会社設立福岡

契約書・公正証書作成 in 福岡
   お問合せは 長谷川忠総合法務事務所  TEL 092-751-1381
福岡市中央区荒戸2丁目4番5号
 ロワールマンション西公園V1005号
お問合せメールは >> MAIL

HOME ‖お問合せ無料相談会社設立費用有限株式変更許可免許契約書公正証書専門家ネットワーク事務所案内

 HOME >> 会社設立代行 in 福岡−契約書の例(出演契約書)

会社設立福岡行政書士 長谷川忠
会社設立をサポートします
福岡の行政書士の長谷川忠です
プロフィール
ドリームゲート会社設立福岡アドバイザー

INDEX

・契約書作成業務
 業務内容・業務フロー
 作成費用の一覧

契約書の書き方例
 代理店契約書
 生産業務委託契約書 
 営業譲渡契約書
 出演契約書
 金銭消費貸借契約書
 寄託契約書
 組合契約書

契約の基本の形
 委任・請負
 賃貸借・使用貸借・消費貸借
 売買・寄託・組合・和解
 心がけたいこと

・債権保全の対策
 譲渡担保契約
 為替手形・廻り手形
 留置権・先取特権

・契約書の効果
 紛争予防と公正証書
 押印と印紙
 協議事項と代替証憑

契約トラブル相談例



関連 LINK


福岡AREA LINK




事務所案内
  行政書士
長谷川忠総合法務事務所

 お問合せは
092-751-1381
福岡市中央区荒戸2丁目4番5号
ロワールマンション西公園V1005号
事務所へのアクセス  】
契約書の書き方例(出演契約書)


出演契約書の条文解説書

第1条 
 甲が制作をおこなうTV番組等の著作物に、乙に所属するタレントを出演
させる出演基本契約を、締結したことを宣言しています。これにより、この
出演契約は、民法の雇用契約と請負契約を類推適用した複合契約であ
ることと解釈されます。
  雇用契約とは・・・
  請負契約とは・・・
  複合契約とは・・・

第2条
 この基本契約に基づいておこなわれる、個別の著作物出演に、本契約
書が共通に適用されること、逆に個別契約において、合意書その他の文
書により、本契約書と異なる契約が可能なことを明記しています。
  基本契約と個別契約の関係・・・

第3条
 著作物の放映期間と、出演著作物、出演者氏名を明記し、乙が出演を
承諾したことと、甲が乙に報酬を支払うことを定めています。第1条と本条
によって、本契約の本旨が確定しています。
  委任の委託と承諾の関係(意思表示)・・
  報酬の支払原則(民法・商法)

第4条
 出演者の出演期間の明記、出演回数、リハーサル期間等の定めです。
委任者甲のために、代理商乙が業務をおこなうこと、善管注意義務は委
任の義務であることを確認しています。
  委任の法定義務・・・
  強行規定と任意規定の違い・・・

第5条
 出演料(報酬)の定めです。総額を明記し、契約料、出演料他の項目に
分け、支払時期を明確に定めています。第2項は支払方法です。第3項で
は報酬に含まれる費用や、別途支給する費用。更に、危険負担の債務
者主義を定めています。
  危険負担の債務者主義と債権者主義?・・・

第6条
 本著作物のPR活動(キャンペーン等)の協力を、乙に承諾させていま
す。第2項で第1項で支出する費用負担について、定めています。

第7条
 本著作物への優先出演条項です。本著作物に出演するタレントのイメ
ージが、第三者の仕事を請負ことにより、マイナスにならないようにしてい
ます。

第8条
 甲の帰責事由による出演不能について、金銭等の支払いについて、事
前に定めています。
  債務不履行の形態・・・
  損害賠償の発生要因・・・

第9条
 乙の帰責事由による出演不能について、前条と同じく定めています。前
条と、本条が一番重要な部分です。

第10条
 甲乙の帰責事由ではない、不可抗力による出演不能についての定めで
す。

第11条
 甲乙平等の機密保持の定めにしています。

第12条
 委任は当事者双方からいつでも無条件に解約可能なので、予告解約を
定めています。
  委任の解除自由の規定・・・

第13条
 重要事項の通知到達義務を定めています。
  委任の「通知」の落とし穴・・・

第14条
 契約解除事項と、その際の報酬の支払について、列挙しています。
  契約解除の要件の決定・・・
  発生した損害と報酬支払との関係・・・

第15条
 商法第48条1項を多少加重しています。
民法より商法が優先して適用されるって・・・
競業避止義務(きょうぎょうひしぎむ)とは・・・

第16条
「合意管轄」です。
  合意管轄の意味・・・

第17条
 第2条と同じく合意書の予定を示唆する、協議事項です。
  合意書・協定書・覚書と基本契約書との関係・・・

 この契約書は、印紙税法別表第1で定める第二号文書(請負に関する
契約書)に該当するので、本件契約金額の場合の貼用印紙税額は1通に
付き、10,000円です。

以上


会社設立 福岡 行政書士 長谷川忠
プロフィール
行政書士 長谷川忠総合法務事務所への

日・土日・祝日 午前10:00〜午後7:00まで
TEL 092-751-1381   MAIL

株式会社設立合同会社設立有限会社から株式会社への移行変更


会社設立代行 in 福岡 会社設立の方法と対策 | 福岡県・福岡市 Copyright(C) 2006 Cyu-Hasegawa. All Rights Reserved