釣魚料理大全

釣り竿片手に全国津々浦々を釣り歩いた五目釣り師が、
海魚&川魚のおいしい食べ方を一挙にご紹介!!
少々の手抜きレシピには、ご勘弁を(笑

カラフトマス【サケ科】

地域&季節限定のターゲットではあるが、強烈なファイトは
経験すればするほどやみつきになる釣り味。
食べるほうの味も、もちろん激ウマ! 卵=筋子も超美味なのだ!

ムニエル ……パリッとした皮とジューシーな身、醤油とにんにく、バターの見事なマッチング……   

カラフトマスのムニエル

【材料】
カラフトマスの身、塩・こしょう、小麦粉、にんにく、バター、醤油、好みのつけあわせ

【作り方】
1. カラフトマスは三枚におろし、食べやすく切る
2. 両面に塩・こしょうをふってしばらく置く
3.水気をふきとってから小麦粉を薄くはたき、油を多めに敷いたフライパンで焼く。途中、裏返したら火を弱めてフタをし、中まで火を通し、表面がカリッとなったら皿に盛る
4.残ったフライパンに、おろしニンニク、バター、醤油を混ぜて火を通してソースを作り、マスにかける

我が家の場合、ムニエルというとこの「にんにくバター醤油味」にしてくれ、と
子供たちから必ずといっていいほどリクエストされる。
確かにこの組み合わせは、香りといい、味といいすごく食欲をそそるのだ。
パンにもご飯にもあうので、ぜひお試しを!

マス親子丼 ……プチプチした卵とふわふわそぼろの絶妙のコンビ!……  

カラフトマスの親子丼

【材料】
カラフトマスの身(アラでもOK!)、塩、日本酒、みりん、醤油、カラフトマスの卵、ご飯、刻みのり

【作り方】
1. カラフトマスの身は、軽く塩をふってしばらく置いた後、ラップに包んで電子レンジで火を通すかゆでるかして、冷めたらほぐして皮や小骨を除く
2.鍋に入れ、日本酒、みりん、醤油少々で味をつけながら、菜箸でかき混ぜながら水分を飛ばし、そぼろにする
3. 卵は塩を入れたぬるま湯の中でほぐし、もう一度洗って水気を切ってからみりんと醤油の漬け汁に漬ける
4.丼にご飯をよそい、そぼろと卵をのせ、刻み海苔を散らす

北海道では卵のほぐし方、漬け汁の配合には家庭それぞれでいろいろやり方があるようだ。
そぼろはアラの背骨に付いた身でも十分にできるし、日持ちもするので、
作って常備しておくと、おかずやお弁当などに重宝するのだ。

味噌マヨホイル焼き ……味噌の辛さとマヨネーズのマイルドさが、マスの身にからんで絶品……  

カラフトマスの味噌マヨホイル焼き

【材料】
カラフトマスの身、塩・こしょう、味噌、マヨネーズ、好みの野菜(タマネギ、もやし、ピーマン、インゲン、にんじん、きのこ類など)

【作り方】
1.カラフトマスの身は食べやすく切って、塩・こしょうをふってしばらく置く
2. 野菜は細く切っておく
3. 味噌とマヨネーズを混ぜておく
4.アルミホイルを広げ、野菜とカラフトマスをのせ、上に味噌マヨネーズをのせて包み、オーブントースターなどで15分ほど焼く

味噌によって塩分や味が違うので、マヨネーズとの割合は味見しながら加減しよう。
最後はホイルの上部を開いて5分ほど焼くと、味噌とマヨネーズが焦げて芳ばしいかんじの仕上がりになる。
ホイル焼きはほかに、塩・こしょうと日本酒のみ(仕上げにポン酢をかけて食べる)、チーズを入れる、など
いろいろな味のバリエーションが楽しめる。

アラの味噌汁 ……マスと昆布のダシが最高。お腹の底までホカホカ温まる……   

カラフトマスの味噌汁(三平汁)

【材料】
カラフトマスのアラ、塩、昆布、好みの具(大根、にんじん、じゃがいも、さといも、長ネギなど)、味噌

【作り方】
1.アラは血合いやウロコなどをよく取って、塩をふってしばらく置く
2. 鍋に水と昆布とアラを入れ、煮立てずにアクをすくいながら、10分ほど煮る
3. 野菜を加え、火を通す
4.味噌を溶き入れ、器によそって長ネギを散らす

北海道の郷土料理「三平汁」と同じようなもの。
三平汁は味噌、醤油、塩のみなどいろいろな味付けがあるらしい。
アラからはうまいダシが出るので、ぜひ活用しよう!

レシピのindexに戻る











top home