維新運動を福岡から



児玉源太郎、後藤新平




         以下は国際派日本人養成講座の「地球史探訪」:台湾につくした日本人列伝からの引用である

■「多桑」世代の親日感情■

  「多桑」とは、台湾語読みで「トーサン」、日本統治時代の「父
さん」の名残である。94年に作られた映画「多桑」は、「金馬奨
(台湾のアカデミー賞)」の観客投票最優秀作品賞を受けた。
 
   映画の主人公セガは、日本教育を受けた世代で、戦後も何かに
  つけ、日本びいきだ。子供たちには「トーサン」と呼ばせ、家で
  は日本のラジオ放送を聞き、ラジオの具体が悪くなると、日本製
  じゃないとだめだ、とぼやく。セガの夢は日本に行って、皇居と
  富士山を見ることだった。しかし、その夢を果たす前に、この世
  を去る。
 
   始めは「奸漢(売国奴)」と非難していた長男も、成人して父
  親の心情を理解する。この長男が監督として、実体験に基づいて
  作った映画が「多桑」である。「多桑」世代の人々は、この作品
  を見て涙を流し、若い世代も関心を向けた。

   しかし、「多桑」世代の人々は、なぜそんなに親日的なのだろ
  うか。それは、今回の日本の救助隊と同様、いやそれよりもはる
  かに大きなスケールで、台湾のために尽くした多くの日本人がい
  たからである。今回は、それらの人々の一部を列伝風に紹介して
  みたい。





■児玉源太郎、後藤新平■

   明治31(1898)年、日本の台湾統治は、まだ3年目であり、あちこちに
反抗勢力が残り、治安の確立も、産業の発展も立ち遅れていた。
ここで第4代提督として任命されたのが、後に日露戦争でも活躍した
児玉源太郎である。児玉は、後藤新平(後の東京市長)を民政長官
に起用した。
 
   後藤はもともと医師であり、社会衛生を重視した。アヘンに高率の税をかけ、
吸引者を徐々に減らすと共に、その税収を衛生改善に当てた。当初16万9千人
もいたアヘン吸引者は、50年後の日本敗戦時には皆無となっていた。
 
   また、台湾は「瘴癘(しょうれい、風土病)の地」とも呼ばれ、台湾平定時の
日本軍戦死者164名に対し、病死者が実に4,642名という有様だった。
 
   後藤は悪疫予防のために、上下水道を完備し、主要道路は舗装して、深い
側溝を作り、汚水雨水の排出を速やかにした。これは 当時の日本本土でも
行われていなかった。
 
   伝染病を抑えるために、台湾医学校を設立して、ここから多くの台湾人医師が
育った。またほとんど都市の形をなしていなかった台北で、大都市計画を実行し、
整然とした清潔な市街を作り上げた。
 
   児玉と後藤が台湾農業振興のために、三顧の礼で迎えたのが、日本で最初の
農学博士・新渡戸稲造である。新渡戸は、半年かけて台湾全土を巡り、
製糖産業に目をつけた。そして品種改良、耕作方法、加工法の改善に取り組んだ。
 
   この努力が実り、1900年に3万トンだった産糖は、1940年には160万トンと
なり、台湾は世界有数の生産地となった。
 
   児玉は、後藤、新渡戸を全面的にバックアップするかたわら、各地を精力的に
巡視して、80歳以上の老人男女を食事に招待する(饗老会)など、
民心把握に努めた。日露戦争中は、満州軍総参謀長となりながらも、
台湾提督の職位を離れなかった。
 
   児玉の死後、江ノ島に神社を作ろうという議が起こったが、予算11万円に対し、
集まったのはわずか3千円であった。このことが台湾に伝わると、
残りの金額はわずか2週間で集まった。台湾人民がいかに児玉を
敬愛していたかが窺われる。











---------------Japan On the Globe(145) 国際派日本人養成講座
  _/_/
  _/ 人物探訪: 台湾の「育ての親」、後藤新平
  _/
  _/ _/ 医学者・後藤新平は「生物学の法則」によって
  _/_/ 台湾の健全な成長を図った。
-----------------------------------------H12.07.02 25,843部

■1.「台湾独立」の完成■

   5月20日、台湾の第10代新総統・陳水扁氏の宣誓式典が
  行われ、12年にわたる任期を終えた李登輝・前総統は陳氏に
  見送られつつ、静かに総統府を退出した。
 
   蒋介石が大陸から台湾に逃げ込んでから約50年。大陸から
  逃げ込んだ中国人(外省人)が、言語、習俗、歴史も異なる台
  湾人(内省人)を支配してきた構造は、1987年まで台湾語によ
  る放送が禁止されていたことからも窺えるように、一種の外来
  政権支配であった。「台湾独立」とはもともと、蒋介石外来政
  権からの台湾人の解放を意味していたのである。
 
