中川眼科の検査器械と治療器械

OCT光干渉断層計

 
眼圧計(ノンコンタクト)
 
無散瞳眼底カメラ
   

近赤外線を使い網膜の断層写真を撮影します。緑内障や網膜黄斑変性症の早期診断に使用します。

  空気を角膜に噴射して眼圧を測定します。角膜に直接接触しないので清潔です。最新機種なので当る空気は以前よりやさしくなっています。   眼底の写真を撮って記録や診断に使います。

 

細隙燈顕微鏡
 
ゴールドマン動的視野計
 
オクトパス静的視野計
   
主に眼球の前半部分を診察する顕微鏡です。   網膜・視神経の疾患による視野の欠損を測定します。種々の明るさの指標を視野の外から動かし見えた所で測定します。   ゴールドマンと違い、指標は動きません。視野の種々の場所で点灯し、その場所の網膜感度を測定します。緑内障に有効な視野検査です。

 

超音波エコー
 
定屈折近点計
 
ワック
   
白内障や硝子体出血のため眼底が見えないときに網膜の状態を調べたり、白内障の術前検査で眼軸長を測定します。   調節力の測定装置です。眼精疲労や眼鏡処方時の調節力を測定します。   立体映像を器械の中の装置で動かします。映像を追いかけることで、毛様体筋の緊張をほぐします。仮性近視の治療にも使用します。

 

 
自動屈折・角膜曲率計
 
角膜内皮撮影装置
     
    屈折を測る器械で、他覚的に近視・遠視・乱視の測定をします。またコンタクトレンズの処方に必要な角膜曲率半径を測定します。   角膜内皮細胞の撮影装置です。この細胞は角膜を透明に保つために重要です。コンタクトレンズで障害が出ていないか診断します。