Legend Cave攻略 アイテム一覧


一覧はアイテム整理した際の並び順です。
青は回復アイテム赤は物理系飛び道具黄色は戦闘補助アイテム緑は装備専用アイテム
紫は攻撃用の魔法書、白は探索補助アイテムとイベントアイテムです。

「落とす敵」の項の「他」「多数」は、バジリスク、グレムリン、スペクテーター、バーグラー、リンドブルム、サラマンダーを指します。


 基礎知識 敵キャラ一覧 ダンジョン解説 ゲームの棚へ
ポーション(50G/使い捨て)  落とす敵:スライム、ユニコーン、イエティ他
 使用:自分のライフをある程度回復
 投げ:相手のライフを回復。ゴーストとスケルトンにはダメージを与える
 備考:命綱。よほど余らない限りは要温存。
     他のアイテムやテクニックを駆使し、なるべく世話にならずに切り抜けることを考えたい。
     投げて使う必要はない。

ハイポーション(100G/使い捨て)  落とす敵:スライム、ユニコーン、イエティ他
 使用:自分のライフを全回復。同時に毒や混乱も治る
 投げ:相手のライフを大幅に回復。ゴーストとスケルトンは一撃で倒す
 備考:ポーション以上に温存すべき。ガーディアン戦に備え2〜3個は用意したいもの。
     ただとっさには使いにくいものでもあるので、危険と感じたら早めに使っておくことも肝心。

鍵(25G/使い捨て)  落とす敵:バット、ナイト他
 使用:鍵を差し出す。目の前の扉を開錠できる
     (ただ鍵を差し出しただけでは無くならない。扉に対して使った時のみ消費される)
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:序盤の攻略に影響するアイテム。これがいくつ出るかで進む順序が変わってしまうこともある。
     落としていく敵が多く、最終的には余ることも多い。バララト洞窟深部へ挑む際に1個あれば充分。

ミラー(20G/5〜10回)  落とす敵:ドッペルゲンガー他
 使用:画面内のすべての敵の名前・レベル・ライフの残量を短時間表示する
     装備していると、スペクテーターやシェイドゥの光線攻撃を前方からのみ反射できる
 投げ:相手の名前・レベル・ライフの残量に加え、無効・半減・弱点の各属性を長時間表示する
 備考:単純に敵のデータを知るだけでなく、フレイムの出現位置をあらかじめ表示させたり
     どの敵をどれだけ弱らせたか確認するなどの使い道もある。
     防具としてもある程度の機能を持つ。スペクテーター退治にどうぞ。

ナイフ(10G/使い捨て)  落とす敵:ナイト他
 使用:Mボタンでは使用不能。「投げる」ことでのみ利用できる
 投げ:相手に通常攻撃の1.5倍(盗賊は3倍)程度のダメージを与える
     アイテムを持っていない敵に命中させると、その敵の所持アイテムとなる。倒せば回収して再利用可能
 備考:盗賊が使えば強力な飛び道具となり得る。フレイムやシェイドゥも一撃で倒せて便利。
     再利用できる機会は思ったほど多くないので、これに頼るならほどほどに温存することも考えたい。
     他の職業だとあまり使いどころはない。どんどん投げて処分してしまおう。

鉄球(15G/使い捨て)  落とす敵:ミノタウロス、イエティ他
 使用:Mボタンでは使用不能。「投げる」ことでのみ利用できる
     装備中は移動速度が低下する
 投げ:相手に通常攻撃の4倍(盗賊は8倍)程度のダメージを与える
 備考:威力は抜群。盗賊が使えば大抵の敵は一撃必殺、戦士が投げてもかなりの威力になる。
     魔術師や狩人だとそこまで大きな効果は望めない。手近な強敵にさっさと投げてしまってもいいだろう。
     遠距離攻撃無効のはずのユニコーンにもなぜか効くので、これ対策に1個くらい携帯する手もある。

オルゴール(70G/使い捨て)  落とす敵:多数
 使用:画面内のすべての敵を約15秒(ガーディアンは約2秒)停止させる
 投げ:相手のみを一定時間停止させる
 備考:切り札。敵が多い・攻めにくい場面もこれ1個でまず解決できる。
     困った時は迷わず使いたい。これを持ったままやられるのは痛恨のミスと肝に銘ずべし。
     敵弾の動きまでは止められないので注意。投げて使う意味はない。

つるはし(60G/8〜11回)  落とす敵:ミノタウロス他
 使用:つるはしを振る。目の前または足元のやわらかい壁を掘れる
     (ただ素振りしただけでは消耗しない。実際に壁を掘った時のみ使用回数が減る)
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:近道を作りたい時、壁の中のアイテムを掘り出したい時などに役立つ。
     攻略上の重要度は結構高い。回数が少なめなので計画的に使いたい。

