ロゴ
概  要

ジャパン ビューティー フーズ 協会/JBFAは、調理師団体と管理栄養士団体で構成され、調理と栄養のプロが協力して一般の方と共に, 正しい食生活から若々しく健康で楽しい日々を送って頂ける普及活動をしています。食生活の変化は、私達のライフスタイルにも大きな変化をもたらせています。 生活習慣病、糖尿、肥満、アトピーなど数えきれば切りがなく社会問題化しています。ジャパン ビューティー フーズ 協会は、快適なライフスタイルを送って頂く為に 調理師さんや管理栄養士さん達が丁寧に指導しております。
栄養や調理のセミナー、講演、料理教室で学んだり体験して頂き、どの様な食材をどの様に調理して食べれば良いか、 専門のスタッフから学び日常生活で活かして頂きたいと願っています。
何気なく捨ててしまう野菜の皮や葉、魚の骨やエビの殻などにも必要な栄養素が含まれており、丸ごと頂く大切さを再認識しなくてはなりません。その為に、 地産地消、無農薬、有機野菜を有効に利用することが大切だと考えます。そして、「もったいない精神」は食育や環境も良いのです。栄養や食事の知識は、 美や健康を保ち快適なライフスタイルを送って頂ける第一歩でもあります。ジャパンビュティーフーズ協会は、日頃何気なしに頂いているお食事を、 この活動を通してもう一度見直す切っ掛けにして頂ければと願っております。

講演やセミナーの依頼を承ります。 (全国)

総会やイベントなど模様しものを企画されている、個人や団体、法人様からの講演、セミナーの依頼を承ります。

◇講師料(相談下さい。)
◇受講者:15名以上でお願いします。
◇交通費:ご負担願います。
演題など、詳しくはお問い合わせください。

「美と食と健康」の料理勉強会 案内

調理人さん、管理栄養士さん、一般の方、業者さんなど、業種を問わず男女様々の方が参加されています。
◇日時:毎月第3水曜日 2時
◇参加:誰でも参加できます。
◇会 場
 下記の赤文字(会場のご案内)で記載
◇会費:無料
◇お申込み:お名前、住所、年齢、連絡先(メールアドレスか電話番号)記載の上お申し込み下さい。団体様は、代表者の方。

入 会 案 内

当協会のの活動に賛同される方なら誰でも入会できます。料理勉強会やお料理教室、セミナーの参加も可能です。 又、空いてる時間で、活動や地域密着啓発活動のお手伝をお願いすることも有ります。

◇入会費、会費:0円
◇お申込み:お名前、住所、年齢、性別、メールアドレス/電話番号のいずれかを記載の上でお申込み下さい。

セミナー、講演、料理教室 受講案内

美と健康の料理教室やセミナー、講演に当協会の講師をご紹介致します。会社の福利厚生などにご利用ください。 又、「美と食と健康」に関する料理と栄養の料理教室やセミナーを受講されたい方は、当会までお申込みください。

◇受講お申込み
お名前、住所、年齢、性別、メールアドレス/電話番号のいずれかを記載の上でお申込み下さい。

美・食・健康 一口メモ情報

◇がん予防 NEW
癌は毎日数千個出来ていますが、NK細胞(ナチュラルキラー)が癌細胞を攻撃して消滅させています。しかし、 激しい運動やストレスはNK細胞活性の低下につながり、癌の発症する確率が上がります。 又、緑茶成分のBカロテンは活性酸素を消す効果があり、ビタミンEは活性酸素を消し身体の血行を良くし、 クロロフィルは遺伝子の損傷を修復する事で癌予防に良いとされる。特に、「水出し茶」はエビガロカテキンが多く含まれ、 防腐性が強くウイルスを抑制し癌予防やインフルエンザ予防に効果があり、超カテキンで免疫が上がります。又、 熱いお湯でお茶を出すとカフェイン多く出るが「水出し茶」はカフェインがあまりでない。

◇がん予防に良いキャベツの効果 NEW
キャベツに含まれるイソチオシアネートは癌予防に効果があると言われています。イソチオシアネートは正常な細胞には攻撃しないので影響が無く、 癌細胞だけをピンポイントで攻撃し自滅させる働きがあります。将来的には抗がん剤に替わる存在になりえると、世界中の研究者が注目しています。 キャベツの一日の摂取量は、100〜150g摂取すると良いとされています。毎日、もしくは一日おきに食べると良いでしょう。
備考:イソチオシアネートは、 アブラナ科の野菜に含まれる辛味の元。
アメリカの癌研究でデザイナーフーズピラミッドを作成され、癌撲滅の効果があった研究発表されています。 デザイナーフーズピラミッドにして癌に効果がある食品を表しています。その結果癌患者の減少につながった報告が有ります。