   李登輝氏が国民党員ながら台湾人として初めて総統に就任し、
  今回は陳水扁氏が、台湾人の政党を率いて政権を奪取した。こ
  こに「台湾独立」は平和裡に成就し、台湾人による台湾人のた
  めの政府が実現した。
 
   JOG(108)で紹介したように、戦前、多くの日本人が同胞意識
  を持って台湾の発展のためにつくしたが、その中でも台湾の
  「育ての親」とも言うべき総督府民政長官・後藤新平は、立派
  に成人した息子を見るように、草葉の陰で喜んでいるであろう。

■2.化外、瘴癘の地■

   日清戦争の結果、台湾は日本に割譲されたものの、そこは清
  国政府からも「化外(中華文明の及ばない)の地」「瘴癘(し
  ょうれい、風土病)の地」と呼ばれ、見捨てられた荒廃地であ
  った。阿片中毒が蔓延し、原住民による反乱、伝染病の流行が
  相次ぎ、ほとんど産業らしきものはなく、民生は荒廃していた。
 
   日本は当初、武力で治安をもたらそうとしたが、事態は好転
  せず、住民の中にも日本の統治に対する不安が拡がって、大陸
  に渡ってしまう者が相次いだ。
 
   日本国内でも台湾放棄論や売却論が主張された。しかし、日
  清戦争で獲得した遼東半島は、ロシア・フランス・ドイツの三
  国干渉で返還を余儀なくされ、これら各国が争って進出してい
  る。ここで台湾まで失ったら、いよいよ日本は欧米諸国に囲ま
  れて、国の独立すら危うくなる。

   明治31(1898)年2月、切り札として第4代台湾総督を命ぜ
  られたのが児玉源太郎であった。児玉はすぐに後藤新平を呼ん
  だ。日清戦争後、後藤が大陸からの帰還兵23万余の検疫を2
  ヶ月で完了するという世界でも例のない作業をやり遂げた手腕
  を、当時陸軍次官であった児玉源太郎は高く評価していた。
 
   児玉は、検疫事業後、内務省衛生局長となっていた後藤に言
  った。「今、台湾をやるのは私と君だよ。ほかにはいない。」

■3.植民地ではない■

   児玉と後藤が台湾に着任したのが、明治31(1898)年3月、
  時に後藤新平40歳。それから満州鉄道総裁として転出する明
  治39(1906)年7月までのわずか8年余に、後藤は民生長官と
  して、阿片問題解決、ゲリラ帰順、港湾・鉄道・道路・下水道
  建設、土地調査、製糖産業の発展など、矢継ぎ早に近代化政策
  を実行していった。この時築かれたインフラが、現在も台湾経
  済を支えている。
 
   台湾を植民地と見る一部の官僚たちに対し、後藤は新しく日
  本に編入された「新領土」であると主張していた。イギリスや
  オランダ流の植民地であれば、原材料を買い叩かれ、製品を売
  りつけられる搾取対象でしかない。
 
  「新領土」であれば、米国がメキシコから奪ったテキサスやア
  リゾナ、カリフォルニアのように、国内領土として治安の確保、
  民生の向上、そして地域経済の発展が課題となる。
 
   ただアメリカが「新領土」西南部諸州において、原住民イン
  ディアンを殺戮して土地を奪い、不足する労働力は黒人奴隷や
  中国や日本からの移民でまかなうという「外科手術」的手法を
  とったのに比べれば、後藤の手法は「漢方薬」的であった。
 
   医学を専門とする後藤は「生物学の法則」を方針とした。
  ダーウィンの進化論にならい、新領土の社会を一つの生命体と
  して、その悪しき体質は徐々に改善させ、本来の善き生命力を
  引き出して成長させていくという進め方であった。

■4.アヘン専売と吸飲免許■

   日清戦争後の下関の談判において、清国の全権李鴻章は、ア
  ヘンには貴国もきっと手を焼きますぞ、と捨てぜりふを残して
  いったそうな。当時16万9千人もいたアヘン中毒患者の問題
  を日本がどう処理するか、世界各国も注目していた。
 
   わが国に伝播したらなんとする。吸引するものは厳罰に
  処すべし。輸入や販売を行う者についても同様だ。従わな
  いものは台湾から追い出せ。中国大陸に強制送還せよ。
 
