釣魚料理大全

釣り竿片手に全国津々浦々を釣り歩いた五目釣り師が、
海魚&川魚のおいしい食べ方を一挙にご紹介!!
少々の手抜きレシピには、ご勘弁を(笑

イナダ(ワカシ・ワラサ)【アジ科】

ワカシサイズだとやや脂ののりが足りないが、
イナダ〜ワラササイズなら、ウマミもアップし、1匹でも食べごたえ十分!
まずは刺身で、それからいろいろな料理方法で味わおう。

刺身 ……まったりしこしこした食感は、やっぱり天然モノならでは!……   

イナダ(ワカシ・ワラサ)の刺身

【材料】
イナダの身適宜、ケン&ツマ用野菜(大根、大葉、きゅうり、ワカメなど)

【作り方】
1. イナダは三枚におろし、腹骨をすき取り、さく取りしてから皮を引く
2. 3ミリ程度の厚さに切る
3.大根や大葉を敷いた上に盛りつける

脂ののってきたイナダの刺身はやっぱりおいしい。
ちなみに、3切れ、5切れなど奇数枚数ずつ盛りつけるのが原則。
大根や大葉、大葉の花穂、きゅうりなど脇役を上手に使うときれいなのだ!

ユッケ ……油分と卵をプラスするので、やや脂のノリが足りない場合でも、おいしくいただける……  

イナダ(ワカシ・ワラサ)のユッケ

【材料】
イナダの身、タマネギ、卵黄、アサツキ、大葉、醤油、みりん、ごま油、ごま

【作り方】
1. イナダは刺身の要領でさく取りしたものをまずは粗く刻み、刻んだタマネギをあわせて好みのたたき具合までたたく
2. 丸くまとめて皿に盛り、中央をくぼませて卵黄を落とし、刻んだアサツキを散らす
3. タレは、醤油、みりん、ごま油、ごまを混ぜる

タレをかけて、卵黄をくずして混ぜながらいただこう。
イナダ以外の青物(カツオ、カンパチなど)で作ってもおいしい。
タレは、コチュジャン、おろしにんにくなどを加えるとより本格的ウマいのだ。

づけ丼 ……醤油味のタレがしみたイナダもまたウマい。ご飯によく合うのだ……   

イナダ(ワカシ・ワラサ)のづけ丼

【材料】
イナダ、醤油、みりん、刻み海苔、わさび、ご飯

【作り方】
1. 刺身の要領で、切り身を作る
2. 容器に醤油、みりんをあわせ(ここでワサビも入れてしまってもいい)切り身を漬ける。漬け時間は好みで
3. 丼にごはんをよそい、づけにした切り身を並べ、わさびを添え、刻み海苔をかける

刺身が余ってしまったときなど、タレに漬け込んで「づけ」にしておくと、
刺身のまま冷蔵庫に入れておくより鮮度も落ちず、また違った味わいが楽しめる。
このままお湯をかけて「イナダ茶漬け」にしてもおいしいぞ。

ピリ辛漬け ……ニンニクやショウガ、トウガラシの刺激がたまらない!……   

イナダ(ワカシ・ワラサ)のピリ辛漬け

【材料】
イナダの身、ニンニク、ショウガ、大葉、醤油、みりん、日本酒、ごま、唐辛子

【作り方】
1. 刺身の要領でさばき、うす切りにして容器に並べ入れる
2. ニンニクはうす切り、ショウガと大葉は千切りに、唐辛子は種を取って輪切りにする
3. 漬け汁は醤油、みりん、酒同量ずつをひと煮立てして、さましてからワカシの身にかけ、薬味もすべてワカシの身の上に乗せて、30分〜1時間ほど冷蔵する

ピリッとした刺激がついつい後を引く味。
熱いごはんの上に載せて食べても激ウマだ。
香味野菜が好きな人は多めに使おう。これもほかの魚で作ってもおいしいのだ。

しゃぶしゃぶ ……冬はやっぱり鍋物がGood! アフター鍋まで存分に味わおう……  

イナダ(ワカシ・ワラサ)のしゃぶしゃぶ

【材料】
イナダ、昆布、野菜(白菜、しめじ、長ネギ、きのこ類、春菊まなど)、しゃぶしゃぶ用のタレ、ポン酢、薬味(アサツキなど)

【作り方】
1. イナダはさばいてさく取りし、よく切れる包丁で薄く切って皿に盛る
2野菜は食べやすく切り、薬味やタレを準備する
3. 土鍋に昆布を敷いて火にかけ、煮立ったらイナダの切り身を泳がせ、タレをつけていただく

意外と準備が簡単な鍋物は、冬の定番。
イナダのウマミのしみ出た汁で野菜を煮て食べ、最後は雑炊を作ってシメれば、
体はホカホカ、お腹はいっぱいで、大満足!

