釣魚料理大全

釣り竿片手に全国津々浦々を釣り歩いた五目釣り師が、
海魚&川魚のおいしい食べ方を一挙にご紹介!!
少々の手抜きレシピには、ご勘弁を(笑

サワラ【サバ科】

岡山など関西方面ではおなじみのサワラは、
サンマやイワシ以上にDHAが豊富らしい。
新鮮なものは刺身、酢締めなどがおいしい。

刺身 ……意外に鮮度が落ちやすく、ぴちぴちの刺身を楽しめるのは釣り人の特権だ!……  

サワラの刺身

【材料】
サワラ、好みのツマ(大根、きゅうり、大葉、パセリなど)

【作り方】
1.サワラは、三枚におろし、腹骨をすき、さくどりして皮を引く
2.平切りに厚さ5ミリ程度に切り、ツマを用意した皿に盛りつける

西京漬けなどのイメージが強いサワラだが、刺身は「皿までなめる」などと言われるくらいのおいしさ。
釣れたら活き締めをしてきっちり冷やして持ち帰ろう。
大きなものが釣れれば、いろいろな料理が楽しめる。

酢じめの押し寿司 ……さっぱりとした酢じめのサワラと酢飯のコラボレーション……  

サワラの押し寿司

【材料】
サワラ、塩、昆布、酢、米、酢飯の素

【作り方】
1.さばいたサワラの身は、薄切りにしてバットなどに並べ、塩をふってしばらく冷蔵する
2.酢水で一度洗ってから再び昆布と酢に漬ける
3. 米を炊き、酢飯の素をあわせて冷ましておく。押し寿司の型に酢じめのサワラを並べて酢飯をのせ、ギュッと押す。型からはずして切り分ける

瀬戸内地方では、酢じめのサワラを押し寿司にしたり、ちらし寿司の具にしたりするのが、
ごくポピュラーだそう。関東ではそれほどメジャーではないサワラだが、
締めサバと同様、酢で締めた魚はまた生とは別の味わい。ぜひお試しを。

西京焼き ……サワラといえば、の定番メニュー。保存もきくし、お弁当などにもよくあう味……   

サワラの西京焼き

【材料】
サワラ、白味噌(西京味噌)、みりん、塩

【作り方】
1. サワラは三枚におろし、ややななめに刃を入れるようにして切り身サイズに切る
2. 塩をふって30分〜1時間ほど置く
3.容器に白味噌とみりんを混ぜたものを敷き、水気をふきとったサワラを並べ、上からも覆う
4.好みの漬かり具合になるまで冷蔵する

白味噌は麹が多く、塩分が少ないので甘めの仕上がりになる。
ふつうの米味噌を使えば、味噌漬け的な味に。
漬け床に入れっぱなしにすると味が濃くなりすぎるので、床から取り出し、ラップにくるんで保存する。
焦げやすいので焼くときは、火加減に注意しよう。

西京マヨ焼き ……地味めメニューの西京焼きを、子供も喜ぶ味にアレンジ!……   

サワラの西京マヨ焼き

【材料】
西京焼きのサワラ、マヨネーズ、好みの野菜(ここでは、しめじ、ブロッコリー)

【作り方】
1. 西京焼きのサワラ(焼く前)は、食べやすい大きさに切ってグラタン皿に並べる。野菜も周囲に適宜入れる
2.漬け床の味噌は、マヨネーズと混ぜ合わせておく。サワラの上から味噌マヨネーズをかけて、オーブントースターなどでグツグツいうまで焼く

西京焼きのアレンジメニュー。
魚はあんまり、という子供にもウケると思う。
粉チーズやとろけるチーズをトッピングしてもいっそう濃厚な味が楽しめる。

ムニエル ……トマトの酸味のきいたソースがふんわりした身にからむ……  

サワラのムニエル

【材料】
サワラ、塩・こしょう、小麦粉、トマト缶、にんにく、玉ネギ、しめじ、白ワイン、好みのつけあわせ

【作り方】
1.さばいたサワラの身は、食べやすく切って塩・こしょうをふり、しばらくおく。
2.水気を拭き取ってから小麦粉をはたき、油を敷いたフライパンで焼く
3. 残ったフライパンでみじん切りのニンニクと玉ネギ、しめじを炒め、つぶしたトマト缶、白ワインを入れてしばらく煮詰め、塩・こしょうで味をととのえてサワラの上にかける

今回はトマトソースのムニエルにしてみたが、
好みで醤油系、クリーム系など試してみては。
サワラ自体はあまりクセのない味なので、どんなソースでも合うと思う。

唐揚げ甘酢あんかけ ……単なる唐揚げもいいが、栄養バランスも味のメリハリもついて箸が進む……  

サワラの唐揚げ甘酢あんかけ

【材料】
サワラ、タケノコ、ピーマン、ニンジン、塩・こしょう、醤油、砂糖、ケチャップ、酢、ごま油、スープの素、片栗粉

【作り方】
1.さばいたサワラの身は、食べやすく切って塩・こしょうをふり、しばらくおく。
2.水気を拭き取ってから片栗粉をまぶして油で揚げる。皿に形よく盛りつけておく
3. 野菜は太めの千切りにし、油を敷いたフライパンで軽く炒めてから調味料を加え、ひと煮立ちさせる。片栗粉でトロ味をつけ、ゴマ油で香りづけをして、唐揚げの上にかける

サワラのフンワリとした身と、トロ味のついた甘酸っぱいあんがよく合う。
野菜のシャキシャキ感も加わって、いろいろな歯触りが楽しめる。
野菜は、もやし、タマネギ、いんげんなどでも。

マリネ ……酢と野菜でさっぱり味。日もちもするので常備菜に……  

サワラのマリネ

【材料】
サワラ、塩・こしょう、片栗粉、玉ネギ、にんじん、酢、サラダ油

【作り方】
1.さばいたサワラの身は、食べやすく切って塩・こしょうをふり、しばらくおく。
2.水気を拭き取ってから片栗粉をまぶして油で揚げる。
3. 野菜は千切りにし、酢、サラダ油、塩・こしょうを混ぜてマリネ用のつけ汁を作っておき、揚げたそばからサワラを入れる。

作りたてでもいいが、ひと晩冷蔵庫で寝かせて、ひんやりしっとりしたのもおいしい。
塩・こしょうを醤油に変えれば、「南蛮漬け」に。
どちらも3日くらいはもつので、おかずにツマミにどうぞ。

アラ煮 ……型の大きなものは、アラだけでも十分な食べごたえ。大根などと一緒に煮ても○……  

サワラのアラ煮

【材料】
サワラのアラ、醤油、みりん、酒、ショウガ

【作り方】
1.さばいたあとのサワラのアラは、背骨などは食べやすく切り、頭はふたつに割っておく。血合いなどはよく洗っておく
2.臭みなどが気になるなら、熱湯をさっとまわしかけ、浮いた血合いなどの残りを除く。
3. 醤油、酒、みりん(ほぼ同ずつ)と薄切りにしたショウガを煮立ててからアラを入れ、10分ほど煮る

サワラに限らないが、アラの身はおいしい。
箸で選り分けるのが少々面倒だが、アラを捨ててしまうのももったいない!
煮汁とほぐした身で煮こごりを作るとこれまた絶品。

レシピのindexに戻る









top home