ASS

妄執日記 - 2003年6月上旬

2003-06-01 Sun

5月31日の日韓戦について

ジーコの狙いが見えないまま終わってしまった。 突破もパスもトラップもキープもできないアレックスを使い続けた点も疑問が残るし、明らかにバテバテの選手(特に後半の稲本)を替えなかったりと、素人目に見てもおかしな点が多かった。 ロングフィードもすぐに戻って来てしまうし、中盤はボールをキープできない上にラストパスを出せない、そしていざFWに繋がっても中山・鈴木では前を向けない……これでは勝てるはずがない。 結局、韓国が放ったシュート15本に比べ、日本はたったの2本って、駄洒落じゃないんだから。

中山、秋田、名良橋をA代表で使い続けるのは、もう限界だ。 2002年の時点で、既に彼らはムードメーカーとして起用されるに留まっていたし(それでも俊輔を外してまで入れるほどの価値があったのかは疑問だが)、特に今回は親善試合だったのだから、2006年に繋げるため、若手の石川や松井にも経験を積まるべきだったと思う。

今月の日本代表に期待。 と言うより、中田英と高原に期待。

2003-06-02 Mon

超能力

掲示板に寄せられたちんみさんの投稿より。

超能力者・清田益章さんの超能力者を辞めることにしました宣言。 覚醒剤に溺れた衝撃的な過去に目を奪われがちだが、読者はその前に「超能力者を辞めることができるのか」という点を疑わなければならない。

それはきっと、辞められる。 なぜなら、それを宣言しているのは超能力者の清田さんだからだ。 何だか良くわからないが、どこか納得させられてしまう響きが、超能力という言葉にはある。

清田さんに「ドーパミンの分泌を自在に調整し、シナプス後部へ送り込む能力」があったなら、覚醒剤は必要なかった。 念写やスプーン曲げができる清田さんでも、それは不可能らしい。

タイプミス

本文とは全然関係ないけど、参照元の名前タイプミスすると辛いですね。訂正しようにも出来ない。参照する側が訂正を見越して張ったりなんかすると飛べないし。

参照元の運営者にタイプミスのある箇所を伝えれば、すぐに解決します。 あれこれ悩むより簡単です。

2003-06-03 Tue

モレノ

日韓共同開催と日朝国交正常化の幻想を越えて@2002CLUB web newsより。

そして、韓国対イタリア戦。この試合でも疑惑の判定が続出した。 (中略) この試合を担当したエクアドル人のルビー・モレノ主審は十月にエクアドルで疑惑の判定を理由に審判資格を停止され、十一月には遂に審判を廃業するという後日談を生んでいる。

モレノ主審はエクアドル人だが、ルビー・モレノはフィリピン人だ。 それから、「ヒディング監督」は「ヒディンク監督」の間違い。

バイロン・モレノ主審に訂正された模様。

2003-06-10 Tue

セレブとは何か

セレブ──私は、この言葉の意味が良くわからない。 何となくわかった気になってはいるが、もし「セレブって何?」なんて聞かれたら、恐らく言葉に詰まってしまうだろう。 ちょっと前からテレビで当たり前のように耳にする「セレブ」だが、私はその本当の意味を知らないのだ。

Google 検索: セレブの最上位に表示されるのは、こともあろうかエロサイトである。 あなたの知らないCelebが明らかになるという文に、早くもセレブの意味を知ることができると喜んだのも束の間、有料会員でなければ先には進めないと知り肩を落とす。 その他にも色々なサイトを見て回ったが、検索してヒットするのは、読者がセレブという言葉の意味を知っている前提で作られているサイトばかりで、「セレブ初心者お断り」の様相を呈している。 セレブは、私が思っていた以上にメジャーな言葉だったらしい。

ズンドコベロンチョ状態に追い込まれ、ようやく私は辞書を引いた。 いつも知らない言葉に出くわした場合は真っ先に行っていたであろうこの「辞書を引く」というシンプルな行動。 それをここまで先延ばしにしてしまっていたのは、私が心の中でセレブを知ったかぶり、いや、知ったつもりになっていたからに他ならない。 テレビを見ながら、祖母が「セレブねえ……。」と呟いたときも、私は知りもしないくせに「セレブだねえ。」と返していた。

辞書によると、セレブとはこういう意味らしい。

〔セレブリティー(celebrity)の略〕

名士。有名人。女性誌などで,海外のモデル・デザイナーなどファッション関係者や俳優・監督など映画関係者の代名詞として用いる。

こうして調べるまで、私はセレブを「金と暇のある年増女」──そう、一昔前の「有閑マダム」を今風に言ったものなのだと見当を付けていたのだが、それは大きな間違いだったのだ。 しかし、世の中には私と同じように勘違いをしている人がいないとも限らない。 もう少し調べてみよう。

検索から行き着いたのは、とある香酢のオンラインショップ。 キャッチコピーにはセレブなアナタに★黒酢の3倍のパワーをもつ壷酢をさらにパワーUP!とあるが、ここで言われているセレブが、正しい意味のセレブだとは考え難い。 海外のモデル映画関係者もネットサーフィンをするのだろうが、マーケットとして狭すぎるからだ。 セレブは本来の意味を超えて一人歩きしているのではないだろうか。

何気なく香酢購入者のコメントを見ていて驚いた。

おすぎ7(4) のコメント/総合評価 : とてもよい 日時 : 2003/03/21 12:40

それは、購入者の中に映画評論家と思しき人物の名前があったからだ。 このセレブな映画評論家が美容に良いとされる香酢を愛飲していることに何の疑問も抱かないのは、うっかり体形を崩そうものなら、双子の服飾評論家に辛口のチェックを入れられてしまうだろうことが容易に予想できるからである。

セレブは一人歩きなんてしていない。 セレブは、あくまでも〔セレブリティー(celebrity)の略〕なのだ。

Last updated Date : 2003/06/18 01:42:40 (UTC+09:00)
Back to toppage : http://www5e.biglobe.ne.jp/~ass/
Send comments to : tact@inter7.jp
Read Me! JAPAN