釣魚料理大全

釣り竿片手に全国津々浦々を釣り歩いた五目釣り師が、
海魚&川魚のおいしい食べ方を一挙にご紹介!!
少々の手抜きレシピには、ご勘弁を(笑

マダコ【マダコ科】

スーパーなどで売っているゆでだこはほとんどが外国産。
自分で釣った純日本産のマダコは、比べ物にならないおいしさだ。
下ごしらえをしっかりしていろいろな料理を楽しもう。
(さばき方はこちら

湯引き ……生ダコのさばきにはややコツがいるが、独特のウマミと食感をぜひ味わおう……   

マダコの湯引き

【材料】
生のマダコの足、ツマ用野菜(大根、大葉など)

【作り方】
1. 生のマダコの足は、先端の細い部分を落としてから、柳刃包丁などを使って吸盤の部分を切り取る
2.身と皮の間に包丁の刃先を立てて入れ、身を転がすようにして皮をむく
3.包丁の刃を寝かせ、薄くそぎ切りにする。吸盤があったほうを上にするのコツなのだ
4.沸騰した湯にサッと泳がせ、すぐ氷水に入れ熱を取る。水気をしっかりふいてから、皿に盛りつける

生のマダコが食べられるのは、釣り人の特権!
弾力のある独特の食感はヤミツキになる味なのだ。
身の弾力感と吸盤のコリコリ感の違いを楽しみたい。

カナッペ ……オツマミサイズに作ったタコカルパッチョ!…… 

マダコのカナッペ

【材料】
マダコの足、タマネギ、プチトマト、パセリ、ニンニク、レモン、オリーブ油、塩・コショウ

【作り方】
1. ゆでダコの足はそぎ切りにして皿に並べ、薄切りのプチトマトをのせる
2. みじん切りにした玉ネギ、おろしたニンニク、オリーブ油、レモン汁少々を混ぜ合わせ、塩・コショウで味を整える。それをトマトの上に形よくのせ、刻んだパセリを散らす

タコ・ニンニク・トマトの相性は抜群!
タコの型が小さいときはカルパッチョ的に並べたタコの上にみじん切りトマト、玉ネギを散らし、
ドレッシングをかけても!

たこ焼き ……国民的ジャンクフードを、あえて釣りたてマダコで作るぜいたく!?…… 

マダコのたこ焼き

【材料】
マダコの足、小麦粉1カップ、卵1個、ベーキングパウダー少々、ダシの素、ねぎ、紅ショウガ、天かす、お好みソース、青のり、粉かつお、マヨネーズなど

【作り方】
1. 小麦粉、卵、ベーキングパウダー、ダシの素に水250ccを入れ、ダマにならないようによく混ぜておく
2.マダコは小さめのぶつ切りに、ネギと紅ショウガは粗めのみじん切りにする
3.タコ焼き用鉄板をよく熱し、全体に油を敷いてからタネを流し込む。具を散らし、周囲が焼けてきたら竹串でひっくり返す。焼け具合を見ながらくるくる返し、頃合いを見ていただく

マダコの下ごしらえは、頭の中身を取り除いてよく洗ってから元に戻し、
全体に塩をかけてよくもんでヌメリをとる。ヌメリをしごいて落とし、水洗いしてから
湯を沸かして足先からタコを一気に入れてゆでる(詳しくはマダコのさばき方を)

3色唐揚げ ……居酒屋メニューも新鮮マダコで作れば、極上の味……   

マダコの3色唐揚げ

【材料】
マダコの足(ゆでたもの)、塩、カレー粉、青のり、キムチの素、片栗粉、レモン、春雨

【作り方】
1. ゆでたタコを食べやすい大きさにぶつ切りにし、塩味が足らなければ塩を振っておく
2.それぞれカレー粉、青のり、キムチの素(コチュジャンでも)をまぶした後、さらに片栗粉をまぶして、中温程度の油でカラリと揚げる、春雨もサッと油で揚げ、タコに添える

タコにはすでに火が通っているので、サッと揚げればOK!
タコならではのウマミとスパイシーな風味が混じり合い、ビールのツマミにも最高。
アツアツのところにレモンをキュッと絞って食べれば、後を引くおいしさなのだ。

タコ飯 ……生ダコで作ると、干しダコやゆでダコで作るよりダシが出てウマいのだ……  

マダコのタコ飯

【材料】
マダコ(生)、米、ニンジン、ゴボウ、油揚げ、松の実、醤油、日本酒、塩

【作り方】
1. マダコは塩でよくもんでヌメリをとってからぶつ切りにしておく。ニンジンと油揚げは千切りにゴボウはささがきにしておく
2. 米は炊く30分前くらいにといでおく
3.炊飯器に米と具すべてを入れ、醤油、酒、塩を入れて水加減を調節し、炊く。蒸らしてから全体を混ぜる

子供向けにはタコは小さめに刻んだほうが食べやすい。
タコと米だけのレシピもあるが、野菜や松の実(薬膳料理などにも使われていて、体にいいのだ)
を入れれば、栄養のバランスもバッチリ。

天ぷら ……タコのウマミが衣の中からじわりと口に広がる!…… 

マダコの天ぷら

【材料】
マダコの足、好みの野菜(ここでは大葉といんげん)、天ぷら粉

【作り方】
1. ゆでダコの足は薄切りにする
2. 天ぷら粉をつけ、油で揚げる。野菜も同様に揚げる

タコは火が通っているので、短時間でカラッと揚げる。
天つゆか塩を添えるのがスタンダードだが、
ソースをかけて食べれば、ジャンクフード的味わいに変身!

かき揚げ ……マダコは頭の部分もおいしい!天ぷらのサクサク感がよく合うのだ…… 

マダコのかき揚げ

【材料】
マダコの頭、タマネギ(長ネギでも)、天ぷら粉

【作り方】
1. ゆでダコの頭の部分は1センチ角程度に小さく刻む。タマネギも薄切りにする
2. ボウルにタコとタマネギを入れ、少量の水と天ぷら粉を入れて混ぜる
3. しゃもじなどで適量をすくって油に入れて、揚げる

マダコ料理では、頭(実は胴体)の部分が余りやすいが、
足同様おいしくいただけるので、揚げ物やタコ飯、酢の物などに利用しよう。

柔らか煮 ……あせらずじっくり煮るのが、最大かつ唯一のコツ……   

マダコの柔らか煮

【材料】
マダコの足、サイダー(炭酸飲料)、醤油、日本酒

【作り方】
1. 下ごしらえしたマダコは足を1本ずつ切り分けておく
2. 鍋にサイダー、醤油、日本酒、マダコを入れ、落としぶたをして弱火でじっくりと煮る(30分〜1時間)

タコは一気に加熱すると硬くなるので、弱火でじっくり煮るのがコツ。
火をとめた後、しばらくそのままにして味を含ませると、
いっそう美味。










top home