©Kaori SOMEYA 2012
All rights reserved.
top
profile
▲TOP
略歴
1977島根県生まれ
1999東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
2002東京藝術大学大学院文化財保存学保存修復日本画専攻修了
2004東京文化財研究所研究補佐員(〜6年)
2008慶応義塾大学非常勤講師(〜13年)
2009東京藝術大学大学院非常勤講師(〜14年)
2014東京藝術大学大学院教育研究助手(〜現在)
2015日本美術院特待推挙(〜現在)
受賞暦
1999青垣2001年日本画展 佳作賞
2007有芽の会 法務大臣賞
2011再興96回 院展 奨励賞
201368回 春の院展 外務大臣賞 奨励賞
再興98回 院展 奨励賞
2014第二回 郷さくら美術館 桜花賞 奨励賞
69回 春の院展 奨励賞
99回 再興院展 奨励賞
201570回 春の院展 奨励賞
第4回 前田青邨顕彰中村奨学会 中村賞
100回 再興院展 奨励賞
201671回 春の院展 奨励賞
101回 再興院展 奨励賞
主なグループ展
1998「蠢動展」(〜2001年)
2001「春の院展」(〜2006年、2009年〜)
「再興院展」(2003年〜)
2003「有芽の会」西武(〜2007年)
2004「新樹会」三越(〜2012年)
2005「聿の会」松坂屋(〜2009年)
「petit tableaux プティ・タブロー展」オンワードギャラリー(以後2013年除き毎年)
2009「Brightness」アートフェア東京(〜2010年)
「五線譜の詩」そごう西武(以後毎年)
2010「―21世紀を翔る―明日の日本画展」松坂屋
2011「夏の芸術祭―次代を担う若手作家作品展」三越(2012・14)
「高輝会」高島屋(2012)
「東日本大震災復興チャリティ・オークション 今日の美術展」東京美術倶楽部
2012「埼玉在住院展作家展」八木橋百貨店
「初音会」松坂屋(〜2014年)
2013「TRENTENNE」オンワードギャラリー
2014「采の会」松坂屋 上野・名古屋
「藝大若手アーティスト 〜selected by MITSUKOSHI」アートフェア東京
2015「公募団体ベストセレクション」東京都美術館
「無窮の會」日本橋三越(〜2016年)
2016「サクラ、桜、さくら展−近・現代巨匠たちの競演−」新潟伊勢丹7階アートホール
「青晴会」高島屋横浜・大阪・京都
「若き才能が描くバレエダンサー」西武池袋
第9回 「菅楯彦大賞展」京都文化会館・倉吉博物館
主な個展
2005「染谷香理個展」 銀座ぎゃらりぃ朋
2008「生き物のカタチ」 銀座ギャラリーゴトウ
2010「色んなカタチ」 池袋東武
2012「オンナゴコロと空模様」 池袋東武
2013「はなのいろ」 広島そごう
2014「花塗れ-はなまみれ-」池袋東武絵画市
「はなのいろ」大津西武・神戸そごう
2015「Synchronicity-意味のある偶然の一致-」 池袋東武
2016「『更生保護』表紙絵による染谷香理作品展」 銀座ナカジマアート

その他
2014年5月号〜人事院月報 表紙絵担当
2015年8月号〜2016年7月号更生保護 表紙絵担当

現在
日本美術院 特待
東京藝術大学大学院 教育研究助手
infomation
▲TOP
再興101回 院展
奨励賞を受賞しました。休館日など詳細はこちらでご確認ください。
2016年9月1日 - 9月15日 東京都美術館 東京



71回 春の院展
奨励賞を受賞しました。詳細はこちらでご確認ください。
2016年9月21日 - 9月26日 新潟三越 新潟
2016年10月1日 - 11月6日 さくら市ミュージアム 栃木



春の院展特別展 NEW
春の院展の特別展です。普段巡回しない徳島に巡回いたします。
2017年2月23日 - 2月28日 そごう西武徳島店


「第9回 菅 楯彦大賞展」
東京都美術館館長の真室佳武氏にご推薦いただきました。100号一点を出品いたします。
2016年9月10日 - 10月10日 倉吉博物館


華麗なる美の競演 現代女流日本画展 -堀文子・森田りえ子を中心に-
 春に新見市美術館に新収蔵された50号1点が展示されます。
2016年10月14日 - 12月4日 新見市美術館(岡山)


「第5回 郷さくら美術館 桜花賞」
 桜をモチーフにしたコンペティションです。
2017年3月7日 - 6月4日※予定 東京目黒・郷さくら美術館


「個展」
新作約20点を発表いたします。
2017年4月26日 - 5月2日 博多(福岡) 大丸百貨店


「個展」
生まれ故郷の島根で初めての個展です。新作約20点を発表いたします。
2017年6月22日 - 6月28日 松江(島根) 一畑百貨店 美術画廊


「個展」
2018年1月 日 -  月 日 日本橋(東京)


「個展」
2018年 月 日 -  月 日 東武百貨店(池袋)


