ショムニファイナル 第十話「男の数」

あらすじは、千夏(江角マキコさん)率いるショムニのメンバーが若い医者集団(この中の一人が村上くん)と合コンをする。が、全く盛り上がらない。同じ店では、ショムニのライバル・秘書課の面々も合コンをしていたが、やはり盛り上がらない。実は、ショムニと秘書課は同じ相手と合コンをしていて、この相手はショムニ、秘書課以外にも若い女の子(ショムニと同じ会社の営業二課)との合コンを設定しており、彼らはなんとトリプル合コンだった。そして、ショムニと秘書課はどっちもどっちと言うことで、二組は切り捨て、若い営業二課の女の子達と盛り上がる医者集団。その光景を見て、悔しがるショムニと秘書課。
会社でも、営業二課の女の子達(通称・エームス)は、その合コン手腕(?)を生かして営業成績に貢献。かなり高飛車に。そんな折、会社が手配した高級ワインが届かないという事態に。エームスは合コンで出会った男達に電話を掛けまくるが、届いた高級ワインは一本のみ。窮地に追いやられたエームス。そこへ、千夏の男友達がたくさん押しかける。手には高級ワインが…。こうして会社の危機は救われる。っていうような、話。

村上くんの出演は、冒頭です。気を抜いてられません。千夏のアップで物語が始まります。
千夏の「いやー、盛り上がるね、せんだみつおゲーム」というセリフの後、カメラが切り替わって、相手側の男を映すのですが、この時、村上くんは中央に座ってます。で、村上くんのセリフ。
「難しいな…」。ちょっと困った感じです。このときの村上くんは、銀縁の眼鏡を掛け、黒いスーツを着て、髪型はセンターで分けてておでこが見えてます。この姿もまた、非常に似合います…。リアルタイムで「ショムニファイナル」を見てなかったのが悔やまれる…。医者集団の中で、村上くんがダントツでかっこいいです♪♪(←どの集団に居ようとも、同じせりふを言うだろうけど…)。

で、「じゃ、次は小泉総理…」と言われ、村上くんのセリフ。「それは、どういう…」。これも、困ってる感じです。

この後、医者集団は全員で、ショムニとの合コンの席を離れ、秘書課との合コンへ。
秘書課の元へ現れる医者集団。村上くんは、二番目に登場。軽く会釈します。

で、秘書課との合コンの席も離れる医者集団。医者集団が戻ってこないので、探しに来たショムニと同じく探しに来た秘書課が鉢合わせ。そこを、村上くんが通り過ぎます。カメラ前を通っていくので、一瞬ですが「村上くん」って分かります。

通り過ぎた後、同僚が「いや、良かったな。念のためトリプル合コンにしといて」と言い、それに対して村上くん(の役)は「ショムニだか、秘書課だか、どっちもどっちだしなぁ」と。
この言い方が…。聞いててムッとします(笑)。そういう、ちょっとムカつく感じの小バカにした言い方ですね。村上くん、名演技♪♪一言でも、キラリと光ります。
で、同僚が営業二課の若い女の子達を見ながら、村上くん(の役)に「本命はサイコーだな。若くて、ピチピチで」と。このセリフに、村上くん(の役←いい加減、しつこい?)は無言で女の子達を見ながらニンマリって感じで笑います。

そして、若くてピチピチの営業二課の女の子達の元へ。低いテンションだったショムニとの合コンが嘘みたいに、弾けた高いテンションで村上くんは「さぁ、今日は朝までいっちゃいましょうか」と。この弾けっぷりがまた、何かもう見ててムカッと(笑)。村上くん、さすが役者さんです。短い時間でも良いお仕事をされてます(今日も絶賛)。

村上くんの出演は、以上です。ちゃんと村上くんだってハッキリ分かる感じでご出演です。
村上くん、合コンには行くんでしょうか…。村上くん、攻めるタイプなんですよね?ってことは、合コン行ったらそりゃもう、アンタ誰?くらいに弾けるんでしょうか…。何かなぁ。想像すると笑える(ごめんなさい)が、あんまり見たく無いような…。見てみたいような…。複雑です…。でも、村上くんが女の子を口説く姿は見たく無いなぁ…。