釣魚料理大全

釣り竿片手に全国津々浦々を釣り歩いた五目釣り師が、
海魚&川魚のおいしい食べ方を一挙にご紹介!!
少々の手抜きレシピには、ご勘弁を(笑

コウイカ類【コウイカ科】

アオリイカなど胴の中に細長くて軟らかい軟骨がある種類に対して、
白くて硬く大きな骨があるのがコウイカ系のイカ。
釣りの対象になるのは、コウイカ(スミイカ)、シリヤケイカ、カミナリイカ等で、
料理方法は皆、同じだ。

かき揚げ ……衣のサクサク感とイカのプリプリ感が絶妙……   

コウイカのかき揚げ

【材料】
コウイカ、長ネギ、天ぷら粉

【作り方】
1. コウイカはさばいて皮をむき、身は1センチ角、ゲソは長さ3センチほどに刻む。
2. 薄くスライスした長ネギとイカをボウルの中で混ぜ合わせ、さらに天ぷら粉、少量の水を加える
3.シャモジや木ベラなどに適量とり、菜箸を使って油に滑り込ませるように静かに入れ、揚げる

天ぷら粉と水を入れるとき、全体がシャバシャバになるのは入れ過ぎ。
多少、パサパサ感が残る程度にしておくのが、カラリと仕上げるコツだ。
油に入れたとき、バラバラになってしまってもあわてず、菜箸で集めながら揚げれば大丈夫。

ぽんぽん焼き ……ワタと味噌が胴の中からあふれ出るうまさ……   

コウイカのぽんぽん焼き

【材料】
コウイカ、長ネギ、味噌、アサツキ、パセリなど飾りの野菜

【作り方】
1. イカはゲソとワタを抜き、甲をはずす
2.ゲソとワタを刻み、みじん切りの長ネギと味噌を加えてイカの胴に詰め、楊枝で止めておく
3. フライパンに油を敷いて、イカを焼く

イカ類のワタは、塩辛に代表されるように独特の風味と味わいがある。
新鮮なものは捨ててはもったいないので、料理に生かそう。
イカの身と大根を煮てもおいしい。

イカ墨カレー ……イカさえさばいてしまえば、3分間で完成!……  

コウイカのイカ墨カレー

【材料】
コウイカ、塩・こしょう、日本酒(または白ワイン)、レトルトカレー、ご飯

【作り方】
1.イカはさばいて食べやすい大きさに切り、墨袋は破かないようにそっと取っておく
2. フライパンに油を敷き、イカを軽く炒めて塩・こしょうをふる
3. 墨袋から墨を絞り出して加え、日本酒少々も入れて軽く炒める
4.レトルトカレーを加えてひと煮立ちさせたら、皿にご飯とともに盛る

レトルトカレーにイカ墨を加えただけで、味と香り、色に深みが出る。
超簡単なので、釣行帰りの疲れたときでもこれなら作れる!?

イカフライ墨ソース添え ……イカ墨を生かした特製ソースがキモなのだ…… 

コウイカのイカ墨フライ

【材料】
コウイカ、塩・こしょう、小麦粉、卵、パン粉、つけあわせの野菜、イカ墨、にんにく、トマト缶、白ワイン

【作り方】
1.イカはさばいて食べやすい大きさに切り、墨袋は破かないようにそっと取っておく
2. イカは塩・こしょうで下味をつけてから、小麦粉、卵、パン粉の順につけ、油で揚げてフライを作る
3. 墨袋から墨は絞り出しておく。フライパンにオリーブ油を敷き、みじん切りのニンニクを炒めてから白ワイン、トマト缶を入れてさらに煮る。イカ墨を入れてひと煮立ちさせ、塩・コショウで味を整える
4.フライとつけあわせを皿に盛り、イカ墨ソースをかけていただく

真っ黒な墨ソースは見た目こそ強烈だが、ヤミツキになるうまさ!?
ゆでたてパスタにからめれば「イカ墨スパ」になるので、多めにつくって冷凍しておいても。
もちろん、他の種類のイカでつくってもOK。

イカ八宝菜 ……イカのダシと野菜のウマミが溶け合うおいしさ……  

コウイカの八宝菜

【材料】
コウイカの胴とゲソ、白菜、もやし、にんじん、タケノコ、キクラゲ、塩・コショウ、日本酒、醤油、鶏ガラスープの素、ごま油

【作り方】
1.イカはさばいてから、厚みの半分くらいまで格子状に切り込みを入れてから食べやすく切る。胴の部分はやや大きめの短冊状に、ゲソは1、2本ずつ切り離す。塩・コショウと日本酒少々をふり、しばらくおく
2.野菜も食べやすく切っておく
3. 中華鍋かフライパンに油を熱し、にんじんなど火の通りにくい野菜から順に炒め、イカを入れてさらに炒める。日本酒、塩・コショウ、鶏ガラスープの素、醤油で味付けし、材料に火が通ったら水溶き片栗粉を回し入れる。仕上げにごま油をひとたらしして皿に盛る

ご飯にかけて中華丼にしても美味。
野菜はキャベツ、きのこ類、ネギなど、あるものでOK。
ゲソからはいいダシが出るので、ぜひ加えたい。

塩辛 ……ワタの風味と甘く軟らかな身が溶け合う絶妙な味……  

コウイカの塩辛

【材料】
コウイカの胴とゲソ、ワタ、塩、日本酒、みりん、好みでユズの皮など

【作り方】
1.イカはワタをくずさないようにさばいて、胴の部分は細目の短冊に、ゲソはさっと湯通しして食べやすい大きさに切っておく。
2.ワタはたっぷりと塩をふり、数時間〜一晩冷蔵する
3. ワタを袋から絞り出し、味を見て少量の酒やみりんを加える。胴とゲソの身を加えて混ぜる。好みでユズの皮の千切りを加える

作ってすぐにでも食べられるが、ひと晩くらい寝かすと味がなじんでさらに美味。
塩辛はワタの大きなスルメイカで作ることが多いようだが、
コウイカ類はもちろんのこと、アオリイカヤリイカなどでももちろんおいしくできる。


レシピのindexに戻る










top home