釣魚料理大全

釣り竿片手に全国津々浦々を釣り歩いた五目釣り師が、
海魚&川魚のおいしい食べ方を一挙にご紹介!!
少々の手抜きレシピには、ご勘弁を(笑

イカ(アオリイカ他)【ジンドウイカ科】

海釣り、とくにルアーアングラーに超人気のターゲット。
食材としては、超高級素材!
まずは刺身で甘くトロリとした味わいを堪能しよう。

刺身 ……甘くて歯ごたえのあるウマミはイカならでは。やっぱり刺身はうまい!……   

アオリイカの刺身

【材料】
アオリイカの身適宜、ケン&ツマ用野菜(大根、大葉、きゅうり、ワカメなど)

【作り方】
1. アオリイカはさばいて身を開く
2. 内側、外側の皮をむき、5センチ程度の幅に切る
3.5ミリ程度の幅に切る
4.並べて表面に厚さの半分程度の飾り包丁を入れる

釣れたてはシコシコとした食感、1、2日寝かせると柔らかな食感になるのでお好みで。
切って盛りつけるだけでもいいが、飾り包丁を入れると盛りつけたときにプロっぽいし、
子供やお年寄りでも食べやすいのだ

握り寿司 ……酢飯の味とイカのやわらかな甘みがベストマッチ!……  

アオリイカの握り寿司

【材料】
アオリイカの身適宜、米、酢めしの素、わさび(缶入りの粉ワサビがベター!)

【作り方】
1. アオリイカはさばいて7〜8センチの幅に切り、表面に浅く切り込みを入れてから、ネタサイズに切る
2. 米は硬めに炊いて、酢めしの素を混ぜながらうちわであおぎ、冷ましておく
3. 手を水で濡らし、シャリを握り、さらにワサビを塗り、イカの身を乗せて握りあげる

刺身同様、表面に浅く切り込みを入れるのがミソ!
銀座の高級寿司店では1カンで数千円もするというアオリの寿司を
心ゆくまで堪能できる釣り人の特権をしみじみと味わおう!

沖漬け(ルイベ)……ワタのウマミと醤油味のタレとイカの甘みがとけあって絶品……  

アオリイカの沖漬け(ルイベ)

【材料】
アオリイカ1匹、醤油、みりん、日本酒

【作り方】
1. 密封容器などに醤油、みりん、日本酒を混ぜ合わせて、タレを作っておく
2. 釣り場でイカが釣れたら、タレの中に投入してクーラーで冷やして持ち帰る。余裕があれば活き締めして、胴のなかの骨を抜いてからつけるとなおよい
3. 食べるときはワタごと切る

持ち帰ってから作るのであれば、鮮度が落ちないように持ち帰ろう。
冷凍庫で凍らしたものを半解凍くらいで食するのがルイベ。パン切り用のナイフを使うと
切りやすいのが裏技。ホカホカご飯にのせてトロリとなったところを食するのが絶品。

なめろう ……アジでおなじみのなめろうも、イカで作ればまた違った食感……  

アオリイカのなめろう

【材料】
アオリイカの身適宜、ショウガ、ネギ、味噌、飾り用に大根、大葉など

【作り方】
1. アオリイカの身は粗く刻んでから、さらに包丁をトントンと振り下ろすようにしてたたく
2. 千切りのショウガ、薄切りのネギ、味噌少々を加えて、全体がまとまってネットリとするまでさらにたたく
3. 好みのたたき具合になったら皿に盛る

イカの身の甘さ、味噌の辛さ、香味野菜の刺激感が一体となってウマい!
なめろうは房総の漁師料理で、アジ、イワシ等で作ることが多いが、イカでもぜひお試しを。
野菜は、ミョウガや大葉を入れてもおいしい。

