■リンクはご自由に

 ページでリンクフリーであることを書いておけば、リンクしてくれる人が増えます。当然リンクしてもらえば、他のページからも来てくれる人が増えるためアクセス数が増加します。リンクした時はメール出してとか掲示板に書いてとかは書くと、リンクしてくれる人が減るので止めた方がいいでしょう。気軽にリンク出来ることがリンクしてくれる人にとってはいいですよね?

■サイトの紹介文とは

 サイトをリンクしていただいた時の紹介文というものは、あまり重要視していないウェブマスターの方が多いように思われます。これは大きな間違いです。サイトの紹介文によってはアクセス数が大きく変わってしまうでしょう。これは、ウェブマスターの方がユーザの立場になることですぐに理解できるでしょう。

 例えば、ユーザがあるサイトのリンク集ページを閲覧したとします。そこで興味のありそうなカテゴリのリンクが複数見つかったとします。しかしユーザは全てのリンクを見るわけではありません。多くとも3サイト程度しか見ないでしょう。ユーザは常に自分に有益なサイトを探しています。その際にユーザがどのサイトを見るかは、サイトの紹介文により判断します。よって紹介文によってはどんな良いサイトであっても、アクセスされない可能性が高くなることはすぐにでも理解できるはずです。

 サイトをウェブマスター自らリンクしてもらいに行く際には、大抵の場合サイトの紹介文を自らが決められるでしょう。しかしそうではないことの方が多いでしょう。相手側からサイトをリンクしていただいた際には、こちらから決めることが出来ません。これはサイトをリンクしていただくウェブマスターが決めるからです。しかしながらこちら側が考えた紹介文を載せてもらいたい際には、以下のようにすることで載せてもらえる可能性が高くなります。

  • サイトのトップページに紹介文を載せる。
  • サイトをリンクする際のページを作成し、そこにサイトの紹介文を載せる。
 上記の様にするだけでも、その紹介文が使われる可能性が上がりますし、サイトをリンクしてもらう際の相手側にとっても紹介文を考えさせる手間を減らすこととなり、双方にとって利点があります。

■相互リンクを利用しよう

 お互いにHP同士でリンクすることによって、アクセスアップが期待できます。相互リンクには単純なHP同士のリンクもありますし、同じ内容のHPをお互いにリンクするウェブリングというものもあります。有名なHPとリンクしてもらえればそれだけアクセス数が上がりやすくなります。ただし有名なHPの場合は自分のHPをリンクしてもらうのは難しかったりするので大変なんですが(サイトのウェブマスターと仲良くなったり、サイトの内容を充実することが必要ですね)、リンクしてもらえばそれなりの効果はあります。


 最大限の効果を望むのであれば、同じテーマを持っているサイトと相互リンクするのが良いでしょう。相互リンクしているサイトに来るユーザは、そのテーマに興味があるからです。それが同じテーマを扱っているサイトであれば、いつも来てくれる常連さんになってくれる可能性があるでしょう。

■一方通行リンクとは

 「一方通行リンク」とは、お互いにサイトをリンクする「相互リンク」とは異なり、片方のサイトからのリンクのことを言います。
 「一方通行リンク」は、主に以下の場合に行われます。

  • サイトにとって有益なサイトである場合。
  • 同一ジャンルのサイトである場合。
  • お世話になっているサイトである場合。
  • リンクしたサイトを一つのコンテンツ(情報)として捉えている場合。これは主にリンク集・検索エンジン等に分類されるでしょう。
 どちらにせよ、何かしら好印象を持っているか、有益であることからリンクしてもらっています。なるべくならば、相互リンクよりは一方通行リンクをしてもらえるようなサイトとなるようにコンテンツの質と量を高めていきたいものです。

 一方通行リンクをしてもらっているのを確かめるには、主にログ解析により行うことが出来ます。

■リンクバナーとは

 バナーとは、Webページの上部や下部等に表示されている帯状の画像のことを言います。バナーとは、旗、幟、横断幕などの意味しています。Web上では、バナーにリンクをすることでテキストだけでは表現できない、視覚的にグラフィカルにすることで効果的にサイトを宣伝することが出来ます。

 サイトをリンクをする際に、よくバナーによるリンクをするサイトがあります。あなたのリンクしてもらう際にバナーが欲しい方もいますのでバナーを作成しておくと良いでしょう。しかし、作成するバナーには、ルールやタブー等がありますので気を付けて下さい。

  • サイズは、勧告されていませんがある程度規定されています。日本で普及されているサイズは「88 x 31」ですが、他にも様々な種類のバナーサイズが存在しています。IABというサイトが規定しているバナーサイズを載せておきますので参考にして下さい。

    IAB/CASIE広告バナーサイズ
    バナー名サイズ
    Full Banner468 x 60
    Half Banner234 x 60
    Vertical Banner120 x 240
    Button #1120 x 90
    Button #2120 x 60
    Square Button125 x 125
    Micro Button88 x 31
    Skyscraper120 x 600
    Wide Skyscraper160 x 600
    Rectangle180 x 150
    Medium Rectangle300 x 250
    Large Rectangle336 x 280
    Vertical Rectangle240 x 400
    Square Pop-up250 x 250
    Universal Ad Package728 x 90
    ※IAB(Internet Advertising Bureau)とCASIE(Coalition for Advertising Supported-Information and Entertainment)の2つの団体によって提唱されていることから、IAB/CASIE広告バナーサイズと呼ばれています。

  • 画像の種類として、GIF/JPEG/Flash等が良く使われています。アニメーションしない場合はGIF/JPEGで良いですし、アニメーションさせたい際には、GIF/Flashを使う必要があります。ただし、アニメーションはサイトを見せる手段としては効果的にかもしれませんが、ユーザに対して嫌悪感を生ませる可能性があります。どちらにせよ、無駄にファイルサイズを大きくしないように気をつけましょう。

  • サイトにあったバナーイメージを作成しましょう。バナーはサイトを宣伝する際の第一歩と言えます。ある程度大きなバナーサイズやアニメーションを使う際には、サイトを効果的に宣伝する言葉や表現を考慮して作成しましょう。



インターネット上であなたのパソコン教室を開きませんか?
自宅でパソコン教室を簡単に開くことが出来ます。そして低リスクで効率よく稼げる仕事をさがしている。そんな方にはオススメです。
Click Here!Click Here!

Copyright © 2000-2003 ACCESS R All rights reserved. Presented by Ruby