下に行くほど古い作品になります。

           (イメージイラスト:N-cleartail.com様
(タイトルロゴ提供:あおぞら工房様

魔法少女バーニングアリサStrikerS。Sから続く三部作(に結果的になった)の完結編。
アニメ本編と同一時間上を舞台にしたもう一つの事件。
設定 (2010.2.17更新) 話の進行と共に更新されていきます。
各話のネタバレが含まれるので注意。
プロローグ『空』 (2007.10.8) 襲ってきた男との対峙。
それが全ての始まり……?それとも既に……
第一話『発掘』 (2007.10.20) かつて『遺跡』と呼ばれるものがあった世界。
そこで発掘されたものを狙いガジェットドローンが出現する。
第二話『飛べない翼』 (2007.11.10) クロノの企み。
ユーノをも巻き込んだそれの真意は……
第三話『飛ばない翼』 (2007.12.10) 語られるリオスの過去。
そして発掘された金属の解析結果は……
第四話『凶鳥』 (2008.1.24) アルフとの模擬戦、完成するデバイス。
そして……新たな仲間とは。
第五話『初陣』 (2008.2.13) アリサが気にしていた世界の仕組みに対する疑問とは。
そしてリオスに生命の危機が……!
第六話『出張・機動六課!!〜緊(略)海鳴市〜 side:アリサ』 (2008.3.18) サウンドステージ01を聞いていないと分からないことが多いのでお気をつけください。
第七話『遭遇』  (2008.4.17) 連携攻撃の練習を続けるアリサとリオス。
そこで遭遇してしまった相手は……
第八話『飛び立つ翼』 (2008.5.5) 思いがけない展開にリオスの思考は停止し、そして……
凶鳥が真の姿を現す。
第九話『よみがえる刃、その名は……』 (2008.8.11) ゼットの語る、黒幕とは。
そして予期せぬ事態に新たな刃が姿を現す。
第十話『持たざるもの』 (2008.10.1) 起動した『華焔』の能力とは。
地上本部崩壊の時、その裏でうごめく影があった。
第十一話『包み隠すもの』 (2008.12.4) 『持たざるもの』との決戦。
それは全ての黒幕との戦いの始まりでもあった。
第十二話『神風』 (2009.10.17) 『種』との最終決戦。
思いもよらない能力に苦戦を強いられるのだが……
最終話『全てを、切り開く』 (2010.2.12) アインへリアル零番機の発射を止める術はない。
それでも、道を切り開く為アリサは立ち上がる。
サウソドステージ01
第4.5話『凶鳥が孵る時』
永久欠番です。
サウソドステージ02 
第6.5話『バーニング隊の休日』
 (2008.5.19)
ふとしたことからアルテの育った孤児院に足を運ぶことになったバーニング隊。
そこで聞いた話は想いの外重いもので……
サウソドステージ02.3 第6.8話
『赤、黒、青、白。あとは黄色でもいれば戦隊がつくれるんじゃない?』 (2008.9.5)
読まない方が良いんじゃないかな……と思ってしまうくらいなもの。
アリサS以降ではなくむしろ無印アリサ、アリサRのノリです。
サウソドステージ03
第十四話『バーニングアリサVSリリカルなのは』(2011.1.30)
真の最強を決める戦いが始まる……かもしれない。
一色十色さん作:三次創作SS 
第6.3話くらい (2009.01.17)
絵はそれなりに描いていただいた事はありますがこちらは初の三次創作SS。
第六話、アリサとすずかが海鳴に居た頃リオとアルテの初デートの風景。


 メインイメージ……らしい  アイコン用
(タイトルロゴ提供:あおぞら工房様

魔法少女バーニングアリサSeeD。タイトルから勘違いされやすいですがガンダムSEEDとは一切関係ありません。
アリサSの直接的な続編。そこからStrikerSに至るまでの話。
予告編(2007.4.8) アリサ・バニングス&デバイス紹介(2007.5.1)
前編『発芽』 (2007.5.24) 久しぶりに集まるはずのアリサたち。
しかし、既に異変は静かに始まっていた。
中編『開花』 (2007.6.17) 原因を求め奮闘するユーノたち。
フェイトの目の前でなのはは目を覚ますのだが……
後編『散華』 (2007.7.8) なのはを救えるかも知れない一筋の光明。
アリサは単身戦いを挑む。
エピローグ (2007.8.5) 自身を貫かれながらもレイジングハートの意志を受け
アリサは反撃を試みる。

   イメージイラストだったらしい

魔法少女バーニングアリサS(SLASH)。新シリーズとなってシリアスバトルものに変化。基本的にA'sエピローグまでの六年間を埋める内容。
更新日時の示すようになのはStrikerSの放映前の情報のみで書かれているのでStikerSで公開された時系列とはかなり異なっています。
第一話『追い求める想い』  (2007.1.27) アリサ・バニングス九歳。
自分となのはたちとの間に『距離』を感じたアリサはすずかと共に行動を開始する。
第二話『確かめる想い』    (2007.2.1) アリサ・バニングス十二歳。
すずかが魔法無効化デバイスの作成を始める中、アリサは思い悩む事に。
第三話『断ち切られた思い』 (2007.2.16) アリサ・バニングス十三歳。
完成した魔法無効化デバイスのテスト、そして……
第四話『想い、貫き通して』  (2007.2.28) アリサ・バニングス十三歳。
心癒えぬまま初の実戦を迎えるアリサ。目の前に流れる血は……
最終話『後悔』         (2007.3.13) アリサ・バニングス十三歳。
『遺跡』を止める為中枢へと向かうアリサは禁じられたBモードを発動する。
エピローグ『選択』       (2007.3.25) そして時はStirikerSの時代へ。
選んだ先にあるものは迷いを断ち切れるのか。


無印バーニングアリサ。現在進行形のSシリーズとの関わりは無いギャグですが、基本設定はここから生まれました。
魔法少女リリカルなのは
番外編『新番組は一体どれなの?』
(2004.12.28)
全ての始まり。
ノリで書いたネーミングが2年後にこんなことになるなんて誰が想像できようか。
魔法少女リリカルなのはA's
座談会トーク
       (2005.12.28)
この頃はもうなのはの続編は無いんだし好き勝手やろうと思ってました。
StrikerSが発表された時はな、なんだってーっ!と言う感じ。
魔法少女バーニングアリサ(2006.2.17) ついに単独作品に。ギャグのみで構成されていました。
アリサのデバイスが刀に決まった記念すべき回。
魔法少女バーニングアリサR(2006.10.6) 相変わらずギャグメイン。
デバイスの能力が『魔法無効化』にに決まったという点では重要か。

TOPへ戻る