磯辺揚げ ……なめろうさえ作れば、あとは揚げるだけと超お手軽!……  

アオリイカの磯辺揚げ

【材料】
アオリイカの身適宜、ショウガ、ネギ、味噌(なめろうと同じ)、海苔

【作り方】
1. 上記の要領でなめろうを作る
2. 海苔は細長く切り、なめろうをのせてくるくると巻く
3. 鍋に揚げ油を熱し、中温程度でこんがりするまで揚げる

タネをスプーンですくって、直接油に落として揚げればもっと簡単。
なめろうのネットリした食感が揚げるとプチプチした食感になる。
「イカは噛み切りにくい」という子供にも人気のメニューなのだ。

立田揚げ ……ショウガのきいた醤油系味付けは、永遠の人気…… 

アオリイカの立田揚げ

【材料】
アオリイカの身/ゲソ、ショウガ、醤油、日本酒、片栗粉

【作り方】
1. アオリイカはさばいて、胴は輪切りに、ゲソは食べやすく切る
2. おろしショウガ、醤油、日本酒で漬け汁を作り、イカを10分ほど漬ける
3. 鍋に揚げ油を熱し、中温程度で揚げる

居酒屋的おつまみメニューにも、ごはんのオカズにもピッタリの
お醤油系味付け。調理手順も簡単なので、釣行帰りの疲れたときにも
ササッと作れるのだ。

イカドッグ ……なめろうが人気のランチメニューに変身!…… 

アオリイカのイカドッグ

【材料】
アオリイカの身適宜、ショウガ、ネギ(玉ネギでも)、塩・こしょう、ドッグパン、リーフレタス、パセリ、プチトマト、ケチャップ

【作り方】
1. アオリイカはさばいて、なめろうの要領で塩・こしょう味のミンチを作る
2. 平たく丸めてフライパンで焼く
3. 半分に切ってバターを塗って軽く焼いたドッグパンにレタスとともにはさみ、ケチャップをかける。プチトマトとパセリを添える。

和風テイストのなめろうが、子どもも喜ぶメニューに!
パンの種類をかえて、トマトやチーズをはさめば、イカバーガー!?

イカ墨パスタ ……ウマいイカ墨料理を味わうには、活き締めとていねいなさばきが第一だ……  

アオリイカのイカ墨パスタ

【材料】
イカの身、イカ墨、パスタ、ホールトマト、ニンニク、オリーブ油、白ワイン、塩・コショウ

【作り方】
1. さばくときに、ワタに付いた墨袋をこわさないようにそっと取っておく
2. イカの身は食べやすく切っておく
3. フライパンにオリーブ油を熱し、みじん切りのニンニクを炒めて香りを出し、イカの身、ワイン、ホールトマトを順に炒めあわせる
4.墨袋からイカ墨を絞って加え、ゆでたてのパスタにからめる

一度知ったらヤミツキになるイカ墨の味わい。
市販のイカ墨ソースとは比べ物にならない程の独特の風味なのだ。
タップリとイカ墨を味わうためには、釣り上げたら
暴れて墨を吐かれないように
速攻で活き締めしてしまうのが、最大のポイントだ!

イカ墨リゾット ……濃厚でまったりとしたイカ墨の風味を堪能できる……  

アオリイカのイカ墨リゾット

【材料】(2人分)
アオリイカの身、墨袋、米1合、タマネギ、ニンニク、コンソメの素、白ワイン、オリーブ油、塩・こしょう

【作り方】
1. 米は洗ってザルにあげておき、材料は小さく刻む
2. フライパンにオリーブ油を熱し、ニンニクを炒めて香りを出し、タマネギ、イカの身、米を順に炒め、白ワイン、コンソメの素を入れる
4.墨袋からイカ墨を絞って加え、水を2カップ入れる。弱火で米が柔らかくなるまで煮て、塩・こしょうで味を整える

見かけは真っ黒で「!?!?」というかんじだし、食べると口のなかは真っ黒。
それでもやめられないのがイカ墨のうまさ!イカ墨はほかにも塩辛に入れたりすると、
味に独特の風味と深さが出るのだ。