   このような厳禁説がさかんに唱えられたが、後藤は、これで
  は各地に反乱が起き、何千人の兵士や警官が犠牲になるかわか
  らない、と反対して、漸禁説をとった。
 
   まず中毒にかかっているものだけに免許を与え、特許店舗で
  のみ吸引を認める。新たな吸引者は絶対に認めない。アヘンは
  政府の専売とし、その収入を台湾における各種衛生事業施設の
  資金に充当する。
 
   アヘンを政府の専売とするという破天荒なアイデアであった
  が、後藤の読み通り、大きな混乱もなしに、アヘン中毒患者は
  次第に漸減して、日本敗戦時には皆無となっていた。
 
■5.ゲリラ帰順■

   台湾には清国の統治していた時代から「三年小叛、五年大
  叛」という言葉があった。時の政府に対して3年に一度は小さ
  な反乱が、5年に一度は大きな反乱が起こるという意味である。
 
   しかもこれは一過性ではなく、ゲリラたちは日常的に台湾の
  村人たちから「税金」と称して、収穫の30%から40%もと
  っていってしまう。武力でゲリラを制圧しようにも、日本人に
  は村人とゲリラの区別がつかない。村人が日本の役人に密告す
  ると、ゲリラはすぐに復讐する。
 
   後藤は軍政ではなく民政によって台湾を掌握すべしとして、
  台湾全島に向かって次のような総督布告を出した。
 
   新総督としては、島民の一家団欒を望んでいる。だから
  帰順したいものは自由に官邸に来てよろしい。もしこれを
  疑うなら民政長官の側からそちらに出向いて話し合っても
  よい。
 
   この風変わりな布告は、短期間の間に3百万人の台湾島民に
  行きわたった。この布告に応えて、三百名あまりのゲリラの一
  団が投降を申し出てきた。後藤は宣伝のためにも投降式をやろ
  うと決心し、護衛もなく、部下一人だけ連れて、一昼夜をかけ
  てゲリラたちの根拠地に向かった。
 
   投降式の模様は台湾全土に大々的に報道され、その後は安心
  したゲリラが次々と投降し始めた。後藤は「職を与えなければ
  またゲリラに戻りかねない」といって、地域の土木工事に従事
  させるなど、投降後の生活の面倒までみるようにした。
 
   こうして大部分のゲリラが投降し、押収した銃は合計5万丁
  にのぼった。最後まで抵抗した少数のゲリラは武力で鎮圧され
  た。ゲリラ対策の完了は明治35年、後藤の赴任から5年近く
  かかった。

■6.気候・風土に適した農業振興■

   このようにアヘンやゲリラなどの悪しき体質を徐々に改めつ
  つ、後藤は台湾社会の生命力を引き出すための産業振興に取り
  組んだ。まず台湾の気候・風土に適した農業を興さねばならな
  い。
 
   そのための人材として元札幌農学校教授・新渡戸稲造に目を
  つけ、何度も手紙を書き、最後には直接掛け合って台湾に招い
  た。新渡戸は台湾にはサトウキビの生産が適していると見抜き、
  ジャワにまで研究に行って、品種改良と耕作方法改善に努めた。
 
   この改良品種は瞬く間に台湾全土に普及し、同時に後藤は製
  糖工場の近代化、大規模化を進めさせた。その結果、砂糖産業
  は、生産高が明治33(1900)年の3万トンから昭和12年(1937
  )には100万トンと飛躍的に伸びて台湾の中心産業に発展した。
  新渡戸はさらにウーロン茶や米の生産も飛躍的に伸ばした。
 
■7.交通網と都市整備■

   農業の発展とあわせて、農産物輸送のための築港、鉄道、道
  路などのインフラ整備が必要となる。これらは人体で言えば、
  筋肉作りに相当する。

   築港では基隆港の工事を明治32(1899)年から始め、昭和4
  年には1万トン以上の船舶が同時に15隻も荷役を行うことが
  できる本格的な国際的商業港として完成した。倉庫の規模、能
  力は当時東洋一といわれた。この基隆港を通じた交易は、台湾
  に莫大な利益をもたらした。
 
   鉄道は、台湾を南北に縦貫する路線を明治41(1908)年まで
  に全線を完成させた。また当初台湾には道路らしい道路もなか
  ったが、投降したゲリラに仕事を与えるためにも、都市間を結
  ぶ本格的な道路建設を進めていった。

   台北市内には高速、並木、一般車道と片道3線からなる幅4
  0メートルの道路4本を建設した。さらに中心部には総督官邸
  や博物館など、近代的建築物をいくつも建設したので、台北は
  東京などよりも、よほど近代的な景観を持つに至った。この偉
  容は現在でも窺うことができる。
 
