釣魚料理大全

釣り竿片手に全国津々浦々を釣り歩いた五目釣り師が、
海魚&川魚のおいしい食べ方を一挙にご紹介!!
少々の手抜きレシピには、ご勘弁を(笑

ギンポ【ニシキギンポ科】

防波堤や岩場の釣りで釣れる、どちらかというと
外道的な存在の魚だが、江戸前天ぷらの世界では超一級ネタ。
細長ヌルヌル系の魚体で、さばき方はウナギ等と同様だ。

天ぷら ……超一級ネタを気軽に味わえるのは、釣り人の特権なのだ!……   

ギンポの天ぷら

【材料】
ギンポ、天ぷら粉(または小麦粉、卵)、天つゆ

【作り方】
1. ギンポはウナギ等と同様の方法で、まな板に固定してさばき、5センチ程度に切る
2. 天ぷら粉を水溶きして衣を作り、ギンポをくぐらせてサッと揚げる

サクサクした衣に包まれた身は、フンワリしていてびっくりするほど美味。
背びれがとがっていて口にあたるので、さばくときに
必ず取り除いておくことがポイントなのだ。
残った背骨は骨せんべいにすると珍味。

蒲焼き ……プリプリ感とみりん醤油の甘辛さがベストマッチ……   

ギンポの蒲焼き

【材料】
ギンポ、醤油、みりん、日本酒

【作り方】
1. 焼くと身が丸くなって縮みやすいので、皮と身の間を通して、平らになるように串を打つ
2.魚焼き網などを使って、ギンポを焼く。
3. 鍋に調味料とギンポのアラを入れ、トロみがつくまで煮詰めてタレを作る
4.ハケなどでタレを塗りながら焼き上げる

鍋照り焼きでもできないことはないが、身が丸まりやすいので、串焼きがベター。
ふわふわした天ぷらの食感とはかわって、同じ魚でありながらしっかりとした食感になる。









top home