チャンポン風ラーメン ……ゲソやえんぺらからいいダシが出るので、ぜひ加えよう!……  

アオリイカの簡単ちゃんぽん

【材料】
アオリイカの身&ゲソ、インスタントラーメン、野菜(もやし、キャベツ、にんじん、コーン缶、きくらげ等)、牛乳、バター

【作り方】
1. アオリイカと野菜は食べやすく切り、鍋に少量のごま油を敷いて炒める
2. ラーメンの袋の分量書きよりやや少なめに水を入れ、麺をほぐしながら煮る
3. 添付のスープと牛乳(半カップほど)を入れ、一煮立ちさせる
4.器によそって四角く切ったバターをトッピングする

インスタントラーメン(塩味かとんこつ味がよろしい)に牛乳を入れると
なんとチャンポン風に変身。野菜とイカからウマミタップリのダシも出て、
インスタントとは思えない本格派にグレードアップ!

イカ墨入りカレーうどん ……イカ墨の奥深さを再発見できるびっくりメニュー……  

アオリイカのイカ墨入りカレーうどん

【材料】(2人分)
アオリイカの身&ゲソ&墨袋、レトルトカレー(銘柄はお好みで)1袋、うどん2玉、めんつゆ、長ネギ

【作り方】
1. 鍋に水を入れ、うどんを投入してめんをほぐしながら軽く煮る
2.レトルトカレー、めんつゆ、切ったアオリイカの身を入れる
3. 墨袋から墨を絞り出しながら入れる
4.丼によそって長ネギを散らす

これまたレトルト・グレードアップ料理!
単なるイカ入りカレーうどんでもおいしいのだが、イカ墨を入れることで
独特の風味と見た目びっくり黒い汁のスペシャルカレーうどんに!

大阪風イカ焼き ……ナニワの庶民の味を、あえて高級素材のアオリで再現!?……

アオリイカのイカ焼き

【材料】
アオリイカの身&ゲソ、小麦粉、塩、ダシの素、卵、お好みソース

【作り方】
1. イカは小さく刻み、小麦粉は塩とだしの素少々を入れてよく混ぜ、さらにイカを入れしばらく寝かす
2.フライパンに油を敷き、生地を流し入れ、さらに卵を割り入れる
3. ひっくり返したら、ひとまわり小さい鍋の底などを使って力一杯押し付ける
4.何度か返して押しつけ、焼けたら三つ折りにして皿に盛り、ソースをかける

本来は鉄板の間に生地をはさんでプレスして作るものだが、これを家庭向けにアレンジ!?
ギュッと押し付けることで、凝縮したモチモチとした歯ごたえに
仕上がるのだ。

ゲソ揚げ ……ゲソ料理といえばまずはこれ! ウマミたっぷりで身よりもおいしい!?……  

アオリイカのゲソ揚げ

【材料】
アオリイカのゲソ、エンペラなど、塩、片栗粉

【作り方】
1. ゲソやえんぺらは食べやすい大きさに切る
2. 塩(好みでこしょうも)をふり、しばらく置く
3. 水気をふきとり、片栗粉をまぶす
4.揚げ油を熱し、カラリと揚げる

えんぺらやゲソは、味的には胴の部分よりもおいしいといっても過言ではない。
イカを揚げるときは、油がパチパチはねるのがかなりの恐怖なのだが、
片栗粉をまぶす前に水気をふき取り、揚げるときにフタをすれば大丈夫。
パチパチしなくなったら、フタを取って油からあげよう。

丸焼き ……豪快! 贅沢!? アウトドアならではの絶品……  

アオリイカのゲソ揚げ

【材料】
アオリイカ、醤油

【作り方】
1. アオリイカはそのまま炭火の網の上にのせる
2. ひっくり返しながら好みの焼き具合になるまで焼く
3. 切り分けて醤油をたらしていただく

屋台の焼きイカをアオリでやってしまった豪華版!?
プリプリしたイカと香ばしい醤油の香りが食欲をそそる。
ワタや墨が気になる場合は、最初に抜いてから焼くと、火の通りもよくなる。

レシピのindexに戻る










top home