子供と行くスキー
2004年12月26日〜28日
福島県 裏磐梯スキー場 リステル・スキー・ファンタジア
宿泊:リステル猪苗代  ウイングタワー
まずは下で練習 お母さんとリフトに乗ってます
  今年も昨年と同じく2泊3日でスキーに行って来ました。出発直前まで雪が心配でしたが、もし、ホテルのゲレンデがだめなら、他に行こうと決めて出発しました。

 8時半に茨城の自宅を出発。途中、コンビニで朝食を買って、常磐自動車道の岩間インターから高速に乗りました。後はトイレ休憩を取っただけで、12時前には猪苗代に到着しました。

 郡山あたりから、雪が舞っていて、周りは雪景色になっていました。でも、道路には雪は積もっていませんでした。高速からホテルのゲレンデが少し見えました。とりあえず雪はありそうなのでホッとしました。

 すぐにチェックインもできましたが、近くのラーメン屋で喜多方ラーメンを食べてから、ホテルに向かいました。

 通常は3時からチェックインですが、インターネットの「リステル@倶楽部」で予約すると12時からチェックインできます。

 部屋に着いたら、まずはウェアとスキーのレンタルです。

 スキーは買おうかどうか迷っていましたが、年に1回しか来ないのに買うのはもったいないと思い、買っていません。子供はすぐに大きくなるし、レンタルにしておけば、荷物もすくなくて楽です。ウェアは全員分ありますが、「オールインワン」で予約すると全部を含めた料金になっているので、ウェアも自前の古いモデルよりもいいので、借りています。

 レンタルが完了したら、食事の予約です。ここは毎日2時から、その日の食事内容を予約します。昨年は次の日も当日予約をしましたが、今年は夜に次の日の予約も取れました。

 そしていよいよゲレンデに出ました。周りにはまだ雪がありませんが、ゲレンデには雪が積もっていました。ところどころ草が見えていましたが、大丈夫でした。

 上の子(5年生)はさっそくリフトに一緒に乗って滑りました。下の子(2年生)はお母さんに下の方で教えてもらいました。

 その後、クアハウス&プールに入りました。サウナやジャグジー、子供プールもあって、大人も子供も楽しめます。

 食事はバイキングです。子供でも好きなものを、好きなだけ取って食べられるので、満足です。最後にお風呂(大浴場)に入って、一日目は終了です。

 2日目は朝からスキーです。上の子はお母さんとリフトに乗ってスキー。下の子はソリで遊んでいましたが、いちいち登って降りるのは大変なので、リフトに乗りました。降りるときが不安でしたが、係りの人が降ろしてくれたので大丈夫でした。

 後は転びながら下まですべって行きました。これが大変気に入ったようです。ただ、他の人にぶつかったりすると危険なので、私が後ろから滑ってついて行くようにしました。

 しばらくすると、「スキーをやりたい」というので、板をつけないでリフトに乗りました。ここは降りるところが少し急なので自分で駆け下りるようにしました。

 この時も係りの人が下まで連れて行ってくれたので安心でした。
 余裕の表情
○年振りのスキー
お昼はレストハウスで
手で舵を取っています
ベッド2つの和洋室です
今朝は雪が降ってます
朝食のバイキング
ゲレンデの頂上で 綺麗な雪景色
 
 
 帰りは近くにある「野口英世記念館」に寄りました。新千円札の顔にもなった野口英世の功績が子供にもわかりやすく展示されていました。
 
英世の生家
 出発する前に心配していた雪も問題なく3日間楽しく過ごせました。ホテルの目の前のゲレンデで滑れるのは本当に楽です。ペンションなどに比べると料金は高いですが、クアハウス、プール、お土産屋さん、コンビニまであるのを考えると納得できます。また、スキーのレンタルは普通は3000円位するので、ウェアのレンタルも含めるとすべてはパッケージになっているので相当お得な気がします。

 今回は下の子もリフトに乗って降りてくることができたので、次回がまた楽しみです。

今回の宿泊代
大人 子供 合計
26日(日) 15,100 9,200 45,000 110,200
27日(月) 17,500 13,300 65,200