弓矢(70G/30〜40回)  落とす敵:ダークエルフ、シェイドゥ他
 使用:前方に矢を放ち、相手に通常攻撃と同程度のダメージを与える
     狩人が使うと威力が約1.5倍に増加し、弾速や連射速度も若干速くなる
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:単発の威力は控えめだが、弾数が多い・連射が利く・比較的入手しやすいなど長所も多い。
     狩人でなくても積極的に使っていきたい。むしろ優先的に使い切るつもりで。

聖なる弓矢(100G/19〜30回)  落とす敵:ダークエルフ、シェイドゥ他
 使用:前方に聖なる矢を放ち、相手に通常攻撃と同程度のダメージ。この矢は敵や敵弾、地形をすべて貫通する
     狩人が使うと威力が約1.5倍に増加し、弾速や連射速度も若干速くなる
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:複数の敵をまとめて射抜いたり、壁向こうの敵やレバーを狙い撃つなど用途は多彩。
     狩人ならガーディアン戦にも充分通用する。なるべく温存し、ここぞという時に一気に撃ちまくろう。

風の杖(80G/11〜15回)  落とす敵:多数
 使用:前方に突風を放つ。突風はあらゆる敵弾を貫通し、当たった相手を一直線に吹き飛ばす(飛距離は無限)
     壁に激突させると小ダメージ(サンドハンドは即死)。このダメージで敵を倒しても経験値やアイテムは得られない
     画面外へ吹き飛ばして消すことも可能。消した敵は画面を切り替えても戻ってこない
 投げ:相手を同様に吹き飛ばす
 備考:とにかく敵を排除したい時・間合いを離したい時などに役立つ。使用回数の多さもセールスポイント。
     使う状況を選ぶアイテムなので危機回避手段としてはやや弱い。が、敵を一撃で消し去れるのは充分大きい。

変化の杖(80G/4〜7回)  落とす敵:多数
 使用:前方に光線を放ち、当たった相手を別の敵キャラに変化させる
 投げ:相手を同様に変化させる
 備考:強敵に使うのがセオリーだが、必ず弱い敵になってくれるとは限らない。
     変わる前より厄介な敵になってしまうこともままある。何に変わっても泣かないこと。
     光線は敵の攻撃などで相殺されることに注意。使用回数も少ないので慎重に狙いたい。

猫の人形(200G/回数なし)  落とす敵:多数
 使用:使用不能
     装備中はバーグラーが無条件に逃げ出していく
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:バーグラー避けのアイテム。それ以上でもそれ以下でもない。
     ただ持っているだけでなく、きちんと装備しないと効果が発揮されないことに注意。
     かなり値が張るので店で買うのは避けたい。ラト遺跡以外で持ち歩く意味はほとんどない。

ゴーグル(80G/回数なし)  落とす敵:なし
 使用:使用不能
     装備中はやわらかい壁に埋まっているアイテムを透視できる
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:発掘の友。当然だが壁を掘れるアイテムも持っていないと意味がない。
     言わばお遊び的なアイテムなので、店に出ていても無理をしてまで買わないこと。
     このアイテムは普通に落ちていることはない。店で買うか、壁を掘ったり骨を漁ると出てくることも。

ブラッククリスタル(120G/使い捨て)  落とす敵:多数
 使用:その場に応じた様々な効果がランダムで現れる。優先順位は大体以下の数字の通り
     1a:画面内の敵がすべてファラップに変わる
     1b:画面内の敵がすべてリンドブルムに変わる
     1c:画面内の敵がすべてバーグラーに変わる
     2:画面内のやわらかい壁が、すべて崩れて消える
     3:画面内に店が出現する。この店にはペガサスの翼やダイアの盾が高確率で登場する
     4a:自分のレベルが1上がる(経験値ゲージはゼロになる)
     4b:自分のレベルが1下がる(経験値ゲージもゼロに戻る)
 投げ:相手のレベルが1下がる
 備考:何が起こるか分からないアイテム。
     場面と効果によっては、クリアが極めて困難な状況に陥ることもある。慎重に使うこと。
     店を増やして売り物に期待したり、壁を一気に壊す目的で使うのが実用的なところだろうか。

