前置詞が必要なときは、どういうとき?

日本語が下手な外国人って、たとえば、「私、ソレ、欲しいね」のように、「は」「が」などを抜かして話すよね。なぜ、このように「は」「が」などを抜かすのかというと、外国語には、日本語の「は」「が」に当たる言葉がないことが多いから。
実は、前置詞も同じなんだ。
英語には「前置詞」というものがあるんだけど、日本語には、英語の前置詞に当たる言葉がないんだ。だから、「なぜ、ここに前置詞を入れる必要があるのかわからない」と感じる人が多くて、「前置詞=難しい」となっているわけ。
実際、前置詞は難しくて、奥が深いところだから、とりあえずは、細かいことを気にせずに、このレッスンに書かれていることだけを身につけるといいよ。細かい話は、もっと英語学習が進んでからでいいよ。ここでは、前置詞が必要なときは、どういうときなのか、わかりやすく解説しているよ。
というわけで、英文法のレッスン開始!

スポンサード リンク














スポンサード リンク














<解答>
Q1:I play baseball for an hour.
Q2:He reads a book after lunch.


次の英文法のレッスンへ
英文法のレッスンのトップページに戻る
Get you!! English!! わかりやすい英文法のトップページに戻る