MENU

霊の書――スピリチュアリズムの真髄「思想編」

内容

霊の書―スピリチュアリズムの真髄「思想編」

  • The Spirits' Book
  • アラン・カルデック(編)
  • 近藤 千雄(訳)
  • 357ページ
  • 平成8年12月20日発行
  • ISBN 978-4-905275-03-9

カルデックによる『霊の書』は、シルバーバーチの霊訓、モーゼスの霊訓と並ぶ最高級レベルの霊訓です。まさしく人類にとって最高の宝、スピリチュアリズムの“三大霊訓”と言えるものです。

本書は仏人アラン・カルデックが、通信霊、聖ルイにありとあらゆる質問を投げかけ、これに対する答えを得るという形で進められています。そのため、スピリチュアリズムの細部にわたるまで実に手にとるように明らかにされ、スピリチュアリズムの真理の全てが理解されるようになっています。