バス廃車体全国版

和歌山県1(南海電鉄)

南海電気鉄道の廃車体。
南海電鉄は大阪に本社を置く鉄道会社ですが、2001年にバス部門を南海バスに分社しています。路線エリアは南海電車の沿線である堺市、岸和田市、泉南市、河内長野市など、大阪府内が中心です。
南海電鉄時代の1976年に和歌山市内を、新設した子会社の和歌山バスに譲渡しています。
ここでは、南海電鉄及び和歌山バスの廃車体の中で、和歌山県内にあるものをまとめて掲載します。

廃車体
RB10

撮影:和歌山県(2018.7.31)

南海電気鉄道 日野RB10
RB10

撮影:和歌山県(2007.5.19)

緑色の南海カラーを残す前後ドアの廃車体。後面の方向幕の上に、いかついバックカメラが載っています。正面には南海の社紋も健在。
側面中央部だけ激しく錆びている理由は分かりませんが、2枚の写真の11年の隔たりの間、ペンキで描かれたいたずら書きはすでに薄れ、それでも元カラーがしっかり残っている現状から、バスの塗装がそれだけしっかりしていることが分かります。

廃車体
BA10N

撮影:和歌山県(2018.7.31)

南海電気鉄道 いすゞBA10N

中ドア専用のナロー車。山間部の狭隘路線に使われていたものと思われます。
側面の窓ガラスに「南海電鉄」と書かれていたので、元所有者が分かりました。

廃車体
BU10

撮影:和歌山市(2010.11.3)

和歌山バス いすゞBU10

川崎車体の視野拡大窓車。南海電鉄には多く見られた仕様です。前後ドア車で、非常口は中央部にあります。
1970〜72年式くらいなので、南海時代の購入ですが、1976年に和歌山バスに移籍したものと思われます。
(ストリートビューによると、2015年3月時点で撤去済み)

廃車体
BU10

撮影:和歌山県(2018.7.31)

和歌山バス いすゞBU10(1973年式)
BU10

撮影:和歌山県(2018.7.31)

和歌山バスの初期カラーの廃車体。正面の塗り分けは南海バスと同じですが、緑色部分が朱色になり、側面は上下2色に単純化されています。南海時代も和歌山地区はこのカラーだったそうです。
南海から和歌山バスへの移管が1976年ですので、この車両は元は南海の車両だったと思われます。

廃車体
RC381

撮影:和歌山県(2010.11.3)

和歌山バス 日野K-RC381

和歌山バスのカラーを残す廃車体。大型方向幕ですが、正面窓は普通の大きさで、後部のエアコンのエバポレーターも高さがあるようなので、下の廃車体よりも古い車両です。

廃車体    和歌山バス 日野K-RC381
RC381

撮影:和歌山市(2010.11.3)

河川敷に置かれた廃車体で、緑色1色に塗られています。窓という窓には物々しく網が掛けられていますが、これは飛んでくるボールからガラスを守るためと思われます。
屋根の上のいくつかの突起は、現役時代に屋根上広告を付けるために設置されていた広告枠。
正面窓は視野拡大窓に見えます。
(ストリートビューによると、2014年12月時点で撤去済み)

廃車体
DV30N

撮影:マーブル様(和歌山県 2011.8.10)

南海電気鉄道 ダイハツDV30N
DV30N

撮影:マーブル様(和歌山県 2011.8.10)

ダイハツ製の29人乗りライトバス。1965〜69年の間のモデルです。
撮影者が聞き込んだところによると、鉄道の保線作業員を現場まで輸送するための車両で、運行はバス部門が請け負ったとのこと。当時は路線バスと同じカラーリングだったそうです。側面後部に「保線課」の文字が残ります。
ボディは尾張車体製で、リアガラスはレントゲン車がベースになっているとのこと。
1976年まで保線課で使用された後、中ドア後方に方向幕を付け、1985年まで路線バスとして使われたそうです。

注意事項
本ページは、「廃車体は文化遺産である」と言う趣旨によって作成しております。当サイトを訪れる方は、この趣旨を御理解いただける方だと思いますが,万が一,本ページの悪用による廃車体への損傷等があった場合は,本ページ及び関連する事項は即刻削除いたします。
ページ上部へ戻る
メニュー

80s岩手県のバス“その頃”