ペガサスの翼(150G/使い捨て)  落とす敵:なし
 使用:一定時間の間、空中を上下左右に歩けるようになる
    マップも上方向に画面移動することが可能。ダメージを受けても吹き飛ばなくなる効果も得られる
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:有効時間は短め。空中では操作性も悪くなるので状況を考えた上で使いたい。
     敵の多い難所を迂回するなど、場合によっては移動手段としても役立つ。これを使わないと到達できない場所も。
     このアイテムは普通に落ちていることも、敵が落とすこともない。特定の場所で拾うか特殊な店で買うか。

鉄の盾(80G/回数なし)  落とす敵:多数
 使用:使用不能
     装備中は敵弾によるダメージを軽減できる
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:単純に生存率を上げられる。操作に自信のない人はとりあえず装備しておこう。
     ただこのゲームで重要なのはダメージを減らすことではなく、敵の攻撃そのものを避けて受けないことである。
     回避テクに慣れた上級者ほど要らなくなるはず。飛び道具しか軽減できないのも物足りない。

ダイアの盾(200G/回数なし)  落とす敵:なし
 使用:使用不能
     装備中は自分が受けるあらゆるダメージを軽減できる
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:鉄の盾の上位版。防御力は文句なし、敵を無理やり突破するなど力技も行いやすくなる。
     序盤のうちに手に入ったなら活躍の場も多いだろうが、入手が困難なため大抵は終盤での入手となる。
     その頃には他にも頼れるアイテムがあるはずなので……出番は少ない。特殊な店と特定の場所でのみ入手可。

力の腕輪(160G/回数なし)  落とす敵:ミノタウロス他
 使用:使用不能
     装備中は自分の通常攻撃の威力が約1.5倍になる
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:通常攻撃はそれこそ無限に行うものなので、その威力を底上げできるのは大変ありがたい。
     誰が使っても便利なものだが、特に非力な魔術師にとっては重宝するアイテムになるはず。
     終盤はアイテム中心の戦いになりがちなので、最後の最後までキープし続ける必要性はやや薄い。

バリアリング(150G/3〜6回)  落とす敵:多数
 使用:自分の周囲を回転するバリアを2個作る(連続で使うとバリアを増設できる)
     バリアは一定時間持続し、触れた敵に小ダメージを与えたり、弱い敵弾をかき消すことが可能
     それぞれのバリアは同じ敵に一度しかダメージを与えない
 投げ:相手を中心に、残り回数と同じ数だけ同様のバリアが発生。バリアは回転しながら外側へと飛んでいく
 備考:弾除けに効果を発揮。ロックなど一撃で倒せる敵からも身を守れる。
     が、バリア2個だけでは隙間も多く心もとない。使うなら2〜3回重ねて使うこと。
     投げて使う意味はほぼない。

疾風の靴(非売品/回数なし)  落とす敵:なし
 使用:使用不能
     装備中は自分の移動速度が上昇する
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:格段にフットワークが良くなる。特に鈍足な戦士や魔術師には必需品と言っていい。
     敵もかわしやすくなるというものだが、勢い余って敵や針床に突っ込まないよう注意。
     このアイテムは某所に置かれている一足しか存在しない。無くさないように。

波斬の腕輪:(非売品/回数なし)  落とす敵:ナイト
 使用:使用不能
     装備中は自分が通常攻撃を行う度に、飛び道具として衝撃波を前方に飛ばせる
     衝撃波は通常攻撃と同程度のダメージを相手に与える
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:最終兵器。言わば弾数無制限のナイフや弓矢。
     遠くから連射しているだけで大概の敵に圧勝できるが、それでクリア確定とはいかないのがLegend Cave。
     油断するといくらでもやられるので図に乗らないこと。特定の敵のみがまれにこのアイテムを落とす。

炎の魔法書(80G/12〜17回)  落とす敵:フレイム、ソーサラー他
 使用:前方に炎弾を発射して攻撃。炎弾はあらゆる敵弾を貫通する
     各魔法書は、魔術師が使うと威力が約2倍になる(石の魔法書を除く)
 投げ:相手を炎上させ、同様のダメージを与える。魔法書の残り回数に応じて若干威力アップ
 備考:弾速は遅いが火力は充分。魔術師にとっては序盤の重要な切り札となる。
     敵の飛び道具にも強いので、ダークエルフやイエティらとも正面から撃ち合いができる。
     終盤には炎が通用しない敵も多い。温存し過ぎるのも考え物。

