釣魚料理大全

釣り竿片手に全国津々浦々を釣り歩いた五目釣り師が、
海魚&川魚のおいしい食べ方を一挙にご紹介!!
少々の手抜きレシピには、ご勘弁を(笑

ニジマス【サケ科】
ニジマス
渓流、管釣り、湖などでも狙える超人気ターゲット。
サケ科の魚特有のピンクがかった身とウマミのある味は、
焼き物、揚げ物、生などいろいろな料理で美味。

ムニエル バジルソース/アーモンドソース/醤油バターソース 
……定番ムニエルはソースのバラエティを楽しもう……
  

ニジマスのムニエルバジルソース

【材料】
ニジマス、塩・こしょう、小麦粉、バター、市販のバジルペースト(または生のバジルの葉、粉チーズ、オリーブ油、にんにく、塩)、つけあわせの野菜

【作り方】
1. ニジマスはウロコ、エラ、ワタを取り、よく洗ってから水気を拭き取っておく
2. 塩・こしょうをふってから小麦粉をはたき、フライパンで表裏を焼く(仕上がり前にバターを落とす)
3.皿に盛ってバジルペーストをかける。ペーストを手作りする場合は、( )内の材料をミキサーにかける

ニジマスのムニエルアーモンドソース 【材料】
ニジマス、塩・こしょう、小麦粉、バター、スライスアーモンド、レモン、つけあわせの野菜
【作り方】
1. ニジマスはバジルソースのムニエルの要領でさばいて、下味をつけて焼く
2. 残ったフライパンに再びバターを熱してスライスアーモンドをこんがりと焼き、塩・こしょうで味を整えて、ニジマスにかける
ニジマスのムニエルアーモンドソース 【材料】
ニジマス、塩・こしょう、小麦粉、バター、醤油、にんにく、つけあわせの野菜
【作り方】
1. ニジマスはバジルソースのムニエルの要領でさばいて、下味をつけて焼く(大型のニジマスの場合は、写真のように三枚におろして食べやすく切ってから焼く)
2.ニジマスは皿に盛り、残ったフライパンで醤油、バター、おろしにんにくを混ぜてニジマスにかける

ニジマスといえば、ムニエルか塩焼きが定番。
ムニエルはソースの素材や味付けを変えることで、
いろいろな味を楽しめるので、アレンジを楽しもう!
クリーム系やトマト系のソースなどもおいしい。

トムヤム風スープ ……酸っぱ辛いスープが刺激的!……  

ニジマスのトムヤム風スープ

【材料】
ニジマス、タマネギ、まいたけ、ショウガ、唐辛子、香菜、レモングラス(なければレモン汁)、コンソメの素、ナンプラー、アサツキ

【作り方】
1. ニジマスは三枚におろしてひと口大に切る
2. ニジマスのアラとショウガ、香菜の茎、レモングラス、唐辛子を煮て、スープをとる
3. スープを漉してから薄切りのタマネギとマッシュルーム、ニジマスの身、コンソメの素を入れてしばらく煮て、仕上げにナンプラーを入れる
4.皿に盛り、香菜とアサツキを散らす

海水魚編のアイゴのトムヤム風スープと作り方は同じ。
このトムヤム風スープは、意外とどんな魚でも良く合い、
ナンプラーのエスニックな風味と酸っぱ辛さがクセになる味。
いろいろな魚でお試しあれ!

香草焼き ……塩焼きに飽きたら、ハーブとオリーブ油でアレンジしてみては!?……  

ニジマスの香草焼き

【材料】
ニジマス、塩・こしょう、オリーブ油、好みのハーブ

【作り方】
1. ニジマスはウロコ、エラ、ワタを取り、よく洗ってから水気を拭き取る
2.塩・こしょうを全体にふってハーブを敷いたオーブンの天板にのせる
3.腹やエラの中などにもハーブを詰め、上からものせ、オリーブ油を全体にまわしかけてから、オーブンでこんがりするまで焼く

