福井県行政書士会について

福井県行政書士会のご紹介です。
組織や各支部の活動、会報等をお伝えします。

武生支部の活動

武生支部平成29年度第2回役員会の開催

8月24日(金)午後6時から鯖江市嚮陽会館にて、第2回武生支部役員会が開かれました。10月に行われる「行政書士制度広報月間」に向けて、武生支部管内の市役所・役場などの行政施設等への広報月間のポスター掲示依頼や県行政書士会名簿の配布、窓口の「行政書士制度周知啓発表示板」設置確認などについて打ち合わせを行いました。

また、9月30日(土)に鯖江市嚮陽会館にて行われる「無料相談会」、10月7日(土)に実施される奥越地区への「支部研修旅行」、11月18日(土)に武生商工会議所で開かれる「支部実務研修会」など、武生支部管内の諸行事についての確認作業を行いました。

武生支部平成29年度第1回役員会の開催

福井県行政書士会 武生支部第1回役員会が、7月3日(月)午後6時00分から鯖江市嚮陽会館小会議室において開催され、「平成29年年度支部行事について」「各幹事の役割について」を協議のうえ決定しました。

平成29年武生支部定時総会の開催

福井県行政書士会武生支部平成29年定時総会が、4月22日(土)午後5時から越前市にある「しきぶ温泉 湯楽里」に於いて開催されました。

福井県行政書士本会からは佐々木直樹副会長が臨席され、お祝いのごあいさつをいただきました。出席会員は48名(うち委任状28名)で、議案はすべて原案通り承認されました。第5号議案の役員改選では、新支部長に金谷祐一氏(鯖江市)を選出しました。また、副支部長2名、幹事6名、監事2名が選出されました。

定時総会の後は、部屋を替えて懇親会が行われ、会員相互の親睦が大いに図られました。

平成28年度研修旅行が実施されました。

福井県行政書士会 武生支部の「研修旅行」が実施されました。
従来の研修旅行は、観光と親睦に重点が置かれていました。今年は役員会で協議の結果、「まちづくり」に焦点を当てた研修旅行にすることを決定しました。研修地は「足羽川ダム」と「冠山トンネル」のビックプロジェクト工事が進行中で、また、今春に大規模な野外アスレチック施設(ツリーピクニック・アドベンチャー)が開設されたことでも注目を浴びている池田町を選びました。

(1)期日 平成28年9月3日(土)
(2)日程
①鯖江市(7:30出発) ⇒ ②越前市(8:00出発) ⇒ ③池田町足羽川ダム工事(8:45到着) ④足羽川ダム工事現場見学(~9:50) ⇒ ⑤池田町冠山トンネル工事現場事務所(10:15到着) ⑥冠山トンネル工事説明(10:15~10:40) ⇒ ⑦冠山トンネル工事現場見学(11:00~11:40) ⇒ ⑧渓流温泉 冠荘(昼食・入浴) ⇒ ⑨能面美術館(14:30~15:00) ⇒ ⑩まちの市場こってコテいけだ(16:00出発) ⇒ 越前市・鯖江市
(3)研修
足羽川ダム工事(説明・国土交通省近畿地方整備局、高野組、関組)
冠山トンネル工事(説明・国土交通省近畿地方整備局、竹中土木)
(4)親睦
「渓流温泉 冠荘」にて昼食と、池田特産品が当たるビンゴケーム
(5)研修旅行を終えて
武生支部管内の近場であり、参加者が少ないのではないかと心配していましたが、会員とその家族の合計16名もの参加がありました。近隣の自治体で行われている「まちづくり」の取組みを知ることは、『あなたの街の法律家』である行政書士にとって大切なことだと感じました。
参加された会員からは「良い研修が出来た」「楽しかった」「意義ある研修だった」など、今回の研修旅行を評価する声が聞かれました。また、担当者自身が動いて研修旅行を準備することの必要性も強く感じました。自らが動くことで、地域に「行政書士」を周知させることもできますし、より深く地域を知ることもできました。

平成28年度第2回役員会が開催されました。

福井県行政書士会 武生支部第2回役員会が、8月23日(火)午後6時からハーツさばえ会議室において開催され、次のことについて協議を行いました。

協議事項
(1)行政書士広報月間について
【広報月間】10月1日(土)~31日(月)
【活動内容】
①官公署などへのポスター掲示依頼
②無料相談会 ・・・ 10月2日(日)
(2)研修旅行について
【期日】9月3日(土)
【研修先】
福井県池田町を訪問し、現在進められている「足羽川ダム」と「冠山トンネル」工事の状況を見学し、その目的と意義について研修する。
(3)実務研修会について
【期日】11月5日(土) 午後1時30分~
【会場】武生商工会議所 会議室
【テーマ】高齢者および障がい者の権利擁護とその制度

Copyright(c) 福井県行政書士会 All Rights Reserved.