刃の魔法書(150G/10〜15回)  落とす敵:ソーサラー
 使用:前方3方向に魔法の刃を飛ばして攻撃。刃は敵や敵弾、地形をすべて貫通する
 投げ:相手を中心に無数の刃を連続してばらまき、周囲の敵もろとも攻撃。刃の数は魔法書の残り回数に比例する
 備考:汎用性の高い飛び道具として重宝する。密着して3枚すべてを当てるとより効果的。
     ガーディアン戦でも投げて大ダメージを与えられるが、バグによりゲームが強制終了する危険もあるので注意。
     入手機会が限られているのが難点。店で買うか、特定の敵から奪うか。某所に必ず置いてあるものを拾うか。

雷の魔法書(170G/3〜5回)  落とす敵:シェイドゥ、ソーサラー
 使用:雷を落とし、画面内のすべての敵に不均一なダメージを与える
 投げ:相手のみに魔法書の残り回数+1回だけ、連続して雷を落としダメージを与える
 備考:敵の群れをまとめて攻撃できるが、使ってから実際に落雷するまでのタイムラグが長い、
     威力が大きくばらつくなど欠点も多い。手強そうな群れがいたら早めに撃ち尽くしてしまってもいい。
     このアイテムも通常は落ちていない。店か特定の敵か、某所へ行くと必ず1冊拾うこともできる。

洪水の魔法書(100G/5〜8回)  落とす敵:スライム、ソーサラー他
 使用:前方に水球を5個連射。水球は地形に沿って流れ落ち、敵や敵弾を貫通しながらダメージを与える
     それぞれの水球は同じ敵に一度しかダメージを与えない
 投げ:相手を起点として、魔法書の残り回数+1の数だけ水球を放出する
 備考:いわゆる対地攻撃。低い場所にいる敵を倒すのに効果的。
     終盤は水に弱い敵も多く使い勝手がいい。回数が少ないので無駄撃ちは避けたい。
     発動中に振り向いたりすると水球が分散してしまう。5個出終わるまでおとなしくしていること。

爆発の魔法書(140G/3〜6回)  落とす敵:ソーサラー他
 使用:前方に巨大な火球を発射。敵や壁に命中すると爆発し大ダメージを与える
     火球はあらゆる敵弾を貫通可能。爆発は周囲のやわらかい壁を破壊できる
 投げ:爆発を起こし、同様のダメージを与える。魔法書の残り回数に応じて若干威力アップ
     壁に投げつけた場合も爆発を起こす。この場合は魔法書自体は消失しないが、使用回数が1回減る
     使用回数がゼロになると壁に投げつけても爆発しない
 備考:とにかく強力。ガーディアン戦でも主力武器となり得るので、できる限り数を集めておきたい。
     つるはしが手元にない時の掘削手段にも使えるが、少々もったいない。なるべく最後の手段にしよう。
     爆発に周囲の敵を巻き込む効果はないので注意。ちなみに炎属性ではない。

石の魔法書(90G/7〜10回)  落とす敵:サンドハンド他
 使用:目の前にやわらかい壁を1ブロック作る。空中に作ることも可能
 投げ:大ダメージを与える。魔法書の残り回数に応じて若干威力アップ
 備考:使い方はアイデア次第。近道用の足場にしたり、敵の接近を食い止める壁にしたり。
     攻略的にも重要な役割を持つ品だが、多少なら乱用できる程度の回数はある。気軽に使おう。
     うっかり狭い通路などを塞いでしまい、自ら詰んでしまうことのないよう。投げると妙に強い。

たいまつ(非売品/回数なし)  落とす敵:なし
 使用:使用不能
     装備していると、ラト遺跡の暗闇ゾーンで自分の周囲のみ明るくなる
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:明るくなる範囲はそれほど広くない。視野外からの敵弾にはくれぐれも注意したい。
     オリーブの花を持ち出した後は不要。余談だがフレイムに投げつけてもダメージを与えられる。

オリーブの葉(非売品/回数なし)  落とす敵:なし
 使用:使用不能
     オリーブの花と共に洞窟最上部の部屋に持ち込むと、ガーディアンが出現する
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:最重要アイテムのひとつ。間違っても敵に投げつけたりしないよう気を付けたい。

オリーブの花(非売品/回数なし)  落とす敵:なし
 使用:使用不能
     オリーブの葉と共に洞窟最上部の部屋に持ち込むと、ガーディアンが出現する
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:最重要アイテムのひとつ。これも持ち運ぶ際には充分に注意すること。

鳩の像(非売品/回数なし)  落とす敵:なし
 使用:使用不能
     このアイテムを持って洞窟の出口に着けばクリアとなる
 投げ:特になし。小ダメージを与えるのみ
 備考:Legend Caveの最終目的。取り扱いに注意すべきなのは言うまでもない。


 
基礎知識 敵キャラ一覧 ダンジョン解説 ゲームの棚へ