釣魚料理大全

釣り竿片手に全国津々浦々を釣り歩いた五目釣り師が、
海魚&川魚のおいしい食べ方を一挙にご紹介!!
少々の手抜きレシピには、ご勘弁を(笑

イイダコ【マダコ科】
イイダコ
足の付け根あたりに目のような丸い模様のある小型のタコ。
ラッキョウをつけたテンヤバリで狙うのが一般的。
柔らかくて甘みのある弾力のある身は、独特のおいしさだ。

ゆでイイダコ  ……わさびorしょうが醤油でシンプルにいただこう……   

イイダコのゆでダコ

【材料】
イイダコ、わさびorしょうが、醤油

【作り方】
1. イイダコはさばき方を参考に、下ごしらえする。
2. 鍋に湯を沸かし、イイダコを入れてさっとゆでる
3.冷水にとって冷まし、ぬめりが残っていれば洗い流してから水気をふきとり、皿に盛る

やはり単純だがゆでダコはおいしい。さっぱり食べるならポン酢もおススメだ。
ゆですぎると風味が流れ出て硬くなってしまうので、
あくまでもささっと(30秒〜1分程度)ゆでるのが最大かつ唯一のコツ。

刺身 ……まったりコリコリした歯ごたえがやみつきのおいしさ……  

イイダコの刺身

【材料】
イイダコ、長ネギ、ごま油、塩、飾りの野菜適宜

【作り方】
1. イイダコは下ごしらえをし、適当な大きさにぶつ切りにする。口と目玉は取ったほうが食べやすい
2.皿に盛り、塩とごま油をかけ、長ネギを散らす

韓国ではマダコを生で食べる「サンナッチ」という料理があるが、そのイイダコ版!?
ねっとりとして、吸盤が口の中にくっつくような独特の食感。
生ダコ入りのキムチもポピュラーだというから、作ってみては!?

イイダコ飯 ……イイダコのウマミがしみわたったご飯とおコゲが絶品!……  

イイダコのタコ飯

【材料】
イイダコ、米、にんじん、ごぼう、油揚げ、醤油、酒、塩

【作り方】
わが家には写真のような1合用の固形燃料で炊くミニ釜があるので、それを使って炊いてみた。
1
. イイダコは、下ごしらえをし、野菜と油揚げは細く切る。
2.米はといでおき、醤油、酒、塩を入れて、具をのせる
3. 固形燃料に火をつけ、消えるまで炊いて蒸らし、全体を混ぜてから盛りつける

もちろん、タコや具の野菜の量を調整して炊飯器や土鍋などでの調理もOK。
具には、ほかにレンコン、干ししいたけなどでも。豪快にタコだけでも!

唐揚げ ……プリプリ感が際立ち、酒の肴にぴったりの味……  

イイダコの唐揚げ

【材料】
イイダコ、塩、こしょう、片栗粉

【作り方】
1.イイダコは下ごしらえをして、塩・こしょうをふる
2. 軽く水気をふきとり(水気が多いと、揚げたときハネます!)
3. 片栗粉をまぶして、揚げる

下味は、醤油+酒でも美味。
マダコの唐揚げよりも柔らかくて食べやすい!

バター焼き ……パパッと作れて、バター風味の相性がとてもGood……  

イイダコのバター焼き

【材料】
イイダコ、塩・こしょう、バター、つけあわせの野菜適宜

【作り方】
1.イイダコは、下ごしらえをする
2. フライパンを熱してバターを入れて溶かし、イイダコを入れて炒める。
3. イイダコの色が変わり、塩・こしょうで味付けをすれば完成! つけあわせは下ゆでしたインゲンを一緒に炒めたもの。イイダコのウマミを吸っておいしい

調理時間1、2分のスピード料理。
釣れたてはシンプルに食するのがおいしいのだ!

イイダコたこ焼き ……ちょっともったいない!?けど、ジャンクフードを超越したおいしさ……  

イイダコのたこ焼き

【材料】
イイダコ、小麦粉1カップ、卵1個、ベーキングパウダー少々、ダシの素、ねぎ、紅ショウガ、天かす、お好みソース、青のり、粉かつお、マヨネーズなど

【作り方】
1. 小麦粉、卵、ベーキングパウダー、ダシの素に水250ccを入れ、ダマにならないようによく混ぜておく
2.イイダコは適当にぶつ切りに、ネギと紅ショウガは粗めのみじん切りにする
3.タコ焼き用鉄板をよく熱し、全体に油を敷いてからタネを流し込む。具を散らし、周囲が焼けてきたら竹串でひっくり返す。焼け具合を見ながらくるくる返し、頃合いを見ていただく

イイダコをたこ焼きにするなんて、贅沢……というなかれ。
柔らかくて食べやすいので、「タコは硬い〜」というお子さんでも
おいしく食べられるのだ!

レシピのindexに戻る











top home