になるまでカラリと揚げる

白身魚のフライは、アジなどよりも淡白だが、甘みがあってまた別のおいしさ。
子どもから大人まで愛されるおかずの定番なのだ。

骨せんべい ……小魚の骨は捨てるべからず。ポリポリおいしいツマミに変身……  

シロギスの骨せんべい

【材料】
シロギスの中骨、塩

【作り方】
1. シロギスは三枚におろした際、中骨をとっておく
2.塩少々をふってから、最初は低温でだんだん油温を上げてカラリと揚げる

アジ、イワシなどと同様、さばいたときに出た骨は活用しよう。
油の温度を徐々に上げていくのが、カラリパリパリに揚げるコツなのだ。

レシピのindexに戻る








top home