照り焼き ……ご飯が進む定番おかずは、フライパンで焼けば簡単!……  

イナダ(ワカシ・ワラサ)の照り焼き

【材料】
アイナダの身、醤油、みりん、日本酒、添え野菜(長ネギ、ししとう、しいたけ、オクラなど好みで)

【作り方】
1. イナダは三枚におろして腹骨をすき取り、切り身サイズに切る
2. フライパンに油を敷いてイナダを入れ、ほどよい焼き色がついたら裏返し、両面を焼く
3. イナダから出た脂をふき取り、醤油、みりん、酒を入れる。煮詰まってトロみがついてきたら、魚の裏表にタレをからめる

ブリ(=イナダ)といえば照り焼き、という超定番おかず。
料亭などでは串刺しにして焼きながらハケでタレを塗り、照りを出しているが、
フライパン照り焼きなら簡単&スピーディ!

ステーキ ……ボリューム満点!バターで炒めたタマネギとの相性も抜群なのだ……  

イナダ(ワカシ・ワラサ)のステーキ

【材料】
イナダの身適量、塩・こしょう、小麦粉、タマネギ、バター、醤油、

【作り方】
1. さく取りした身を好みの大きさに切り、塩・コショウをふって、30分くらい冷蔵する
2. 水気を軽くふいてから小麦粉を薄くはたき、油を敷いたフライパンで両面を焼く
3. 焼けたら皿に盛り、そのままのフライパンでうす切りにしたタマネギを炒める
4.しんなりしたらバター、醤油で味付けし、魚の上からこのソースをたっぷりとかける

豪快に片身の1/3くらいをそのまま切って焼いた厚切りステーキ。
ステーキといっても「魚」なので、意外にヘルシーなのだ。
醤油&バターの日本人が大好きな味付けもポイント。

パプリカ揚げ ……スパイシーな味と香りで、ついつい箸がのびる……  

イナダ(ワカシ・ワラサ)のスパイス揚げ

【材料】
イナダの身、ニンニク、パプリカ、塩・こしょう、片栗粉、つけあわせの野菜

【作り方】
1. イナダは三枚におろして食べやすい大きさに切り、塩・こしょうをふってしばらく置く
2. おろしニンニクを全体にまぶし付ける
3.片栗粉とパプリカを混ぜ、おろしニンニクごとイナダにまぶす
4.油を熱していい色になるまで揚げる

唐揚げのアレンジだが、パプリカの赤さとニンニクの香りでパンチのある一品に。
外側はパリッ、中はジューシーでご飯のおかずとしてもツマミにもGood。
冷めてもおいしいので、お弁当にもよく合うのだ。

立田揚げ ……永遠のスタンダードな味付け醤油&ショウガ。誰にも好まれるおいしさ……  

イナダ(ワカシ・ワラサ)の立田揚げ

【材料】
イナダの身、醤油、日本酒、ショウガ、つけあわせ(キャベツ、水菜など)

【作り方】
1. イナダは三枚におろし、食べやすい大きさに切る
2. 醤油、日本酒、おろしショウガをあわせた漬け汁に10分ほど浸す
3. 汁気を切って片栗粉をまぶして揚げ、千切りキャベツ等と皿に盛る

こちらはスタンダードな立田揚げ。
青物はショウガやニンニク、ネギなどの香味野菜との相性がいいのだ。

ネギ塩焼き ……イナダのモチモチ感とタマネギのシャキシャキ感が好相性!……  

イナダ(ワカシ・ワラサ)のネギ塩焼き

【材料】
イナダ、タマネギ、ごま、油、塩

【作り方】
1. イナダはさばいて、厚さ1センチ程度のそぎ切りにする
2.油、みじん切りのタマネギ、ごま、塩を混ぜ合わせて、イナダの身にのせる
3. 熱した網のうえでサッと焼く

