会社設立福岡

契約書・公正証書作成 in 福岡
   お問合せは 長谷川忠総合法務事務所  TEL 092-751-1381
福岡市中央区荒戸2丁目4番5号
 ロワールマンション西公園V1005号
お問合せメールは >> MAIL

HOME ‖お問合せ無料相談会社設立費用有限株式変更許可免許契約書公正証書専門家ネットワーク事務所案内

 HOME >> 会社設立代行 in 福岡−紛争予防と公正証書

会社設立福岡行政書士 長谷川忠
会社設立をサポートします
福岡の行政書士の長谷川忠です
プロフィール
ドリームゲート会社設立福岡アドバイザー

INDEX

・契約書作成業務
 業務内容・業務フロー
 作成費用の一覧

契約書の書き方例
 代理店契約書
 生産業務委託契約書 
 営業譲渡契約書
 出演契約書
 金銭消費貸借契約書
 寄託契約書
 組合契約書

契約の基本の形
 委任・請負
 賃貸借・使用貸借・消費貸借
 売買・寄託・組合・和解
 心がけたいこと

・債権保全の対策
 譲渡担保契約
 為替手形・廻り手形
 留置権・先取特権

・契約書の効果
 紛争予防と公正証書
 押印と印紙
 協議事項と代替証憑

契約トラブル相談例



関連 LINK


福岡AREA LINK




事務所案内
  行政書士
長谷川忠総合法務事務所

 お問合せは
092-751-1381
福岡市中央区荒戸2丁目4番5号
ロワールマンション西公園V1005号
事務所へのアクセス  】
会社設立代行 in 福岡−紛争予防と公正証書


契約書は将来の紛争予防

◇民法上、「売りたい」「買いたい」の意思が合致すれば契約は成立し、 契約成立の要件として、契約書の作成・締結を義務付けている訳ではあ りません。


一般の取引では、「注文書」「請書」を発行することによって、契約が成立 したこととなり、取引先との関係が円満で、債務の支払も履行されていれ ば、契約や契約書が問題になることはありません。

 契約書が作成・締結されるのは、万が一、取引上のトラブルが発 生したときに備えておくものであり、また契約書を作成・締結するにあ たって大事なことは、相手方が契約を不履行した時のことを充分考慮し て、契約条項を考え、損害のカバーができるような、内容にすることです。

 この契約書は、裁判上の手続(支払督促・民事調停・即決和解・ 訴訟)の証拠として扱われますので、債権回収における「転ばぬ先の 杖」といえるでしょう。

 また、契約書の条項については、法令や公序良俗、信義誠実に基 づいて作成・締結されなければ、無効となる場合がありますので、折角 作成したものでも、自分に有利なものではなくなり、相手方に利益をもた らす可能性がありますので、充分注意が必要です

 法的に確立された「契約書」を望むのであれば、「契約法」専門の「行政 書士」のアドバイスを受けることをお勧めします。


公正証書にすることの効果

−債務名義を取得して強制執行の権利を得る法務手続−

◇私人間で締結される契約書を「私署証書」といい、「公証人」(元裁判 官・元検事・元弁護士等の司法経験者の内、法務大臣の任命を受けた 人)が、加わって作成される契約書を「公正証書」といいます。

 「公正証書」のメリットは、「民事執行」の1つである「強制執行」が できることです。

 「強制執行」ができるためには「債務名義」という文書が必要ですが、 この「公正証書」は、2つの条件を満たしていれば、裁判上の手続に よらずとも、「債務名義」として認められることになります。

 その条件とは、

1.一定の金額の金銭の支払いを目的とする請求であること。金銭以 外の有価証券一定の代替物(米・麦等)の給付を目的とする請求も 含みます。

2.強制執行認諾約款(強制執行を受けても異議のないこと)の陳述 が、記載されていること。

 この条件を満たすことにより、「債務名義」を得て、その公正証書の原本 を保存する公証人に「執行文付与の申立」をし、「執行文」を付与してもら い、執行機関(地方裁判所・地裁の執行官)に申立てて、強制執行を実 行してもらいます。

 公正証書は、債務の支払いが滞り、利益誘導(分割払いを認める等)の 結果、新しい条件で支払いに応ずることを約束した場合など、これまでの 契約書をステップアップし、より債務の履行を確実にするときに有効な手 段です。(債務弁済公正証書等)

 この分割払いで返済する契約の場合、利息や遅延損害金の表示と、 「期限の利益喪失条項」と「強制執行認諾約款」の記載を忘れない ことです。

 確実な法的効果を「公正証書」に求める文書を作成したいと希望される 方は、当事務所へお問合せください。

 ●「個人」対「個人」の契約は、何事も紙に残すこと。その契約を確実な ものにするのが公正証書です。
 一般に「個人」対「個人」で締結する契約書を、「私署証書」といいます。
 それに対し、公証人の前で陳述して、公証人がその契約の合意内容を 証書にするものを「公正証書」といいます。代表的な例は次のとおりで す。

 ・貸したお金を分割で返済してもらうとき。
 ・離婚するとき。養育費を毎月支払ってもらうとき。
 ・財産を譲渡するとき。
 ・将来後見人となってもらうとき。(この任意後見契約は公正証書必須)

 人間が生活をしていく間に訪れる様々な転機、トラブルは他人事ではあ りません。契約は自由におこなわれることが原則ですが、法律や判例を 知ること、それを基に交渉することによって、主張権利や遵守義務が変わ ります。
債務名義とは

◇「強制執行」には、必ず「債務名義」と呼ばれる「私法上の請求権の存 在と範囲を公証し、法律がこれに執行力を認めた書面」が必要です。
「債務名義」の種類は、
1.確定判決(控訴期間経過、却下・棄却された判決)
2.仮執行宣言付判決(手形小切手金請求訴訟、少額訴訟請求容   認、他緊急なもの)
3.不服申し立方法が執行抗告である決定・命令
4.仮執行宣言付支払督促
5.訴訟和解費用額等の確定処分
6.執行証書(強制執行認諾約款付公正証書)
7.外国判決・仲裁判断に基づく執行判決
8.和解調書・認諾調書・即決和解調書・調停調書
 これを申立書に添付して、裁判所に「執行文付与の申立」をし、「執行 文」を付与してもらい、執行機関(地方裁判所・地裁の執行官)に申立て て、強制執行を実行してもらいます。

安全確実な契約書作成と締結
紛争予防のための契約書

 ・離婚協議書(離婚給付)
 ・慰謝料請求
  (和解示談契約)
  (不法行為の損害賠償)
 ・養育費
 ・婚姻費用 扶養給付
 ・親権監護権
 ・任意後見契約
 ・不動産売買契約 
 ・贈与契約
 ・委託契約 
 ・仲立契約
 ・賃貸借契約 
 ・使用貸借契約
 ・金銭消費貸借契約 
 ・準消費貸借契約
 ・債務承認分割弁済契約
 ・その他典型、非典型契約
★こんな場合、どんな契約にあてはまるのか?
★この場合、判例ははどうなっているのか?
ご依頼の際にお問合せください!!

会社設立 福岡 行政書士 長谷川忠
プロフィール
行政書士 長谷川忠総合法務事務所への

日・土日・祝日 午前10:00〜午後7:00まで
TEL 092-751-1381   MAIL

株式会社設立合同会社設立有限会社から株式会社への移行変更


会社設立代行 in 福岡 会社設立の方法と対策 | 福岡県・福岡市 Copyright(C) 2006 Cyu-Hasegawa. All Rights Reserved