(C)Two-way/小学校//国語/2学年/おおきくなあれ



おおきくなあれ


TOSS大和/福原正教


「おおきくなあれ」で100問作りました。



 

「おおきくなあれ」の授業案へ


1 題名は何ですか。(おおきくなあれ)

2 作者は誰ですか。(さかたひろお)

3 教科書の絵をかいているのは誰ですか。(すぎたゆたか)

4 話者は誰ですか。(分からない)

5 何連の詩ですか。(2連)

6 1連は何行ありますか。(6行)

7 2連は何行ありますか。(6行)

8 何がつぶつぶなのですか。(あめ)

9 あめを漢字で書きなさい。(雨)

10 1連で雨は何の中に入りましたか。(ブドウ)

11 2連で雨は何の中に入りましたか。(リンゴ)

12 この詩に漢字が使われていますか。(使われていない)

13 ぷるんぷるんちゅるんは、何の音ですか。(雨がブドウやリンゴに当たっている音)

14 1連で、話者はブドウに何と話しかけていますか。(おもくなれ あまくなれ)

15 2連で、話者はリンゴに何と話しかけていますか。(おもくなれ あかくなれ)

16 この詩で用いられている表現方法は何ですか。(対比)

17 ブドウと対比しているのは何ですか。(リンゴ)

18 あまくなれに対比しているのは何ですか。(あかくなれ)

19 その日の天気は何ですか。(雨)

20 どんな雨ですか。(弱い雨)

21 ブドウやリンゴはもがれていますか。(もがれていない)

22 この詩に句点はついていますか。(ついていない)

23 この詩に読点はついていますか。(ついていない)

24 1連に一つだけカタカナがあります。何ですか。(ブドウ)

25 2連に一つだけカタカナがあります。何ですか。(リンゴ)

26 それ以外は全てなんですか。(ひらがな)

27 1連、2連とも1行目は何字ですか。(7字)

28 1連、2連とも2行目は何字ですか。(7字)

29 1連、2連とも3行目は何字ですか。(10字)

30 1連、2連とも4行目は何字ですか。(10字)

31 1連、2連とも5行目は何字ですか。(5字)

32 1連、2連とも6行目は何字ですか。(5字)

33 雨は実際、ブドウの中に入っているのですか。(入っていない)

34 雨は実際、リンゴの中に入っているのですか。(入っていない)

35 1連の「おもくなれ」は、何に対して言っているのですか。(ブドウ)

36 1連の「あまくなれ」は、何に対して言っているのですか。(ブドウ)

37 2連の「おもくなれ」は、何に対して言っているのですか。(リンゴ)

38 2連の「あかくなれ」は、何に対して言っているのですか。(リンゴ)

39 「あめのつぶつぶ」を一言で言うと何ですか。(雨粒)

40 「あめの」と「つぶつぶ」の間を1マスあいています。このような書き方を何と言いますか。(分かち書き)

41 「はいれ」は命令した言い方ですか。(いいえ)

42 「はいれ」はどのような言い方をすればいいですか。(お願いするような、祈るような)

43 「おもくなれ あまくなれ」は、どのような言い方をすればいいですか。(祈るような)

44 「おもくなれ」とは、どういうことですか。(実がいっぱいついてほしいということ)

45 「あまくなれ」とは、どういうことですか。(実が甘くなってほしいということ)

46 「あかくなれ」とは、どういうことですか。(リンゴが赤く熟してほしいということ)

47 この雨は降り始めの雨ですか。(はい)

48 題名の「おおきくなあれ」と、詩の中の「おもくなれ」などの違いは何ですか。(なれの間にあがある)

49 この詩がひらがなでできているのはなぜだと考えられますか。(やわらかいかんじを出すため)

50 「はいれ」を言い切りの形にすると何ですか。(はいる)

51 「はいれ」の活用形は何ですか。(命令形)

52 他に命令する言い方にはどんなものがありますか。(はいりなさい)

53 「はいれ」と「はいりなさい」では、感じ方がどう違いますか。(「はいりなさい」では、命令以外の取り方ができなくなる)

54 「あめ」を漢字で書きなさい。(天、雨)

55 「天」とすると、つぶつぶの正体は何になりますか。(空からそそぐ日光、もしくは 雨)

