ASS

妄執日記 - 2003年5月上旬

2003-05-03 Sat

信者4

2003年5月1日「HTML論争」@池田隆法の日々是可逝より。

・「仕様に沿っていない」というだけで噛み付いてくる人は少なからず存在する

私は「仕様に沿っていない」というだけで噛み付いたりはしません。 私は2003年4月21日「信者」ではっきりとそう書いていますし、人は自らを否定すべき文句で以つて他人を罵る@Scribble 2003年 4月 - (´д`;)にも同様の発言があるのですが、隆法さんは未だに理解してくれません。 隆法さんは、相手の文をろくに読まずに反論してしまう悪い癖があります。 これでは話が噛み合わないのも当たり前です。

・批判するにしても言い方があるのではないか

他人を宗教家呼ばわりするような馬鹿が、他人の言い方に文句をつけようと言うのだから呆れてしまいます。

たとえば上のリストですが、本来はli要素を使うのが正しいのでしょうが、別にそこまでこだわる必要はないと思います。

いくらw3cが勧告しようと、リストをli要素でマークアップしようがp要素でマークアップしようがそんなのはどうでもいいです。

正しい方法を知っているにも拘わらず、リストマーカーを中黒で代用することにこだわる必要はないと思います。

それなのにいちいちこだわって難癖つけるのは気持ちの悪い行為である(と朕は受け止める)ということを表明します。

そんなものを表明する必要はありません。 「気持ち悪い」というのは(と朕は受け止める)なんて書くまでもなく、隆法さんの主観に基づく感想でしかありません。 「気持ち悪い」とする根拠を何点挙げたところで、それは中傷の域を出ません。 そして、こちらは「そうですか」としか言えません。

TACT氏は自分はw3cの看板を背負って何かしてるみたいなことはないと思っていらっしゃるようですが、w3cの正義の使者かのように受け止める人がいるのも確かです。

そういう奴こそ極端なやつだと、私は2003年4月23日「信者2」で書いているのですが。 隆法さんは、相手の文をろくに読まずに反論して以下略。

以下、隆法さんの掲示板より。

>AMさん
この場合のアニヲタの例というのは一部の極端なやつのせいで全体が悪く見られるということであって、TACT氏もあなたも「アニヲタ」という単語に過剰反応しすぎじゃないでしょうか?

アニヲタの例が比喩として不適当だったから突っ込まれているのです。 素直に認めたらどうですか。

>名無しさんの声さん
別に他サイト批判を否定しているわけではありませんよ。上にも書きましたが「極端なやつ」と「言い方の悪いやつ」が存在するのが問題なのです。

両方とも隆法さん自身に当てはまるのだけれど、恐らく本人は自覚していない。 話を聞こうとしない人に話を聞かせるのは難しいですねー。

2003-05-08 Thu

信者5

隆法さんは2003年5月6日「TACT様へ」@池田隆法の日々是可逝でTACTに謝罪していますが、同日5月6日の1日15〜30HITぐらいの人のスレ 6HIT目における隆法さん(と思われる人物)の投稿では、もういい加減掲示板の対応がたるいんで、謝っちゃいました。と、その実情を吐露しています。

こんなことだろうと思っていたので、別に腹は立ちません。 逃げの体勢に入ってしまった隆法さんにまともな反論を期待するのも酷なようですので、この件についてこちらから発言するのは、今回をもって最後にしようと思います。

あれです、相互リンクとかしてくださるとうれしいです(^^)

2003年4月21日の時点で、既に我々のサイトは相互リンク状態になっています。 「お友達リンク=相互リンク」ではありません。 時々、喧嘩相手と「相互リンク」状態になつてゐる事があります。

325@CSSコミュニティの功罪を懐かしむスレ 12th

サイトの更新頻度は、運営者が暇かどうかに左右されるのではなく、運営者が生活の中で「サイトの更新」にどの程度の優先順位を置いているかで決まるものだろう。

2003-05-09 Fri

ドラえもんの最終回

釣り銭堂のマーさんに紹介してもらったドラえもんの最終回その3より。 この最終回、「小学三年生」昭和49年3月号に掲載されたものらしい。

そこでドラえもんとのび太は、「朝までお話しよう」と、“眠らなくても疲れない薬”を飲んで、いっしょに外へ散歩に行くことにした。

子供が読む雑誌に突っ込むのも野暮だが、さすがに小学生と一緒に覚醒剤エスをキメるのはまずいと思う。

Last updated Date : 2003/05/09 12:21:05 (UTC+09:00)
Back to toppage : http://www5e.biglobe.ne.jp/~ass/
Send comments to : tact@inter7.jp
Read Me! JAPAN