葛飾区・行政書士・建設業許可・経営事項審査申請・産業廃棄物処理業許可・会社設立・経営相談 一ノ瀬行政書士事務所

東京都葛飾区柴又1-45-7 03-3627-0751





建設業許可申請
経営事項審査申請
産業廃棄物処理業
解体工事業者登録
会社設立

事務所案内図

ホーム




































経営診断書とは?

  不法投棄対策の一環として、厚生労働省は財政状態の悪い企業は業界から排除させる方針を打ち出しています。これに該当する産業廃棄物処理業者には、業績と財政状態の判断材料として経営診断書が必要となる場合があります。
  経営診断書については、東京都や埼玉県のように、中小企業診断士もしくは公認会計士等の経営分析の専門家が作成したものの提出を義務付ける申請先があります。

経営診断書が必要かどうか?

 営業実績が3年未満の場合又は財務内容及び直近の業績が、あまり良くない場合は経営診断書の添付が必要となる場合があります。また、経営診断書が必要かどうかの要件は申請先ごとに相違します。
  ひとつの判断基準として、許可申請書に添付する直前の財務諸表のうち、繰越利益剰余金の欄がマイナスになっている場合は、少なくとも向こう3〜5年間の収支計画書もしくは経営診断書双方の提出が必要となる場合が想定されます。

中小企業診断士とは?

 中小企業診断士とは、公的資格として国が認定する唯一の経営コンサルタントで、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家を言います。
 当事務所所長は昭和63年に中小企業診断士(商業)の資格を取得し、多数の中小企業の経営改善指導にあたってきております。

当事務所の取り組み

 当事務所は行政書士事務所として産業廃棄物収集運搬業及び処分業許可の申請代行を多数行って参りました。
 特に昨今は長引く景気の悪化により債務超過に陥る申請者が増加するなかで、多数の申請者の新規申請・更新申請に中小企業診断士の立場から経営診断書を作成し許可取得のお手伝いをさせて頂いております。 

   経営内容の悪化で決して諦めないでください。先ずは御相談下さい。



   当事務所では産業廃棄物処理業関連業務として、解体工事業者登録建設業許可申請
 公共工事の入札参加申請の前提となる経営事項審査申請についても実績が豊富ですので、
 合わせて御相談を承っております。   
   また、個人事業から会社への法人設立や講習会修了者の役員就任、産業廃棄物処理業
 の目的追加などの変更登記手続きも担当司法書士が承っておりますので是非御相談下さい。


Copyright (C)2007 ICHINOSE Solisitor Office All rights reserved