◇ビタミンCを飲んだり食べたりすると美肌になるの?
ライオンなどの肉食動物は、食物からビタミンCを摂取しなくても、自分でビタミンCを作ることが出来ます。 しかし、人はビタミンCを作る事ができないので、食物から摂取する必要があります。
だからと言って、むやみやたらにビタミンCをサプリメントなどで摂取すれば良い物ではありません。なぜなら、余分なビタミンCは全て尿となって出てしまうからです。 つまりビタミンCを体内で蓄えることが出来ないのです。ビタミンCを長く体内に保つ為には、食後にビタミンCを含む食べ物を摂取することで持続効果があります。 それは、先に食べた物がゆっくりと消化されるので時間が掛かり、身体が必要とするビタミンCが効率よく吸収されて行くからです。 食後に果物を食べるのは理にかなっているのです。

◇大根葉はこんなに体に良いよ!
大根葉は、緑黄色野菜でβ-カロテンやビタミンK、ビタミンC、葉酸などのビタミンや、カリウム、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。 ほうれん草と比較するとビタミンCは約5倍、鉄分は約1.5倍、カルシウムは約5倍も含んでいるので、女性に嬉しい朗報です。
又、胃腸の働きを整えて便秘解消や冷え症、身体の老廃物を排出し美肌効果に良い食べ物です。又、油と共に調理するとビタミンAの吸収率も高まります。
(大根葉、玉葱の皮のお料理は、上記メニューの環境をご覧ください。)

◇白菜を食べましょう!。
白菜は、ビタミンC、カルシウム、カリウム。食物繊維が含まれています。又、白菜は、インドール化合物を含み、癌予防の効果も期待できます。そして、 風邪引きの予防にもなり体内の老廃物を排出、高血圧の予防に効果があります。そして、白菜は身体を温めてくれますので、冷え症に良いと言われています。
白菜に含まれる豊富な食物繊維を日常的に接収すると、脂肪が増えた人のダイエット効果にも良く、白菜に含まれているカリウムは顔や脚のむくみの予防になります。しかも低カロリーです。

◇コレステロールに付いて。
コレステロールは悪玉、善玉があるのは知っていると思います。でも、コレステロールは一つだと言う事を知ってますか。なぜって? 悪玉コレステロールは肝臓から出て行くコレステロールで、細胞やホルモンとなる材料を運んでいるコレステロールです。 又、善玉コレステロールは、使い切れないで残ったコレステロールが肝臓に戻るコレステロールを言います。だから、コレステロールは一つと言う事です。
でも、悪玉コレステロールが多くなると身体に悪いと言われますが、それは間違いです。悪玉コレステロールだけでは悪さをしないのです。 でも、コレステロールが標準値でも心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。なぜと思われたと思います。それは、悪玉と善玉の数値が標準内でも、 悪玉コレステロール(LDL)÷善玉コレステロール(HDL)=(LH比)が2以上なら危険と言う事です。しかし、本当の黒幕コレステロールが居るのを知ってますか? それは、酸化悪玉コレステロールと言うコレステロールです。酸化悪玉コレステロールが本当の悪玉で、身体に色々な悪さをします。 この値が100を超えると動脈硬化が始まり、125以上になると怖い心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすディスクが高まります。その様な事で、 悪玉コレステロールが酸化しない限り悪さをしませんが、悪玉コレステロールが酸化して酸化悪玉コレステロールに変化すると悪さをするのです。 (酸化悪玉コレステロールの数値検査は病院でしてくれます。)

だから、悪玉コレステロールが酸化して、酸化悪玉コレステロールになるのを防ぐ食べ物を摂取することが大事です。 酸化悪玉コレステロールとは丁度、ピカピカの釘が真っ赤に錆びた状態のコレステロールです。 赤い野菜が良い食べ物です。レッドキャベツや赤ピーマンなどで、トマト(ミニトマトは特に多い)もリコピンが多いので予防に最適な食べ物です。 又、長期保存したバターやマヨネーズを食べたり、お弁当をレンジで何度も温めて食べたりすると、酸化悪玉コレステロールに変わるディスクが高まると考えられています。