▲TOP

染谷香理 作品 染谷香理 作品 染谷香理 作品 染谷香理 作品 染谷香理 作品
染谷香理 作品 染谷香理 作品 染谷香理 作品 染谷香理 作品 染谷香理 作品
染谷香理 作品 染谷香理 作品 染谷香理 作品 染谷香理 作品 染谷香理 作品
media
▲TOP
新聞
山陽新聞 2013年7月2日第68回春の院展倉敷展/作品掲載および作品評
新美術新聞 2013年4月21日第68回春の院展/作品掲載
朝鮮新報 2012年2月29日高句麗壁画の複製に携わって/寄稿
朝鮮新報 2012年1月30日蘇った高句麗壁画/コメント掲載
中国新聞 2012年1月27日文化 煌めき(中)遠い視線 帯びる憂い/作品およびコメント掲載
新美術新聞 20011年10月1日秋の美術団体展 第1弾/作品掲載
新美術新聞 20010年10月1日秋の美術団体展 第1弾/作品掲載
新美術新聞 2009年10月1日秋の公募団体展開幕 第一陣/作品掲載
中国新聞 2009年4月4日島根に溶け込む院展/作品掲載
山陰中央新報 2009年4月3日再興第93回院展 島根展 作品紹介(上)/作品掲載
山陰中央新報 2008年3月27日再興第92回院展 島根展 作品紹介(上)/作品掲載
山陰中央新報 2001年4月26日短信 三角さん初入選 春の院展/作品およびコメント掲載


雑誌
月刊美術 2016年9月pp.-「更生保護」表紙絵を飾る次代の日本画家たち
アートコレクター 2016年5月pp.110-111牧阿佐美バレエ団60周年記念 若き才能が描くバレエダンサー
アートコレクター 2016年5月pp.118青晴会 日本画展
アートコレクター 2016年1月p.17日本画・美女図鑑
更生保護 2016年1月pp.36-39人物紹介
人事院月報 2015年6月pp.36-39作品とひたむきに向き合うことから日本の心を学ぶ/インタビュー・作品掲載
アートコレクター 2015年1月p.36百貨店美術部がおすすめするアーティスト/作品掲載
美術の窓 2014年11月p.公募展便り/作品・作品評掲載
アートコレクター 2014年11月p.57日本画のニューウェーブBest75/作品・プロフィール掲載
月刊美術 2014年6月p.156今月の注目展 五線譜の詩/作品掲載
アートコレクター 2013年10月p.66ここに注目!!東京藝大大学院 日本画第三研究室と保存修復日本画研究室/作品およびプロフィール掲載
月刊美術 2013年5月春の院展/作品掲載
美術の窓 2012年5月p.68編集部が選ぶ注目のアーティスト/作品掲載およびプロフィール掲載
アートコレクター 2012年3月p.43平成ロマンティック・アートBest50/作品およびプロフィール掲載
美術の窓 2011年11月p.247公募展たより/作品掲載
アートコレクター 2011年7月p.40最新100選!!日本画の楽しみ方/作品およびプロフィール掲載
月刊美術 2010年11月pp.118-121五線譜の詩/作品およびコメント掲載
アートコレクター 2010年4月p.24日本画のニューウェーブ到来/作品およびプロフィール掲載
月刊美術 2009年10月pp.158-160五線譜の詩/作品掲載
月刊美術 2009年4月p.129Brightness/作品掲載


論文・執筆等
東京藝術大学美術学部論叢第12号2016年3月 pp.1-20【資料】日本画技法書便覧〔江戸中期〜幕末篇〕(染谷香理)
美術研究 第414号2015年2月 pp.35-57研究資料 画伝幼学絵具彩色独稽古(染谷香理)
日本画名作から読み解く技法の謎2014年11月 pp.202-203研究最前線 技法書(染谷香理)
東京藝術大学美術学部紀要第51号2013年12月 pp.47-74<資料>近代日本画の材料(支持体篇)(荒井経・染谷香理)
東京藝術大学美術学部紀要第50号2012年12月 国絵図復元―巨大絵図制作の技術―
(荒井経・染谷香理・平諭一郎・中村裕美子・杉本史子)
画像史料解析センター通信第50号2010年7月 「えんぶた」の発見−国絵図復元研究から(荒井経・染谷香理・杉本史子)


講演・発表等
「技法書分析のための基礎研究 
技法書データーベースβ版の作成」
2012年東京藝術大学 
田中記念室・陳列館1階
公益財団法人芳泉文化財団 第一回文化財保存学日本画研究発表展 
美しさの新機軸 〜日本画 過去から未来へ〜
「再現高句麗古墳壁画〜創造と再生」2012年平山郁夫シルクロード美術館平山郁夫 世界遺産 高句麗古墳を描く
「描画」2011年東京大学復元国絵図公開・研究発表会
「高句麗壁画模写について」2007年第3回日本−イタリア国際シンポジウム「創造と再生」
contact
▲TOP