福井県行政書士会について

福井県行政書士会のご紹介です。
組織や各支部の活動、会報等をお伝えします。

福井県行政書士会の活動:平成29年度

「県総合防災訓練」に県行政書士会が初参加しました!!

8月27日(日)の早朝から、南越前町役場近辺にて107の関係機関が参加して福井県総合防災訓練が行われました。今年1月に福井県と締結した「災害時応援協定」に基づいて、私たち福井県行政書士会も今年度から初参加することになりました。

福井県行政書士会は、避難場所に指定された南条町公民館にて4名の会員が、避難訓練に参加している市民を対象に「罹災証明書」の発行訓練を行いました。日本語が通じない外国人への対応など難しいケースもあり、今後の活動に役立つ防災訓練になりました。初めての取組みであり、検討しなければならない箇所もありましたが、行政機関と県行政書士会とで協議を重ねて修正していくこととなりました。

福井県総合防災訓練における福井県行政書士会の活動は、翌日の福井新聞にも写真入りで大きく取り上げられ、災害時における行政書士の役割を県民の皆様に伝えることもできました。

平成29年度第2回理事会 および 部会合同会議の開催

福井県行政書士会第2回理事会が、7月12日(水)午後1時30分から福井県繊協ビル8階にて開催されました。
「業務部のあり方について」「災害者支援協定に基づく委員会の設置について」など7つの事項について協議が交わされました。また、報告事項は「福井県総合防災訓練第1回調整会議結果報告(6月27日)」「綱紀委員会結果報告(7月6日)」「福井県士業等団体友好協議会連絡会報告(7月7日)」など6件でした。

同じ会場で、午後2時30分から5つの部会(総務部、研修部、法規部、広報部、業務部)が開かれました。初めての部会なので各部会とも自己紹介から始まり、部長を中心として今年度の活動について話し合いが行われました。午後3時40分からは部会の合同会議が開催され、各部会で話し合われたことの報告などがありました。

平成29年度定時総会の開催

福井県行政書士会平成29年度定時総会が、5月27日(土)午後1時30分から福井県繊協ビル8階大ホールで開催されました。

出席会員は265名(うち委任状196名)で、議案はすべて原案の通り承認されました。
また、第6号議案の役員選任では、新会長に坪川貞子氏(福井支部)を、副会長に野田富久氏(福井支部)、青木克博氏(福井支部)、高野ますみ氏(福井支部)の3名が選出されました。さらに、各支部から選出された方々が新しい理事として紹介されました。

Copyright(c) 福井県行政書士会 All Rights Reserved.