◇玉葱の皮ってこんなに良いんだよ!
玉葱の苦み成分ケルセチンは、プリフェノールの一種でビタミンCの4〜5倍ほどの抗酸化作用で、 お肌の若返りや血液をサラサラにして高血圧や高血糖の予防になります。玉葱の皮に含まれる、酸化アリル(アリシン)は、 体内の脂肪と結びつき脂肪を体外に排出します。そして、体内の毒素を排出するデトックの働きもあります。 又、がん細胞を攻撃するナチュラルキラーの活性を促します。

◇旬の物は積極的に食べましょう!
四季に出回る食べ物は、身体に適した食材が多いので積極的に食べましょう! 12月の冬至には南京を食べる習慣があります。南京は、夏の食材ですが保存食として重宝されてきました。しかも、 喉の粘膜を強くするので風邪引きの予防になります。冬至に南京を食べて、風邪を引かないで健康に一冬を過ごす意味合いを込めています。 冬の食材は、身体を温める食材が多いです。特にお鍋は、野菜や魚など色々な物が入っており身体も温まると同時に、栄養もタップリです。冬に最適なお料理です。 又、冬は寒くて身体を動かす機会が少なく、体内に毒素がたまりやすくなります。
だから、春になるとアクの強い物やエグイ物が多く出回ります。 体内にたまった毒素をアクの強い物を食べてデトックスし、夏に向けて身体が準備します。そして夏には、スイカやキュウリなど身体を冷やす食材が多く出回り体温を調整してくれます。 秋は、冬に向けて栄養を蓄え健康で一冬を過ごす。このように、四季に出回る食材を食べることで身体にも優しいのです。正しいお食事は、若々しく健康なライフスタイルを保てるのです。

セミナー会場 ご案内
  • 会場
  • 会場

  • 左:セミナー&料理教室 右:会議室

会場アクセス
1、大阪市府 吹田市:地下鉄御堂筋線
  江坂駅下車6番出口
  (梅田から来られる場合は一番後ろ
  に乗ってください。)
2、6番出口を出て階段を下りると正面
  に広芝町交差点が有ります。

  交差点を左に曲がり二つめの信号を右に曲がります。(右角にローソンが有ります。)
3、右に曲がって真っ直ぐ行き、一つめの信号を超えると左に業務用スーパ−があります。
4、業務用スーパーを通り過ぎた直後の左に、レンガ作りのビルが有ります。(1階は「Chateraise」と言う屋号のお店です。)
5、そのレンガ作りのビルの2階です。(エレベーター降りて直ぐ左のドアが料理教室です。)
6、地下鉄御堂筋線で梅田駅から江坂まで約10分 / 江坂駅から会場まで徒歩で約12分〜15分程度

セミナーで自分の健康方法を発表されたい方を募っています。

「美と食と健康」にちなんだ「栄養」「お料理」どちらでも結構です。こちらでまとめさせて頂き、 当日講師で発表して頂きます。ホワイトボードとプロジェクターはご用意いたします。

栄養部門
1、テーマーと栄養効果の内容。
2、テーマに沿った食事の例。

料理部門
1、美や健康に関するお料理。
2、作り方の工程の写真数枚と完成品の写真。
3、作り方のレシピー。
  何れもパワーポイントで編集致します。

お知らせ

◇緊急! 第7回料理勉強会 New
1月20日(水)14時 / 写真撮影の為「美と食と健康」の勉強会は中止となります。

◇第5回料理勉強会
日時:10月21日(水)14時 / 参加:自由 / 会場&アクセス:詳しくは上記の赤文字(会場のご案内)を参照 / 会費:無料 /
テーマ:ネバネバの食材  (テーマは、予告なしに変更される時があります。)

◇第4回 料理勉強会
日時:9月16日(水)14時 / 参加:自由 / 会場&アクセス:詳しくは上記の赤文字(会場のご案内)を参照 / 会費:無料 /
テーマ:身体を温めるお料理 根菜  (テーマは、予告なしに変更される時があります。)

◇第3回 料理勉強会
日時:8月19日(水)14時 / 参加:自由 / 会場&アクセス:詳しくは上記の赤文字(会場のご案内)を参照 / 会費:無料 /
テーマ:日焼け予防のお料理

◇第2回 料理勉強会
日時:7月15日(水)14時 / 参加:自由 / 会場:プラザ大阪ホテル(花伝) / アクセス:阪急十三駅西口出る 徒歩15分程度 / 会費:無料 /
テーマ:肥満予防の料理

◇第1回 料理勉強会
日時:6月17日(水)14時 / 参加:自由 / 会場:プラザ大阪ホテル(花伝) / アクセス:阪急十三駅西口出る 徒歩15分程度 / 会 費:無料 /
テーマ:美肌効果のお料理