56 「雨」とは何ですか。(絶え間なく降り注ぐもの。大気中の水蒸気が高所で凝結し、水滴となって地上に落ちるもの)

57 「つぶ」を漢字で書きなさい。(粒)

58 「粒」とは何ですか。(丸くて小さいもの。人または物の集合体を構成する個々の人または物。果実や丸薬など、細かいものを数えるのに用いる語)

59 「粒々」とは何ですか。(つぶ立つ様。小さい粒や泡の多くおこっているさま。また、その一つ一つ)

60 「あめのつぶつぶ」を別の書き方で書きなさい。(雨の一つ一つ)

61 この詩の中で丸いものは何ですか。(雨の粒、ブドウ、リンゴ)

62 この詩は何行ありますか。(12行)

63 「ブドウ」を漢字で書きなさい。(葡萄)

64 「リンゴ」を漢字で書きなさい。(林檎)

65 「ブドウ」はいつ熟しますか。(秋)

66 「リンゴ」はいつ熟しますか。(秋)

67 ブドウやリンゴ以外に果物は何がありますか。(イチゴ、キウィ、マンゴー、スイカ、ミカン、杏、バナナ、メロン、パイナップル、なし、くりなど)

68 イチゴはいつ熟しますか。(夏)

69 キウィはいつ熟しますか。(1年中)

70 マンゴーはいつ熟しますか。(夏)

71 スイカはいつ熟しますか。(夏)

72 ミカンはいつ熟しますか。(冬)

73 杏はいつ熟しますか。(夏)

74 バナナはいつ熟しますか。(1年中、旬は春)

75 メロンはいつ熟しますか。(1年中)

76 パイナップルはいつ熟しますか。(1年中)

77 なしはいつ熟しますか。(秋)

78 サクランボはいつ熟しますか。(夏)

79 くりはいつ熟しますか。(秋)

80 イチゴ、マンゴー、スイカ、ミカン、杏、サクランボが詩に用いられなかったのはなぜですか。(季節が異なるから)

81 キウィ、バナナ、メロン、パイナップルが詩に用いられなかったのはなぜですか。(主に輸入品だから。なっているところが見えない)

82 なし、くりが詩に用いられなかったのはなぜですか。(3文字ではない。リズムが悪いから)

83 この詩の季節はいつですか。(秋)

84 秋と設定したのはなぜですか。(おそらく収穫の季節と重ね合わせている)

85 野菜ではなく、ブドウやリンゴなど果物が選ばれているのはなぜですか。(みずみずしさを表したかったはず)

86 ブドウとリンゴは同じ農園で栽培されることがありますか。(はい)

87 この詩で用いられているレトリックは何ですか。(反復、声喩)

88 反復されている文は何ですか。(ぷるん ぷるん ちゅるん)

89 声喩されている文は何ですか。(ぷるん ぷるん ちゅるん)

90 「なれ」を漢字で書きなさい。(熟れ)

91 「熟れ」はどういう意味ですか。(実が熟すること)

92 「おもくなれ」は「重くなって」以外にどういう意味がありますか。(実が重く熟してほしい)

93 「あまくなれ」は「甘くなって」以外にどういう意味がありますか。(実が甘く熟してほしい)

94 「あかくなれ」は「赤くなって」以外にどういう意味がありますか。(実が赤く熟してほしい)

95 話者に見えるものは何ですか。(ブドウ、雨、リンゴ)

96 「あめのつぶつぶ」の後に入る助詞は何ですか。(よ)

97 話者は雨についてどういうイメージを持っていますか。(恵をもたらすイメージ)

98 この詩がひらがな(一部カタカナ)で統一されているのはなぜですか。(やわらかいイメージを出すため。言葉の意味がいくつにも取れるようにするため)

99 詩をやわらかいイメージにするために工夫していることは何ですか。(作者、絵をかいた人もひらがなで書いている)

100 題名が「なあれ」で、詩中が「なれ」になっているのは、なぜですか。(題名にはなってほしいという意味がこめられている。題名には、熟するという意味はこめられていない)


前のページにもどる インターネットランドへ メール

-(C)TOSS & Masanori FUKUHARA. All rights reserved.-
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません
ご意見お問合せはこちらまで E-MAIL : byakusen@mvh.biglobe.ne.jp