   また台湾では毎年のように数千名のコレラ患者が発生してい
  たが、後藤は伝染病の予防は上下水道の設置から始まるとして、
  大規模な上水道と、パリの下水道にならった排水路を付設した。
  これらの上下水道は東京よりもずっと早く完備したと、台湾の
  人々は自慢にしていた。
 
■8.土地調査によるソフト・インフラ整備■
 
   バランスのとれた発展のためには、港湾、鉄道、道路などの
  ハードのインフラと同時に、行政、法治などのソフトのインフ
  ラも不可欠である。その基礎となるのが、土地所有権保護と課
  税のベースとなる土地調査である。

   土地調査は、清国が何度も試みては失敗していた。土地調査
  をすれば、脱税が出来なくなるので、住民の反乱のもととなっ
  ていたのである。
 
   後藤は清国の失敗は台湾に古くから存在する慣習や自治組織
  を無視して本国の政策を押しつけたからだとして、現地の旧習
  を重んずる人材を当てて調査を進めさせた。
 
   結局10年以上かかる難事業となったが、その結果、土地か
  ら上がる税収は従来の2倍以上となり、十分な成果を上げるこ
  とができた。結果を注目していた欧米列強は「日本侮るべから
  ず」との印象を抱いた。

■9.公債による開発資金調達■

   以上のような開発を行うには、膨大な先行投資が必要だ。イ
  ギリスやオランダのように、植民地から手っ取り早く利益を搾
  り取るというのとは根本的に異なる。
 
   児玉と後藤が、開発資金を捻出する方法として考え出したの
  が、公債発行である。公債を発行して欧米から資金を集め、そ
  れによって台湾を開発し、開発利益によってその借金を返すと
  いう考え方だ。これは現在の開発銀行と同じアイデアである。
 
   後藤は、6千万円を20年で償還する公債発行計画を組んだ。
  当時の政府財政規模の8割にも達する巨額の公債発行計画に反
  対する政治家も多かったが、帰国して反対派と侃々諤々の議論
  を行い、一部減額した上でついに政府の承認を得た。
 
   この公債によって、世界中から開発資金を集め、産業振興や
  インフラ整備を進めた結果、台湾の経済は急速に発展し、つい
  に明治38(1905)年以降、台湾は日本政府からの補助金を受け
  ずに財政的に独立することができた。
 
■10.真の成功とは?■

   明治39年、50歳となっていた後藤は、南満州鉄道株式会
  社総裁として満州に赴任し、同様の辣腕を振るうようになる。
  これについては稿を改めるが、後藤は台湾のそれ以降の成長に
  ついて、どのようなビジョンを描いていたのか。
 
   時の首相・西園寺公望が後藤に満鉄総裁就任を依頼した時に、
  「君は台湾で成功した経験を持っている。それをぜひ満州で生
  かしてほしい」と言った。後藤は次のように言い返した。
 
   それは聞き捨てならない言葉です。台湾はまだ成功して
  いない。成功というのは、財政の独立のことを言うのでし
  ょうが、そんなものは成功でもなんでもありません。台湾
  の人々が日本と統一する気持ちを持つようになれば初めて
  成功といえるのであって、今はまだとてもそこまでいって
  いない。
 
   台湾の人々が経済的自立と政治的自由を得て、その上で日本
  と一緒にやっていこうという主体的な選択をしたならば、それ
  が真の成功である、というのである。
 
   しかし、運命は台湾の人々にこのような選択の機会を与えな
  かった。大東亜戦争後、今まで台湾とは縁もゆかりもなかった
  蒋介石が台湾に逃げ込んできて、外来政権として支配するよう
  になったからである。それから半世紀、李登輝、陳水扁両氏の
  登場により、台湾の人々はようやく自由で主体的な政治的選択
  を行える立場を得た。
 
   後藤新平を始めとする台湾の発展に尽くした我々の先人たち
  は、草葉の陰で、かつての同胞の自立を喜ぶとともに、その自
  由が再び大陸の独裁政権に犯されることのないよう現代の日本
  人が支援することを願っているであろう。

■リンク■
a. JOG(108) 台湾につくした日本人列伝
 これらの人々はある種の同胞感を抱いて、心血を注いで台湾の民
 生向上と発展のために尽くした。
b. JOG Wing(163) 併合と植民地化の違い
 
c. JOG Wing(166) 合邦と差別

■参考■(お勧め度、★★★★:必読〜★:専門家向け)
1. 「後藤新平 行革と都市政策の先駆者」★★★、郷仙太郎、
  学陽書房人物文庫、H11.8





トップへ
トップへ
戻る
戻る


正しい歴史認識を