釣魚料理大全

釣り竿片手に全国津々浦々を釣り歩いた五目釣り師が、
海魚&川魚のおいしい食べ方を一挙にご紹介!!
少々の手抜きレシピには、ご勘弁を(笑

釣魚料理の道具

魚をさばく第一歩は包丁&まな板から。
その他にも料理に欠かせない小道具をご紹介。

包丁の選び方 ……釣魚料理の主役道具。こまめな手入れを心がけよう!……   

【基本的な包丁】
包丁 


 下ごしらえから始める釣魚料理では、やっぱり専用の包丁がほしい。
上から出刃包丁、刺身包丁、漁師包丁。最初から上の2本があればベストだが、1本だけそろえるのであれば、出刃ほど刃が厚くなく、刺身包丁ほど細長くない漁師包丁をそろえよう。
 刃渡りは出刃で刃渡り15センチ程度の中型のものが手頃。鋼を使った和包丁はさびやすいので、使用後は水洗いし、しっかりとふきんで拭いてからしまおう。
 こまめに研いで使うことも大切なポイント。

【小包丁も便利】
包丁小


アジやメバルサイズの魚をさばくには、出刃よりも小型の包丁が使いやすい。
 セカンド包丁として、小さめサイズの包丁を揃えておくと便利だ。右のアジ切り包丁と呼ばれるものは、出刃を小型にしたような包丁で、刃渡り10〜12センチ程度のものが扱いやすい。
 また、野外料理などで使いたいのであれば、フィレナイフと呼ばれる刃が薄く細いタイプのものが便利、刃渡りが20センチ程度のものをシース付きで揃えておこう。アウトドアショップや包丁店で購入できる。

まな板選び&手入れ ……何はなくとも清潔第一!……   

【まな板は木製がベスト】
サバ折り


 包丁とのなじみもよく、滑りにくい木製のまな板がベスト。材質はヤナギ、イチョウ、ホオ、ヒノキなどのものが使われていて、正目である程度厚みのあるものが、反ったり変形したりしにくい。
 プラスチック製のものはやや滑りやすいが、汚れ落としが簡単。
 さばくのに使う面と刺身など生食用を切る面を使い分けるといい。

【手入れはこまめに!】
サバ折り


 木製でもプラスチック製でもまな板は清潔第一! 使っている途中でも汚れたらたわしでこすりながら流水で洗い、ふきんで水気をふきとってから次の作業をする。
 最後にはよく洗って、さらに熱湯をかけてから再び水気をふき取り、乾かそう。
 晴天の日には屋外で乾燥させることも大切だ。

その他の道具 ……あると便利なものいろいろ。必要に応じてその都度揃えよう……  

【さばきの小道具】
小道具 


 左の道具は、さばきの際にあると便利な同具だ。
・うろこ引き 包丁でもうろこは引けるが、大型でうろこの硬い魚をさばく時にはあると便利
・キッチンばさみ エラを切ったり小魚の頭を落としたりするのに使える
・目打ち ウナギ、ギンポ、アナゴなどをさばくときにまな板に固定するのに使う
・骨抜き 中骨をぬくときの必需品

【その他そろえたい道具】
鍋類 そろえるときりがないのだが、汁物や煮物用に片手鍋、揚げ物、炒め物、焼き物用にフライパン(煮物にも使えるし意外と便利)、鍋物用土鍋あたりがあるとほとんどの料理をカバーできる

網類 コンロの魚焼きグリルやオーブンなどでもほとんど代用できるが、写真のようにコンロの上にのせるタイプの焼き網と鉄弓(てっきゅう)と呼ばれる串をのせるスタンドがあると本格的

小道具類 おろし金(ショウガや大根をおろす)、ツマ用おろし金(左の写真。大根の細切りが簡単にできる)、お玉(汁物、揚げ物の油すくい用)、フライ返し(ムニエルなどに)、ボウル&バット(揚げ物の衣付けや材料入れに)、ザル(水切り用)、さいばし、金串(焼き魚用)、砥石(包丁研ぎ用)、ふきん

indexに戻る











top home