ワカシを釣って脂ののりがイマイチだなぁ〜、と思ったときに考えついた料理。
できれば七輪やバーベキュー用のグリルなどで、アウトドアの炭火で焼くのがおいしい。
ビールがどんどん進んでしまうのだ。

マスタードマヨ焼き ……子供も大好き!マヨネーズ味。マスタードのほのかな刺激もGood……  

イナダ(ワカシ・ワラサ)のマスタードマヨ焼き

【材料】
イナダ、塩・こしょう、マヨネーズ、マスタード

【作り方】
1. イナダはさばいて食べやすい大きさに切る
2. 塩・こしょうもをふり、しばらく置く
3. アルミホイルに薄く油を敷いてイナダを並べ、マスタード(粒入りがよろしい)とマヨネーズを混ぜたものを塗る
4.オーブントースターなどで焼き色が付くまで焼く

ネギ塩焼きと同様、マヨネーズの油分でしっとり感が出るので、
脂ののりが足りない場合でもおいしくいただける。シイラやサバで作ってもおいしい。
うちの子供はけっこうマヨネーズベースの味付けが大好きで、魚のマヨ焼きは人気メニュー。

カブト焼き ……イナダ、ワラササイズになれば、頭だけでも食べごたえ十分!……

イナダ(ワカシ・ワラサ)のカブト焼き

【材料】
イナダの頭、塩

【作り方】
1. イナダは胸びれの後ろで頭を切り落とす。カマを下にして頭を立て、中央に刃を入れてふたつに割る
2. 流水の下でよく洗い、エラや血などを取り除く。
3. 水気をふきとり、塩をふってしばらく置く
4.グリルや網で両面を焼く

カマ、頭部、頬などの身は、はっきり言って体の部分よりおいしい。
さばいたとき、そのままゴミ箱に直行、ではあまりにもったいなので、
頭をはじめとするアラの部分もぜひ味わおう!

アラ大根 ……イナダのウマミが芯までしみた大根が、メチャうまい……  

イナダ(ワカシ・ワラサ)のアラ大根

【材料】
イナダのアラ、大根、ショウガ、醤油、みりん、日本酒

【作り方】
1. アラはよく洗って血やワタの残りなどを取り除き、さらに熱湯をまわしかけて、浮いたウロコや血の残りを再び洗い流す
2. 大根は2、3センチの厚さに切り、下ゆでしておく
3. 鍋に醤油、みりん、日本酒、水、薄切りのショウガを入れて煮立て、アラと大根を入れる。落としぶたをし20分ほど煮る

仕上げに千切りのショウガかゆずの皮をのせるとさらに◎。
火を止めた後、しばらく置いてからのほうが、
大根の中心まで煮汁がしみて美味なのだ。

袋なます ……イナダの胃袋で作る珍味。プリプリした歯ごたえがやみつきになりそう!?……  

イナダ(ワカシ・ワラサ)の袋なます

【材料】
イナダの胃袋、長ネギ、酢、醤油、みりん

【作り方】
1. 胃袋はイナダをさばくときに腹から取り出し、切り込みを入れて開いて内容物を取り除いてから包丁でしごき、ぬめりをとってよく洗う
2. 沸騰したお湯でサッとゆでる
3. 冷ましてから細切りにし、刻んだネギ、酢、醤油、みりんと和える

ふるふるとして微妙な歯ごたえが味わえる胃袋。
心臓とともに串に刺して塩をふって焼いたものもオツな味。
刺身などで引いた皮も、同様にさっとゆでた後刻み、酢のものにできる。

粕汁 ……酒粕が出回る冬に作りたい、体があったまるホカホカメニュー……  

イナダ(ワカシ・ワラサ)の粕汁

【材料】
イナダのアラ、大根、にんじん、ごぼう、こんにゃく、酒粕、塩、醤油、だしの素

【作り方】
1. アラは、よく洗って水気をふき取ってから食べやすく切り、強めに塩をふっておく
2. 大根、にんじん、こんにゃくなどを煮てから、塩を洗い流したアラとだしの素を入れる
3. 酒粕はちぎって煮汁に漬け、溶かしてから入れる
4.醤油で味を整えて火を止める

ほどよく塩のきいたアラの身と根菜の甘さが、胃袋にしみじみとおいしい。
お腹の底から温まる冬向けのメニューだ。
醤油でなく、味噌で味付けしてもよい。

レシピのindexに戻る











top home