その後の廃車体

早池峰バス

早池峰バスは1986年に設立され、当初は新車をそろえてのスタートでした。その後、中古車両の導入なども行われたようですが、残されている廃車体からその一部を推察できます。

廃車体
DBR370

撮影:岩手人様(遠野市 2006.7.30)

早池峰バス いすゞDBR370
DBR370

撮影:岩手人様(遠野市 2002.9)

早池峰バスのマイクロバスの廃車体です。屋根の肩の部分のカットスタイルから、1976〜83年式のDBR370であることが分かります。当初は右側の写真のような角度でしか見えませんでしたが、周囲のゴミ等がなくなり、左のように全容が明らかになりました。
しかし、この車両は“その頃”には早池峰バスに(岩手県交通にも)存在しませんでした。従って、1988年以降にどこかから譲受し、1994年までに廃車になったものと推察できます。
(注1)

廃車体
CCM370

撮影:岩手県交通ファン様(滝沢村 2004.3.22)

早池峰バス いすゞK-CCM370(1980年式)
CCM370

撮影:岩手県交通ファン様(滝沢村 2004.3.22)

早池峰バスのK-CCM370の廃車体です。社番は010と書いてあるように見えます。
参考文献のBJハンドブック19によると、元自家用で1989年に譲受した岩手22き223という車両があるので、これだと思われます。
正面の方向幕の箱を外した跡から、紺と白が見えていますが元のカラーでしょうか。
(ストリートビューによると、2011年11月時点で撤去済み)

注意事項
本ページは、「廃車体は文化遺産である」と言う趣旨によって作成しております。当サイトを訪れる方は、この趣旨を御理解いただける方だと思いますが,万が一,本ページの悪用による廃車体への損傷等があった場合は,本ページ及び関連する事項は即刻削除いたします。
(注1) 1994年のバスジャパンハンドブックにも、このスタイルの車両は掲載されていないことから、1994年時点ではすでに廃車されていたと推察します。
ページ上部へ戻る
メニュー

80s岩手県のバス“その頃”