釣魚料理大全

釣り竿片手に全国津々浦々を釣り歩いた五目釣り師が、
海魚&川魚のおいしい食べ方を一挙にご紹介!!
少々の手抜きレシピには、ご勘弁を(笑

ヒメマス【サケ科】
ヒメマス
釣り場がやや限られるものの、
その味わいは淡水魚中で最高クラスに値する。
新鮮なものは、刺身やルイベも美味。

ムニエル ……バターやハーブの風味がヒメマスの優しい味わいによく合う……  

ヒメマスのムニエル

【材料】
ヒメマス、塩・こしょう、小麦粉、ハーブ(ローズマリー、セージなど)、ニンニク、バター、レモン

【作り方】
1. ヒメマスはエラ、ワタを取り、よく洗ってから水気を拭き取っておく
2. 塩・こしょうをふってから、小麦粉をまぶす
3.フライパンに油を熱し、スライスしたニンニクとハーブを焦げないように炒め、ヒメマスを入れて両面をソテーする。仕上げにバターを落とす。好みでレモンをしぼっていただく

バターはサラダ油で両面を焼いてから、最後に入れるのがコツ。
最初から入れるとバターが茶色くなって魚の色がきたなくなるし、
バターの風味も飛んでしまうのだ。

手まり寿司 ……かわいらしい形と色で、おもてなしにもGood……  

ヒメマスの手まり寿司

【材料】
ヒメマス、米、酢飯の素、粉ワサビ、大葉など

【作り方】
1. ヒメマスは頭を落としてワタを取り、よく洗ってから水気を拭き取り、三枚におろす。腹骨をすき取り、皮を引き、だいたい正方形のサイズになるようにそぎ切りにしておく
2.米は硬めに炊いて、酢飯の素を混ぜて冷ます。粉ワサビは少量の水で溶いておく
4.ラップの中央にヒメマスの切り身をのせ、粉ワサビを少し塗ってから酢飯をおく。ラップを絞って丸くヒメマスと酢飯が一体になったらラップを取る

生息場所や個体によって身の色がずいぶん違うが、
サーモンピンクのきれいなもので作りたい。
かわいらしく仕上げるには、酢飯を少なめに作るのがポイント。
ニジマスで作っても。

ライン

レシピのindexに戻る









top home