用意をしてしまえば、あとはオーブンにお任せなので、塩焼きよりも簡単かも?!
ハーブはローズマリー、タイム、セージなどがオススメ。
庭やベランダで栽培しておけば、料理に手軽に使えて便利なのだ。

フィッシュ&チップス ……サクサクの衣の秘密は、ビールを混ぜること!……   

ニジマスのフィッシュ&チップス

【材料】
ニジマス、塩・こしょう、小麦粉、卵、ビール、じゃがいも、レモン、好みのつけあわせ

【作り方】
1. ニジマスは頭を落としてワタを取り、よく洗ってから水気を拭き取り三枚におろす。腹骨をすき取り、食べやすい大きさに切る
2.塩・こしょうをふる
3.小麦粉、卵、ビールをクリーム状になるように混ぜ、ニジマスを浸して油で揚げる。ジャガイモは切って水にさらしてから揚げ、塩をふる

イギリスの国民食フィッシュ&チップスは、本来タラなどの魚でつくった
魚の天ぷらのようなもの。ビールで溶いた衣はサクサクだ。
レモンを絞ったり、ケチャップ、チリソース、タルタルソースなどをつけていただこう。

フライ ……サクサク衣がおいしい定番料理……  

ニジマスのフライ

【材料】
ニジマス、塩・こしょう、卵、小麦粉、パン粉、好みのつけあわせ

【作り方】
1. ニジマスは頭を落としてワタを取り、三枚におろして、腹骨をすき取り、食べやすいサイズに切る。
2.塩・こしょうをふってしばらくおいてから、小麦粉、溶き卵、パン粉の順につける。
3.中温程度の油で揚げる。タルタルソースやソースを添えていただく

スタンダードな料理方法だが、サクサクした衣とジューシーな身の組み合わせは
やっぱり捨てがたい味。パンに千切りキャベツなどと一緒に挟んでいただくのも
なかなかおいしい。

燻製 ……難しいイメージの燻製も、中華鍋を使えば簡単にできるのだ……  

ニジマスの薫製

【材料】
ニジマス、塩、お茶(ほうじ茶か番茶がベター)、ざらめ、ローリエ

【作り方】
1. ニジマスはウロコ、エラ、ワタを取り、よく洗ってから水気を拭き取る
2.塩を全体にふってしばらく置いてから脱水シートにはさみ、ひと晩おく。または屋外で半日ほど干す。表面が乾燥した状態になったらOK。
3.中華鍋とそれに合うフタ、焼き網を用意し、鍋とフタはアルミホイルでくるむ。鍋の底にお茶っ葉、ざらめ、ローリエを敷き、網の上にニジマスをのせ、フタをする。火の通りと色づきをみながら15分ほど燻す

本格的な燻製は、場所も手間も必要なので、台所で簡単にできる方法で。
途中で煙が出なくなったら、適宜お茶っ葉とざらめを足そう。
ただし、簡易燻製なのでそれほど日持ちはしない。数日のうちに食べきること。

ちゃんちゃん焼き ……北海道の郷土料理をニジマスでアレンジ……  

ニジマスのちゃんちゃん焼き

【材料】
ニジマス、好みの野菜(キャベツ、タマネギ、ピーマン、ニンジン等)、即席味噌汁、日本酒

【作り方】
1. ニジマスは頭を落としてワタを取り、よく洗ってから水気を拭き取る。三枚におろして、腹骨をすき取る。即席味噌汁は日本酒で溶いておく
2.野菜は食べやすい大きさに切る
3.ホットプレートを熱して、うすく油を敷いてニジマスと野菜を焼く。火が通ってきたら味噌ダレをまわしかけ、フタをして5分ほど蒸し焼きにする

即席味噌汁は、ダシが入っているので、タレ作りが簡単。タレを自分で作る場合は、
味噌、だしの素、日本酒、水を合わせよう。甘めが好みの場合は、みりんを足してもいい。
ちゃんちゃん焼きの本場、北海道ではサケやカラフトマスなどで作るのが一般的。
左の写真のように1人前ずつホイル焼きにしても
食べやすく作りやすい。

レシピのindexに戻る










top home