釣魚料理大全

釣り竿片手に全国津々浦々を釣り歩いた五目釣り師が、
海魚&川魚のおいしい食べ方を一挙にご紹介!!
少々の手抜きレシピには、ご勘弁を(笑

カサゴ【フサカサゴ科】

ライトタックルのルアー狙いが楽しい。
頭がおおきいので、やや歩留りが悪いが、
プリッとした白身で焼いても揚げても煮てもおいしい。

塩焼き ……シンプルな料理ほど素材のウマミが生きる!というお手本……   

カサゴの塩焼き

【材料】
カサゴ、塩

【作り方】
1. カサゴはウロコ、エラ、ワタを取り、よく洗ってから水気を拭き取っておく
2. 塩をやや多めにふって30分〜1時間ほど置く
3.串に刺して遠火の強火で焼く。なければ、ガス台の魚焼きグリルで両面を焼く。

焼く前に最初の塩を日本酒で洗い流し、再びうすく塩をふると、
見栄えも美しく塩加減のムラもなく仕上がる。
ガス台で「遠火の強火」をするには、
レンガと焼き網を使って写真のようにセットすればいい。
さらに上からアルミホイルで覆うと、
輻射熱が魚全体にまんべんなくまわるのだ。

唐揚げ ……塩のウマミもきいた皮やヒレがパリパリとおいしい!?……  

カサゴの唐揚げ

【材料】
カサゴ、塩、片栗粉

【作り方】
1. カサゴはウロコ、エラ、ワタを取り、よく洗ってから水気を拭き取る。そして、背びれのキワに背骨に達するまで切り込みを入れる
2.塩・こしょうを全体にふってしばらく置く
3.水気をふきとってから片栗粉をまぶす。背中の切り込みを入れた部分やヒレも忘れずに
4.やや低めの温度に熱した油にいれ、揚げ始める。お玉などで油をかけながら徐々に温度を揚げ、全体をカラリと揚げる

単なる丸揚げでもいいが、背中を開いてから揚げると、
身の中心部までの火の通りが早く、骨までパリパリになって、身も骨も
おいしく食べることができるのだ。

煮付け ……甘辛煮汁としっとりカサゴの身でごはんが進む!……  

カサゴの煮付け

【材料】
カサゴ、醤油、酒、みりん、付け合わせの野菜(ごぼう、レンコンなど)

【作り方】
1. カサゴはウロコ、エラ、ワタを取り、よく洗ってから水気を拭き取る。そして、身の厚い部分に×に切り込みを入れる
2.鍋に酒:みりん:醤油=1:1:0.8程度の割合で入れて煮立てる
3.カサゴを入れて落としブタをし、10分ほど煮る
4.お玉などで煮汁を時々かけながら照りよく煮る。野菜は下ゆでをして後で入れる

根魚系の魚は、煮付けもやっぱり基本中の基本料理。
醤油とみりんの甘辛味とプリプリした身はやっぱりおいしい。
煮汁が余ったらおからを煮たり、煮こごりに使ったりしよう。

ホイル焼き ……ホイルを開いた途端に、バターとワインの香りが鼻をくすぐる……  

カサゴのホイル焼き

【材料】
カサゴ、塩・こしょう、バター、白ワイン、レモン、ハーブ、好みの野菜(エリンギ、玉ネギ等)

【作り方】
1. カサゴはウロコ、エラ、ワタを取り、よく洗ってから水気を拭き取る。
2.塩・こしょうを全体にふってしばらく置く
3.アルミホイルにバターを塗り、食べやすく切った野菜を敷き、カサゴをのせて白ワインをかける
4.ホイルを閉じてオーブントースターやガス台のグリルで15分ほど焼く

カサゴからしみ出たエキスを吸った野菜がウマイ。
蒸し焼きにされたカサゴの身もプルプルとしていて絶品。
煮汁はパンにつけたりして残さずいただこう!

磯わっぱ汁 ……焼き石で魚を煮るという豪快な漁師料理。ダシの出た汁が激ウマ……  

カサゴの磯わっぱ汁

【材料】
カサゴ、味噌、ワカメ、ネギなど好みの具

【作り方】
1.カサゴはウロコ、エラ、ワタを取り、よく洗ってから水気を拭き取っておく
2. カサゴを素焼きにする
3. たき火などで、ピンポン玉大の石2、3個を熱しておく
4.器にお湯、味噌、焼いたカサゴ、具を入れ、焼けた石を投入する。石の熱で煮えたぎった汁が落ち着いたら食べごろ

焼き石を熱しないといけないので、アウトドア向けの料理だが、
豪快、美味、かつイベント度満点。ぜひお試しを!
家庭で作る場合は、昆布とカサゴを鍋に入れ、グラグラ煮立てないようにしてダシ分を抽出させ
カサゴに火を通し、最後に味噌を溶き入れるだけでも十分においしいのだ。










top home